<   2018年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

久しぶり軽井沢

軽井沢でのイベントに行って来た。ずっと前に友人に誘われてその場で申し込みチケットを買ってもらっておいたもの。当日になって、そっかこんなに高価だったんだ…と思ったのだったが、福永武彦の短編ミステリーを4人の役者が朗読するという、あまりないスタイルで、それに会場がタリアセンの朝吹邸であるし、なんかちょっとハイソな雰囲気を味わったのだった。始まる前に深沢紅子のギャラリーになっている建物のレストランで食事。小さな子連れの家族が多いのに驚いた。
f0104169_21532404.jpg
連れはあっちので、私は手前の地元のオクラとインゲンのパスタ。あっち美味しそう、卵が。最近卵が好きだと友人に行ったらコレステロールの話になった。
f0104169_21545632.jpg
これはお庭。
f0104169_21512909.jpg
会場はこんな雰囲気で、それにしても軽井沢とは思えない暑さだった。その後、一房の葡萄という有島邸の一階のカフェでミルクティーを飲む。すごくゆっくりした日だった。
f0104169_21560899.jpg
道路の混雑に、そうか三連休の中日だったのだと思った。
f0104169_21530555.jpg
あれが会場。
f0104169_21504256.jpg
真夏の雲だった。


by kienlen | 2018-07-15 22:13 | | Comments(0)

サバービコン

変なタイトル、意味は何なんだろうと思いながら見に行った映画。人種差別の話かと思ったが、まあそれもあるけど、もう全体がブラックで、ブラックさが半端でなかった。タイトルについては原題を見て納得、サバーブ+コンであるらしい。つまり郊外の幸福なニュータウンの欺瞞性ってところだろうか。アメリカが豊かさまっしぐらを突っ走る1950年代の郊外のニュータウンの宣伝から映画は始まる。まばゆい太陽、かわいい持ち家、ハッピーな人々の笑顔「ここに欠けているのはあなただけです!」みたいな宣伝文句が叫ばれて、じゃあここの家を買える人は誰でもいいのかというと有色人種はとんでもないのである、という流れがひとつ。しかしメインが人種差別問題かというと、そうとも感じられなかった。中心に描かれるのは黒人家族のお隣のお宅。夫婦と男の子ひとりの幸福そうな家族。そっくりな姉妹がいるのが奇妙ではあるが、双子って設定だってことは後で知った。確か、あの大好きなめぐり合う時間たちでもこの時代を演じていたと思うジュリアンムーアが二役やっていた。

これはもうアメリカ的価値観への究極なブラックではないだろうかと感じた、アメリカを知らないのになんでそう感じるかというと、もうそういう刷り込みのオンパレードなのである。強くて前向きで家族愛に満ちて、そのためなら人殺しも戦争もいとわない。アメリカのイメージってそれだもんな。それが本当かどうか知らないし、そもそも本当があるのかどうかもしらないけど、ひじょうに分かりやすく、これらがいかに暴力の連鎖を生むのかというのが描かれていると感じた。そして別にこれはアメリカだけのことであるはずはない。それにしても描写が半端じゃないので心底怖くなった。人間ってこんなもので、地域社会なんてこんなもので、国家なんてこんなもので、でもそれは愛すべきものなのだろうか、というのは分からなかった。宣伝チラシによるとジョージクルーニーは次期大統領候補とも噂されているのだそうだ。選挙権があったら一票入れたいと思わせる映画だった。ああ、怖かった、ああ、好みだった。

by kienlen | 2018-07-13 21:05 | 映画類 | Comments(0)

マスクス・エンゲルス

見よう見ようと思いながらなかなか行けなかった。理由は上映時間帯で、できれば夜、あるいはそれに近い時間帯が一番ありがたいのに朝方と真昼間のみだったから。最終日の昨日、韓国語教室の後で夫の店でランチを食べてから図書館に行き、それから2時過ぎからの最終上映でやっと見ることができた。間に合って良かったと十分に思えた映画だった。原題は「若きカールマルクス」なんだ。でも内容からすると、邦題の方が合うようにも思える。最後のシーンが共産党宣言を2人、だけじゃなくて妻たちもいる場で書き始めるところ。つまり、映画が描いているのは1840年代後半のほんの3年だか4年だけ。マルクスがドイツを追放されてパリで暮らしているときにエンゲルスと再会してすっかり意気投合、互いが互いの才能を認める同志として活動するようになる。両方の妻の存在の大きさに、知らなかったので驚いてしまった。

エンドのタイトルバックがボブ・ディランで、うーんとっても良かった。ずっと聞いていたかったし、それにもっと大作に仕上げてくれても飽きずに見られたと思う。2人が出会ってから共産党宣言に向かう過程に徹しているので、どうやって貴族である妻と出会ったのかなどはないし、知りたいことがたくさんあった。もっともそれを映画に期待することもないのだが、かといって本を読んでいる時間もないものだから。全体にカッコいい映画で、有名人がたくさん出てくるし、思想家と活動家のやりとりも面白いし、時代の雰囲気がすごく伝わってきた。しかしこういう映画をやってくれる映画館があるのは本当にありがたいことだ。予告も見たいのだらけだった。回数券があっという間に終わる。

by kienlen | 2018-07-07 13:12 | 映画類 | Comments(2)

女は二度決断する

一昨日のことだが、久々に映画を見に行った。見ようと思った理由は移民がテーマに感じられたから。ドイツのトルコ人移民といえば昔から移民研究のひとつの代表だったと思うが、で、今は移民問題がもっともっと多様化していているわけだが、この映画も舞台は現代、だと思う。もうまさに直球勝負という感じの作りで、こんなシーン出すのね、と感じるのがたくさんでてきた。まずは幸福な家庭が出る。母親は女友達と会うために子どもを夫に預ける。その様子から夫は小さなビジネスをしているようだ。どこにでもありそうな光景。で、主人公である母親が友達と温泉に行ってリラックスして戻ると警戒線が張られていて半狂乱になった彼女が、警察の制止を振り切って夫のオフィスに駆け付けると、そこは激しく爆破された後。コントラストがいかにも映画だけど、ただこれは十分に起こりうるわけで今も世界のあちこちで起きているわけで、胸が締め付けられる。

警察の調査が始まり、その中で家族像が描かれ、夫がトルコ出身であることや麻薬取引に関係していたこともあることなども明らかになり、そっちの筋にいくのかと思うと、全然違う展開に。裁判の様子はひとつの山場。容疑者の人権尊重の行きつく先がいかにも茶番という風に描かれる、というか極めてまじめに描かれていることで茶番が引き立つということかな。ドイツ映画の裁判ものといえばハンナ・アーレントくらいしか知らないような気がするが、しかし何か似たようなにおいを感じたりもする。茶番の判決の後の主人公の行動はスリリングに描かれている。そしてショッキングな最後へ。しかし彼女の心理状態を思えば妥当な最後と感じる。と思えるくらいに鬼気迫るものがあった。ただ何だか全体の印象が不思議、何を言いたいんだろう、なんて、考える趣味があるわけじゃないのに、何だかふとつぶやいてみたくなると言ったらいいのか…。嫌いじゃないけど、手放しで好きかというとそうでもない。どこがどう物足りないのでもないし、過剰ってのでもないし、なんか、この、そのまんま感が不思議なんだな。

by kienlen | 2018-07-05 19:00 | 映画類 | Comments(0)

距離

アメリカに住んでいるタイ人の友人から、もうさんざん来い来いと言われていながら行ったことがない。アメリカ以外の国だったら多分とっくに行っていると思うのだが、一度はと思いつつ食指が動かない状態が長年続いている。それで業を煮やして彼女の方から来るということで北海道で落ち合えないかと連絡があった。北海道はタイ人にダントツ人気。その影響を受けて北海道という気になったようだ。信州にまだ来たことがなければ、北海道の前にこちらへ、というのだけどもう来たことがある。実はちょうど、フェリーに車を積んで小樽に着いてドライブしたいけど一人じゃあ行く気になれないしと思っていたところなので、それを話して、車を出すと提案したら大喜びだった。

それで昨日はスケジュールなど、彼女とのやり取りをしていた。今更ながらだけど、つくずくSNSの便利さを感じる。これまでメールでやり取りしていたのだが、メールを書くとなるとハローとかの挨拶言葉から始まってなんか大げさな気分になってしまって気軽さに欠ける。それでバンコクでその友人に会った時、lineを交換しておいた。アメリカではlineじゃないのを使っているとのことで気が進まないようだったけど入れてくれた。で、それが大活躍。無料、手軽。それに記録に残るからメモ代わりになるのも余計に便利。こういうツールの普及で距離が関係なくなっていくのかと思いきや、逆に言うと距離を詰めるためのツールにもなっているわけで、今さらながら、すごい世の中。

by kienlen | 2018-07-01 20:20 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る