カテゴリ:その他雑感( 725 )

いつもと違う正月

昨日、父からジンギスカンを買ってきて欲しいと言わて近くの直売所に寄ってリクエスト品と豆腐を買って会計したら「くじ引きをやっている」といわれ、隣で一度回した。こういうものは当たったためしがほとんど全くないので、何も期待せずに回すと当たりだといってベルが鳴らされた。そしてどら焼きをひとつもらった。うーん、微妙な商品。でも当たりだと言われると嫌な気はしない。うーん、はずれより多いかも…。今日は娘が帰り、元の生活に。さっそく本屋へ行くことにした。駅伝で東海大が勝ち、國學院が史上最高順位で気分が良かった。理由あり。目的は本屋であるが散歩でもある。国分氏の本を買い、それから前に我慢していた文庫本を結局今日購入。するとまたくじ一度分の権利をいただいた。そしてまたベルが鳴らされた。まあしかし、本を見ている間の1時間以上、このベルはなりっぱなしだったので驚かない。ありがたくトイレットペーパーをいただいた。連日当たりって、いつもの正月と違い過ぎる。何かいいことがあるのか、ここで使い果たして空っぽな一年となるのか。初夢には、どうしてあなたが、と思うような友人が出てきてびっくりした。ヒントは米、ということでメモっておく。
by kienlen | 2019-01-03 20:02 | その他雑感 | Comments(2)

元旦

昨日の大晦日は珍しい日だった。まず、店を始めて以来、大晦日は営業していたため家にいたことがない夫が在宅だった。そして娘がいた。息子はいないが3人も揃うのは10年以上ぶりであることは確か。私にとってはだいたいいつもひとりだった。昨年はバンコクでひとりだったし。家でワイン飲みながら紅白を見ようと言っていたのだが、毎年の挑戦は今年もあえなく挫折、見ようとしたがとても楽しめずいつものようにパソコンに向かうことに。というわけで3人が家で同じ空間にいたのはほんのわずかの時間であった。今日は映画が安い日なので娘とボヘミアンラプソディを見ることにしていた。私は2回目。午後の部に行くことにしてチケットを買ってから善光寺参りへ。正解だった。結果的に、見たこともないくらいな混みようで、最前列まで客が入っていたのだから。二回見ると、見落としだらけだったことが分かる。こんなシーンあったっけ、ああここでこの説明をしていたのか、というのがいっぱい。多分何回見ても発見はあるのだろうが、2回でやめておくとするか…。流れが分かっていない初回では物語を追うのに精いっぱいなのだということを実感した。CDも買ってきた。善光寺参りは混んでて本堂に入るのは迷うことなく諦めた。表参道に古本屋を見つけ、ついふらふらと入る。どこに行っても本屋ばかり。店主と話すのが面白く1冊購入、辻邦夫。古本屋で店番しながら編み物するのが、あこがれだった。それを思い出す空間だった。また行こうという店があったのは発見。映画の後、駅前の書店に行ったがやっていなかった。駅ビルで酒を買おうと思ったが、こちらもやっていなかった。そんな平凡な元旦だった。
by kienlen | 2019-01-01 21:06 | その他雑感 | Comments(0)

ここんとこメモ

インドのバンガロールにしばらくいた夫が26日に一時帰国。帰省というべきか、帰国という場合どこの国が該当するのか分からない。バンガロールは全然知らないので雰囲気を知りたいし、写真くらい撮ってくればいいのに何もなし。人の興味対象は全然違うのである。そして人への気遣い方もまるで違うのである。バンガロールは標高1000mくらいあるそうで、暑過ぎず、そしてもちろん寒くない。やっぱ寒くない所は楽だよね、という点でだけは一致している。それと食べ物がスパイシーであること。二点あれば十分なのかもしれない。27日は、友人がこの間の試験の合格を祝ってくれるということで泊まりがけで遊びに行き、ワインをたくさん飲んだ。昨日は残っていた仕事を片付けてしまいたくて終わらせる。夕方、稲刈りを手伝った友人が米のおすそ分けとりんごをもってきてくれて、ついでにコーヒー飲みながら結構ゆっくりしていった。久々に政治だとか社会の話をする。こうして家族が来たり友人が来たりというのは年末っぽい。それに今日は雪だ。そうそう、昨夜は雪の中をタイ料理に誘われてビールと色々を食べた。今日は朝から友人に会い、突然入った仕事のため電車で近くまで行き、その報酬で愛飲しているワインと軽井沢ビールとつまみを買い込みトントン。娘が来るので一緒に飲もうということになっているからだ。という理由があろうがなかろうが、いつもこうだった。
by kienlen | 2018-12-29 16:24 | その他雑感 | Comments(0)

試験合格は気分がいい

あまりにめちゃくちゃな部屋を片付けようと思っていたが、やりかけの仕事の方を片付けてしまいたくてこちらを優先することにしたのだが、楽しい仕事ではなくて途中で本を読み読み、時間的には読書時間が長かったと思う。そんな低調な時間を過ごしていたら、この間の資格試験を受けた知り合いから結果を尋ねるメールがきた。当人は出張先でまだ分からないがもうひとり一緒に受けた人は不合格だったとか。すでに資格があって現役でバリバリやっている人なのに。そうか、やはり難しいのか。不合格はハガキ、合格は封書で合格証が届くと聞いていたが、当然不合格であるからハガキしか探さない。ないのでまだ届いていないのだと思って家に入ろうとしたら郵便受けからはみだしている封書があった。まさかね、と思ってみると合格証書が入っていた。うーん、人生でびっくりしたことの中のひとつに入るかもしれない。合格していた。嬉しい。これで日本語教師の資格ありますと言えるということなので。

受験料10000円超、受験申込書も有料、東京までの交通費、参考書一冊。資格とか試験とかあんまり縁のない自分がこれを受けようと突如思い立った時、ここまでお金かけるんだから合格を目指そうと思って、珍しく計画を立てた。ずっと昔に受講した通信教育のテキストを読み直して、試験が近づいたら過去問もある参考書に目を通す。以上。これを計画といえるのか、自分はとにかくその程度の計画性しかないのである。最初はまじめにやった。面白いし、そもそもやりたいことなのであるからいいのだが、外出が増え仕事もじょじょに入りという状況になり、それに簡単なものでもないし、音声などかなり難しい。以前に受けた友人がくれた参考書も開いてみたら、しっかり勉強の後が…、それでも不合格だったんだもの、自分が受かるわけないモードで、もう受ける前から諦めて修了すれば資格になる通信教育を申し込んで始めて試験勉強の方は完全に止めた。受けたのは、せっかく申し込んだからというだけ。だいたい、過去問を解いたり暗記したり、そういうことは元々大嫌いなので試験には向いていないのだ。

丸1日がかりの試験は濃厚だったが、実は想像と違っていた。もっと暗記的な知識が問われるもので対策してないとダメなものかと思っていたが、これって一般教養に近いなという気がしたのだ。今回は対策してないというか、落ち込むので過去問さえちゃんと見てないので時間配分も傾向も分からないが、これなら来年はいけるかも、と感じたことは確か。普通に読んでいる本について出てきたり、来日外国人とか異文化適応とか、比較的得意分野という感じだったが、かといって正確な知識があるわけじゃないし、でも全く歯が立たないというものでもなく、半分くらいはできているかもと感じた。合格の場合、点数が分からないというのはちょっとつまらないが70点程度が合格ラインらしいという噂。これだったら通信教育の15万円もったいなかったなあと考えるのはよそう。とにかく良かった、自分的にはもうこの程度で快挙。職探しに挑戦。


by kienlen | 2018-12-22 19:55 | その他雑感 | Comments(2)

動いているだけ

走りまくってガソリン焚きまくって非エコな日々。悪夢まで見た3日間が終わり久々に夕食を家で食べた。昨夜、友人が作ったトン汁を食べて、今日もどうしても食べたくなり、たくさん作ってたくさん食べた。塩分を気にしている人ならものすごいオーバーなのでしょう。干し柿がいい感じにできていて、この間食べたら多少残っていた渋みが今日はなし。干しあがる前のが美味しい。これは自分で作らないと食べられない代物であると思う。それにしても時給の安いバイト掛け持ちしても生活成り立たないサイクルはよく分かる。色々やる場合は初めてのことも多いだろうから、その都度悪夢みるはめになるかもしれない。時間に追われていると事故の可能性も高くなるかもしれないし、自分はもう今さらいいのだが、若い人だったら、何かの希望がもてるものでなかったら切なくなるだろうと思うが、どうなんだろうか、もはやもう何も分からない感じになっている。とりあえずトン汁は美味しかった。焼酎も飲もう。明日はポーランド映画祭の2本を見に東京へ。つまり移動するために生きている感がある。前世は遊牧民だったのだろうか、B型が多いとか聞いたことあるし。
by kienlen | 2018-11-18 19:52 | その他雑感 | Comments(2)

ひとりごとメモ

自己嫌悪というのはあまり感じることがない。自分に対してこうあるべきという高い希望をもたなければ感じるわけがないという怠惰な理由ではあるが。しかしさすがに今回は自己嫌悪を感じている。高い希望をもったわけじゃなくて、試験を受けるのだから一応一通り勉強しておこうと思って参考書も買ったのに、そして今月は他より優先して集中しようと思っていたのに、出だしだけやっただけで挫折。高い受験料、そして受験地東京への高い旅費。これだったら申し込むんじゃなかった、この費用を旅費に充てればいい旅館に泊まれたのに…。いや、ここで自分にいうべきは、申し込んだんだから勉強すべきだった、というべきなのに申し込むんじゃなかったというあたりでそもそもダメである。まあしかし何に対してダメなのかというと分からない。別にこれから就職するわけじゃないし、できるわけじゃないし、それなのに試験受けてどうなるんだといったらおしまいであるのだから。

だいたいこんな出歩いてばかりいて、それに在宅でパソコンに向かっても次はどこに行こうかと探して、まさか一緒に行ってくれるわけないよなと思って友人に打診したら行ってくれるというので、もうそれが楽しみになって他が手につかない。まあ、バンコクから戻って今年は旅でもしようと思っていたことは確かだが、今年で終わりそうにない。ということをぐだぐだ書いているところがもうますますダメである。仕事でもないのに東京行きが続く。東京はハードル高い、知らないし、行きたい場所でもないし。試験は放棄しようかという気持ちにならないわけでもなかったが、来年のための様子見を兼ねて行くことにした。ついでに東京見物してきたいが面倒なのでとんぼ帰り。次も次もそうというのが続く。こういうの合計すれば、簡単に、今興味津々となっている釜山へのクルーズ代になるよなとケチくさいことを考えてしまう。

by kienlen | 2018-10-27 11:09 | その他雑感 | Comments(0)

ザクロと今日のこと

今年はザクロが超豊作。だいぶ焼酎に漬け、人にもやったり取りに来てちょうだいといって来てもらったりもしているが、まだまだある。それで最近はジュースにしている。娘が小学生のころ、ザクロを網に入れて小さなすりこ木でジュースにしていたのが懐かしくやってみたら、これが面白いし、何よりもすごく美味しい。実はもっと酸味があるといいが、年々甘味ばかりになっているような気がする。甘い。でもそのまんまなのはさすがに美味しい。
f0104169_21071525.jpg
今日は、タイから来て軽井沢に小屋を借りて滞在している友人を高山村に連れて行く予定だった。この間あんまりきれいでまた行きたくなったので案内しようと思っていた。しかし今日になって風邪をひいたので遠出はしたくない、しかし会いたいのでどっかでランチでもと言われ中間地点の上田で会うことにした。上田、もう毎日のように行っているので行きたくないのだが…。好きなイタリアンの店が定休日だったのでよく行くパン屋のカフェで会った。
f0104169_21072566.jpg
今年に入ってもバンコクで何度も会っているので別に久しぶりというほどのことでもない。最近行ったのはシンガポールだそうでお土産をくれた。シンガポールの代表的な麺だそうだが、私は知らない。シンガポールなんて長年行ってないし。上田からの帰り道は、いい天気だし久々に菅平を回ってみようかと思って上った。で、いつもは須坂経由で広い道を行くが今回若穂に出る山道を通ってみた。今時珍しい急カーブの連続する山道だった。途中、作業着とヘルメット姿の男性2人がドローンを操作していて、楽しそうでしばらく見とれてしまった。そして給油へ。出てばかりでガソリンの減り方が激しい。

by kienlen | 2018-10-25 21:32 | その他雑感 | Comments(0)

稲刈りなど

農家の友人から連絡があって、稲刈りの手伝いをした。朝9時から始めて午前中でおしまいとの予定だったので午後は別の友人を訪ねる予定にしていた。稲刈りの報酬はハゼかけ米の現物支給でとっても楽しみ。コシヒカリだと収穫はもっと早いそうで、悪天続きの時だったので田植えのような恰好で稲刈りしていたと友人が言っていた。それに対してコシヒカリじゃない友人の稲刈りは今ごろと遅い。そして好天続き。ハゼかけしているうちに支柱が倒れてしまったりアクシデントが何度かあって時間が長引いてしまった。で、その原因が好天続きで乾燥しているからじゃないかと言っていた。確かに、昨年はいなかったので手伝わなかったけど、その前もその前もやってて、今回のような倒れ方は見たことがなかった。こういう時ちびで力なしの私はあまり役に立たず、子どもでもできるような役割だけすることになった。終了後、その友人が珍しくランチをしようというので行き、すし屋のランチをごちそうになった。それから午後に会う予定だった別の友人を遅めの時間に訪ね、北海道の報告などして、それから夜は上田のちょっとの仕事へ。9時半に帰宅してビール飲んだ。稲刈り現場まで自転車をこぎ、向かい風はキツイなと思った。それで久々に汗をかいた。明日は汗をかく時間はないや。
by kienlen | 2018-10-16 22:48 | その他雑感 | Comments(0)

書き忘れ

毎日何か書こうと思っていたのだった。昼間書いたつもりでいたが勘違いだった。もう、時間の感覚がなってない。今日は朝方勉強して昼頃少し仕事して、午後は用足しと散歩を兼ねて出かけて、夕方から上田に行き、少し仕事して遅めに戻ってザクロ酒を飲んだ。このザクロは一昨年のもの。で、今年はザクロが豊作でまさに鈴なりだ。昼間来た人が熟れたのを取っていき、その後で、別の友人が来たときは熟れたのがなくなっていたので未熟なのまで収穫していった。2、3日後にまた来てくださいと言っておいた。それにしてもいい時代である。何しろどこにいても無料の連絡手段があるのだから。以前にタイに住んでいた頃には考えられなかった。国内だろうが国外だろうが違いを感じない。
by kienlen | 2018-09-28 23:47 | その他雑感 | Comments(0)

重要な日

今年はザクロがものすごい豊作で、あまりになり過ぎているので途中で落ちてしまうのじゃないか、摘花もしてないし、と思っていたらなんと無事にここまできた。夫は昨日と今日とでたくさん収穫し、大量の果実酒を仕込んだ。自分で飲むわけでもないのに。それとは関係なく、今日はひじょうに重要な日だった。今週は物心ともに余裕がない。それに備えて、一昨年のザクロ酒を飲んで寝ることにする。まだ打診段階の仕事が流れたらタイに行こうかなああ、と考えたりする。しかし、ああ、通信教育を始めたばかりだった。大金払ったのだからちゃんとやらねば。それにしても、ものすごく静かに感じる夜だ。娘から中秋の名月がきれいだと連絡がきたが、雲が厚かった。
by kienlen | 2018-09-24 20:49 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る
更新通知を受け取る