久々に本の買いだめ

今日は東京日帰りの日。用事は夜の宴会だけなのだが、娘に今の時期しかないサツマイモの茎の煮つけを届けるのもあり、それから久々に書店でゆっくり本を見たいと思って昼を目指して行った。娘の職場の近所の店でランチして、この間会ったばかりとはいえ、顔を見れるのは嬉しいものだった。職場のある地区は静かなビジネス街でいい感じで安心したというのもある。とりあえず当人が元気であればいい。で、その時娘から古本市に行けばいいと言われ、そうかまだやっているのだということを知り、神保町に行った。もう読み切れないだけの本があるし、今は別のことのために読書量が激減しているので、かつてない少量しか買わない生活が続いていたが、久々にゆっくり本の中にしたらさすがに読みたいものだらけで、でも時間はないので、抑えに抑えて8冊購入。本めぐりはまったく飽きない。すばらしい蓄積に感動する。岩波ホールでインド映画をやっているのを知った時には、すでに時間切れ。もっと早く知っていたら見たはず。すると本を見る時間はあまりなかったはず。今日は本の方にご縁があったわけだ。そして必ず読むぞ。帰りは久々に新幹線にした。明日の仕事の準備のため、今日のうちに到着したかったから。それにしても新幹線は高いと改めて思う。
by kienlen | 2018-11-02 23:37 | 読み物類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る
更新通知を受け取る