青い池

友人が貸してくれた北海道のドライブマップは、当然ながら、景勝地の写真のどれもがきれいだったが、中でも「青い池」というのが素晴らしかった。これ見て行きたくならないはずはない。場所は富良野から遠くなさそう。富良野には当初から温泉旅館を4日目に予約してあった。そもそもの計画だと釧路に3泊、富良野、登別に各1泊だったのが台風で狂って成り行きでホテル取りながら小樽、旭川、釧路と泊まったのだった。自分ではうまく回ったつもりだったが、めちゃくちゃで不合理だと何人もの人からいわれた。いずれにしろホテルを予約してあった日まできたら気分的にずいぶん楽になった。目的地が決まっていない旅というのは、私はいいのだが、そういう人だけじゃない場合は、そしてたいていはそういう人じゃないみたいなので、めんどいのである。というわけで、釧路から峠を越えて富良野に来て、そのまま青い池へ。
f0104169_07223136.jpg
ここは観光客が多かった。タイ人もいたし西洋人もちらほら。天気も良くて観光日より。釧路で泊まったゲストハウスのオーナーにも富良野周辺のおすすめを聞いたらここが入っていて、ただ「あれは工事で堰き止めた所がたまたま水が青くなって、それをアップル社が壁紙に使って世界中に有名になった」ということだった。経緯はどうであれきれいだった。特に私はこういう枯れた木が大好きなのでじいっと見ていたのだが、もっとすごいのが背景の山がもくもく煙をはいていることだった。浅間山なんてもんじゃない。
f0104169_07221840.jpg
これってすごくないんだろうか。十勝岳であることを後で知った。
f0104169_07240283.jpg
山に興味をやると水は青くないのだった。水といい木といい山といい神秘と迫力とでお見事であった。
f0104169_07215340.jpg
どういう風に見学するかというと、こんな風に池沿いに遊歩道があってそこを通ると池の一辺を歩けるというわけだ。
f0104169_07230739.jpg
すると川にぶつかり、確かに堰き止めたからできたのね、という感じの風景に出くわす。

f0104169_07225362.jpg
ここに着いたときは午後3時くらいになっていた。途中の道路沿いに、さすがにラベンダーはないが花畑がありタイ人たちが行きたい行きたいと大騒ぎだったのを、青い池に先に行かないと暗くなってしまうからということで先に来たのだが、その花畑ではびっくりすることがあった。
f0104169_07220474.jpg
後ろに煙が見える。

by kienlen | 2018-10-18 08:16 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る
通知を受け取る