里山登って釣り堀行ってバーベキュー

バンコクでますますなまった体を活性化できるかと思って、友人の誘いにのってこの間ちょっと里山に行った。行くまでは億劫だが、行ってしまうとすごく気持ちが良くてやみつきになる。それで今日はもうちょっと高い山に行ってみることにした。現地に行くまでに小一時間かかるのが難点ではあるが、ここよりも北部なのでまだ山桜がちらほらあるし町を一望できるし連なる山々のさらに後ろにはアルプスが見えるしで最高だった。山を下りてから釣り堀にある食堂で信州サーモンと焼いたニジマスを食べる。
f0104169_21190647.jpg

f0104169_21191734.jpg
写真はボケ気味であるが、お店は良かった。信州サーモン刺身500円でニジマス塩焼き400円。連れはソバ食べたり岩魚食べたり。釣り堀は、自然の流れをせき止めて作ってありなかなか良い雰囲気。次は釣って食べるのもいいかもと思った。
f0104169_21194773.jpg
そうそう山は、まずスキー場を上がってから登山口がある。このスキー場が這い登りたくなるような傾斜でとても楽しかったのだった。
f0104169_21201265.jpg
近くの里山から遠くのアルプスまで一望で、特にお隣の山のいかにも春のぼやけた風情にうっとり。
f0104169_21185093.jpg
前回のもっと低い山の時は、電気柵をこえて入ったので動物になった気分だった。出る時も電気柵に設置された人間用のドアを開けて出る。
f0104169_21204597.jpg
うむ。
f0104169_21205838.jpg
土の道を歩けること自体が貴重という異常な時代に生きているわけで、ただ今帰りましたって感じになれる。もう体が動くのがいつまでか分からないので、こんなことができるのも今のうち。夕方からうちの小さな庭で別の友人とバーベキューすることになっていたので、汗かいたままの服で用具を準備してビールとワインと油を、近所のスーパーに急いで買いに行っている間にその友人が来ていた。火起こしも今時は100円ショップのもので簡単にできるようになっているのはつまらない。2人して鹿肉と和牛を、信じられないくらいたくさん食べた。肉を焼く脇で、昨日夫が山でとってきたコシアブラとタラの芽をテンプラにして大変美味しく食べていたら、移動販売のお兄ちゃんが営業に来て、からかい半分に話していたらテンプラ食べたいといって、どうぞどうぞと言ったら全然遠慮しないでだいぶ食べられてしまった。アウトドアな一日だった。



by kienlen | 2018-04-30 21:59 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る