『薔薇とハナムグリ』

サブタイトルが「シュルレアリスム・風刺短篇集」。若いころ大好きだったモラヴィアのこんな本を、娘の送ってきた本の中に見つけた。東京に何度か通うバスの中で読む本を物色している時で、ああ懐かしいなと思ってペラペラしてみたら面白そうだったし、短いのでバスの中でちょこちょこ読むのにちょうどいいと思ってバッグに入れた。実は短篇集を全部読むということがあまりできない。そういう自分を知っているので、これも15篇の中から面白そうなのだけ読むくらいのつもりだったのだが、それどころじゃなかった。あまりの面白さにどれひとつ飛ばすことができなかった。いつも思うのだが、若いころ好きだったものの内容を覚えているわけではなく、ただ、好きだったということだけを覚えているわけで、今読み返してつまらなかったら、自分が変わったんだなとか選択眼がなかったのかなとか、どうしてこれが好きと思ったのだろうかと、それなりに考えるネタになって面白しいのだろうが、今のところ、読み返した作家や作品については、やっぱり面白い、という感想しかない。それにしても面白かった。娘に感謝しないとならない。彼女は読んでないそうで、次に行く時に持参することになった。だったら送料かけて送るんじゃない、という話であるが、本になると甘くなる自分で、それを知っているのが子どもというものだ。

どれも良かったが、私が一番好きなのは「清麗閣」というの。結婚式会場が舞台で、新婦側の母親の視点が主になっている。いかにも古風なこの名前の結婚式場を選んだのは新郎側。もっとおしゃれな西洋風な名前の今風の会場にしたかったこの母親だが、気持ちの中で妥協する。そのあたりの心理描写も、というほどおおげさなことではないが、納得のさせ方も、細かいことだが、論理的というか自然というか違和感なし。で、奇妙な式の様子が目に見えるようで、最後の恐ろしさといったら。もちろん、恐ろしいといっても切った張ったの展開ではない。何気ないのに凄すぎる。タイトルになっている「薔薇とハナムグリ」もとっても面白いし、一番最初の「部屋に生えた木」も、観光ガイドと作家自身の会話からなる「記念碑」も、どれもこれも傑作。長めの解説があり、おかげで背景を知ることができる。それによると、書かれたのはほとんど1935年から45年の間。つまりイタリアがファシズム体制下にあり自由な表現ができなかった時代とのこと。だからこれは何の象徴だとか考えなくたって物語として単純に面白い。光文社古典新訳文庫。こんな世の中に古典を新たに訳して出してくれるなんて、なんてありがたいのでしょう。充実感あり。買ったきり読んでないモラヴィアのインタビュー本まで本棚から出してしまった。

# by kienlen | 2018-11-13 08:00 | 読み物類 | Comments(0)

旭川でのこと

時の経つのが早すぎてメモが間に合わない。北海道旅行での旭川でのことを今になってメモる。駅近くのビジネスホテルに予約してチェックインして、すぐにひとりで外に出た。旭川自体は3度目だが、最初は真冬の動物園で、次は駅まで来てそのまま引き返し、つまり町をぶらついたりしたことがないので何も分かっていない。初めて同様なのである。どこにでもある町っぽくて、それはそれでいいなって感じ。とりあえず駅を見てみようと思って歩き、帰り道に適当な食堂に入るつもりだった。で、歩きlineをしていたら声をかけられた。「何か探してるの」と。見ると、おしぼりかなんか運んでいる風の男性だった。とっさのことにびっくりしたが、ちょうどいいなと思って「この辺に定食屋ありますかね」と聞いてみた。リーズナブルな定食屋でビール一杯と何かでちょうどいいなと思っていたので。すると「定食屋はないけど、地元のビジネスマンがいく居酒屋ならあるよ」と言うので「あー、居酒屋がいいんです」というと、こっちに来いって感じで案内された。

それがぎょぎょって感じの路地を入って挙句は地下である。若かったらちょっと不安になるかもしれないが、こういう時に歳なのは安心。「ホテルにある雑誌の宣伝の店は高過ぎるよ」と、道すがら言うので「そうなんです。宣伝してない店に行きたいんです、ありがたいです」と自分、本当に感謝。で、彼は「ほらここ」と示してすぐに戻って行った。入ると、いい雰囲気の店だった。カウンターの隅に座り、まずは生ビール、そしてサンマを頼んでしまった。別のものにすれば良かったのに、出発前に父が、サンマが大漁で北海道でタダらしい、みたいに言っていたのが強烈でついつい。それからモズクと焼きおにぎり。ひとりでもないのにひとり旅の気分を味わえた。旭川の印象は、この小さなエピソードでとってもいい。

# by kienlen | 2018-11-09 23:49 | | Comments(2)

禁じられた遊び

なぜかこの映画を映画館でやっていた。先日行こうかなと思って挫折し、今日行ってきた。昨日と今日と集中して勉強していたのでちょっと休憩を兼ねた夜の散歩がてらの映画。どうしてこの古い映画をやっているのか知らないが、とってもありがたかった。会員になったので千円だしスタンプは押されるし、そして大きなスクリーンだし、観客は3人で広々なんてもんじゃないし。それにしても素晴らしい映画だった。何から何までが。これで泣かない人はいないだろうな。夜の7時50分からという上映時間もありがたい。名作は時代を超えて名作なのである。

父が大根と野沢菜と柿を持ってきてくれた。柿は好きじゃないが、干し柿は好きなのでそれ用の渋柿。取りに行く予定にしていたがもう熟しすぎでダメとのことでほんの30個くらい。夕食前にむいて干した。生乾きのうちに食べるのが大好きなので楽しみ。ついでに皮も少し干してみることにする。父は野菜をくれた後、おもむろに小さな包みを出しだした。札束かと思ったら違って色のついたご飯だった。「もしかして松茸ご飯ですか」と聞いたらそうだとのこと。親戚の人が冷凍にしたのを3本持ってきてくれて、まず1本を松茸ご飯にしたそうだ。今年最初で最後の松茸を昼ごはんとしてありがたくいただいた。しかし冷凍もののせいか、香りはかなりかなりいまいちだった。でも、シャキ感はあった。タイトルは映画なのに中身は日常メモになってしまった。

# by kienlen | 2018-11-07 22:31 | 映画類 | Comments(0)

初めての歌舞伎

東京の友人から歌舞伎に行かないかという誘いがあったのはしばらく前。一緒に行く予定だった人が都合が悪くなってチケットもったいない、平成中村座、お代は要りません、とのことだった。お代については、まあ、ただより高くつく可能性は高いわけだが、一生に一度くらいは見てみたいものだと思っていたので、ご縁を逃すまいと即答した、行きます、と。それでまた東京日帰り。歌舞伎が初めてだというと、長年通っている友人は、そんなウソでしょう、そんな人いるの、みたいに言っていたが、それにまあ確かにこちらの友人にも歌舞伎好きはいるが、そこまで驚かれるほどなのだろうか。地方にいてそれほど機会はないし、高いし、東京まで行ったら交通費上積みだし。しかし実際見てみて、これははまるよな、と思った。すごく面白かった。
f0104169_23252026.jpg
弁当売り場混雑、中は満員。それにしても残念なのは古い言葉遣いを知らないことだ。日本人として悲しい。まるで意味が分からないというほどではないが難解。ただ、これは見慣れたら分かるだろうなとは感じられる。少なくとも外国語よりは理解しやすい。それと、中世の日本語の方が客観的というか、感情表現の言葉がベタ過ぎなくていいなと感じながら見ていた。自分のことを「みずからは」とか言うのか、マネしたい。自らは酒が飲みたい、いいのだろうか…。これ以外にも、いいなと感じる言い回しはあった。武士階級の言葉遣いはかように分かりにくかったが町人の物語は大丈夫だった。ああ、面白かった。

# by kienlen | 2018-11-05 23:49 | | Comments(2)

判決、ふたつの希望

この間、ちょっと切羽詰まっている状況の中だったが、もう今日見ないと終わってしまうと思ってちょっとムリして見に行った。レバノンの映画なんて多分見たことがないし、予告でぜひ見たいと思っていたもの。結果的にすごーく良くて、ムリしても行った価値があった。ほんの些細な日常の出来事を描きながらずっと深いところまで連れて行ってくれるという感じ。パレスチナ問題のレバノンの位置というのはまったく知らないが、中東の複雑さというのだけはひしひしと感じるし、日常生活と切り離せないものであることも感じる。日本にいると差し迫ったテーマではないのかもしれないが、今のようにどんどん定住する外国人が増え、それなのに移民という言葉は使わないという政策だと気づいたときにはこういうことも…ということはあり得なくはないはずだ。

予告の印象では裁判ものという感じで、実際に裁判の場面も多いが、裁判自体の複雑さというか、クライアントと弁護士の関係をこんな風に描くなんて、すごい面白かった。風刺もきかせつつ人情物でもあり、優しさもにじみ出ていて、うーん、良かった。役者も素晴らしくて、なんか映画と思えない、隣で起きていることという雰囲気だった。チラシに「観る者の心を深く揺すぶってやまない」とあるけど、大げさではないし宣伝のための文句という気はしない。揺すぶられた。それにしても映画館に徒歩距離の所に住んでいるのは便利だ。思い立ったら時間調べてすぐ見れる。今日も行こうかなと思っている。夜はどうせ何もできないのだから。そうそう、昨夜は驚異的にアルコールをとらなかった。ここんとこ切羽つまり状態で、それに昨日の仕事が重圧で疲労感があった。明日は東京に歌舞伎を見に行くのだが、またもや日帰り。優雅な日々ねといわれると、そうね、と答えている。優雅だったらバスで日帰りってことはないのではないだろうか。まあしかし優雅って何ってことになるけど。しかしこんなことをしているので一番やりたい仕事を物理的な理由だけで何度か断ってしまう羽目になっている。しょうがない、気にしない気にしない。

# by kienlen | 2018-11-04 17:17 | 映画類 | Comments(0)

久々に本の買いだめ

今日は東京日帰りの日。用事は夜の宴会だけなのだが、娘に今の時期しかないサツマイモの茎の煮つけを届けるのもあり、それから久々に書店でゆっくり本を見たいと思って昼を目指して行った。娘の職場の近所の店でランチして、この間会ったばかりとはいえ、顔を見れるのは嬉しいものだった。職場のある地区は静かなビジネス街でいい感じで安心したというのもある。とりあえず当人が元気であればいい。で、その時娘から古本市に行けばいいと言われ、そうかまだやっているのだということを知り、神保町に行った。もう読み切れないだけの本があるし、今は別のことのために読書量が激減しているので、かつてない少量しか買わない生活が続いていたが、久々にゆっくり本の中にしたらさすがに読みたいものだらけで、でも時間はないので、抑えに抑えて8冊購入。本めぐりはまったく飽きない。すばらしい蓄積に感動する。岩波ホールでインド映画をやっているのを知った時には、すでに時間切れ。もっと早く知っていたら見たはず。すると本を見る時間はあまりなかったはず。今日は本の方にご縁があったわけだ。そして必ず読むぞ。帰りは久々に新幹線にした。明日の仕事の準備のため、今日のうちに到着したかったから。それにしても新幹線は高いと改めて思う。
# by kienlen | 2018-11-02 23:37 | 読み物類 | Comments(0)

『村上龍 69 sixty nine』

東京いつものように往復バス。ということでその間の読書はこれにした。娘が引っ越しに際して送りつけてきた大量の本の中にあったもの。なんか、軽くて薄いものをと思ってちょっとペラペラしたら面白そうで持参した。運転以外の旅だと本が読める。1987年に出版したものだそうで、バブルの真最中で、それに全く偶然だが、この数字どっかで聞いたことあると思ったら韓国の映画の出来事と同じ年ではないか。ちょっとびっくりした。意識したわけでもないのに。で、舞台はタイトル通りに1969年。この年、登場人物たちは高校生で、この時代の匂いがぷんぷんしていて、それに村上龍の鋭さがすごく感じられるものだった。実に面白かった。青春小説というには熟しすぎているというか、なんか、すごくいい感じだった。小説かと思っていたら、登場人物は大方実在の人物なのだとあとがきに書いてあった。懸案だった試験が終わったので本を読む時間を多少は増やすことができる見込み。それにしてもできなかった、かといって、まったくどうしようもないという予想よりはできたと思う。ま、40%くらいか…笑える。試験というものはまあ、面白いものだなとは思った。別に将来をかけているわけじゃない点で余裕。今まで受けなさすぎなのでこういうのを趣味にしている人の気持ちも分かる感じがする。
# by kienlen | 2018-10-28 23:24 | 読み物類 | Comments(2)

ひとりごとメモ

自己嫌悪というのはあまり感じることがない。自分に対してこうあるべきという高い希望をもたなければ感じるわけがないという怠惰な理由ではあるが。しかしさすがに今回は自己嫌悪を感じている。高い希望をもったわけじゃなくて、試験を受けるのだから一応一通り勉強しておこうと思って参考書も買ったのに、そして今月は他より優先して集中しようと思っていたのに、出だしだけやっただけで挫折。高い受験料、そして受験地東京への高い旅費。これだったら申し込むんじゃなかった、この費用を旅費に充てればいい旅館に泊まれたのに…。いや、ここで自分にいうべきは、申し込んだんだから勉強すべきだった、というべきなのに申し込むんじゃなかったというあたりでそもそもダメである。まあしかし何に対してダメなのかというと分からない。別にこれから就職するわけじゃないし、できるわけじゃないし、それなのに試験受けてどうなるんだといったらおしまいであるのだから。

だいたいこんな出歩いてばかりいて、それに在宅でパソコンに向かっても次はどこに行こうかと探して、まさか一緒に行ってくれるわけないよなと思って友人に打診したら行ってくれるというので、もうそれが楽しみになって他が手につかない。まあ、バンコクから戻って今年は旅でもしようと思っていたことは確かだが、今年で終わりそうにない。ということをぐだぐだ書いているところがもうますますダメである。仕事でもないのに東京行きが続く。東京はハードル高い、知らないし、行きたい場所でもないし。試験は放棄しようかという気持ちにならないわけでもなかったが、来年のための様子見を兼ねて行くことにした。ついでに東京見物してきたいが面倒なのでとんぼ帰り。次も次もそうというのが続く。こういうの合計すれば、簡単に、今興味津々となっている釜山へのクルーズ代になるよなとケチくさいことを考えてしまう。

# by kienlen | 2018-10-27 11:09 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る
通知を受け取る