旧南信濃村

仕事で旧南信濃村へ。朝ちょうど6時に出て松川インター降りた所で現地の方と落ち合う。目的地は遠山郷、下栗の里の近くらしかったので、せっかくだから泊まりたいと思って友だちを誘うと行くというので、現地の方に、自分で行くから案内不要と告げ、下栗の里でお勧め旅館を尋ねたら、今は危ないから行くなということだった。それで、じゃあ改めて遊びで行こうと諦めた。しかしどうもその案内の方がすでに案内場所を決めてあったフシもあり。ああ、だから案内者というのか、どちらかというと自分で移動する方が自由でいいので遠回しにお断りもしてみたが、せっかくの好意なので申し訳なくお受けすることにしたら、運転は嫌いなんだよ、すごい山だなあ、と言いながら運転するので、だったら自分で運転したのにと言ったのだった。この程度で山というなら下栗の里はとても行きたい場所でないに違いない。ランチは内田康夫の小説にも出てきたという蕎麦屋へ。素敵なお店でした。
f0104169_22205341.jpg
地鶏の蕎麦があり、お高いが珍しいし、せっかくここまで来たのだからと思って注文すると、お勧めですよ、と言われた。アツアツの地鶏がたっぷり入った汁に蕎麦をつけて食べる。肉の量がいっぱい、美味しかった。
f0104169_22202008.jpg
下栗の里のじゃがいもの田楽が名物だというので、せっかくだからそれもいただく。小さいじゃがいもを甘辛の味付でいろりで焼いていた。
f0104169_22204050.jpg
これも美味しかった。蕎麦の量もたっぷりの上にじゃがいもを6個食べた。午前中には名物のまんじゅうを食べ、食事の後は飯田名物の菓子。たくさん食べた日だった。天気が良くて中央アルプス、南アルプス、北アルプス全部見れて全部きれいだった。南信州は好きだ。もっともどこも好きです、信州。




# by kienlen | 2017-02-25 22:43 | | Comments(0)
缶詰仕事で上田へ。この間、暑さと乾燥に懲りたので厚着しないで朝食をたっぷり食べた。ランチもたっぷりと思ったら30分弱しかなく近所のラーメン屋に走り、時間ないんですけど、というと、グループの先客があると言われ、どのくらいかかりますかと聞いたら数分は…と悪そうに言うので問題なく注文。サービスのご飯をつけてもらったことは今までなかったけど今日は午後の缶詰に耐えるため炭水化物を取りたくてラーメンライスとした。備えたおかげで仕事内容にはまあ満足。

それで帰り道に温泉に寄ることにした。読みかけの新書を持って入ると広いお風呂に人はほんの数人で快適。夕方になって露天風呂ライトアップもあり楽しかった。一昨日から続いている問題は息子の件であるが、今日はもうさらに進行していて、ここまでくると不安を通り越してなるようになれなので案外気が楽になる。そして夜は娘から就活報告。兄ちゃんがまた問題でねえ、と言うと、あれはあれで人当たりもいいし大丈夫だよ、と、いつもと違って励まされた。こうして大人になっていく。こうして自分は衰えていく。でもしばらくラーメンライスでがんばる。

# by kienlen | 2017-02-23 23:26 | その他雑感 | Comments(0)

低調なり

昨夜から気持ちが下向きで、今日はそれが加速。理由はある。話す友だちが欲しいけどこんな内容を話せる友だちを失ってしまったのだからしょうがない。残念だ。こういう気持ちのまま午前中、仕事というよりはボランティアでものすごいストレスでうんざしりながら戻り、父とランチの約束をしてあったので車で知り合いがやっている店に行く。年老いた父に話したところで逆に気分が落ち込むだけなので言えるわけがなく、かつ定食と、もつ煮定食とギョウザを食べた。
f0104169_19251071.jpg
ここのもつ煮は美味しい。それと味噌汁が絶品、おかわりした。前に来た時、どこの味噌を使っているか聞いて納得した。美味しいもの食べて気分が良くなったという単純なものでもないが、まあしょうがない。食欲がないというわけでもないし。りんごが食べたくて中野の直売所まで足を延ばし、売れ残りを買ってきた。ワインも買いたかったが父がいたので止めた。人に酒を隠したいって、かなり危ないような気がする。彼は日本酒を買っていた。隠したことはない。


# by kienlen | 2017-02-22 20:50 | その他雑感 | Comments(2)

ヒアアフター

昨夜のことになるが、ふっと無料の動画サイトを見たらクリントイーストウッド監督のこの映画があった。試しに見てみたら、最初がド迫力の津波の場面で、プーケットの大被害を彷彿とさせるものでいきなり釘付け状態。その後もあまりの面白さに目を離せずに最後まで見てしまった。吹き替え版だったので楽で、これはこれでなるほどねと思った。バラバラの人たちが最後につながるという、何ていうんだろう、小説だと群像小説なので群像劇というんでしょうか、それ。小さなパソコン画面でこの感動ということは、大変素晴らしいということだ。劇場でもう一度見たいと思った。
# by kienlen | 2017-02-21 23:47 | 映画類 | Comments(0)

久々の山越えで上田

夜間に降ったらしい雪が、落としておかないと危険というレベルくらいに車に積もっていたので、渋滞する心配があって早目に本日の目的地の上田に向かった。仕事なので朝飯抜きというわけにいかず、パンがないのでおにぎり作りたかったが、時間が心配で風呂だけ入って出た。どこかで買うしかない。風呂を止めておにぎりにした方が良かったと後で思った。地蔵峠を上りながら、だんだん零下になるはずだと思っていたら、車内で表示される気温が逆に上昇している。もしや、マイナス表示がなくて7度=マイナス7度なのかと思ったが、道が凍っている様子もなく、どうも長野より上田が暖かかったようだ。しかしちょっと謎。後日要確認車内温度計。

開店早々の直売所には品物があまりなく、豊富なのは花くらい。しょうがなく残り物らしきパンを正価で買って食べる。花が欲しかったが車の中に1日置いておくのも心配で諦める。これも後悔、買えば良かったので次はぜひとも。時間があったのでお気に入りのパン屋に寄ってみたら開いていて、買いだめ。缶詰仕事をしてお昼を付近のファミレス。朝といい昼といい不満足な食事の日だった。この場所の場合の次の解決策は、酒を飲まずに寝て早起きして朝食と弁当を作るでいくしかない。午後も缶詰で、運動量限りなくゼロ。それなのにぐったり。気分は良くない。もうちょっと早い時間だったら温泉に寄りたかったが遅いので諦めた。帰りは静かに国道を来た。夕食は野菜とキノコたっぷりの味噌汁で朝と昼の分を挽回。風呂で読んでいた書評本の中に読みたい本がいっぱいでもう間に合うはずがない。

# by kienlen | 2017-02-20 21:10 | | Comments(0)

外国人が多い日だった

日差しはずいぶん強くなってきたし、何より日が長くなって春の気配は感じるが、しかしまだ寒い。今日だって明るさにつられて真冬のコートをやめて出たが、あまりの寒さに戻って真冬用を着て出直した。そして外国人関係の行政のイベントに久々に行ってみた。イベントというか研修。よく知ってるタイ人がいたので挨拶していたら、別のタイ人から声かけられ一緒に座った。12年もここに住んでいるということだったが初対面なんて、とお互いにびっくりし合った。

夜にミャンマー人と会う予定だったので時間が中途半端。本屋に行って橋下治の新刊と、ついに懸案だった石牟礼道子の苦海浄土を、恥ずかしながらいまさら買う。それからデパートの地下に行きコーヒーとワインを買う。おかずとご飯を節約して嗜好品に走っている、というか、おかずとご飯は買う気にならないというか。それでも時間が余ったので家にいったん戻り、出直してミャンマー人と長話。面白かった。それにしてもミャンマーに行けないのが実に実に残念。タイから戻ったらまっ先にミャンマーに行きたい。何といっても苗字がないというのがいい。それにタイだと男子は1度は出家ということになっているが、ミャンマーは2回なのだそうだ、知らなかった。外国人が多い日だと思って帰宅したら夫も外国人だった。

# by kienlen | 2017-02-19 23:02 | その他雑感 | Comments(0)
昨日図書館で借りた本の中の一冊を昨夜読んだ。含みのある文章を読んだ後にこういう本を読むと、いかに楽かを実感。出版社がマガジンハウスなので緊張しない、というのも変だが、姿勢を正そうというよりはダラッとしたまま読めそうだというのが最初からあった。これがみすずだったり河出だったりちくまだったら開く時の気持ちが違う。元駐ミャンマー大使の方とジャーナリストの方が短い章をひとつかふたつかずつ担当という、自分にとってはあまり読み慣れていないスタイルの本。一度、昔行ったことがあるだけのミャンマーだが、すごく魅力を感じ、今回タイになってしまったのも本当はミャンマーが第一希望だったのと、いくらかミャンマー人の知り合いがいるのと、タイで唯一友達といえる関係となった人がシャン州出身だったのと、マカオに渡ってしまったミャンマー人の女の子がどうなっているのか気になっているのと、諸々あってミャンマーは身近に感じているというのがあって借りてみたもの。

前半は面白いなと思った。マスメディアの報道が欧米経由であること、その背景説明もあるし、タイが軍事政権というだけでバッシングされるのを、タイの事情を考えて欲しいと憤慨している友人のことを思ったりで納得。独裁というならベトナムの方が当たるのに、どうしてミャンマーばかり責めるのかとか、あとは、ミャンマーがイギリス連邦に加盟していない独立国であることがいかに珍しいかというあたりなど、なるほどー。苗字がないということから想像できることではあるが家制度のようなものがなく実は欧米より昔から男女平等なのであるということを歴史と仏教、何より王家が世襲でなく、よって貴族階級がないことと絡めて説明してあってり、自分としては知らないことだらけで斬新でますます好きになった。そして俄然、もっと知りたいミャンマーとなったが、後ろの方は疲れてしまった。ミャンマーがいくら確固たる方針でやってきたとしても、このまま世界の資本が流れ込んで世代交代してそれを貫くことができるのかとか、どうしても疑問になることへの言及はなくミャンマーと日本の賞賛ばかり。いくら素晴らしい国であるとしても素晴らしいだけであるというのはあり得ないと思うのだけど。面白いことがたくさん知れただけに、かなり残念だった。



# by kienlen | 2017-02-17 08:22 | 読み物類 | Comments(2)

今日ものろのろと過ぎる

小さなことをほんのほんのちょっとずつ片づけている状況。電話を一本かけるとか、その程度のこと。本日ももう一歩いけばいいのに諦めてしまって進捗は相変わらずのろい。午前中に懸案をひとつ終えて友達とランチしながらゆっくり話し、それから帰って続きをすればいいのに図書館に行きたくなり、行くと読みたい本だらけで、リュックいっぱいに借りてきた。わずか70年前にはきっと闇米入れるべきところを本かい、平和がいいなと思いながら。借りてくると読みたくなり、まずはミャンマーの本を読み始めた。読むと行きたくなり、しかし今行ける状況にないし、しょうがないから、代わりにミャンマー人に会おうと思って電話して約束した。それにしても、1年もタイから出国できないのは辛いと思われる。しばらく外出なかったが来週は出る日が多い予定。今日は暖かくて楽だった。
# by kienlen | 2017-02-16 19:28 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30