初めて英語の授業を見学

学校開放日ということで、授業参観に行った。1時間目が総合の時間を使った英語の授業。新任で英語専攻の先生が担当する。いかにも、楽しく英語に親しむ、が学習目標であるかのようなゲームを多用したサービス精神を感じるものだった。1,2,3…という数を教えるのにも、各人が自分の数を記憶して、その数を順番に言いながらぬいぐるみを手渡しして速さを競う。声の大きさも判定基準になっていて、小さいと×の、聞こえると○の札があがる。子供達は楽しそうに歓声を上げながらやっている。私のようなゲーム嫌いは、自分が小学生だったらこれを楽しめるのかな、と考えながらそれを見ていた。大きな声も苦手だから×の判定が下るかも。自分がやるわけじゃないからいいのだが。

英語を習っている子は相当いるから、そういう子にとっては簡単すぎる授業だろうと思う。実際、単語などは先取りで答える子がたくさんいた。娘は英語は全くできないので退屈はしていないようだ。総合という時間を使って週に1回やる授業でどういう効果があるのか、私には分からない。しかし、他の授業を減らして総合を作って、それを使って科目を勉強するとなると、何のための総合なのか不思議なことである。文科省の方針はよく変わるが、私にはどうも、勉強しすぎた人達が、自分の経験を元にして、勉強時間が長すぎるとかいって減らしてきただけのように思えてならない。一体子供は、そんなに勉強していたのだろうか。何をしたところでする子はするし、しない子はしなくて、だったら、学校で最低限の知識を身につけることを目指さないと、格差が開くのは当然だ。それを良しとする方針であれば、それはそれだが、今になって格差が問題というなら、どうして「生きる力」なんてことを持ち出したのだろう。それに生きる力はどこに行ってしまったの、って感じ。遊びの授業を見ていて、数と挨拶の決まり文句を覚えることの意義を考えていた。そんなもの、中学になって自分で覚えようと思えば1回で覚えられる程度のものだろうと考えると無駄なような気もするが、門外漢の自分には分からない。ただ、中学の授業との連動なしに一部で取り入れても、それまでのこと、って気がした。ずっと思っていることだが、この程度の英語をやるんだったら、英語だけよりも、むしろいろいろな言葉の違いを体感する方が楽しいし貴重な機会になるように思った。中国、ブラジル、フィリピン、タイなんかは学校に何人かいるし、そういう人の協力を得たら不可能ではないと思うのだが。
# by kienlen | 2006-05-27 18:36 | PTA・学校 | Comments(0)
『ナイロビの蜂』という映画を観た。それもわざわざ80km以上も離れた村のシネコンまで行って。公共交通機関がないので車しかない。遠方すぎる、でも観たい、で迷っていたのだが、ちょっとした仕事が予定外に早く片付きそうだった上、そちら方面に勤務する友人が「高速代を払うから乗せていって」と言うので、その話に乗ることにして急遽行く。高速を使うと楽だが、高すぎて映画1本のためにえらい出費になってしまうから助かった。ジョン・ル・カレの原作ということなので静謐な雰囲気を想像した。キャッチフレーズは「地の果てで、やっと君にかえる」。情報がこれだけだったら絶対行かない自信があるが、どこかでストーリーを知って興味をもっていたものだ。ケニアに赴任したイギリスの外交官の妻が殺されるところから物語は始まる。死後に妻の謎を夫が追ううちに、さまざまな事が暴露されるというしくみ。製薬会社と政治の癒着だけでなく支援組織もその一端であったり、アフリカが人体実験の場所として使われていることとか。

宣伝文句では恋愛物を前面に出しているし、いきなりベッドシーンがでてくるなど、なんだかとってつけたような場面に違和感を覚えたが、でも、全体的には、遠方まででかけて損したとは思わなかった。当たり前といえばそうだが、結果的に可視化される事象の背景が、誰か特定のものの意図の元に予定通りに起こっているわけではないということを、感じさせてくれる映画だった。原因があって結果があるというのは、例えば犯罪の立証の基本で、報道でも必ず「動機を追及中」となるのもその流れだと思うが、これは疑う必要がある。そんなに単純に動いているわけではないのだから。カポーティーの『冷血』では、結果的に殺人事件になる過程を、単なる因果関係では理解できないことを描いていたが、今日の映画もそれを思い出した。細部ではあるが、そういうセリフがあった。アフリカの現実を私は知らなさすぎるので、ここに描かれているケニアがどういうものか判断できない。ただ『ロード・オブ・ウオー』で描かれていたのと似ていたから、とても悲しいがリアルなのだろう。やるせない。これを知ってどうなるのかと思うが、知らないよりは世界の見方が多面的になるとは思った。
# by kienlen | 2006-05-26 23:57 | 映画類 | Comments(0)

読みかけの本ばっかり

本日の仕事現場までは往復約5時間の運転。思いがけず早く終了したため帰路は遠回りして新緑のまぶしい山道を来る。途中の道の駅でウドの葉を買う。手打ちうどんでウドのてんぷらを食べたいと思った。でも、帰り着いた時には疲労感で体が重たい。昨夜の睡眠不足もあるけど、歳のせいだろうか。集中力のいる仕事だったのでそれも関係するかも。手打ちうどんに取り掛かる元気がなくソファに横たわった。横になることと本はセットだが、今読みかけのは雑誌を除いて主には新書で、斎藤美奈子『冠婚葬祭のひみつ』と仲正昌樹『「分かりやすさ」の罠-アイロニカルな批判宣言』。どっちも著者が好きで買ったもの。どっちも疲労で倒れそうな状態とマッチしないので新しい新書を開く。すごく話題になっているらしいので買ってみたもので梅田望夫『ウェブ進化論-本当の大変化はこれから始まる』。判断基準の第一が直感という自分は、最初のページで引きつけられた。けど、数ページ読んで朦朧としてきたので今日は諦めるが、他を置いてまずはこれを読むことにしよう。

話題の本といえば『国家の品格』がまだ売れているようだし、雑誌でもよく取り上げられているが、自分は読んでない。不満ばかり言うのは不本意なので買いたくはない。友達の誰かが買ったら借りようと思っているが、なぜか誰も買わない。皆が同じことを企んでいるような気もする。この間読み終えたのは、橋本治『乱世を生きる-市場原理は嘘かもしれない』というもの。橋本治を知ったのは『桃尻娘』というよりは編み物から。昔、編み物をしながら読書する姿を雑誌で見て真似たものだ。編み込みや模様編みは無理でもメリヤス編みならできることが分かった。それでこの本。同じ集英社新書の『上司は思いつきでものを言う』が面白かったので読もうと思った。つまりは、戦国時代の乱世に似ている現代を、自分のペースで淡々と生きることの勧め、などという単純でおこがましい処世訓であるはずはないが、自分なりに共感できるところは多々あり。驚いたのは、パソコンを使わず手書きしているというところ。中野翠も新聞にそう書いていた。信じがたいけど嘘をつく理由もないだろうし。そういうことを考えながら『ウェブ進化論』にかかることにする。
# by kienlen | 2006-05-25 20:20 | 読み物類 | Comments(0)
あいさつ運動の出動については①無断で休んで、もしも何らかのリアクションがあったら面白いから事実上強制の根拠を聞く→今までの経験から推測すると可能性は限りなくゼロ。そんなに大切な活動であればサボった人に自信をもって文句を言えばいいのに言われたためしがない。とはいえ、影の声は知らないが。②このブログに記録するためだけに出動してみる→気絶はしないと思われるので勇気がいるが、試す価値があるかどうかは一考の余地あり。③出動できませんと、青少年育成担当者にあらかじめ伝える→この方が面白い反応があるかもしれないが、末端の自分にとっての直属の上司が誰か不明。幹部発信だろうが、育成会経由なので、担当者は伝達役割のみだろうから徒労か。以上、3つの選択肢が考えられる。しばらくの猶予があるから検討することにして、ここにあるもう1枚のピンクの紙について記録することにする。

「脱いだ靴をそろえよう!」がタイトル。「この運動が、子供たちの豊な心を育てます」がサブタイトル。「地区住民の皆さんへ」としての説明の要旨は以下、と言いたいが論理性なく理解不能なので、自分がゴーストライターになったと仮定してみる。脱いだ靴を揃えると非行も性的被害もなくなり、家庭は健全、地区の諸活動もなごやかになる…。毎年この紙が全戸配布されるので説明を求めたいと思うが連絡先がない。バンコク在住時に仕事の関係でラオスに何度も行った。ラオス語は分からないが街中にプロパガンダ(らしき)看板があって、稲穂を抱えた家族らしき人々が微笑む図柄から「一致団結明るい家庭」なのかと想像して、多分こういう国には住めないと思ったものだが、現在の日本の某地区で展開しているのは、ラオスでの想像ではなくて日本語で理解できる全体主義だ。ロボットのように脱いだ靴を揃えて、毎日オートマチックテラーマシンのようにあいさつする人を育成することが「青少年がたくましく未来に向かって前進できるように努力する(文面より抜粋)」ことなのか。靴を揃えるのも挨拶も、もちろん気持ちがいい。でも、それと非行が結びつくという短絡的な発想を流布させることで思考停止をうながして良しとするのは、もっと罪ではないだろうか。
# by kienlen | 2006-05-25 01:22 | 地域 | Comments(0)
仕事をしなければならない時間帯。やる気はあった。でも萎えた。外出先から帰った暗がりで郵便受け内のものをつかんで家に入れたら、その中に「あいさつ運動出動日割り表」が入っていた。息子の名前のところをグリーンのマーカーで強調してあって、見ないフリを決め込むには目立ちすぎる。「青少年育成」とやらの一環で、数人の当番が「あいさつ運動」のタスキをかけて指定の場所でたちんぼうをするのである。人が通りかかると「おはようございます」と元気に明るく声をかける。育成会役員なるものになった時に経験して、ショックで倒れたくなった。よく映画などにショックで気を失うシーンがあるが、あれが日常的にできる技を身につけられたら地域やPTA役員で何と便利なことだろう。その時は偶然学校が休みの日で誰も通らなかったので、この声かけはしなくて済んだのが不幸中の幸い。さらに雨降りだったのと、育成会役員のストレスで(自分ではそう信じている)体調を崩して入院して退院直後だったので、それを言い訳に早めに切り上げた。そして誓った。「こんなこと絶対したくない」。それまでもこういう奇行を他の人がやっているのを見たことはあって、奇妙な趣味の人がいるものだと思っていたが、自分がやるハメになるとは。子供をもつということはこういうことであると言いふらしたら、少子化はもっと進むかもしれない。

今年は役員ではないのに回ってきたのは、人が少ないからか、あるいは、今年の中学の育成会役員の打診があった時に「過去に体調を崩した経験があり精神科の医師からも引き受けるのを止められてる。それでも役員になった場合は自己防衛的にふるまうことをご承知おき願いたい」由の文書をA4用紙にたっぷり書いて送っておいたので、もしかしたら嫌がらせなのだろうか。昔なら村八分の仕置きの逆バージョンか。その、一昨年の役員の時の、あいさつ運動会議ではこういう悩みがでた。「役員が大勢で立っていると子供達がそこを避けて通っていく」と。誰も笑わず真剣そうな表情。朝のあいさつを強制させることへの使命感で、公民館の大広間が熱気を帯びている。このまま撮影隊が入ってくれたら脚本なしにお笑い番組ができると思った。そんな中、1人の母親が質問した。「朝7時から20分間という時間帯は下の子の世話もあって母親には一番忙しい時間帯なので、できればご年配の方の時間帯と交代していただけませんか」と。こういう会議にしては筋の通った意見だと思っていたらその後がスゴイことになった。言葉遣いまでは覚えていないが、要するに「今の母親はなってない」論が地区役員の幹部クラスから噴出。何を言われたか覚えていないのは根拠のない戯言だったからだ。それでも幹部は強い。こうして母親は追い詰められていく。とうとう地区に恨みを抱くようになり、地区活動の炊き出しおでんに毒を入れたり…しませんけどね。
# by kienlen | 2006-05-24 22:22 | 地域 | Comments(0)
どこに怒りをぶつけていいか分からない時がたまにある。最新のケースは、平成電電が倒産したから、ダイヤルアップ接続の設定を変更せよとの案内ハガキが、契約しているプロバイダーからきた時。自宅のパソコンはケーブルなので影響ない。でも、ノートパソコンで外からつなぎたい時やファックスなどに備えて、一応ダイヤルアップもオプションで契約してあった。でも、年に1度くらいしか使わないから、これを機に解約しようか迷っているうちに、設定変更の期限が過ぎた。それで解約を決めて電話したら、書類かHPで手続きせよということ。「こちらのミスでも希望でもないのだから電話で簡単にできませんか」と言ったけど、もちろん問題外。お詫びの言葉もひと言もないどころか、訳の分からないわがままな人だ、と判断されているだろうことが声の調子から感じられる。電話会社の倒産にプロバイダーは関係ないから、先方の理屈から言ったらお詫びの必要はないんだろうけど、私としては、自分は何もしてないのに無駄な手間がかかるし、利用はできなくなるし、という不都合のみで何のメリットもない。電話の相手に怒鳴ったところでエネルギーの浪費だからやめた。

でもたまに浪費にも挑戦する。昨年度の確定申告の時は社会保険事務所に電話して、しばらくやり取りの後、ついに「相手が何を言いたいか把握する訓練をして下さい!」と怒鳴ってしまった。無駄でも一応意思表示を試みるべきと思ったからだ。事の発端は、確定申告に際して、同庁発行の国民年金納付額証明書の添付が義務付けられたこと。9月時点での納付証明がきて、以後の納付は領収書をつける。だったら全部領収書に一本化した方が混乱がないと思った。ウチの場合の問題は例によって夫で、ハガキに細かい説明があっても理解できないし(私にも難しい)、期限を知らずに納付が遅れることも度々あるので、どこまで払っているか分からない。証明書には未納という文字が並んでいるから問い詰めたら、その後にまとめて払ってあって領収書を出してきた。まじめに払っているのに未納が並ぶのは不愉快である。こんな不愉快な証明書を発行する理由について先方の言い分は1点に尽きた…税務署から言われたから。9月時点である必要については…皆さんに送るのに手間がかかるから。ひねりもないし笑いもないが、あるのは自己都合のみ。そもそも手間なんかかけて欲しくないんですけど…。これは研修で「クレームに関しては相手の言い分は聞かずにお役所の事情のみ言い続けること。なるべく単語のみ使用。諦めて電話を切ります」と教えられているのだろう。非コミュニケーション能力の増強が図られているようだ。ちなみに私が期待したのは、まっとうで納得できる説明であり、そのためにどうしたらいいのか、文書にするのかも尋ねたが、電話でバカなヤツが何かクレームしてた、という次元に留めておきたかったようで上司も出て、全く同じことを繰り返していた。
# by kienlen | 2006-05-23 11:50 | その他雑感 | Comments(0)
車で1時間少々の場所でちょっとした仕事。いつものごとく短時間でおしまい。絶好のドライブ日和だったのと、午前で用事が終わって時間的に好都合だったので近くの温泉に行くことにした。人が集まる場所が苦手なので温泉は昔は嫌いだったが、誰もいない山の中の露天風呂を経験してから好みが変わってしまった。月曜日のちょうどお昼時ならすいているだろうと期待して少し山手に入る。以前に1回来たことのある、見晴らしがいい中規模の温泉施設で入湯料金500円は、まあ良心的に感じる。期待通り、客は数人に満たない。浴槽が数箇所あるのだから、大浴場も露天も独占で気分がいいのだが、かといって温泉に浸って長時間リラックスできるというタチでもない。自宅の風呂でも読書を兼ねているから長くなるだけで、それなしで長風呂はできない。温泉で読書というのも…でも、次は挑戦してみよう。

農業の盛んな地区で、有名人の農場やレストラン、ワイナリーも近くにあるような豊穣の地。敷地内にはレストランと、地場の農産物を販売する売店がある。そのレストランで食事して、なんとなく売店にも寄ってみた。アスパラ1束80円、青菜類も同じ。玉ねぎ4個100円。その他いろいろ。父親の趣味の農業で野菜はほぼ自給できるとはいえ、こういう所に来ると購入したくなる。アスパラと玉ねぎと人参の会計をしている時に、ふと気が付くと、横にダチョウの卵があった。初めて見た。鶏卵と一緒に並んでいるのだが、長さが15センチくらいあるから、1個だけなのに、やたらに目立つ。で、値段は3000円。その他の販売物に比べたら破格である。レジの人に「どうやって食べるんですか」と聞いたら「どうやって食べるんでしょう。目玉焼きってわけにもいかないよね」と言う。こんなの、いくらオメメぱっちりの人の目玉を想定したところでほど遠いサイズだ。「これ、買う人いるんですか」と聞いたら「前に1人いましたよ。でも、どうやって料理したか知らないね」と言う。生鮮食品を扱っているのだから調理方法も教えて欲しいものだが、こういう場所だったらそれも許せるなというロケーション。ちょっと凝った料理屋でダチョウの肉を勧められて食べたら美味しかったので、この辺で売り出しているのかと思って尋ねたみたが「ダチョウはいるけど肉を売っているかどうか知らないねえ」だった。産み手がいるから卵があるんだろうけど、商売っ気がないというか。
# by kienlen | 2006-05-22 23:16 | その他雑感 | Comments(0)
「あなたにもできるまちづくり」という副題のついたイベントに行った。主催者から電話で勧誘されていて、あまり引きこもっているのもいけないな、娑婆の空気も感じないと、と思って予約していたもの。昨日は一歩も外に出ず、今日もこれがなかったら同じだったろうことを思うと、1時間ほど散歩したという点で意義はあった。でも、参加した後になんだかイラついて友人に電話して、帰りがけにビールを飲んでしまったのでチャラどころか消費エネルギーより過剰摂取かも。別にダイエットしているわけじゃないからいいけど。

まちづくり、をテーマに活動するグループはいくつかある。今日のは、その中の1つの発表を聞いて話そうという趣旨。楽しく気軽に集まってまちづくりについて話したりイベントをする、という団体だったので、楽しいのはおおいに結構ご自由に、という以外の感想はなかったが、面白いなと思ったのは、堅苦しくなくユルク、というのが盛んに強調されていたこと。あと、仲間と一緒で心地よいと。関係者は30代が中心らしいが、すでにそんなに堅苦しい場面に直面しまくってきたのだとしたら、なんだかスゴイなと思った。その上で懲りてユルクだとすれば。どういう仲間を作るのも自由だからそれについて何も思わないけど、ただ、まちづくり、となると行政と結びつきやすいのが少々気になるところ。協働が常識になっているので、その名の下に市民も対等な立場で参画というのが建前だ。ユルクて心地よい仲間達が、もしも必要な時があれば、臨機応変に仲間内、また行政との対立も恐れずに専門知識と行動力と公共性意識を動員して、公的活動の一翼を担うなら、これは素晴らしいことだと希望を感じたイベントだった。
# by kienlen | 2006-05-21 23:02 | 地域 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30