<   2016年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

奇跡の教室

昨日また映画館へ。どうしても見たいというほどの決意があったわけではなく、夕方から聖書読む会に行って夜の上映に時間的にちょうどよくて、今週でおしまいだしということでふらっと行った。だいたいイギリス映画かと思っていたらフランス映画であった。これも実話ベースということで、学校関係者が見たら大変いいのじゃないかと思った。学校関係者どころかどっちかというと学校苦手な自分としてどうかというと、最近続いたように、ああ良かったというヘビーな満足感まではいかなかったけど、まあまあ楽しめたという感じ。普通に感動物語というか。あとはフランスの多民族多文化多宗教ぶりがよーく分かった。まあ、これがテーマのひとつではあると思われる。劣等生が多い問題のクラスの担任が歴史と美術史の20年のベテラン女性教師で、教えるのが好き、退屈な授業はしないと明言して学期が始まる。美術史の授業すごく面白そうだった。モハメッドが地獄にいる絵を示してモスリムの生徒がものすごい勢いで怒り、先生が「つまり絵はプロパガンダなんです」と怯むことなく力説。いかに信頼できる担任なのかというのがよく伝わってくる。そのため問題を起こしつつもクラスは持ちこたえているのだが、担任の代わりに別の先生が来た時は完全にクラス崩壊となり学校でも問題クラスとして取り上げられる。この時の担任の毅然とした態度、素晴らしい。

で、担任が歴史のコンクールに出ようと提案して、よくある感じの反対が周囲からも当事者の生徒の間からも出るのだが、指導が実って全国優勝という大快挙をなし遂げる。研究テーマはナチスに虐殺された子どもたち。今どきの高校生なので歴史をそれほど知っているわけではなく、知るにつれて恐怖と驚きと怒りとでのめりこんでいき、自発的にアイデアがどんどん出るようになる。ありがちな話ではあるが実話だし、それに、表面を取り繕ったような次元ではダメでどこまでも突っ込んで考察しなければいけないという指導、クラス全体での参加なのだから内輪もめしていてはいけない、協力にもっていく指導力がキー。こんな先生いたらいいなと思う。もっとも今もこの学校にこの先生はいるのだそうだ。教師希望の学生さんとかは必見映画ではないだろうか。あと、自由平等友愛という基本方針は揺るがないのだ、でもそれは安易に手に入れられるものではないのだというフランスの覚悟と宣伝にもなっていると思った。ナチスの収容所体験を語った男性が無神論者だと明言していたのも印象的だった。常に差異を意識せざるを得ない国にいるということは覚悟がいるに違いない。

by kienlen | 2016-09-29 15:48 | 映画類 | Comments(0)

『「子供を殺してください」という親たち』

しばらく前、急遽夫から店番を頼まれた時、外出先にいて店番しながら読めそうな本を持っていなかったので図書館でこの本を借りた。出だしは少々くどく感じて止めようかとも思ったが、そこを過ぎたら納得できるくだりが多くなり、最終的には大変いい本だと感じた。というか、よくぞ言ってくれました、という感じ。つまり、マスコミ等ではなかなか報道しにくいことが書いてある。事件の背景に精神障害があった場合、それが原因であるとは言えないので触れないという選択は、多分なされているように思う。被害者であれ加害者であれ。さらに精神障害なのかどうかも微妙だし、さらにそれに育て方が関係しているのかどうかなんてさらにさらに微妙だろう。因果関係のはっきりしないものを短い時間で説明するのは、長い時間でも難しいんだからひじょうに難しいに違いない。

統合失調症の友人がいて、この病名に至るまでに色々な診断名が下っていたようだが、彼の説明によると医者の見立てとしては生得的なものだそうだ。へえ、そんなことまで分かるんですかと感じ入ったものだったが、そういう説明があるとすれば環境的なものもあるということになるのだろうか。などと回りくどくいわなくても虐待等々、環境要因が関係することはあるだろうし、かといってすべてなわけもないし、でも避けては通れないし、というモヤモヤ感にひとつのヒントを与えてくれるものだった。それと、長期入院させないという法改定により行き場のない人も出てくるとか、とことん悪くならないと福祉につながらないという日ごろ感じている疑問への答えというわけじゃないけど、なるほどという感じがあった。落とし穴のようなグレーゾーンの苦しさは充分に想像できる。建設的な提案もあり。精神障害者と医療をつなぐ移送サービスの会社を経営するという著者の経験に基づいた貴重な内容と思った。とても良かった。

by kienlen | 2016-09-28 22:58 | 読み物類 | Comments(0)

ラーメン食べながら

f0104169_23152201.jpg
頻繁にいない夫に用事があってランチに店に寄ると、バイトのタイ人女性しかいなかった。ラーメン食べて待っていたが来ない。そこに思いがけず友人が来た。何食べようかなと言うから「ラーメンの麺少な目、ルークチンなしでモヤシ多目、美味しかったよ」と言うと、なぜか「じゃあトムヤムラーメンにしよう」と言ってビールと一緒に注文していた。どうして平日のこの時間にここにいられるのかと不思議に思っていたら、仕事さぼったとのことだった。それでも給料はもらえるんだからいいよね、と言うと、その通りで、辞めたいけど勤め人の諸々のベネフィットが魅力で踏ん切りがつかないという。しかしストレスはあるようだ。こちらはベネフィットはないが組織特有のストレスはない。でも別のストレスはある。朝方、別の友人から電話があり、何事かと思ったら長年勤めた会社を辞めるという報告だった。毎日色々ありますな、自分のことでないのも含めると。

by kienlen | 2016-09-27 23:35 | その他雑感 | Comments(0)

疑惑のチャンピオン

この映画、ポスターを見ただけで興味をもち、見たいと思いつつ時間なさそうで諦めかけたら、最終日にギリギリ駆けこむことができた。このところハズレなしで推移しているが、これもまた大変面白かった。この間のニュースの真相同様、事件に関係した人物による自伝、評伝を元に映画化したもので、この映画の場合、その原作者にあたるのが、事件を取材していて業界から追放みたいなことになる新聞記者。つまり事件の主人公は別にいて、ランス・アームスロトングという自転車競技のアメリカ人アスリート。こんなすごい人を知らなかったのはタイにいた期間だったせいだからなのか、興味がこういうことになかったせいなのか…。つまり私は事件の内容自体を全く知らずに見たということになる。出だしがツールドフランスの過酷な場面と観光プロモーションビデオのような美しい風景。ツールドフランスだって名前しか知らないものな。それで、ちょっと映画見ただけで知ったような気になる。最初の方は、勝つためにドーピングするという比較的シンプルな話に感じられ、これでどういう展開になるんだろうかと思っていたが、選手生活頂点でガンになり、それを奇跡的に克服し、となると、え、もしかして単純な感動物語かとますます分からなくなり、でも本格的に面白くなるのはその後からだった。つまり原作者でもある新聞記者が、このヒーローに疑問をもち、決定的な証拠がないままに、でも確信をもってドーピング疑惑をスクープするあたりから。

勝利への執着ってこういうことなのか、勝利者を中心とするのか実は脇役なのか分からないくらいな関係者の思惑になるほど分かる分かる、ヒーローがいるとその競技自体の人気が高まるので自転車競技の団体もヒーローでいて欲しいがための保身にまわる。臭いものには蓋をしていけるところまでいけって、ほとんどすべてのことに共通しているように感じている者としては、ものすごく分かりやすい構造をものすごく分かりやすく示してくれている。それにしても、アスリートというのは他と違って自分の肉体をストレートに改造するわけで、しかも明白な結果を出さないと意味ないわけで、心身ともに象徴的な意味でなく命がけなんてものじゃない気迫が、他の分野と違うので、当人にも同情したくなったりするのが政治家なんかとは根本的に違うところで、見ていて本気でハラハラする。ドーピングを隠すために行なう手段のすごさ。それを指南する医者は悪魔のようにも見えるが、当人とすれば科学的に勝つという使命感をもっているようでもあるし、第一望む人がいるわけだ。人間界の魑魅魍魎をとっても分かりやすく描いているし、サイコパスといってしまえばいえそうだけど、そういう風に片付けないストーリーで、世間をあっといわせたあの科学者の心理だってこういう感じで、それを支持する人の感じもまさにこうなんだろうなあとか色々考えさせられ、スポーツと映像の相性の良さもあるし、色々な意味でとっても面白かった。ギリギリ駆けこんで良かった。

by kienlen | 2016-09-26 11:15 | 映画類 | Comments(2)

安曇野の予定だった

お久しぶりです、と、自分にむかって言う。それにしても時間の経つのは速く5日もあいてしまった。この間にバンコクから遊びに来た友だちが「バンコクで一生を終えるなんて嫌よ」と、タイ人の夫に向かって何度も何度も言っていたが、そういう風に感じる歳なのだ。しかし「だったらどこでも行けばいいでしょ、自由なんだから」と私なんか、ただただ芸もなく当たり前のことを口にしてしまうが、タイ人夫はそんな言い方はしない。「そうだねえ」と優しくにっこり言いながら、何も実行しない。多少は見習おうかなと思うことがなくもない、ということはない。何度か信州に遊びに来ているうちに2週間くらいの滞在を考えるようになった彼らを今年は安曇野に案内することにした。でも、この間行っていい景色だったこの美麻の喫茶店に寄ろうとしたら散歩したいということになり、この付近を一周したらぬかるみで時間がかかりお茶飲んで時間かかり、予定を消化できなかった。
f0104169_08165158.jpg
この間満開だったそばは枯れかけていて連日の雨で沼地ができていて、この日も今にも降りそうな天気だった。友人夫妻の滞在中毎日最悪の天気だったそうで不満そうだった。友人は地中海気候が好きなのだそうだ。イスラエルの天気が最高だったというから「カリフォルニアに住めばいいでしょう」と言うと「アメリカは嫌いなの」ということで、みんな難しいのである。
f0104169_08171097.jpg
きれいな自然の中にしばらく暮らしたいがこういう寂しいのはダメで虫が出るのはダメで、色々ダメだという都会人。虫が出ない場所なんてないと思うよ、と言ったのだけど。
f0104169_08161936.jpg
結局時間が足りなくなって途中で引き返し、予定していなかった店、といっても予定もなかったけど、で、彼らの所望するそばを食べた。これが意外に美味しかったのです。農業経済専攻だったタイ人夫はそばを撒いてみたいと種を買っていた。ミャンマー国境の高地ならいいんじゃないかと。




by kienlen | 2016-09-26 08:37 | | Comments(0)

ニュースの真相

昨日見に行った映画。アメリカ映画はこういうメディア物と裁判物が面白いなとまたまた思った。この類は結構見ていると思うけど、その中でも出色。タイトルバックを見て、この人ケイト・ブランシェットなんだ、あれロバート・レッドフォードなんだと初めて知った次第。さすがに素晴らしい。ドキュメンタリータッチでそのままその人みたいだった。ブッシュ元大統領の兵役忌避については日本でも報道されたように思うが、それを追及していた女性プロデューサーとベテランの男性人気アンカーマンが主人公。報道番組の人気がどんどん落ちて娯楽番組ばかりが台頭する中で健闘していた報道番組で取り上げて注目されたのだが、この調査報道の発端となった文書が偽物ではないかという疑惑がネットで提起されて大騒ぎになり、社内に内部調査委員会が設置され、結局制作チームが惨敗するという実話を元にした映画。テレビなので時間との勝負という緊迫感がスリリングで、関連人物も少なくなく、テンポも速いのでぼうっと見ていたら付いていけなくなる。2時間超の長い映画だけどダレるところは全くなくて、いやはや、素晴らしかったです。

取材する側とされる側、事実とは何か、手間暇かかる調査をしないで報道されたものを伝える方向にいってる現状、それどころかそもそも報道自体が人気ない現状、何か問題があると本質と離れた議論に引きずられていく様子、ネット言論の功罪、個人と組織、家族と仕事、信頼関係、親子関係、権力、等々、等々、日ごろ感じていることが、これでもかというくらいに余すところなく盛り込まれていて、重石でも飲み込んだような気分になってしまった。アメリカのことを知っているわけではないが、それなのにアメリカ的と感じてしまった。例えば日本の内部調査委員会でここまでやるだろうか。徹底的に追及するよりも、どこかで手をうって、まあ今回はこうだけどちょっと我慢してもらってそのうちに、みたいなことに暗黙のうちになっているんじゃないだろうかと想像する。形式上はともかく。弁護士とのやり取りも最高で、最後の方の彼女の言葉にも唸った。文句なく面白かった。一緒に見た友人と思わず「あんないい夫がいたら闘えるよねーーー」と、同時にため息をついたのだった。お互いさまか…。それにしてもこの日の予告のも見たいのだらけだった。







by kienlen | 2016-09-20 22:39 | 映画類 | Comments(2)

店番

昼間映画を見に行き、夜にもう1本見ようかと思っていたところに夫から電話があった。最近家に戻ってないし姿を見ていない。それなのに先方より「どこにいるのか」と聞かれ「そちらこそどこにいるのよ」と聞き返すと、体調悪いので夜の店番を頼むとのことだった。アルバイトのタイ人女性はしょっちゅうタイに戻っていて今もタイ。それで人手がないらしい。幸いなことに、長期間タイに帰省していたコックさんは戻っている。それで、もう何年ぶりかの店番をした。そんなにお客さん来ないだろうから読書していようと思って図書館で、店番しながら読めそうな軽い本を借り、店のドアを開けていたら、通りがかりの若い男性が「今日やってますか」と聞くので「やってますよ、お待ちしてます」と言ったらじきにグループでご来店。カウンターには常連の男性がひとりで座り、マスターがいないので不満そうだったがビールとナムトックを食べた。そして日本人ばかり幾人か来て、そこそこの賑わいだった。でも早目にそれも終わり、雨も降っているしで、いつもより早目に店を閉めた。本はほとんど読めなかった。
by kienlen | 2016-09-19 23:52 | その他雑感 | Comments(0)

シアター・プノンペン

昨日雨、今日も雨のようだ。昨日は雨足の弱まった隙に自転車で出かけ、お金にはならないが仕事というのを短時間やり、外に出るととても雨が強くなっていたので自転車を置いておける場所まで引っ張り、それから歩いて映画館に行った。カンボジア映画を上映してくれるとはありがたいが、見に行く人はいるんだろうかと心配していたら9人も観客あってびっくりした。それに上映予定をみると見たいものだらけ。長野の映画事情に深く感謝。そんな気持ちで劇場へ。スタートから惹き込まれた。あの南国のお日さまが近くに張り付いているような空気感がものすごく懐かしい。赤いライトと褐色の肌と猥雑な町の様子に入り込んでしまう。母娘関係、父娘関係、若い恋人同士の関係、若い不良仲間関係、父の仕事関係とコネ、抑圧的な女性の立場等々、パーツごとにはありがちな関係。でもカンボジアである。クメールルージュ時代の影響が誰にも影を落としている。日本でいうと主人公は戦後生まれの民主主義に育った女の子で、親世代は戦争を引きずっていると考えるとイメージしやすいが、カンボジアの場合は内戦なので殺した側も殺された側も殺されるはずだったのに生きのびた人も一緒に生きることになる。

これらの人々を結んでいるのはタイトルにある映画館。ちょっとこのへんはニュー・シネマ・パラダイスを思い出させた。こちらは最初見た時に、どうしてそんなに人気なのか分からずもう1度また劇場で見てみたけど、自分には多分映画への愛情がそこまでないんだろうと感じる程度の低い理解度に留まってしまっている。で、こちらのプノンペンの方は、生死の切実さのある中での映画。原題はストーリーそのままに「最後のリール」だったが、色々な意味で最後なのだった。伏線が色々あって物語自体の展開が面白かったのと、それからやはり自分がここまで親をやってくると、状況に共通点がなくたって親の気持ちが分かるなというのを感じ、しんみり泣ける部分もあった。カンボジア語がタイ語と似ているときいているのでそれも気になったけど、いくつかの単語が共通しているのが分かったくらいだった。ขอบคุณは最初の子音が取れて母音から始まるようだ。完全に同じかなと感じたのは「将来」。他にもいくつかあったのでメモっておけば良かったのに迂闊だった。主人公の女性がすごく魅力的だったし、映像がきれいだった。クメールルージュ時代に人口の4分の1が死に、映画監督や俳優はまず殺害の対象になったこと、苦しんでいる人は殺した側にもいること、それでも国を造っていかねば、というメッセージが分かりやすく伝わる。その時代を知らない若い世代の視点なのでカンボジアの歴史について知らない外国人にも分かりやすい。ひとつだけ分からなかったことは、映画の撮影を収容所でしたということになっているように理解したが、それが可能だったという状況説明はなかったように思って疑問が残ってしまった。もっともあれも嘘なら納得できる。私としてはとても好感のもてる映画、ひじょうに良かった。

by kienlen | 2016-09-19 09:16 | 映画類 | Comments(0)

腹立つ

パソコンのメールはOutlookを使っていたが、使えなくなってしまった。心当たりはウインドウズ10に更新したこと。自動更新になっていて、気付いたらそうなっていた。で、メールソフトにアクセスできなくなった。そのうち使えるだろうとの甘い考えは通じず、ウンでもスンでもない。他のメールソフトを使おうと思って設定しても同期されず、つまり私のようにIT弱者にはどうしていいか分からず、かといってプロに頼むにはお金かかるし、今そういう状況にないし、しょうがないから最後の手段で、iPadの方にパソコン専用にしていたアドレスを設定して受けられるようにした。別にしておきたかったのに、腹がたってしょうがない。ウインドウズ7に戻す設定をしたいが、10で作った文書がなくなっても困るのでこれを処理してからにする。腹立つ、腹立つ、腹立つ、腹立つ、腹立つ。次はもう全部アップルにしようかな。すごく気分悪い。
by kienlen | 2016-09-17 23:44 | その他雑感 | Comments(2)

素敵なトイレ

車で出かけないのでガソリンが減らない。バッテリーあがってしまうのではないかと心配するほど。昨日、久々に上田に行くのに車を出してみたら無事動いた。簡単な打ち合わせだったが、その前に友だちと食事しようということになり、地元の人しか分からない場所にある人気だというラーメン屋に行き、まだ時間があったのでその友人の案内で新しいカフェに行ってみることにした。
f0104169_23214612.jpg
こういう外観で、内部もいい感じだった。コーヒー280円でひとつひとつドリップ。時間かかりますと言われたので、時間かかっても美味しい方がいいですと答えた。友人はソフトクリームを食べていた。自社牧場と農場の素材を使っていて物販もあり。そして何より気に入ったのはトイレ。トイレに凝っている店は割とあるけど、こんなに大きな窓のあるのは初めてと思う。外から覗こうと思えばできると思うが、覗いているのは内側からも分かるのでやりにくいと思われる。
f0104169_23221605.jpg
外の席もあった。気候もちょうどいいし、快適そう。今回は中にしたが次回は外も検討したい。
f0104169_23231014.jpg





by kienlen | 2016-09-15 23:36 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る