<   2015年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ちょっと必要があってガルシアマルケスの本を読んでみた。中編という部類に入るらしい。いやはや、もう名前がたくさん出てきて、ただでさえ人の名前を覚えるのが苦手な者にとっては相当きつい。最初の方は読み直していたが、重要な人だけ覚えればいいやと開き直ることにした。殺した2人と殺された1人と、その原因になった男1人と、女1人。これが最低で、後は周辺のいくらか。で、誰の視点かというと〝私〟なのだが、それが誰かが分からない。分からない自分は読解力なしなのかと悲しかった。でもあとがきを読んでいたら、まあそれも無理ないかもと思ったりもした。この有名なノーベル賞作家マルケスは名前と同時に百年の孤独というタイトルが自動的に浮かんではくるが、読んだことがあるかというと多分ない。もしかしたら読みかけて挫折したかもしれないな、昔に。

この本は中編なので読み通せた。自分にとって本を読む場合、文学としての読み方はできない。基本を知らないから。それでこれもあとがきをみると文学云々と書いてあるけど、その部分が分からないのがもどかしい。文学部で勉強したくなっているこの頃。もどもどもどもどかしい。多分これが文学書でなくてノンフィクションなら分かりやすいのだ、きっと。ただ、あとがきによると、はあ、つまりあとがきがないと何も分からないってことかよ、当時まだその分野が確立してなかったようだ。いやあ、文学史も勉強してみたいものだ。はあ、命がいくらあっても足りません。カポーティ―の冷血をどうしても思い出してしまうのだったが、あれは舞台がずっとモダンだった気がする。これは共同体の因習が色濃い。それがマルケスのテーマだとこれまたあとがきにあった。
by kienlen | 2015-04-28 18:20 | 読み物類 | Comments(0)

ソロモンの偽証前編

これは前編を試写会にて。見た直後は後編を見なければと思った。つまりなかなか面白いなと思った。主人公の女の子始め役者が良いなと思った。いきなりのあの場面の映像もど迫力。原作が宮部みゆきで、私はこの人の本を読んだことがない。あんなにたくさんあるのに、なぜか。で、確か娘が宮部みゆき云々していたなと思って聞いてみたら、この長大な小説を読んでいた。彼女にするとどうやら好みからいくと好きじゃない、でも面白い、止められない、ということらしい。まあ分かるような気がしなくもない。

舞台は学校。高校だったかな。そこでひとりの男子生徒が死んでいるのが発見される。自殺で処理されるのだが実は違うのではないかという疑いをもった生徒たちが色々と調査をしていく過程で色々な発見がありさらなる死もあり、大人たちの対応に不満の生徒たちは自分たちで裁判をするってことになり、で、どうなるのーというところで後編へ。結局娘も見に行ったそうだ。私が後編を見に行くのを待っているようだが、私も彼女が行くのを待ってからといううちに終わりそうだ。費用と時間を考えると他にしようかなって思ってしまう。
by kienlen | 2015-04-27 10:28 | 映画類 | Comments(0)

おみおくりの作法

昨日、友人から突然誘いがあり、久々に付き合うことにした。行き先は新しくオープンしたゲストハウス。最近ゲストハウスのオープンが周辺で続いているので面白い現象として、その友人は仕事がてらで私は好奇心から行ってみただけ。ちょうど暇だし。で、その友人は映画を比較的見る方なので、最近面白いのありましたか、と聞いてみた。真っ先に挙げたのが「おみおくりの作法」だった。ちょっと意外だった。加えてハリウッド映画なんか、みたいなことを言うのだが、ちょっと今までと変わってませんか。好みが変わるのは当たり前とはいえ、やはり、仕事人間だった人が退職した時の変化はより一層大きいのだろうなという気がした。

予告を見て面白そうと感じた。実際見た時は予告の印象と違って、ものすごく静かな映画だった。その中で主役の表情、演技が光る。これを引き立たせるために静かにしたんだろうかと思うくらい。身寄りなく亡くなった人を淡々と弔うという役所の業務を淡々とこなす中でちょっとした出来事が、という感じだったかな。良かったよ、ぜひ見てよ、と人に勧めるというよりも、そっとしておきたいという感じ。それって良くないんでしょうけど。好きか嫌いかと問われたら好きと答える。で、この映画を嫌いな人よりも好きになる人の方が好きであろうことも確か。でもあまりに刺激がないと感じる人がいるのかもしれないなとも感じた。かといってそういう人に会ったわけじゃなくて、見た人は異口同音いいと言ってた。もっとも絶対数は少ない。そもそも映画館にそんなに人行ってないし。
by kienlen | 2015-04-26 12:01 | 映画類 | Comments(2)

暇になった

ふー、本物の一段落…。ここ10日くらい、平常通りに遊んではいたものの、かなり苦しかった。何しろ自転車のカギが見つからなくて乗れない。それで歩きなので色々と時間がかかる。昨日も早目に出ようと思いながらギリギリになり、しかし目的地に行く前に納品だけしたいと思って少々遠回り。するとそこに知り合いが勤めていて、あらあらということで話したかったが「ちょっと急ぎますんで」と振り切り、目的地へ。ただ、このハプニングのおかげで予定より10分ほど遅れた。それで用意されていた弁当を食べられず、朝からほとんど食べてない状態で仕事に突入。自転車ならさっと行ける距離も歩くって時間がかかるのだ。仕事はまあ不満足。予想していたからいいのだが。おばさんは落ち込まないのだ。しかしダメだよね…でもしょうがないし…とうつむいて知り合いのやっているカフェに立ち寄ると友だちが客でいて、両方からあんたが入って来るなり場が変な空気に支配されたということを何度も言われた。負のオーラ―がでてるんですかと言うと、そうだと言われた。そうか…。

せっかく楽しい話してたのにさあ、と怒られる。それは失礼しました。世の中楽しいことばかりじゃないんだからな。とにかく私は仕事の後の懇親会に出るか試写会に行くかで迷って試写会を選んでいて、それまでの時間つぶしに軽く立ち寄ったカフェだったのだが、なんだか濃厚な時間になってしまった。チョコレートをもらった。試写会はアニメで百日紅。北斎の娘を主人公にしたもの。ちょうど北斎の娘について話を聞いたばかりだったのでぜひ見たいと思って申し込んでいた。アニメは慣れないし期待しなかったのだけど、なんだかすごく良かった。だいぶ泣いた。その後、友だちと夫の店で飲食予定していたので行った。車を使わないのは、これがあるからなのだ。健康的なのか不健康なのか微妙だな。そうそう映画館でも知り合いが何人かいたのでご挨拶。で、知り合いの連れが北斎の研究家だって。すごーい。しかしこうしてどんどん世間は狭くなり肩身も狭くなる。
by kienlen | 2015-04-25 09:36 | その他雑感 | Comments(0)

ワンプレート論もどき

気付いたら火曜日。予定では上京して子どもらと食事でもしているはずだったのに。仕事が予定通りに終わらず延期に。今日はちょっと一段落で、まあ一段落ばかりという気もするが、友人と食事。まあ、一段落してなくても友人と食事昨日もその前もいつもしているが。しかし今日の食事はアレでした。
f0104169_17540456.jpg
コレですけど、だいたい元々ワンプレートにちまじま盛ったものは基本好きではない。ちょっとずつって味をごまかすにはいい方法だと思うのです。その逆に美味しかったらもっと食べたいと思う。つまり田舎人なのだ。自分、サラダはあまり食べない。だけど付け合わせには和食でも洋食でもサラダが多い。これもそう。だから日ごろは黙っている。ところが、ついこの間、酒との相性をすごーく重要視する人と話していたらサラダは酒に合わないと断言。やっぱり、酒が好きだからサラダ好きじゃないってことでいいんだ、と勝手に解釈。間違っていてもいいのです。以上は余計なことだが、美味しいものを食べると、幸福感に包まれるがそうではなかったプレート。ワインを付けたかったけど、これで充分高いし、おつまみ美味しくないとなあ。デザートを勧められたけど、とてもとても。しかし、それでどうしてあんなに混んでいたんだろうか。味の好みって違います。
by kienlen | 2015-04-21 18:06 | その他雑感 | Comments(2)
娘のおかげで2割引きで本が買えるので、どうしようかなあというのまで注文しやすくなり、ますます増える傾向。これもちょっと迷っていたもの。面白かったけど、謎が解けたわけじゃないというのが、そしてそれを知らせることがこの本の目的のひとつではあるとは思うけど、それにしても何なんですか、という未解決ぶりではある。著者にとってもそこがフラストレーションであるというのはヒシヒシと伝わってくる。つまり、どうしてここまでの事件になってしまったのかということ。似たような事件のことを紹介してあり、ひじょうによく似ていたが、何が違うかというと処分ということだった。今はすっかり報道もみかけなくなったけど、それでいいんだろうか。そうは思えないけど。続編が読みたい。
by kienlen | 2015-04-18 01:16 | 読み物類 | Comments(0)

『見えない橋』

吉村昭の3冊目。短編集。短編小説を読むってあんまりないけど、さらさらと読めた。小説ちょっと休んで、買ってあったノンフィクションに移行。仕事の合間に読んでいると、読書の合間に仕事みたいになってしまう。つまり何もできないってこと。まずいなあ。バンコクのジムトンプソンで買った象柄のネクタイを息子に来週届けるために今週がんばらないといけない。
by kienlen | 2015-04-15 11:23 | 読み物類 | Comments(0)

裁判傍聴

裁判の傍聴に行った。15年ほどオーバーステイしているタイ人女性が被告人。知り合いでも何でもないのだが、たまたま日程を知る機会があったので行ってみた。裁判の傍聴は久り振りかな。黒いスーツ姿の人が妙に多いなと思ったら司法修習生のようだった。そっか、そういう時期か。弁護士が若い女性で、こういう単純な事件の割に争いのあるのが珍しかった。入国時、他人名義のパスポートを使ったのだが、そのことは知らなかったという主張。当人も盛んにそれを述べていた。これを知らなかったから無罪になるんだろうか。ちょうど知り合いの刑事がいたので聞いてみたら、そんなことはないよと言っていた。

それにしても、こういう場でのタイ人の話を聞いていてさすがにうんざりするのは、主体性がないことだ。言われてないから知らない、その人に従っただけ…、そればっかり。だからブローカー任せってことになって双方に都合がいいんだろうし、知っていることで危険になるということもあるとは思うけど、ちょっと極端すぎてイライラしてしまった。かといって、しっかり計画立てて、状況任せでない生き方をしてないとおかしいかのような質問が納得できるというわけでもないんだけど、まあそれは法律家の技術ってことなのか、そんなことを考えながら見ていた。形式的で1時間もかからずに終わると思ったら、間に休憩挟んで2時間超。しかも次回に持ち越しに。また行こう。

by kienlen | 2015-04-14 10:37 | タイ人・外国人 | Comments(0)
この2冊を続けて読んだ。全然関係ない内容だし偶然なのにリンクしてしまう。東電の方は田原総一郎著。この方の本は初めて読んだ。津波は吉村昭。この間の破獄ですっかりファンになってしまったと言いたいが、好きですと言って何読んだか聞かれて1冊しか答えられないのじゃ変なので、と、想定することにして仕入れた中からまずこれを。どちらも東日本大震災よりもずっと前に書かれたもの。東電の本はサブタイトルが「福島原発誕生の内幕」とあるが、これって最初から付いていたものなのか、新装版で付けたものなのか知らないけど、特に福島に限ったものではなくて、原発導入への過程を民間企業としての電力会社と、コントロールしたい官僚の攻防という観点にかなり徹して描いている。実に興味深かった。

津波の方は、えー、こんなに発生していてこんなに被害があってそれでまたこんなに、と、愕然だった。知らなかった。吉村昭、素晴らしい。東日本大震災でも大被害を受けた当時の田老村の様子も細かい。すっきりして分かりやすくて情景を浮かべるのにひっかかりのない文章といい、資料と時代背景説明と取材のバランスといい、読みやすい記録で歴史で、しばらく吉村昭を読むことになりそう。娘も破獄を読んでいて面白いとのことで、文庫化された新刊を買っているようだ。教科書代はパパからもらってその他の本代はママからもらうと勝手に決めているので制限なし。羨ましい環境だ。

by kienlen | 2015-04-12 09:17 | 読み物類 | Comments(0)

ハプニング

昨日のこと。ランチを友人と一緒にとった後、ちょっと一件行くことになっていた。自分の立場としてはある人をその友人に紹介というところ。するとランチ中に電話があった。スリランカ旅行を主催した友人で何だか切羽詰った感じで「スリランカのガイドさんが突然来ちゃったんだよ、駅に迎えに来たんだけど」と、説明しながら私の居場所を聞くので、少々離れた場所であるがぜひ会いたいと伝えた。すると、すぐに帰るから時間ないみたいだと言う。細かい事情はともかく、ぜひ会いたい、急いで行くけど時間はそれなりにかかる、でも待ってて、の3点を伝えて切った。ランチの真っ最中だった友人が「食べてる時間なさそう」とニタニタ言い、それを否定もできず、残りを包んでもらい、先方に伝えてあった予定時刻より30分も早く現地に着き、じゃあこれで、とすぐに引き返した。

夫の店で待っているということだったが駆け付けたのにいなかった。待ちきれずに帰ったということだった。たった30分強なのに気の短い方々だ。ただ、その後に連絡がきて駅で会おうということになった。旅行主催の友人はお坊さんで、彼の寺を見学してすぐに戻って来るとのことだった。外国人はお得なJR乗り放題パスがあるから、乗れば乗るほど得なのだ、いいなあ、これ、とずっと思っている。だから急ぎの立ち寄り芸当をしたくなるのだ。新幹線がないと無理だろうな。ともかくガイドさん、というか旅行会社の社長は来た。お坊さんは忙しかったらしく早々に戻り、出発までのほんの15分ほどのお茶。話した内容は日本は子どもの学費が高いけど、お金さえあれば大学に行ける、スリランカは学費はタダなので勉強がすごくできないとお金があっても大学に行けない。どっちがいいかって、簡単ではないな。楽しいハプニングだった。来日目的は旅行会社への営業周り。仕事のことを聞かれたのでモゴモゴしていたら「あなたも何かやりなさいよ」とはっぱかけられた。


by kienlen | 2015-04-08 09:43 | 出来事 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen