<   2013年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

昨夜の夢

昨日は山歩き、というほどのものでもない山をちょっと散歩。ランチだけ食べて戻って仕事の予定、というより希望だったが、いつものごとく成り行きで長引き戻ったのは夕方近くになっていた。食べたものも予定外で満腹過ぎて夕食を作る気が起きなかったが、こういう日に限って夫も食べるというし、彼は外にするかというのだったが、家に食べ物いっぱいあるので家にした。それから気分を変えて仕事、ということができるといいのだが、できない。だったら早く寝ようと思い一応メールのチェックだけしたけど急用のものもないので返信は朝に持ち越して8時過ぎに寝た。自分にとっては寝ることは本を読めることでもあり楽しみ。それにしても睡眠時間長い。そのせいか見た夢を鮮明に覚えている。全く今の状況がぎっしり詰まった夢だった。

今、風呂で読んでいるのが斉藤茂太の古い精神の病についての本で、そこに課長職のサンドイッチになるストレスが出てきて、それを読んだばかりだったのが影響していると思われる。小さい、新しい形式の新聞社だか出版社だか何かそのような類の会社の中間管理職みたいな立場で来ないかというオファーがあり、驚きつつも行くことになった。そこは全寮制で、でも色々と全部そろっているというわけではなく、自分の荷物も足りないものだらけ。すぐに仕事にかかるらいしが、何も分からないところにもってきて日常用品も足りず服も足りずバッグはよく見ると古びて皮がはがれている。安物だったわけでもないのにこんな風になるなんてと思う。しかも寝坊したらしい。職場ではもう打ち合わせが始まっているのに自分は何もできない。何といって出社していいか分からない。場違い感。手始めに図書館へ調べ物に行ってくれと言われたが、どうしていいか全く自信ない。一体今まで何やってきたんだよ、と自分に問う。ああ、生々しい。
by kienlen | 2013-09-30 08:29 | その他雑感 | Comments(0)

「日本の黒い夏冤罪」と「潮騒」

2晩続けてパソコンで無料で見られる映画を見てしまった。こういうこと始めると夜更かしになる。しかしこのくらいの画面で見られると結構楽しめてしまうから癖になりそうだ。見るだけって頭使わないから楽だなあ。本だとこうはいかないもんな。「日本の黒い夏冤罪」というのは、松本サリン事件でなぜ無関係の人が容疑者呼ばわりされてしまったのかをメディアの問題を中心に検証したもの。高校生が検証のためにローカルテレビ局を訪れてインタビューするという形式。この事件の時に日本にいなかったから、どのくらいの騒ぎだったのかを知らない。かなり実話に基づいているんじゃないだろうか。容疑者にされた人の雰囲気は実によく似ていると感じた。この高校生は何かちょっと大げさに感じられたけど、しかしこんなひどい理不尽な目にあった人を取材していればこうなるか、そうだな。

「潮騒」はいくつもあるらしいが吉永小百合と浜田光夫のものだった。初めて見た。三島由紀夫の小説の潮騒が原作なのか、知らなかった。飽きるかなと思ったけどそんなことはなくて最後まで見た。これ見ながら「千年の愉楽」を思い出した。舞台になっている風景が何となく似ているのと、まあそれは海辺はこんな感じで分かるとしても、音楽と音楽の入り方の芝居じみたところが似てないかなあ。しかしこんなことしているとそのうちにDVD借りて見まくりなんてことにもなり兼ねない。小さいパソコンにすれば良かったか…。
by kienlen | 2013-09-28 21:05 | 映画類 | Comments(0)

血液型

この間、久々に会った友人と話している最中に突然「●●さんってB型?」と言われた。そうだよと答えると、自分もそうだと彼女は言って、だから理解できないというA型夫の細かさについて長々と話し始めた。異文化接触の多いこの人が日本的な血液型の話しを出すとはな、と意外な感じで聞いていたのだが、その夫の細かさたるや、信じがたいもので大笑いしてしまった。しかし、相手からすると私らのような細やかさに欠ける者は信じられないというより許せないレベルなんだろう。それでその友人はいつも非難されているらしい。私が困るのは、身近に細かい人がいないことだ。極端なB型環境だった。だから細かさが足りないということで怒られたことはなく教育もされなかった。だから基準みたいなのが分からない。とはいえ、まさか血液型で判断するというのもあんまりだよな、という気持ちがあって、そういえばと思い当たるひじょうに細かい人の血液型を尋ねてみた。A型だった。友人の夫である。うーむ追認事例。もっともこの友人もA型だが細かいわけではないが。

やはり何かあるという感じは拭えない。これまでもそうだったし、今出ている事例もそうだ。夫の店のスタッフにもA型はひとりもいないことが分かった。もしA型が多かったらああいう店にはなっていないと思う。スタッフの中で最も違和感を覚えないタイ人女性に聞いたらB型だった。私にとってB型のイメージで真っ先に浮かぶのは、面倒くさくない、である。それと珍しくないので面白味はない。O型は性格上の共通点がほとんど皆無なのでぶつかる必要もない。だから何か外的要因で関わりがあると付き合いやすいということになる。仕事とか遊びとか、家族とか。A型の場合は2種類に分けられる。小さい山でも大きい山でもいいが、それなりに乗り越えた人とそうでない人だ。A型で乗り越えた人というのは常識もあり非常識も受け入れるからバランス感覚がいいように感じる。乗り越えてない人は多分ほとんど接点なし。なんて、あくまで自分の中のイメージでしかないし、結果的にそう思うというだけで先入観は排したいと思っている。AB型は知り合いが少ないのでイメージしようがない。違う方が面白いのに、結果的に友人は、自分にとっては新鮮味がないB型比率が高い。
by kienlen | 2013-09-27 21:01 | その他雑感 | Comments(0)

『香田証生さんはなぜ殺されたのか』

下川裕治著。図書館でたまたま見つけて借りた理由は著者がこの人だからだった。タイトルを見た限りでは、こういう硬派なノンフィクションも書いているんだ、知らなかった、と思い、ちょっと中身を見てみて、なるほどと思った。イラクで過激派に殺害された香田さんの事件を、徹底的に旅人の視点から分析したもの。生まれ故郷を訪ね、それからニュージーランドのワーキングホリデーに旅立ち、しばらくしたら戻ると言い残してイスラエルに行き、ヨルダンでしばし逡巡したらしい描写があって、結局イラクに入った香田さんの足跡を、彼と関わりのあった人々に話を聞きながら、バックパッカーの心理と行動を軸に著者が自分と重ねながら考察しつつたどったもの。とても読みやすいのでストレスなく読める。私はバックパッカーではないが、旅先ではそういう人に大勢会ったし、バンコクはバックパッカーの休憩所みたいな面もあったので想像はしやすい。それに、実際にバックパッカーになるかどうかは別にして、自分にこういうメンタリティーがないかといえば、多分とても大きくあると思えるので、著者が自分を振り返る機会にもしたと感じられるこの本に共感を覚えなくはなかった。

ニュージーランドのワーホリがどうしてイラクになったか、という当たりは著者の考察でしかないが、説得力はあると思った。すごく良く分かる感じ。香田さんはイスラエル行きもイラク行きも内緒にしていたようで、そのあたりに何か切実感を感じて切なくなる。バックパッカーのベテランとして、著者は今のバックパッカーのありようと昔を比較したり、今の人を分類もしていて、香田さんには旧式のエネルギーみたいなのを感じるという意味で共感的に書いているのだが、読んでいて、本当にここまで自分と重ねて共感しているんだろうかという疑問が残ったな。あとは、香田さんの周辺の人が話したがらない点を結構強調していた割に、理由の考察を深めているわけではないのがどうしてなのか知りたかったのと、香田さんの人となりがもうちょっとあれば、そのあたりも想像しやすく全体にその後の行動への理解も深まると思う反面、人生を分かりやすくするのは後付であり、そんなの嘘っぽいという気持ちもある。ただもう本を読むということ自体にそういう期待が入ってしまっているのは否めない。言葉と旅の相性ってどうなんだろうか。でも面白い視点の内容でなるほど感はあったし、こういう内省的な内容は上から目線のものに感じる不快感はなく好きだ。
by kienlen | 2013-09-26 08:58 | 読み物類 | Comments(0)

昨日の日記

昨日の朝、前夜に飲んだせいで外に置いてきた車を取りに早いうちに出た。駐車場に止めていい時間帯は営業時間帯以外なのだ。天気も良さそうだし、どっかでモーニングコーヒー飲むのもいいかなと思って新聞とパソコンを持参した。この組み合わせが若くない証拠…。しかし朝やっている店というのはファミレスくらい。ふと、スタバはどうだろうと行ったら7時から営業である。郊外なのに。さすがだな。入った時はお客さんひとりだったけど、出る時は結構混んでいた。で、新聞を見ていて死亡告知のページでとんでもない名前を発見。同業者で名前はずっと昔から聞いていて、しかし知り合ったのは最近で、個人的な付き合いは皆無だが、接点はあった人。まだ十分に現役の年齢。どうしちゃったんだろうと思って心当たり2,3連絡。心そわそわな朝になってしまった。

近いうちにランチしようと言い合っていた友人に「生きているうちに会っておこう」と連絡してランチの約束をする。待ち合わせは香港人の知り合いが昨年始めてなかなか順調そうなブティックにする。何かあったら買うつもりだったけどこれというのがなくて少しお話しして出る。行こうとした店が片っ端から休みで、火曜日は休みが多いんだったことを思い出し、それにしても極端に多いことに驚く。初めての食堂に行ってみた。ランチはやりたくないけどやっているという空気を感じる店だった。お座敷にビジネスマン風の方々が何人か。そこに中年の主婦みたいな人ふたり。長居されたら嫌だな、と思っているような気配を感じる。友人につられて珍しくあんかけ焼きそばなんか注文してしまった。遅く入ったからじきに2時になり、終わりですと言われた。しかも迷惑そうな表情だった。なんか冴えない日だった、昨日は。
by kienlen | 2013-09-25 08:36 | その他雑感 | Comments(0)

20年ぶりくらいの友との再会

20年ぶりくらいの友人に会った。20キロ太ったから見分けがつかないだろうと言われてどんな風になっているか期待したが変わってなかった。付近の山をドライブしてタイ料理を食べに行った。こちらと真逆で人脈は要人ばかり。楽しい話を聞かせてもらった。いやはや。ドライブの途中で立ち寄った山の喫茶店でティラミスを注文してみた。美味しかった。乗っているのは食用ほおずき。子どもの頃、山にあるのを食べた記憶がある、懐かしい。そしてかわいらしい。
f0104169_23122045.jpg

彼女と親しくしていたのは在バンコク時だった。長年の付き合いでもないのに何かとても親しみを感じていながら、彼女が別の国に行ったりなんかで何となく音信不通になっていたのが、バンコクに頻繁に行っているうちに共通の知り合いを通じて連絡先を知ったとのことで連絡が来たのがしばらく前のことだった。ややもするとどん詰まり感に苛まれるところだが、世界は広い。久々に気分が高ぶった感がある。来年からの楽しみが増えたな。その前に今年やるべきことをしないとお話にならない。はあ、今日も何もできず逃避していた。毎日これだ…。
by kienlen | 2013-09-23 23:33 | その他雑感 | Comments(0)

アパートの鍵貸します

昨夜DVDで見た。娘が先生のお勧めということで借りてきてあったもの。娘が見た後、自分も見たいから返却を遅らせてもらっていた。タイトルだけ知っていて見たことがなかった。1960年制作の白黒映画。面白かった。パソコンを新しくして見られるようになった。スピーカーの性能もいいのでストレスなし。これだともっと色々見たくなってしまいそうだ。生きていたら老後の楽しみにしておこうか。しかし、高校生にこの映画をお勧めとして貸すというのも、なかなかオシャレな先生であると思った。というわけで昨日の締めくくりはDVD鑑賞だったのだが、結局予定は全く消化できない日だった。徹夜のバイトだったから午前中寝ていたのはしょうがない。午後から仕事の予定だったが、どーしてもやる気になれない。本読んだりなんかしているうちに、しかし自宅が仕事場の辛さに見舞われて出かけたくなる。そうだ、善光寺参りに行こう。連休で混んでいる所を見学するのも悪くない。

ちょうど娘が図書館に行っているので本を借りがてら行き夕食を一緒にしたくなる。韓国料理が食べたい。娘に連絡してから、日曜日は夫の店が休みで夕食を共にする可能性がなくないことに気づき電話。食べるというが、信用できないので何度も確認。やはり食べるという。じゃあ一緒に外でってことになる。で、その直後に電話があってやはり一緒には食べないというのだった、相変わらず意味不明な対応。本当に不思議です。断ることを極度に避ける人っているんだな。まあ、色々なタイプが家族内にいると便利ではあるが。図書館に行って本借りて善光寺参りをして図書館にまた行って娘と合流。付近に知り合いのワインショップがオープンしているのを知り1本買おうと立ち寄ると友人が試飲の場所でまったりと飲んでいた。私も試飲少々。空腹なのでゆっくり選んでいる時間もなく1本購入。DVD見ながら飲んだけどすごく美味しかった。安いのに。とても気に入ってしまった。それから娘と韓国料理の店へ。ビール頼んだらグラスの数を聞かれた。飲む場面ばかり見せているな娘に。一度来て美味しいなあと感じた店だったが、大変美味しかった。途中で夫より電話。韓国料理食べているから来ればあと言うと「韓国料理は高いから行かない」とのこと。娘が、パパが来ると払わなくちゃならなくて来たくないんじゃないかと言った。確かにお高い会計でした。ランチ6,7回分節約しないと…できるわけないか。でもとっても美味しいからまた行きたい。
by kienlen | 2013-09-23 09:43 | 映画類 | Comments(0)

そして父になる

話題なんでしょうか、試写会の会場やけに混んでいた。感動させるために作りましたという感じの映画で、実際感動した。すごくシンプルにテーマを絞り、雑音はすべて排除して感動の芽にひたすら水と栄養を与えているって感じ。どうなるんだろうとハラハラしながら時に涙しながら見た。役者がみんな良かったです。子役も。この間の少年Hの時に、この子役は好き嫌いがあるかもなあって何となく感じたけど、こっちの子どもたちはとってもリアルで、まあ時代が今だからリアルなのは当然といえば当然だが、うまいもんだなあ。最近何を見聞きしてもご立派と感じるようになっている。立派でした。

ストーリーは、病院で赤ん坊がすり替わっていたことに、何年も経ってから気付くというもの。こういう話というのはまあたいていの人が、自分ならどうするだろうか、という視点になるだろうと思う。というわけでハラハラしながら進むことになる。2組の家族の絡み合いってことになるわけだが、これが、いかにもって感じで対照的。地方都市の寂れた自営業の一家は日本人の郷愁に訴えそうなベタな愛ある家族で、都会のマンション暮らしの一家は、モデル住宅の家族版みたいな感じで描かれている。現代人なら、自分はこの典型のようではないけどどっちも分からなくないくらいの距離感の共感を覚えそう。それでどうなる、という謎解きめいた期待を最後まで持たせてくれる。感動のヒューマンストーリーってこういうのをいうのでしょうか。安心して感動に浸って下さい映画。
by kienlen | 2013-09-22 13:20 | 映画類 | Comments(0)

お仕事モードにやっとなりかけ

f0104169_0104281.jpg

この間、高原に行ったついでに、庭の美しいカフェに寄ってランチした。ランチは一種類でワンプレートで1280円だから安くもないしワンプレートはあまり食べた気がしなくて好きでもないのだが、それにパンかライスというから内容を聞いたらパンは小さいのが1個というんで物足りないと思ってご飯にしたら量が少なかった。でも食べてみたら野菜もすべて油に通してあるから結構ボリュームがあって満足感あった。そして美味しかった。食後はハーブティーにしてみた。

それから何日か経って本日。さすがにここまで無為に過ごす日々にうんざりして仕事モードにするのに1日費やし、夕方から戻ってきた。このままいかないといけない。ウインドウズ8にも慣れた。色々調整してみた。今までのが古いのをだましだましだっただけに実に快適だ。いつ消えてしまうかという不安を持たないだけでも嬉しい。これで中身もサクサクいけるといいのだが、それは自分でやるしかないもんな。季節のいいうちにメドをつけたい。今日もいい天気だった。夕方、生活クラブの物資を取りに行くのに少し歩いただけで汗ばむのにあせった。体力が落ちているんだろうな、この生活だったもの。
by kienlen | 2013-09-21 00:24 | その他雑感 | Comments(0)

さよなら渓谷

少し前に見た。雑誌か何かで紹介を読んだ時は、事件に題材をとった社会的な内容かなという印象を漠然とながら受けていたが、見てみたところ少なくともその印象が当たっているという感じはしなかった。好みを言えば大変好きなタイプの映画。暗くて言葉少なで表情で押していく。人間関係は濃厚とも希薄とも言えず、そもそも存在が重いとも軽いとも言えない、とても文学的だなという感じがした。かなりの充実感。風たちぬの洗練されて計算尽くの明るさを感じた後で見るにはちょうど良かった。暗さと野生のバランスが。主演の真木よう子はこの間みた「そして父になる」でもいい味を出していたけど、このヒロインはすごかったな。相手の男性はキャタピラーの人だったんだ。どこかで見た感じというのはあったけど、ひじょうに良かった。しかしこれは嫌いな人もいるんだろうなという感じもした。当たりさわりのないところで収めてない感が好きだ。

舞台の渓谷と山間部も時代も、具体的なものがすべて象徴として扱われているような不思議な空気で一貫していた。良かった良かった。というわけで逃避的生活は続く。昨日は結局慣れないパソコンに四苦八苦していて、さらにびっくりしたことにひょうんなことから古いのを欲しいという友人がいて、本当にいいのかと確認すると欲しいと言うので処理に困っていたのをありがたく届けた。その前に古いのも取り出してちゃんと作動するかチェックしたり取り外しなどで相当時間がかかるな、でもやってしまうとすっきりすると思っていたところに友人からちょっと作業をしたいから寄らせてくれと電話あり。どうぞお使い下さいと言うと頭使わない作業持参で来た。お互い頭使わない作業をしながらおしゃべりした。同業者なので話が伝わりやすくて助かる。今の苦しみを少し軽減できるかもしれない。やはりひとりは辛い、ということをしみじみ感じるようになっている。そういう流れにいるってことだろう。息子からラインで、卒業できそうだと喜びのメッセージあり。他の人だったら良かったねえと一緒に喜ぶところだが、彼の場合だと、大きな勘違いとか油断とかしないでくれと釘を刺してしまう。嫌だろうな、もっとも慣れているか。しかし子供の成長を見ていると、本当に感慨深い。あっという間だ。
by kienlen | 2013-09-20 09:19 | 映画類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る