<   2013年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

助詞抜き言葉遣いとか

不健康な生活。それにしてもこの精神状態を何とかしないと。それには家の片付けをしないと。それには仕事の、いくらなんてももうちょい一区切りつけないと。それには不健康な生活じゃなくて健康的に日々をクリアに送らないと。というわけで悪循環の振り出しに戻る。娘がいなかったから昨夜も夫の店に夕食を食べに行ったら、行き場のない人の集まりみたいになっていて、不健康な話題に終始したのだった。タイ人からタイのニックネームを付けられてあれこれ言いつけられて色々お手伝いしている男性がいるのだが、その人はタイ人とばかり話しているせいか日本語を助詞抜きで話す。初対面の時、日本人とは思わなかった。外見もちょっとタイ人っぽいし。で、娘もしばらく日本人とは思っていなかったというから、そういう人なわけだが、その人が酔っ払って道で寝込んでいたら警察に声をかけられたそうだ。寒いから風邪ひくよって。いつのことかは知らない。もう昔かもしれない。

少し話しているうちにパスポートを見せろと言われたそうだ。言いたくなる気持ち分かりますよ、その言葉遣いだと、と口を挟んでしまった。ないと言うと警察署に連れて行かれたそうだ。免許証とか持ってなかったのか聞いたら事故やって以来持ってないそうだ。家に電話をすることになったが、パチンコ好きの父母は留守していて電話に出ない。それで嘘ついていると疑われて48時間だか署に留められていたそうだ。結局誰か知り合いに身柄を引き受けてもらったそうだ。警察の仕事も大変だと思った。こんなしゃべり方じゃなければ、そもそもそんなことにならなかったと思うけど違うのか。昨夜はソーセージを買いに行く用事を頼まれていた。もうひとり若いお兄ちゃんが来たら、タイ人女性が「あんちゃん、あんちゃん」と呼ぶので「それ、どういう意味で使ってる?」と聞いたら「弟のことでしょ」と言うのだった。そういえば年下を呼ぶ言い方ってないな、日本語。タイ語は便利だな、そういう点。それで、ま、いいかってことになって、ずっと、あんちゃんと話しかけていた。女はどうなのよ、と聞くと「おねえちゃん」と言うから対じゃないけど、まあ、いいかってことになった。日本在住22年でこれか。メインのコックさんは兄ちゃんが亡くなったそうで急遽帰国だそうだ。この間、タイから戻ってきたばかりなのに。色々ある。
by kienlen | 2013-03-31 12:24 | タイ人・外国人 | Comments(0)

季節感のある話題

寝ている間に、携帯にメールが入ったことを知らせる音が鳴っていたがそのままにしていた。朝見たら息子からだった。行きたかった企業の一次試験が受かった嬉しいということだった。自分からメールをくれるのだからよほど嬉しいんだろう。私も嬉しいです、という返信をしておいた。嬉しいこともあり、悲しいこともありで人は成長するのでしょう。それよりも卒業できるのかと、この間帰った時に聞いたら、卒業見込みはもらえると思うよ、という返事だった。楽観的観測しかない人なので話し半分だともらえない可能性と半々と理解した。性格って分かると対応も楽になるな。で、そういう受容的対応だどういう影響を及ぼすかは知らない。で、つい先日成績表が来た。文字があまりに細かいのでいつも見るのが面倒で点検はしてない。しかし今回は興味があったがやはり字が細かすぎ。ただ「進級」という字だけが大きめだったから、とりあえずここまで来たことだけ安心して娘に伝えたら、娘が見るというから紙を渡した。

ねえねえ、兄ちゃん単位ギリギリで進級だよ、ひとつ落としていたら卒業見込みもらえなかったよ、就活できないよ、と言うのである。いつも最低線ギリギリで滑り込む癖になっているようだ。よって、ちょっとした想定外があるとストンとなるに決まっている。しかしそれもそれだからしょうがない。とにかく色々な事態に出会うわけで、いちいちめげないでいただきたいというだけだ。息子は得意分野もないが、その分こだわりもないので、その点はある意味適応力があるという言い方もできる。となると心配は娘の方だ。夫が、娘が怒りっぽいとタイ人に相談しているらしく、一緒にいたタイ人も、そうだそうだ、あの子はお母さんとだけいるひとりっ子みたいなもんだから自分勝手で気に入らないことがあるとすぐ怒る、私達はきょうだい多かったから…とか、きょうだい多い連盟のタイ人達は納得しあっている。時代が変わっているの、タイだって子供減っているんだし、いつの時代の話ですか、と言ったのだが、そんなわけで親の心配なんて無限大だということだ。まあ、夫は娘になつかれていた分ショックは大きいのだろう。電話したいというからしたらいきなり娘に「何の用事!」と言われてタジタジしていた。男親プラス外国人、ちょっと辛いかも。子供もか。妻はどうだ。
by kienlen | 2013-03-30 09:37 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

寒い日だった

図書館回って打ち合わせちょっとして帰り道にある夫の店のドアを開けてみたら、営業時間ではないが開いた。娘がいないんだから早めの夕食を店で食べてしまうと楽だなと思って入る。夫は2人の女性の間に挟まって飲み食いしていた。両手に花でいいねえ、という言い方がタイ語にあるのか知らないので、きれいな女性の間に座ってて幸福ねえ、としか言えなかった。語彙不足というか、増えるわけないもんな、語彙。でも今度日本語直訳で言ってみるのもいいかもしれない。そういえば、日本語を外国語にする時に、そのまま自動的になると思っている人はいるらしい。この間も「飲み会ってタイ語で何か」と聞く人がいた。辞書になかったから「飲む」で引いたそうだ。面白いなあ。飲むって引いたら、普通に飲むが出てくるでしょうに、と言うと、その通りだった。宴会とかパーティーとか引いてみた方がいいんじゃないですか、と言った。そんな大げさなものなのか友達数人とのものなのか。友達とだったら、友達と飲み食いしたでいいでしょう、と。

そしたら次に「飲み会を欠席した」は何かということになった。欠席を引いたら出てきた単語というのが、先生から見て生徒が来なかったとかいう時の欠席である。「欠席したってことは、行かなかったってことだから、行かなかったって言った方が誤解がなくていいと思うよ」と言うと、そういう簡単な言葉は嫌なのか少々不満そうだった。面白いなあ。と思って自分を振り返ると、多分日本語も簡単な日本語になっているのかもしれない。誤解を避けたいと思うと解釈が多様な語句は避けた方が良くないか。いやいや、解釈はすべて多様であるのだ、いやいや、レベルはあるかも。と、そんなわけなことを考える機会は多い。言葉ってほんと、面白いな。で、両手に花だった夫が立ち上がり、私がそこに座ることになった。隣のお花はほとんどアル中みたいな人で、ま、夫に言わせると私の仲間ってことになる。で、時間は早いがビールを飲むことになった。食べ物ないかと聞いたらナムプリックがあるというのでもち米と一緒にいただくことにした。それと茹で野菜と生野菜と。はあ、ほんと、美味しかった。しばし飲み食いしていたら開店の時間になった。ここで切り上げないと本当に道をはずすなと思って帰った。寒い日だった。
by kienlen | 2013-03-29 22:03 | その他雑感 | Comments(0)

横道世之介

12時過ぎてしまった。友達と夕食を一緒にして映画見て夫の店に飲みに寄ったら久々の知り合いがいて少し話てから戻ったらこんな時間。映画が160分と長かったけど、すごく良かったな。びっくりした。しかも青春映画。あらすじを見て、全く観たいと思わなかったので、暇でもないし試写会希望しなかったら、なぜか、行かないのかと確認されて、じゃあ行ってみるかと返事した。行って良かった。こういう感じ方の映画って自分の中にあるカテゴリーに入れにくいけど、あえて言えば、ブリジットジョーンズの日記とかラブアクチュアリーとか、イギリスのコメディかな。過激じゃなくて暴力がなくて排他性がなくて白黒がなくて悪人がなくて、予期しない笑いがあって幸福感に包まれる。ただ、この映画には涙もある。いやはや、うまいなって感じがした。自分の場合は、このような明るい学生時代を経験してないので、息子のことを思いながら観ていた。そういう点で色々な層の共感は得られるんじゃないだろうか。

ストーリーを云々しても、映画の場合はあまり意味がないように思う。九州の田舎から大学入学のために上京した男の子が繰り広げる色々、と言ったって何も面白くないだろうな。時代がいつかという説明は映画の中ではなかった。でも携帯電話もパソコンも出てこないことや、ファッションの感じからだいたい80年代だとの想像はつく。その時代に郷愁を覚える人にはたまらないかもしれないが、私はそういう点では特にない。こうしてみると、実につまらない青春時代だったってことだろうか。だから息子や娘が楽しそうに青春しているのを見ると、ああ、いいなと思う。そしてそれが続いて欲しいと思う。それが日本だけではなくて広がればいいと思うが、今の状況から想像できることは逆なのが怖い。そんな時代にこういう映画って、そのココロは?と聞きたくなったりもするけど、それはおいておいて、長時間飽きずに楽しめた。
by kienlen | 2013-03-29 01:02 | 映画類 | Comments(0)
この本、ずっと『登山の歴史』だと思って読んでいて、ちっとも歴史ではないじゃないか、と思っていて、読み終えてからタイトルを見たら『登山の誕生』だった。どこでどう間違えたのだろうか。買う時点で、歴史を読みたかったのか誕生を読みたかったのか、それ自体を忘れている。脳みそがますます無秩序になっている感がある。で、この本は、わくわくするような面白さというのではなくて、惰性で字面を追っていたという感じ。かといってつまらないわけではなくて、ちょっと不思議な趣の本だった。生真面目すぎてユーモラスって感じかな。やはりこの、山に登る、という行為自体が究極の遊びなのだろうから、何かユーモラスになってしまうのだろう。それがまさに命がけの遊びであっても。

このところ、ああ、若い時から登山を趣味にしておけばよかったなあと感じている。そしたら冬山だって…。なんて気になるかどうか分からないが、今年は雪が多くて冷え込んだので、出かけると思わず「こんなきれいな山見ていると登りたくなる気持ち分かるよねえ」と思ったりした。後は登山家の話しを聞いたりなんかしているせいだ。今までロック・クライミングとか冬山とか理解できなかったけど、なるほど、なのである。とはいえロッククライミングはやりたいとは全然思わない。日本人の山登りは山岳信仰からみたいに思っていたけど、相当古くから物見遊山の山登りがなされていたらしいことや、ヨーロッパでイギリス式とフランスやドイツ式の山登りの違いとか、なかなか興味深いことが色々あった。一所懸命読まなくてすみませんでしたが、必要に応じて参照できるよう手元に置きます。生真面目な論文調なのでその価値あり。4月には付近の山に行こうと友人と話したところ。5月は毎年に近く行っている山の開山祭行きたいです。ここまでなまった体で大丈夫かな。あんまりだよな。
by kienlen | 2013-03-27 08:30 | 読み物類 | Comments(0)

年度末らしく

昨日、妙にすっきりした気分だった。母の一周忌が済んだ。特に自分が何をするというわけでもないが、1日儀式で人といるというのは疲れるものだから早いうちに寝て区切りをつけた。そしていくつも続いた儀式はこれで一段落。ただ、そうなると父の方が張り合いをなくすかもな、という懸念はある。その時どうするかはその時だ。一段落してすっきりして何を思ったかというと、仕事しなくちゃ、である。何となくあった迷いも吹っ切れたというか、ここんとこちょっと迷走、とまではいかないけど、そんな気配があった。それは年齢のせいもあるだろうし、またそれに起因するのかどうかは分からないが人間関係のこともあった。そういうことに鈍感な自分には珍しい人間関係。引きずっていた面はあったと思うが、それもおしまいだ。なるようになるのだ、結局のところ。

それと息子が何かトラブルに巻き込まれているような気がして心配だったのがあって、それで今回は戻るようにと半ば強引に指示していたのだが、これについてもそれはそれと思えるようになった。しかし、息子と食事している時に偶然友人が来ていて「こういうお母さんで大変だよね」と言うのだった。しょっちゅう言われるから慣れているけど、意味不明。言われた方だってお母さんひとりという環境で育ったからには比較のしようもないだろうし。ただ「うざい?」と聞かれた「はい」と答えていた。この程度でうざいかあ。ちょっと自分では分かりませんね。うざくさせないでくれよ、が本心なんだけど。それに父親が全くだんまりなんで社会について伝えるのは母の役割なんである。社会性が足りない自分が社会について語るのは、確かにうざいかもなー。ははは。ということで比較的順調だったのに、息子が戻る時になっていつものだらしなさが発覚して気分台無し。全く悲しい、情けない、というメールを送って寝たら変な夢を見た。髪を切りたいけど億劫という心情を反映してか、自分はその場に行かないのに髪を切ってくれる美容師がいて喜んで頼んで出来栄えもいいねえ、というものだった。本日より気持ち引き締め。
by kienlen | 2013-03-25 08:53 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

田舎、都市、息子

息子と昨日の夕飯と本日の夕飯を共にする。就活中ということで説明会に出かけているそうで、そこで色々な企業の話しを聞くのが楽しいらしく仕入れた話しをする。楽しそうだねえ、と言うと、楽しいそうだ。それにしても素直で浅はかで考えなしで、よって常に明るい。その明るさと思考停止は何?と聞いたら「現実逃避」と答えていた。ううむ、そこまで言うか。しかし、こういう世の中で生きるにはある意味の適性かもしれないと感じることもある。職種によっては便利かもしれない。職種によっては信じられないかもしれないが。しかし、これで何かに少しでも秀でた特徴があれば実に面白いと思うのだが、それが何もない。それを当人も自覚している。極めて平均的な若者。自分でもそれに気付いて「ほんとに普通だよね」と言いながら感心しているところがある。素直だから自覚もあるということだ。都会の生活が好きだそうなので、できれば東京にいたいそうだ。生きていければいいので好きにして下さい。

何かができるというわけでないこのような人がどうやっていくのかは予想もできないのだが、彼にすると妹の方が問題だろうと言うのだ。スポーツもしていないし、人との交流も少ない。自分は色々な人と付き合っているからコミュニケーションできるが妹はそれもないだろうと。言われてみるとその通りなのだ。それについては心配だ。何もかも心配の種になるのが親なのだ。そうだよね、と認める。まあ、なんとか生き延びてくれ、それぞれに。息子は昨夜の夕食の後に出かけて友達とテキーラを飲みながらバーで朝方まで過したそうで、今日の母の一周忌の儀式の一貫の宴会は朦朧としていたようだ。それにしてもこういう儀式はいつまで続けられるのだろうか。人手は減る。野生動物が出てきて田舎で作物を作るのは多分じきに限界に達するだろう。中山間地に人がいなくなり田畑がなくなると町にも動物が出るようになる日も遠くなさそうだと、こういう儀式で話していると感じる。都市でしか人が住めないというのも、すごいパラドックスであるな。
by kienlen | 2013-03-23 20:55 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

細かい事

娘が学習合宿へ。勉強をあまりせずにだらんときた自分は、勉強する機会というのが実に羨ましく、希望者のみというその合宿に行けばいい、と娘に勧めたのだったが、昨日請求された経費が1万4千円。は、失敗したなあ、もっと安かったような気がしたけど、とにかく仕事関係以外を覚えようという気がないのでその場で分かったつもりが何も分かっていないのである。ということは払ったことも忘れるから便利なのだが。だからここにメモっておこう。これならどっか遊びに行った方が良かったかもって気もするが、もう行ったんだからしょうがない。「居眠りしていたら下山してもらいます」と先生から言われたそうだ。下山って、一体どこに行くんでしょうと思ったらすぐそこの山だった。荷物が多いから送れというので送った。そんなテイタラクな生徒に下山しろって言っても歩けないだろう。高校の合格発表で中学生が喜んでいるとのメールがあった。空は春らしい、抜けるようではない青空。昨日は寒かったけど今日は穏やか。

息子が母の一周忌のために戻ることになっている。夫が昨日珍しく昼間戻るなり息子はどこだ?と言うから、帰るのは明日だ、と言うとがっくりしていた。そのためだけに戻ったらしい。息子の帰省と娘の合宿はちょうど入れ違い。娘はかなり極端な雨女なのに今日は晴れて「勉強するには雨の方がいいのに」と残念がっていた。外遊びもカリキュラムに入れればいいのに、そういうのはないらしい。来年の今ごろはどうなっているんだろうか。日本にこだわる必要はないけどね。彼女が暑がりでなければもっと選択肢は広がると思うけど、暑いのが苦手というのって結構大変らしい。気候と食べ物の適応力はあった方がいいか、ない方が選択が狭まっていいか、どっちでもいいんだけど、それも。今年は床暖を早目に切ってしまったらさすがにちょっと寒い感じはあるけど耐えれらないほどでもないのでこのままいってみますか。車の調子が悪く車屋さんへ。それと屋根屋さんの工事がやっと始まった。ここ何日かの風で手がつけられずにいた。修理に工事に、毎年のことながら税金に保険に色々モノ入りの時期だ。
by kienlen | 2013-03-22 11:40 | 家族と子供の話題 | Comments(0)
この間試写会で見た。映画の時間を取るのが少しキツイ感じになっているが、試写会は夜なのでどうせ仕事にもならないしで出かけるにはちょうどいい。東京で上映していて評判もいいのでこっちでも、ということ、らしい。こういう映画って、つまり軽い娯楽なのかな、そういうのあまり見ないからよく分からないのだが、あれっと思うほどシリアス目にスタートしてどんどんコメディになっていくという展開。うつ病とか躁うつ病とトラウマとか色々そういうのが重要な役割を担っているので、それをコメディの中に入れ込むというのは、私は有だろうと思うけど、それに現実にもそのくらいでいいと思うのだが、実際のところどうなんだろう、って、映画に実際を結び付けるのも変か、あはは。あまり感想を書きたくなるような内容でもないなあ。ちょっと不思議なタッチの映画だったなあ。描き方が細部に渡って過剰気味。それが病気とかけているからなのか、コメディだからなのか分からない。両方かな。単に自分がコメディを見慣れていないってことか。

スタートは精神病院の場面から。主人公の男性は、どうやら暴れて妻に逃げられたらしい、ということがじょじょに分かってくる。退院した男性はセラピーを受けることになるのだが、薬は飲みたくない。で、問題を起こすのだけど、それがリアルというか、性格なのか病気なのか微妙な感じの出来事が続く。つまり、切れるってやつだろう。コメディにしなくてもいいんじゃないかと思えるような進展で、胸に迫るものを正直感じた。とてもありふれている内容だと思うので。で、あれこれあって同病らしい女性に会うのだが、これがとっても魅力的に誘惑してくるのに主人公は独特な生真面目さで誘惑にのらない。何というか心の病だらけの現代社会の行き着く先って感じが全体に漂っていていいんじゃないだろうか、それはそれで。薬の名前も色々出てくるから飲んでいる人の共感は呼びそうだし、ハッピーエンドなので、病気もこうなるといいのになあと思えることは思える、ある意味で。重たいような軽快であるような…。しかし、ダンスはいいと思うな。表現することと、体を使うのが一番じゃないかと感じているので。そうか、含蓄のある映画ってことかもなあ。見た直後に「良かったあ」という感想を言う気にはなれなかったが。これが体験談だったらすごく分かるなあって気がする。そういえば前に見たうつのヤツはそうだったな。調べるところまでの気力はないから知らないまんまで放置。
by kienlen | 2013-03-21 11:29 | 映画類 | Comments(0)

名物を食べる

家族サービスって言葉が昔あった。今もあるのだろうか。今日は娘サービスというほどでもないが、春休み中2回目の遠出に連れて行った。地名を言ったら「ソースカツ丼食べに行く」というのでランチをソースカツ丼にするということで。行きはもうさすがに高速を使ったのだが、やはり走っているだけはつまらんので、帰りは下道を来て時間を浪費した。最近のテーマはいかに非効率的に生活するかということになっているので、それでいいのです。ガソリンさんざん炊いた。そしてガソリン代はバカ高い。円安のおかげさまでしょう。ガソリン炊いて中東にお金を送り、それは武器になっているかもしれない、そのために働いているように感じることがある、いいのでしょうか。塵だって積もるとそれなりになるはず。

それからいつものように地ビールと地元のワインを買う。もう酒ばっかりだ。酒を止めたら節約できるはず。ドライブしていて花が結構咲いていることに気付いた。どんどん春が近付いている。じきに芽吹きでモコモコな感じになる山が見られるだろう。カメラのバッテリーがなくなっていて携帯で取ったらボケボケだった。みっともないが本日のソースカツ丼記念。しかしカツ丼をここまで有名にするって偉いもんだ。どこもかしこもソースカツ丼の旗を掲げていた。そして、今日のは結構美味しかったです。娘は私が酒類を買っている間に巨大なソフトクリームを食べた。
f0104169_21261367.jpg

by kienlen | 2013-03-20 21:43 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen