<   2012年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

資源の違いを思い出した

バンコク在住の友人から10年近くぶりに電話があった。場所が離れるということは疎遠になる大きな要因。それに、多分外国暮らしの中で友達になる場合って、そもそも日本人同士だからというのが先に来るので、日本でだったら接点ないよなと感じられる人とも親しくなりやすい。タイ人の夫がいて同じくらいの子どもがいて、ということになれば特に。だいたい自分が友人だった人は、日本へ留学していたタイ人男性と結婚してバンコクへ、というパターンが多かった。出自という言い方があっているのかどうか知らないが、違うのだ。女性の方も、そういう出自の人と見合うくらいの各種資源の持ち主ということになる。そういうものがない私など、出発点が違う。自分らが同年代だって一世代違うくらいの差があるなということをかなり感じた。多分これは、下から見るから感じられることのように思う。つまり、生育環境、親の意識というか、多分それは都市部と農村部の違いにも由来していると思う。

そしてお相手の男性。これがまた全く文化資本が違うからお話にならない。お話する必要はないのだが、つまりそれによって家庭の事情があまりに違うということになる。こういったことはどこにいても当たり前にあることだが、日本にいるくらいに日本人が多いと、グラデーションのようになっているというか、色々混ざっているが、数が少ない中でくっきりしていると、はけ口のない感がある。ということを思うと、同じ地域で育つということの意味はひじょうに重たい。それがなくなるのが、そうか、デラシネっていうことになるのか。その電話で、そういうことを話すはずもないのに、当時の思い出が自分にとってそんなことだったのかと思うと、あれは何だったの、みたいな気分にならなくもない。年を取ることの本質って何なんだろうか。若い時、足元の地盤の軟弱なことを感じることの恐怖が大きかった。それを踏みしめることばかりにエネルギーを使ってきたから周囲のことが分からないまま、ここまで来た感がある。昨夜、ふと娘に「親がもうちょっと道を作れるようだったら良かったかもね、でもできないから自分でやってね」と言うと「道があっても兄ちゃんも私もそれに従うわけじゃないから」と言っていた。ま、子どもはいた方がいいと思うよー、だけ言っといた。
by kienlen | 2012-08-30 09:17 | 家族と子供の話題 | Comments(0)
友人が2冊貸してくれた本のうちの1冊。もう1冊が、若い頃に好きで読んでいた岸田秀ので、こっちは「駄洒落だけど」みたいな期待感を抱かせない友人のコメントだった。すぐに読めるとも言われたし、じゃあ目を通すか、程度で読み始めたら、なんと、面白い。それで斜め読みじゃなくてちゃんと読むことにした。著者の中森明夫は、名前は有名というか、知っているけど、何かまとまって読んだことがあるかというと、ない。雑誌で見たかもしれないけど、自分の興味のある分野でもないんだろう、特に気になったことはなかった、というより、読んでみたいと思ったことのない方。それもあって、意外な面白さにびっくりした。

17歳の高校生の男の子に大杉栄が取り付いて、というか、脳内に入って来て、その17歳と対話しながら進んでいく物語。大杉栄の著作は読んだことがないと思うけど、ひとつくらいは読みたいものだと思っていた人ではあるので、この本を読んでいる最中に1冊注文してしまった。そういう人が結構いるかも、と思った。で、アナーキストが色々登場して、現代と100年前を行き来するわけで、この軽さが、いかにもありそうな感じだった。最後の方はちょっと飽きてきた感じ。どんな終わり方をするのだろうかというのが興味深かったけど、うーん、3分の2くらいまでが面白かったかな。何か、海辺のカフカを思い出したんだけど、いけないんだろうか。小説、それほど読んでないからレパートリーが欠しいから。それとこの間みたミッドナイト・イン・パリも思い出した。
by kienlen | 2012-08-29 22:57 | 読み物類 | Comments(0)

『ふしぎなキリスト教』

新書だけど結構長いし、内容的に簡単でもないので結構時間かかった。あって欲しいがなかった本らしい、ということは、あとがきにも書いてある。それで作ってみました、ということらしい。つまり、近代社会の根底にあるのはキリスト教の価値観なのだが、日本ではそこがどうもあんまり意識されていないようだ。それは良くないのだが、かといってキリスト教入門みたいな本だと、何か上から目線だし、面白くもないし、だったらこういうのはどうですか、ということで、橋爪大三郎と大澤真幸という社会学の大御所ふたりがキリスト教について延々と解説したもの。大澤真幸が橋爪先生に教えを請うみたいな形に一応なっているが、この教えていただく側の知識が半端じゃなくて、それに輪をかける先生役が橋爪先生で、ということになるので、その設定自体が面白く、内容はさらに面白い。これ、前に1度挫折したのはなぜだ、と今回読んでみてから思った。

それぞれの著者の著作は読んだことあるけど、自分にはかなり難解で、どうもスッとこない。スッとくるために論じているんじゃないことは分かるし、別に結論が欲しいとか安易に分かりたいってのとも違うが、それにしてももうちょっとスッキリしてほしい感があった。で、これだと、そのスッキリ感を得られる。初心者向け。必読書の聖書さえ読んだことがない人も切り捨てず、その都度その都度、解説してくれている。ひじょうに親切。それに議論が単純でなく、ぐいぐいと絞り切りながらやっと目的地に達するみたいなひねり方がすごい。太い帯に、有名どころが絶賛しているコメントがあるが、そのひとつが、我が意を得たりの感じ。「一年間宗教学概論を聴くよりもこの一冊だ。中国にも韓国にもキリスト教は浸透しているが、日本人だけがキリスト教になじめないわけもわかります」。確かに、キリスト教の中に入り込むだけじゃなくて、入ったりグッと引いたりで、日本人の信仰が何をもたらしているのかのあたりもひじょうに面白かった。日本人は意志的ってのも、ほう、こういうことか、みたいな。楽しく読めてためになるお勉強スタイルの本。
by kienlen | 2012-08-27 08:21 | 読み物類 | Comments(0)
大きなテーブルを友人に上げてしまってから事務所内はすっきりしていたが、やはりテーブルが欲しいと思い始めて、このところずっと探していた。家具屋を歩き、作家さんの工房を訪ね、ネットで色々検索し。いいのはものすごく高い。高価なもののネット注文はちょっと勇気ない。作家さんの工房のは値段も比較的手ごろで迷っていたが、すごくいいなあというほどでもなくて決断できなかった。そんな時、家具の展示会があるというので友達を誘って見に行った。そこにメープルの素材のテーブルがあり、言われて見ると細くて繊細ながら木目がくっきり。

木目はすごく懐かしい。子供の頃、寝る時にいつも天井の木目を見ているだけで飽きなかった。古い農家だから黒光りする木の天井だった。複雑で物語があった。それを思い出して、突然いいなあと思い始め、結局決断。もう探すのも疲れた感もあるし、だいたいの価格帯も分かるようになったし。高い買物だけど、その分仕事をがんばろうという気合も込めてのこと。しかし今年は返済しなくちゃならない借金もあるんだったなあ。車検もあるなあ、厳しいなあ、まあ、いいか。ということで、テーブル来るのが楽しみ。2か月近く待たねばならないけど。どういう木目に当たるかはお楽しみ。高さは、特注の60センチにて。ソファに座って机上で作業もできる高さで、これも友人のアドバイスなのだが、この高さは、もう、既製品には全然ないのだ。
by kienlen | 2012-08-25 22:51 | その他雑感 | Comments(2)

活字的な日

本読み→訪れた友人とおしゃべり→本読み→用足しに外出→という日だった。本は面白かったが、まだ発行される前のものなので紹介というわけにもいかない。なかなか学術的な話を一般向けに書いたもの。とても読みやすく、この内容でここまで易しく書いてくれていることに関心。本気で読まなくてもいいのについ本気出してしまった。それから、ちょっと必要があって童話を1冊読んだ。久々に本の日だったな。午前中に訪れた友人が2冊貸してくれた。ありがたい。今読んでいる『ふしぎなキリスト教』を読み終えたら、借りた本を読もう。ちょうどストックも切れている。不思議なキリスト教は、いったん挫折して友達に貸して、戻ってきて、やっぱり面白そうだから読もうと思い直したもの。すごいな、と思いながら読んでいる。

とはいえ、本日はたまたま必要があっての本読みしていたわけで趣味の読書にそうそう時間が取れない。細切れになる。この間、出先でいつものようにちょっとした空き時間に読んでいたら、びっくりしたことに「何、読んでいるの」と聞かれた。そんなの初めて。表紙を見せると「あ、俺も読んだ」と言われた。ますますびっくりした。こんなにたくさん本が出回っている中で、同じ本を読んでいる人がたまたまいるというのは珍しい。どーでしたか、と聞いたら「途中まで」と言うから「私もいったん挫折したんですけど読み直してます」と言うと「だいたい知っていることだったから」と、その人は言うのだった。そっか、この人、奥さんクリスチャンだった。でも、それはあまり関係ないそうだ。これ、すごい売れているんだな。目が疲れた気がする。でも読みたい。
by kienlen | 2012-08-24 23:20 | その他雑感 | Comments(0)

夏休み最終日

娘の夏休み最終日。一昨日と昨日は午前中だけ図書館に行って宿題をやっていたようだが今日は在宅だった。部活もなく遊びに出歩くでもなく、お盆はじいちゃんと過ごし、何だか昔風の子供スタイル。私も今日は昼間出る必要がなかったので3食を娘と家で。夜は出かけるからと、夕食を早めの時間にして一緒にすることにした。そういう調整も娘だと話が早い。普通に伝わるからだ。普通に伝わるのが当たり前だと思ってきた自分が間違いだったことに息子で気付き、でもよく考えると夫がそういうタイプなのだった。そうだ、似ている。似ているといえば足がそっくりだ。この間、帰省した時、息子が「靴が合わないんだよね」と言うからよくよく足を見たら、父親にそっくりな、自分からするとかなり特殊な足型。つまりひじょうに立体的。

そう思っていたら、娘が「兄ちゃんとパパって足がそっくりだよね。寝ているとどっちか分からなくて考えちゃう」と言うのだった。考えなくてもいいと思うけど…。息子に「タイ人の足だよね」と言ったら「タイ人はみんなこうなのか」と聞かれ、そこまでは答えられなかった。もっと多くの足を見ておけば良かった。というわけで明日から弁当作りが始まる。炊飯器で自動でご飯を炊かないからには、5時半起きだな。塩麹を作るようになってから料理が妙に楽しくなった。肉を漬けておいて焼くと本当に美味しく弁当にもぴったり。何しろ簡単なのがいい。色々やってみよう。娘が家にいるのももう残りそんなに長くないのだと思うと、一食一食を貴重に感じる。
by kienlen | 2012-08-23 23:17 | 家族と子供の話題 | Comments(0)
今、コーヒーとワインがたくさんある状態。同じことの繰り返しが苦手という性格のせいかどうか、コーヒーも色々試していたがこのところ同じ銘柄に落ち着いている。コスタリカのコーヒーと、生活クラブの取り扱い品各種。中でも好きなのはパプアニューギニアのもの。ただしいつもあるわけじゃないようだ。昔、ブルーマウンテンがあった時にちょっと高いけど注文してみたらすごく美味しくて楽しみにしていたのに、じきになくなってしまったのがとっても残念。で、今、こられを注文したばかりの上に、ベトナムコーヒーがあり、今日はルワンダ産まである。毎朝の1杯をどれにするか、迷うのが楽しみだ。ベトナムコーヒーは自分で行った時に買ったり、その後、友達から贈られてきたものをいただいたりで、美味しいなと感じていた。そしたら出先で立ち寄った店で直感的にいい感じなのを見つけたので試しに購入。とても美味しかった。昨日も今日も、訪れた友人にこちらを提供。

そして本日。友人が、別の友人から預かったというルワンダのコーヒーを届けてくれた。なんと、ありがたい。明日の朝、淹れてみよう。ルワンダ、その後はどうなっているんだろうか…。フルーティーで上品な味、と書いてある。とっても楽しみ。どこかに行くと、だいたいお菓子を出されることが多いと思う。お菓子が嫌いというわけではないが、かといって通常は積極的に食べたいわけでもなく、お菓子を食べることによって他の飲み食いに影響するのが嫌なので、いつも「すみません、超辛党なもんですから…」と言ってしまう。それが失礼なのかどうか、そういうマナーが分からないので正直に言うだけ。食べ物というのは、食べたい時に食べたいものを食べるのが美味しくて、付き合いで何か食べることで大事な何かを失うことは避けたい。すると、思いがけないことが起きる。「お菓子よりこっちだよね」と、その人が要らない酒をくれるとか、コーヒーとか。それに加えて、出先の直売所で生産量の多くない地ワインを見つけるとつい買ってしまう。ただし、あんまり高価なのはムリ。で、色々合計して色々重なった状態なのが今。これで幸せになれるのだからオメデタイってことだな。
by kienlen | 2012-08-22 22:31 | その他雑感 | Comments(0)
ちょっと疲れた感じあり。昨日運転200キロ以上で深夜に戻り、少し寝て今朝は5時半に出た。また同じ場所に行ったのだから、安いホテルに泊まった方が単純に経費だけ考えても合理的、手間と運転のリスクを考えるとことさらに、とは思ったけど、家に戻る方が落ち着くので戻った。で、本日はその次の目的地がまた違い、時間的にはあき時間ができてしまうけど、一旦家に戻ると更に長距離運転になるのと、久々に通りたいルートだったのもあり、早めに目的地に行き、この間行ったコワーキングのオフィスにまた寄った。じきにタイに行くという人が居合わせて色々と話をする。細かい雑用を片付けた。

古いノートパソコンがネット接続できなかったらオフィスの人が手間かけてやってくれてすごく助かった。附属部品で持参しなかったものも貸してもらえるし、コピーもできたし、便利。喫茶的で気を使いながらいるより、1000円払って堂々とオフィスとして利用させてもらった方が格段に快適だ。ブラブラもできるし。夜、仕事が終わった後、関係者4人で韓国料理の店で食事して喫茶店でコーヒー飲んで来た。車なのでアルコールなし。若い男性ふたりと中年のおばさんふたりという組み合わせ。楽しかった。若いふたりはいい企業に勤務しているから経済設計も立ち、家を買うとか何とか。計画立てられる人生ってどうなんだろう。もうはるか遠い世界になってしまった。
by kienlen | 2012-08-20 23:58 | 仕事関係 | Comments(0)
映画監督で名前を知っている人はひじょうに少ない。役者さん達もほんの少ししか知らないし、ただ自分が面白いかどうかということでしか映画を見てない中で、ケン・ローチという監督は簡単な名前というのもあるのかもしれないけど「麦の穂をゆらす風」を初めて見た時の印象が強烈で、この監督だと見たいと感じ、そのため遠方まで足を運んだこともある。今回もこの監督だったから、というのが観に行った一番の理由で、しかもここでの公開初日。昨日の土曜日。土曜日に映画に行くことはほとんどないので、平日より混んでいるのかなと期待したらとんでもない、自分含めてふたりだった。なんと寂しいことなんだろう。5-6人は欲しいよなと感じた。予告編と監督から想像するに、逃げ場がない類の映画だろうなという覚悟はしていた。で、その通りだった。イラク戦争への批判が中心なのかと思っていたが、さすがに、というか、それはもちろんあるけど、最終的には人間の物語というか。それだけで見ることもできるなという気がした。この監督さんで自分が見たのは麦の穂と、明日へのチケットと移民を扱った自由な世界へ、だったか、それだけ。エリックはこっちでも公開されて行きたかったけど身損ねたな。

状況的に生死のギリギリの設定で、そこに出てくるギリギリの人間性というかが共通しているように感じられる。だから逃げ場がない感じで思わず涙がこぼれてしまう場面が、何にという具体的な説明以前に何度もある。やるせない、ということだろうか。今回のはさらにサスペンス仕立てになっているので気を緩める瞬間がない。イギリスの階級社会とか、多少でもイギリスの状況を知っているともっと深読みができるのだろうなあと感じた。というのは、言葉使いがもう、ものすごくて、ある階級の人ってこんなしゃべり方するんですか。行ったことがないからなあ、残念だ。主人公がいかにも労働者階級の人って雰囲気が出ていながら、優秀な軍人だったという微妙なプライドと、兄貴分としての貫禄というか、学はないのにまさに生きる力はありますみたいな、複雑な役柄にぴったりですごく良かった。最初からイラクで死亡したという設定の、リアルな人物として登場はしないが、彼を中心に物語が展開するという意味では主人公みたいな男性の妻役の人はとても美人で育ちもそこそこな雰囲気で何者ですか、という感じはあったけど、でもそれぞれの人物の背景説明なんかしている余裕のないテンポで、そんなのはどうでもいいや、なのだった。あくまで直球、小細工なしなところが私は良かったな。私は好きですが、人によって好みは分かれるような気もする。スクリーンが小さくて残念だった。もっと大きいので見たかったです。いつもひとりで行くことに不満はないけど、この映画、男友達がいたら一緒に見たいもんだと感じた。そういう意味ではエンターテイメント性もかなりってことかな。
by kienlen | 2012-08-19 08:56 | 映画類 | Comments(2)
ビルマのシャン州がオリジンの友人がいた。今もいるけど。それがアウンサンスーチーさんにそっくりで、この本の表紙の写真を見てますます似ているよなあと感じる。1991年に単行本として発行されていたものが文庫になっていて、娘と書店に行った時に彼女に勧められて購入。この情勢だからタイムリーなんだろうけど、映画化されているということで文庫版の帯にその宣伝があるのだが、そのスーチーさん役らしき女性の横顔が、ちょっとなあ、ひじょうに興ざめな写真。映画は見てみたいけど、こういう写真があると見たくなくなるくらいに好みではない。ま、勝手なイメージですけど。それで本の方。エッセイや論文や演説などをいくつも収めたボリュームのあるもの。よって、興味がでたら読めばいいやと思って飛ばした項目もある。私が最も興味深かったのは「植民地統治下のビルマとインドの知的活動」という章だった。比較というものの危険性にまず触れた上で、インドとビルマの違いを分析している。このところ偶然、インド、アジアの精神史と続いて読んだので、これも似たようなところに位置付けることができ、面白かった。

スーチーさんのことは何も知らない。この本が初めて。これを読む限り、知性、教養、感性、正義感、ビルマ人としてのアイデンティティ等々、申し分ないものを備えていて、こういう人がリーダーだったらいいんだろうにということをとても感じさせる人だった。他の方によるスーチーさん論というのも、このような本だから批判的であるはずはないとは思いつつ読んで差し引いたとしても立派な感じ。それと、隣国なのでどうしてもタイと比べてしまうのはしょうがなくて、1度行っただけの印象でも、同じく敬虔な仏教の国とはいえ何も似ている点がないように感じたけど、これを読んでいて、ここまで違うんだあというのが新鮮だった。タイというのは植民地にならなかったことで、それは植民地政策のせいというのもあるような面もあるらしいとはいえ、本を読んでいると外国人を受け入れ自分からも出て行き、貿易をしてとにかく情勢にどう柔軟に対応するかに腐心してきたことが読み取れるけど、この本でスーチーさんによるビルマ像を読む限り、まさに正反対ではないか。ちょっとびっくりだった。中国やインドといった大国に接していることとしていないことの違いもあるんだろうか。かなりびっくりだったけど、旅行の時の印象を思い出すと妙に納得で、それも面白かった。今年、行ってみたいなあ。行くかな。
by kienlen | 2012-08-18 09:41 | 読み物類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen