<   2012年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

今日は仕事しなくちゃと思って起きた。取り掛かっていたところに、いつものように寝坊な娘が「桑グミ取りに行きたい」と言う。何これ。息子が高校生の時、彼は遊び人だったし友達もいたので、たいてい外を遊び歩いていた。家にいる時はだらだら寝ていた。つまり、そういう姿を見ないことにすれば、これでやっていけるのかと思い悩み過ぎなければ、私は楽だった。つまり、親への働きかけというのはあまりないわけだ。美容院だって勝手に行き、買物もすべて勝手にやり、食事だって家でするのかしないのか不明で腹は立つが、かといって作れという圧力もかけず、あればある、ないならない、とにかく状況にあわせてテキトーに対処するのである。よく言えば手間がかからない。うんとよく言えば柔軟。これで方向性が逆だったら理想の男子なんだけど、いや、理想なんて気味悪いからいりませんが…。その点、娘は違う。買物も付き合って欲しがるし美容院の予約も自分でやらない、食事も自分で作らない。ふと気付いたらそういうことになっていた。

で、桑グミ取り。私の予定が狂うので不機嫌になる。ただ、絶対にダメなら毅然とできるのだが、実は微妙、どうしても今日やらなければというのでもないし、桑グミ取りは行こうということにもなっていたし、そもそも1日中集中できる自信もなく、実は何かあった方がそれを目指して集中するのである、という迷い。こういうどっち付かずは最悪。どっち付かずに対して娘も不機嫌になる。そこで母親説明。こっちは自分の予定を立てているのに、突然何よ、という意味で不機嫌になるのは当然でしょ、でも、こうして一緒にいれば自分の予定通りに進行するとも限らないからすりあわせようと思って頭の中で調整しているのに、何よ、あなたこそその態度!でも、とことん言い合うほど時間を浪費したくない、こんなことで。夕方出かけて、実家付近で桑グミを取っておじいちゃんと夕食してこようと提案でOK。そして実行。父が付近の蕎麦屋か、とためらう風なのでどうしたのかと思ったら後で分かった。結局ジンギスカンの店に行ったのだが、蕎麦屋はビールを置いてないというのだ。夕食にアルコール抜きは考えられない。その気持ちはよく分かる。私は車で飲めなかった。娘は桑グミを食べて肉食べてキュウリをもいで食べてご機嫌になっていた。
by kienlen | 2012-06-30 22:13 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

山の味

久々の遠出。出かけたくて入れたということもある。帰り道は昼食時だった。今日の稼ぎがあるなら迷わずどこかの店でランチするけど、持ち出しの日は気弱になる。ケチくさいな。しかし状況はその通りなのだし、今週は毎日毎日外食。帰って遅いランチにするか、父の家に寄る予定だったので何か食べるか、何か買ってすますか、と考えながら車を走らせていた。で、道の駅で何か買うか、と思い、じゃあいつもと違う道の駅でもと思い、脇道に入った。小さいけどオリジナリティのある商品があっていいなと思っていた直売所。試食品がいくつかあってどれも美味しく、唐辛子入りの味付けの大豆とおからのドーナツを購入。かなりいける味だけど、ドーナツは父と娘への土産。私はドーナツ苦手。レジで会計していると、食堂の会計している人もいた。よく見ると食堂併設。直売所には何度か来たことがあるけど食堂は知らなかった。加工食品が美味しいのだから食堂も美味しそう。食べることにした。
f0104169_20591677.jpg

うどんを食べた。うどんは自分で作る方が好みの味にできるし簡単だしというのがあって外食ではそれほど選ばない。でも今日はうどんの気分だった。で、すごく美味しかった。薄味で手打ちうどんも軽くできていて、重たいのも好きだけど軽いのもいいものだ。具のバランスもいいし、とてもいい気分になった。700円ケチらなくて良かった。こんな店を知ったからには寄り道の楽しみができた。それから父の家へ立ち寄る。その前に、パクチーの様子を畑に見に行った。かなり弱々しい。これはいかんって感じ。左がパクチーラーオで、右が日本人には一般的なパクチー。
f0104169_2135531.jpg

がっくりして隣の竹林にタケノコを探しに行く道すがら、桑グミが道路にたくさん落ちているのに気付いた。桑がないのになんでグミが落ちているんだと思って探すがない。で、よくよく見ると大木すぎて気付かなかったのだった。この強い日差しの中で見るとタイの乾期の元気のない木々みたいだな。
f0104169_2171669.jpg

父の家に久々に寄ると、父は梅をこしらえていた。梅漬けを作るそうだ。タケノコが不作だけど3本あったからと水煮までしておいてくれた。ありがたい。夕食はそれで汁にして娘とたくさん食べた。漬物の本を見ながら、これを見れば何でもできると言っていた。玉ねぎもたくさんもらってきた。助かる。さて、しばらくは仕事しないとマズイ。
by kienlen | 2012-06-27 21:14 | | Comments(0)

不本意ながら再び

先月、もううんざりって感じで集金に来た人に「新聞、止めます」と伝えた。何かご不満でもって言うから、別に今さら期待しないにしても不満だらけだと言った。で、もうちょっとマシな報道している新聞を取りますと宣言した。で、多分こんな時期はかつてなかったと思うが、しばらく新聞のない状態。何が良いかって、どっかで新聞を見つけるとどれでもいいから読みたくなること。地方紙はどこにでもあるからこうして間に合わせて3000円節約するかなと思った。それを父に言ったら「そんならっちもないことはやめろ」と言っていた。確かに、仕事のことを考えると好ましくはないと思う。一応新聞くらいは読んでいる人と会うことが多いので、「〇〇の××欄にあった△が」とか言われて新聞取ってませんは、なあ。それと、やはり新聞ってコストパフォーマンスは良いと思う。見出しを見るだけでも一応幅広く知ることができるし、こういう論調かよ、というのも吟味したければできるし、そしてどこでも読めるという利便性。そういう世代なのだ。

というわけで新聞再評価。ネットで申し込もうと思った。原発報道によって評価の上がった新聞。と、そこにチャイムが鳴って、止めていた地方新聞の営業の人が来た。「今、別の新聞申し込もうとしていたところ」と言うと、ちょうど良かったからこっちを、ということで1か月無料とか言うのや、それに諸事情もあり、また申し込んでしまった。そして今多少後悔している。半年後はまた考えよう。紙の新聞離れは明らかだけど、どっかの世代から一気に進むような気もするが、それってどの当たりの世代なのかな。内容がどうであれ、一堂に会すという状況を作れる場というのはそれなりに魅力的ではある。これだけの情報を3000円で得られるのって、まあ、そうそうないな。と感じるのもこの世代だからか。単なる慣れかなあ。スマートフォンにしていつでもどこでもネットで読むというのもありと思うけど、定着の強度がどうも違うのである。そもそもこれも慣れでしかないか。とまあ、そんな話を友達としていて「新聞はいいわよ、嫌なのはNHKの受信料よ!」ということで一致した。
by kienlen | 2012-06-25 13:31 | 読み物類 | Comments(2)

お魚さん、ありがとう

昨日、魚にメッセージを送ったせいだろうか。今日、思いがけない人から電話があり、思いがけない人からメールもあった。電話の主は数年ぶり。4年か5年か。某T大学出身で某社会的階層の高い職業についていたのに心の病でもって障がい者になっていた。でも某偏差値だし何だしでデイケアは「レベルが低くてダメ」と今日も言っていた。よって猫と暮らしている。その猫が最近生意気なんだよ、と、まるで10年前に親しかった頃と同じ調子で話すから「ねえ、もう4年か5年ぶりだよ、もう生きてないかもって噂してたんだよ」と言っても無反応で昨日まで話していたような調子で話していた。最後に電話で話した時は、私があまりに腹が立って怒鳴って終わっていたので、何となく後味悪かったが、きっとそんなことは覚えているまい。とにかく無事で生きていたことになぜか安心、お魚さんありがとう。

メールの主はワシントン在住のビルマ系タイ人。バンコクにいた時に同じアパートにいて親しくしていた。タイ人の友達というのはいないけど、彼女は友達と呼べる間柄だと思う。こちらも何年もご無沙汰していたのが、このところ妙に強く思うようになっていた。どうしているかなと。娘を連れて遊びに行きたいなと思っているきり実行していない。で、今年一瞬予定に入ったリトアニアも、もっと長く予定に入っていた台湾もダメになってしまったので、昨夜はもう団体ツアーでもいいやと思って海外旅行を色々検索していたのだった。娘に「行く?」と聞くと「国内でもいいよ」と言うから「そうだよね、キミは大人になって自分で行けるけどママは先が短いもんね」と言うと「うん」と言っていた。でもこの友達に会いにワシントンはどうだ。本気で考えようと思って返信した。英語で書くのが面倒になっていてついつい滞っていたのを、これじゃいかんと思って。お魚さんありがとう、その2。
by kienlen | 2012-06-24 21:27 | その他雑感 | Comments(0)

どなたですか?

動物に好かれるということは全然ない。赤ちゃんにも同じく。子どもにも同じく。しばらく前、出先の町を歩いている時に城のお堀を眺めていたら魚がいた。コミュニケーションを取れない生き物というのは、好かれるも嫌われるもないし、そもそも反応がないから一方的でいられていいなと思ってぼおっと見ていた。
f0104169_183746.jpg

するとこっちに向かって泳いできた。呼んだつもりは全くないのに、まるで声なき声に反応したかのよう。でも、心の中でも呼んでいるつもりはないのに。それにしてもわき目もふらずに向かってくるとはこのことみたい。犬だったりキツネだったりすると怖いが魚だからいいやと逃げずに見ていた。
f0104169_1845428.jpg

そしたら岸に突撃…するわけないと思うけど、一期一会の魚だったんだ。誰かな。心あたりの方は今日の夢で会いましょう。
f0104169_1865492.jpg

by kienlen | 2012-06-23 18:10 | その他雑感 | Comments(0)

ぐっと不調に

このところ結構元気があったように思う。思う理由は今日が元気ないから、そういえばこの感じってしばらくなかったなと思い出した。どれくらいだろうか。2週間くらいかな。何か絶望的な気分になるのだが、そもそもこの状況で希望を持てるはずもないんだから当然だろうということで午前中寝ていた。お昼を久々に家で食べ、早めに下校の娘を学校でピックアップして洋服を買いに。これは朝からの約束なんで守った。服まとめ買い。自分も短いパンツを1本。このままどん底まで行きそうな気分の時の買物って拍車をかけるばかりだ。生活どーなんのとか。この年でこんな子どもがいるんだからなあ。はあ、やはり無謀だった気もするが、かといって、この子がいなくなった後を想像すると、もっと暗い。あと1年半でその時が来るんだ。犬か、やっぱり。しかし餌代かかるから、やっぱウサギを手なずけて安上がりに孤独を紛らすしかないかな。

本屋で定期購読している雑誌をピックアップ。新聞を読んでいる間に娘が調子にのって漫画を2冊滑り込ませている。いつものことだ。ああ、何もかも低調なり。いいな、公務員とか会社員とか。と、そういうひがみ根性が出てくるのがこういう時で、いけない。多分、これは今読んでいる本にも起因していると思う。登場人物は官僚達と政治家達っていう本で、小説じゃないしノンフィクションだし、何か悉くうんざりを確認しているところ。かといって橋下指示ですというわけでもないのだが、何か決定的に間違っているよなという感じは拭えない。それに、本当にここまでえげつないんだろうか、人間として。まあ、組織が肥大しすぎているから個人の力を発揮できるわけじゃないとなると、そうなるか。だいたい自分だって身近な会議なんかに参加して、もうこの現場感のなさに愕然とするばかりなんで、これが国レベルになって突然まっとうになるということはまあ、あるはずないという予測は立つのですが。酒飲んで寝ちまうのがいいのか。眠れるうちは大丈夫だろうってことにしておいて。明日は遊びにでも行くか、娘連れて。ありがと、いてくれて助かる。
by kienlen | 2012-06-22 18:38 | その他雑感 | Comments(0)

『日本辺境論』

内田樹著。大変面白かった。もっと早く読めばよかったと思った。この間、書店で古書市をやっていて、そこで見つけ、一応存在は知っていたのでどんなもんかなと思ってなんとなく買ってみた。長い前置きに耐えると、後はとても面白い。タイトルの通り、日本人というのは中心の人の発想や思考ではなくことごとく辺境人なのだという内容で、具体的にどういうことかを説明しているもの。すごく納得できた。日本の独自性は何だとか、もったいないという言葉がどうのとか、日本語は難しいとか、その手の、単純としか感じられない話は基本的に苦手だけど、この本のような解読だと、なるほどって感じ。ハイブリットな日本語の特殊性についてもこれなら分かる。以前、講演だったか本だったかで、読めなくても意味を理解できる日本語という言語が国民の平等性に寄与しているというようなことを聞いたか読んだかした時に感動したが、ここでもそれと似たような話が出てくる。

学びとは何かを分析した上で、辺境人の学びは効率がいい話とか、全体にとても楽しく、なるほどな展開。何が良いかといって、だからそういう日本人はダメという道筋でないことで、また逆にだから他より優れているのだみたいなバカらしい話でもなく、だからそういう特徴を活かしましょうというのが、もうまったくもってその通りと感じる。日本人のコミュニケーションのスタイルが相手との上下関係というか、自分が上に立つことを目指してしまうのも日本語に内在する特殊性からみたいな話は、どうなんだろうかと思ったけど、実際のところ政治家だとか評論家だとかの話し方を聞いていると、なるほどこれね、と思える感じ。かといって、これを面白いで済ませていいようにも思えないのだが、辺境だから。日本の漫画が世界的に人気というのはあるけど、ここではフランスの例として、今や日本式に右から開くようになっているということ。すごいことだな。と感じるのも多分辺境人だからか。前書きでも途中でも後書きでも、オリジナルの論ではなくて色々から引用したり参考にしていることが強調されている。こうして色々並べて解説していただき、横断的に論じていただき分かりやすかった。楽しかった。
by kienlen | 2012-06-22 07:40 | 読み物類 | Comments(0)
ちょっと必要があって、あるいは、あるかなと思って読んだ。アマゾンの評価が高かったから期待したのだけど、本というのは、そもそもある程度それを知っていて読むということが前提になるのだということを意識して作られているようで、その前提以前の自分にはかなりついていけない感があった。この本はNHK出版の生活人新書というシリーズなのだが、この間読んだのと似たような印象がある。もうちょっとこう、丁寧さに欠けるというか、いかにも欠けるというのではなくて、欠けているように見えないのに、何かちょっと足りないみたいな、そんな感じ。ああ、歯切れが悪い。それはまあ、自分がこういう分野を知らないから読者とし堂々とできないということが分かるからだ。かゆい所に手の届かない感がなあ、残る。初心者用に書いてくれないかな。もっともそういう必要はないんだ。だって興味ない人はそもそも読まないもんな。

訳分からない感想になってしまった。内容は、サッカーの全国大会で何度も優勝させ、日本代表チームにもたくさんの選手を送り込んでいる高校の監督さんが、強さの秘密を明らかにしたというもの。タイトルが「人を育てる」となっているので、それを期待したのだが、ちょっと物足りなかったな。いや、その章は結構良かったのだけど、その章に行き着くまでに息切れしそうになった。物語性がなくて説明ばかりなのが辛い。シーンをイメージしにくい。やはりサッカー好きな人のための本ですね。当たり前だよな。よって本が悪いんじゃなくて自分の問題ということは分かりました。場違いだった。難しいもんだな。
by kienlen | 2012-06-21 21:33 | 読み物類 | Comments(0)

玉ねぎ好き

f0104169_8263769.jpg娘の携帯からたまに画像が送られてくる。昨日も久々に添付のあるメールがきた。部活で生け花でもやったのかなと思ったら違って、このようなものだった。訴えたいのは玉ねぎ。ちょうどその前の日に父が持ってきてくれた玉ねぎをキッチンでむいていた。ちゃんと成長したサイズの他に種用に取っておいてそのままというのが混じっていて、大変小さいのでその都度むくのは面倒だからまとめて下ごしらえしていたのだ。これだったらいっぺんに3つ4つは使ってしまう。それを見て娘が「玉ねぎかわいい、玉ねぎ食べたい」とうるさく言い続けていた。玉ねぎは毎日何かしらで食べているはずだし、弁当にもよく入れているから、いじめて食べさせないなんてことは全くない。

で、昨日はテストで半日だということで弁当不要だということだった。で、父親の店に寄ったのだった。すると父親は丸ごと玉ねぎの入ったラーメンを食べようとしていたそうだ。それを奪って食べたそうだ。美味しかったそうだ。スープストック作りに使った玉ねぎに違いない。トリガラに大根と玉ねぎを大量に入れるのが夫の店のスープのスタイルで、ダシが出た後とはいえ、スープと一緒に食べると崩れる柔らかさで大変美味しいのは知っている。この間、父が玉ねぎをくれた場所が夫の店で、ウチでも大量に食べるから全部持ち帰ろうとしたら夫がいくつか取ってしまった。ということはこの玉ねぎは父が作ったものか。小さい玉ねぎ丸ごととジャガイモと人参のスープを作ろうかと思っていたけど、店で食べたならいいや。ということで、今夜は玉ねぎのサラダをリクエストされてる。簡単でありがたい。毎日簡単なものばかりしか作ってないや。料理人はいいなあ、どこでも通用するもんなあ。外国でも。ほんと、料理上手は羨ましい。
by kienlen | 2012-06-21 08:49 | 家族と子供の話題 | Comments(2)
かなり前のことになるが、仕事帰りに、いつもと違う山越えで帰ることにした。季節も天気も抜群。こんないい所に住んでいるんだからたっぷり楽しまないと、というわけでドライブ気分。昔はひどい道で怖かったが、どこもかしこも素晴らしい道路になっている。それがいいのかどうか、知らない。スポーツの夏合宿で有名な所だから、にぎわう時期も近いなと思いながら頂上を過ぎて下り道。道路脇で湧き水を採取している男性がいた。私も湧き水を見つけた時のためにペットボトルを1本車に積んでいる。いいな、コーヒー美味しくなるかな、しかし、こんな場所で野犬でも出てきたら怖いしな、なんて思っているうちに通り過ぎたが、やっぱり心残りもあってスピードを緩めた。すると、なんと、不安だった野犬がこっちに向かってきた。えっ、怖い。開けっ放しだった窓を急いで閉めた。
f0104169_20505038.jpg

しかしこんな場所に犬というのもそぐわないようでもある。そもそもこれって犬か。まあそうだろうな、狼は絶滅しているはずだし。とにかく急いでカメラを出して写真撮った。カメラ目線になるこの人懐こさは野犬じゃなくて、そうだ、あの水を採取してる男性が連れて来たのかもしれない。でも、飼い犬にしては薄汚れた感じだし、こんな場所で飼い犬を放すだろうか。私は、子どもの頃に近所の犬が近所の男の子を襲って噛みついているのを目の前で見て以来、犬は基本的に怖い。嫌いじゃないけど怖い。よって窓は閉めたまま。犬らしきものも諦めて(何をだ)トボトボ歩き出した。取水している人の方へ向かって。この横顔もかなり野生的。
f0104169_20574051.jpg

野犬かな、やっぱり。こういう犬を飼うというのもありかな。でもどうやって捕まえたらいいんだろうか。
by kienlen | 2012-06-20 21:07 | その他雑感 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen