<   2012年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

山菜尽くしの昨日、根曲がり竹と一緒に煮るためにサバの缶詰を開けようとしたら、プル式ではなくて缶切りで開けるタイプだった。最近珍しいなと思ったら、工場が被災してプル式の製造できなくなったので当分これ、という意味の注意書きがあった。缶切りなんて慣れているし、と思ったところが、ちょっと手を切ってしまった。深いから血が出た。慣れているはずの自分でもこれじゃあ、娘とか、缶切り使えんのかな。で、昨日のことだけど、父とお昼を食べている時に、母が買ったままになっていたカレーがある、という話しになった。最近よくカレーの話しをしているな、そういえば。カレー粉からカレーを作るにはどうするかという話しだった。説明していたのだが、母がカレー粉を買うだろうかと疑問を感じて形状を聞いてみると、どうもインスタントのカレールーである。そして、父はそのインスタントカレーの作り方を知らないのだった。こっちはもっと簡単なんだという話しをした。やってみる、ということでケリがついた。

しばらく父の家に通っていた時、タラノメがたくさんあり、彼はそのゴマ和えを作っていた。その時にまずはゴマを炒るのだった。小さいフライパンで炒りながら「おかしい、おかしい」と言うから何かと思ったら、ゴマがはぜないというわけだ。子どもらにまでゴマがはぜない、と言っている。でも、それって炒りゴマなんだけど、と説明してやっと理解してもらった。すでに炒った状態で売られているものだったし、今のゴマってたいてい炒ってあるでしょう。彼にすれば昔やっていたように炒っただけのことだと思うが。そして私はすでにゴマを炒るという行為をしたことがなくなっている。昔、子どもの頃、庭先にゴマがあった記憶はあるけど、それを自分で料理に使ったことはない。「またゴマ作ればいいのに、炒れるよ」と言うと「あんなもん作るの嫌だ」と言っていた。ここで作ると面白いのだが、そこまでいかないのが半端だ。そんなことを考えながら指の血を見ていた。すぐに止まった。
by kienlen | 2012-05-31 08:32 | 家族と子供の話題 | Comments(0)
実家の山にフキを取りに行きたいけどな、と迷っていたところに、父から電話があった。パクチーとラオスパクチーと何か分からないタイの野菜の種を撒いておくように頼んでいたのだが、見たことのない種なので自信がないから来てくれ、ということだった。それで決心がついて出かけた。往復約1時間。このくらいなら無意味にネットをぶらぶらしたり、ブログを書いている時間で行き来ができるわけなのだ。母が乗っていた軽自動車を引き取ることにしたため、大人ふたりに車が3台になってしまった。実にバカげている。維持費かかるだけ。場所も取るし。でも引き取ってしまったから使うことにして軽自動車にて。何十年かぶりだ。川と国道に挟まれた畑なのに、何モノかがじゃがいもを掘ってしまったそうで無残な姿。イノシシかタヌキか。ネギには目もくれずちゃんと分かるんだなあ。それにしてもこの場所に出るって、お住まいはどちらなんでしょうか。あっちの山から川を渡ってきているのか。まあ、ダムがあって水がないからな。動物対策で放流して欲しい。

1時間もしないで種まき終わり。それからフキ取りに行く。こちらは父の軽トラックにて。山の上なので眺望がいい。耕す人のない畑はスギナだらけで、その間にフキが点在しているのだが、すでにこちらは、人間に取られた形跡がありあり。スギナの背が高いのでそれに負けないようにフキも丈を伸ばしている。よって、日に当たらないから柔らかそう。これは高級な山フキではないか。ついでにヨモギも摘んでいたら「バカ、そんなもん、どこにでもある」と父に言われる。どこにでもって言われても美味しそうで埃のかかってない場所って、街中ではそう見つけられない。売り物にするわけでもないから食べきれないほど収穫。ところが、父は「人にやればいい、もっと取ろう」と激しい勢いで取っていた。その姿を見ていると、習慣というか、よくキノコや山菜取りに山に入って行方不明になるお年寄りのことがニュースになるけど、分かるなあって感じ。夢中になるのだ。確かに、楽しいけどね。ただ熊が出ないか心配。どなたか盗みに入った方が草を刈って道らしきものを作ってくれてあった。感謝ってわけにもいかないけど。一仕事の後は、近所の食堂でジンギスカン定食を食べた。直売所があってレストランもあるのだ。徒歩圏内。便利。直売所で根曲がり竹を購入。高いけど、夕食用。本日も山菜なり。
by kienlen | 2012-05-30 13:24 | その他雑感 | Comments(0)
図書館で借りた本。手間かかった。人がたくさん出てきて覚えられないからそのへんは適当に自分の中で省きつつ。オモチャ箱の中に入りっぱなしになっていた古びたのや壊れかけたのまで全部一辺に見せられているような感じで、友達に「かったるくない?」と言われた意味、分かるなあと思った。娯楽で読むには、どっちかっていうと爽快感どころかイライラするし、もうここ最近のイライラの原因の80パーセントくらいはこの本かと思ったり、時間はかかるし、途中で止めようかと思わなくもなかったけど、後ろの方になってくる方が面白く、多分Ⅱの方が面白いんじゃないかと思う。フェイスブックを始めた人の映画を見た時の印象と、似ているなあ。想像だけであっても核の部分に手が届かない感というか、全く触れられない感というか。

途中で止めなかったのはなぜかと考えた方がいいかも。まあ、全く知らない世界の話しなので単純な好奇心。ジョブズについては、雑誌で断片的に読んだことがあるだけ。特殊な人物、カリスマみたいな描き方だった。こういう詳細な伝記を読むと、なんか、どういう人かは見える感じがあるが、アメリカを知らないというのがもう最大の弱点。当然だけどバックグラウンドがアメリカ、書いた人もアメリカ人。この違和感は何、を追い続けているうちに最後までってところもあった。すごく細かいんだけど、ここを知りたいという部分がなかったりというのもあり、そのへんも不思議な感じがつきまとった。それと、やっぱりアップルの製品を使ったことがないというのがダメだ。使っていれば、何とも言えない違いと思っていた部分に意味があることを知ることになってすっきり感があると思う。速読できる人だったらじきに読める本なんだろうけど、読むのが遅い自分。もう1冊を返却期間内に読まないとな。
by kienlen | 2012-05-29 07:53 | 読み物類 | Comments(0)

雑っぽい気持ち

移動、車ばかり。体を動かさないでいるとひじょうに気分が悪い。もう、悪い、悪い。そして車で出ていると余計に道路と建物ばかり作っている当自治体の方針が気になる。この道、こんなに広げるのが何のためなのか、分からない。つい最近まであった畑がきれいさっぱりなくなってみんな道路、道路。途上国の発想に思えてならない。まあ、日本を先進国と分類しない人が周囲には多いけど。こう感じる自分がおかしいんだろうか。何か基本的に間違っているとしか思えない。体使わず、指も使わず、それでいて健康ブームとか。不思議。夕食の時にニュースを見ると、またまた気分悪い。この間読んだ『失敗の本質』そのまんまじゃん。風呂で雑誌を読む、また気分悪い。新聞も。もう止めるんだ。
f0104169_19591172.jpg

それで東京ではスカイツリーだそうだ。この間お上りさんした時も、バスの中からでも見えた。高いものが好きな人って多いんだな。低いけど高性能なタワーとかの方が面白いと思うけど、それはなしか。地に足がついていない感。車ばかりなのがいけない。どうかしてるな。明日は少し頭の整理整頓をしよう。出かける用事もないことだし。うん、そうしよ。おひとり様決意。
by kienlen | 2012-05-28 20:10 | その他雑感 | Comments(0)

パンは買えなかったけど

f0104169_17434236.jpg
いい陽気。あちこちでイベントがたくさん。朝方は仕事していた。娘はやっと部屋の片付けをする気になったようでやっていた。夫は寝ていた。お昼にスパゲティを食べたいと娘が言うのでひき肉とトマトで味付け。一区切りしたいところだし、山へドライブすることにした。目的はパン屋。とっても美味しい、忘れられない味のパン屋へ。それにしても、車で30分弱でこの素晴らしい景色である、山である、最高。何回行っても感動。ところが、目的のパン屋は日曜日休みだった。もう、がっくり。今日は珍しく夫も一緒に乗っていた。小麦文化圏じゃない夫がパンの味でいちいちこだわることはないだろうから、閉店で残念がるということもない。

せっかくだから少し足を伸ばすことにした。どこもかしこも美しい。山は好き。道端にワラビが見えたので車を止めて収穫。ヨモギも少し採って、庭のタラノメと一緒にテンプラにしてしまおう。テンプラばっかり食べている山菜の季節。道端の直売所に寄ったら、見たことのないかわいい紫の花があった。これは何だろうか。とっても小さい。比べる対象がないからサイズが分からない写真だけど。かわいいな、と言うと夫も珍しく同意していた。直売所閉店近いということでコゴミを安くするというのでつい購入、予定外。好きだからいいけどね。フキを取りたかったがどこで取っていいか迷って取れずじまい。庭に少しあるので摘んだ。山菜尽くしな夕食だ。ワインもあるぞ。
by kienlen | 2012-05-27 18:00 | その他雑感 | Comments(0)

カクタス

f0104169_2315136.jpg
植物の形状には意味があるらしい。ということも深く考えずホームセンターで買ってあったカクタス。枯らしてばかりなのでちゃんと咲くかなと心配しつつ日当たりの良い場所に置いておいたら咲いてくれた。きれいにしていても虫も来ないんじゃあごめんなさい。家屋内とはいえ、蚊とかハエとかクモくらいは来てくれるかも。でもそれって、必要とされてない虫だったら生存のためにはならないしな。申し訳ないって謝るのは欺瞞だしな。今日はお昼に父と親戚と食べた。はああああ。自分の育ちについて今さらながらあれこれ考えた。どうして今さらこんなことを。花を見て忘れたい。でも、生まれ育ちがどうだったかは人生をかなり決定付けるんじゃないかという気持ちは弱まらない。夜、たまたまNHKでオウム真理教の番組があるのを知り本気で見た。そういうことが描かれているわけではなかったけど、いずれそういうことも描いて欲しいな。明日の分も見よう。
by kienlen | 2012-05-26 23:28 | その他雑感 | Comments(0)
私はシンプルな性格だと思う。秤をいくつも持ってない。多分ひとつ。よって決断が簡単。ただ、さすがにこの年になると、世間の皆さん皆が皆、シンプルでないことは感じるようになってきた。年とって成長することはある。今まで分かってなくて幸せだった。でも複雑であることって大変だろうなと思うと、エネルギーがあるんだろうなと羨ましくもある。でも、そのエネルギー、別で使った方が良くないかと思うことの方が羨ましいよりももっと多い。なんてことをまた感じたのは、今朝の娘のお話からだった。ものすごく些細なことで、些細なことというのは自分にとっては考えるにほとんど値しないこと。ただ、それが娘にとっては値することであるとなると切って捨ててもおけないが、かといって、娘もバカでもないから、こっちが切って捨ててもおけないが嫌々相手していることは分かるから途中で不満そうに消える。どーしよーもないな、この人にアタシの気持ちなんか分からない、という感じだろうか。この積み重ねで将来母を恨むことだろうか。ぜひそのエネルギーを有効利用して下さい。

で、こういう時、ふと息子のことが頭に浮かぶ。思うに彼は、かなり早い時期から違う道を行くのだと決めたのではないだろうか。意識的か無意識かは知らないけど、また同性でないことも関係するかもしれないが。とにかく私はシンプルであるために、そういう意味ではエネルギーを使っているのだと思うが、相手にもシンプルさを要求するわけだ。毎度毎度「あのねえ、私に対してははっきり答えて下さい。考えや価値はそれぞれだから干渉しない。ただ、私が関係あることについて不明だとこっちが困るの!」と言い続けてきた。って宣言するほど大げさなもんじゃなく、行くか行かないか、来るか来ないか、食べるか食べないか、承諾するのかしないのかという単純な低次元の〇×みたいなもんだ。ところが彼の態度は、よくここまでやるよなってくらいにあらゆることに対して完全に曖昧に徹している。それってある意味すごいという感じ。いや、一緒にいるのはストレスでしかないが。それがあなたの生きる道だったらしょうがない。ただしそういう意味での責任は自分にありってことで。娘、そこまでできない。ということをふたりを比べると感じる。どっちがどういうものってわけじゃないが、まあ、がんばって下さいってところか。自分含めてだな、。
by kienlen | 2012-05-26 10:32 | 家族と子供の話題 | Comments(2)

合間、谷間

さすがに在宅仕事しないとならない日。もう限界。それで一応早起きした。しかし、パソコンに向かっているとつい余計なところばかり見てしまう。お気に入りにいれてめったに見ないページも色々あるが、本を紹介するブログはついつい読んでしまう。本読んでいる人ってどうしてこんなに読めるんだろうと思いつつ、面白そうなのがたくさんで、ごくごくたまに自分も読んだことのあるのが混じっていて、どういう感想だろうかと気になり、それが高じるとアマゾンの評価にも飛んだりして、とにかくすぐに時間が過ぎる。これって、どういう時間に分類したらいいんだろうか。全くなあ。で、今の子供達って子供の頃からこういう環境に置かれているわけだ。すごい。世の中についていけなくて当然だ。それで、面白そうな本を注文しかけて、待てよ、もっとあるだろうとなり、そのうちにメモするようになり、でもメモが増えすぎてこんなに読みきれないやとなり、覚えているのだけ頭に留めておくことにする。

で、買っても増えるから読むだけで済むものは図書館利用にしようかと考える。しかし図書館に行くのも面倒だったりする。期限内に読むというのも、自分のペースで物事を進めたい者にとってはなかなかやりにくい。他との関係もあるから。買ったほうが手っ取り早い、出版業界のためにもなるとか、なんとか。ところで、この間、近隣自治体の図書館の館長さんと話していたら、その図書館って、本の販売もしているということだった。これ、いい。借りてから買いたい本というのはある。そうなんだ、図書館も行きたくなる場所だったら行くんだけど、この辺りの図書館って楽しくない。わくわく感がない。声出しちゃいけない、ここの机は何専用、パソコンはダメとか、もうちょっと工夫してくれないもんか。ということで、図書館の本が今手元に3冊。期限内に読むのは無理かも。それにしても、何しているんだろう、自分。何かやっているような何もしてないような。空腹だ。ランチは打ちあわせを兼ねて。昨日ドタキャンした分が本日へ移動。進め!といっても自動的には何も進まない。
by kienlen | 2012-05-25 11:50 | その他雑感 | Comments(0)

いい季節

f0104169_194143100.jpg
昨日と今日と連続で行った仕事先のご近所にテッセンで壁面を覆った家があった。どこもかしこも美しい。それに食べ物も豊富になってきた。セリとパクチーと青菜を友人からいただく。ナスの苗もいただいた。ゴーヤの苗がどこにもなくて、あっても妙に高いしでまだ買えずにいたのだが、今日の行き先の苗を扱っている店に行ってみたらあった。3本買って植えた。植えておいたオクラが弱っている。もともといい苗じゃないなって感じがしていたけど、当たってしまった。昨年はとてもよくできたのに。昨夜、予定外に飲むことになり今朝早朝起きだったから眠い。寝ちゃおう。スティーブ・ジョブズの伝記を、この間別件で行った図書館で見つけたので借りてきた。読んでみたいと思いつつ、買うほどの欲求もなくていたので。上下揃えて借りた。町外の人にも貸し出すんだからありがたい。で、本好きな友人に「スティーブ・ジョブズの伝記読み始めた」と言うと「かったるくない?」と言われた。読み始めてみて、まさにその言葉よく分かる。しかし『失敗の本質』という日本の分析本の直後にこういう本を読むと、アメリカだって感じがする。それを読みながら寝ることにする。早いけど。
by kienlen | 2012-05-24 20:05 | その他雑感 | Comments(0)
昨日はちょっと危機的なことがあった。といっても命の危機とかそういう類のものじゃないのだが、仕事の件で。どうも仕事に足が着いていない感がこのところあった。仕事モードになってない。この切り替えは内面的にはひじょうに重要。そんなだから、今仕事の点で余裕があるのかそうでないのかということもきちんと把握できていないような感じ。これってまずいよな、と思いつつ直面する壁がないとずるずるしてしまう。そういう時にちょっと活が入るような出来事で、逆に良かった。正気に戻ってきた。とりあえず処理はしたし。という状況と関係なく本のこと。結構な大著だし研究書でもあり、少し時間がかかってしまったけど、ひじょうにひじょうに面白かった。久々に重厚な本を読んだ。最後は出先のランチタイムにスパゲティを食べながら。中公文庫で800円。たった800円でこの充実の内容。本って素晴らしいなと感じる。構成は分かりやすい。テーマは、大東亜戦争になぜ負けたか。そのテーマの答えを探るため、日本軍の戦い方と負け方を分析する。分析の素材はノモンハンから沖縄戦まで6つの負け戦。つまり事例研究ということ。ここに半分以上が割かれる。ちょうどこの間、よく行っている講演会で日露戦争の勝利がその後の日本軍に何をもたらしたかという話しを聞いて、それが面白く、で、この本を通じてその話しと重なる部分もあり、ますます面白かった。

事例研究から失敗の本質を浮き彫りにするのが次の章。付箋を貼っていたらキリがなくなり途中で止める。ここまででも大変に疲弊するというか、気持ちは沈むわけだが、最後の「失敗の教訓」という章にくると、もう生々しさがここに迫ってくるようで胸どきどきになる。だって、この失敗、今の政治状況やら経済やら、そのまんま当てはまるではないかと思えてしまって。原発事故だって、この分析枠組みがそのまま使えそうだし、応用範囲広そう。それもそのはずで、組織論的研究であるから。こういう種類の研究書って読んだことがなかった。そのせいもあってか、隅々まで実に興味深く、そして納得できるものだった。日本の官僚制度の特徴も、ふむふむって感じだし、とにかく隅々まで丁寧で感動。記述スタイルも難しくなく、まあ、酔っ払っても読めるというような内容じゃないけど、素面なら大丈夫。音楽聴きながらはダメ、自分の場合。書かれたのは30年前。今まで知らなかった自分も自分だけど、今から読んでも遅すぎない。今の方がピンとくるかな。この時代状況の中で一層教訓に満ちた内容に感じられた。手元に置いておきたい素晴らしい内容でした。ありがとございました。
by kienlen | 2012-05-23 17:58 | 読み物類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30