<   2012年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

想定外ってこれか

先週の今日、つまり土曜日、娘と「幸福の経済学」というドキュメンタリー映画を見てから辻信一と大和田順子と飯田哲也という豪華メンバーのシンポジウムという充実の長時間を過ごした後、その間に着信のあった父に電話すると弟が出た。弟の息子の高校入学祝いでもするのかなと思いながら「もしもし」と言うと全く思いがけない言葉が返ってきた。「ばあちゃんが、首吊っちまってさ」というのである。何それ。とにかくどこに行けばいいのか尋ねても要領を得ない。「検視中だから」と言うばかり。検視って、現場でしているのか、病院に運んでいるのか。検視ってことはすでに死亡しているということか。何とか当面の行き先を聞き出して、とりあえず実家に行くことにした。娘に伝えると当然びっくり。しかし娘と一緒にいる時だったのは幸いというか。ふと、弟の息子も連れて行った方がいいかと思って尋ねることにしたのだが、弟は不要だと言う。娘にとったら仲良しで、ふたりでばあちゃんにはさんざん世話になったいとこに電話したいということで、娘が自分の携帯からすると、すぐに切れた。「風呂に入っているって」と言ってから「こんな時に風呂に入るってすごいよね」と言う。運転しながら、こういう時風呂に入るのがどういうことなのか考えたが、よく分からない。

警察の車がたくさん止まっているから庭に入らないよう指示されていたが、到着した時はすでに警察が去った後で父がひとりでいた。最も恐れたのは、父と母が口論でもして発作的に、という状況だった。これだとある程度のショックがあるのではないか。状況を聞くとそういうことは全くないということだった。「遺書は?」と聞くと、自分では見つけられなかったが、警察が「あそこは」と示した場所を見たらすぐに発見されたという。さすがに専門家である。で、当人がどこにいるのか聞くと「脳死状態で病院」ということだった。すぐに行ってみようと言うと、少し仕事に行った弟が迎えに来るから待つという。これは動転しているゆえなのか。自分が乗せて行くからそんな必要ないでしょ、と説得して3人で病院へ。そうか、携帯電話に慣れていないと、予定変更するということにも抵抗があるのだろうな。病院の当直は実家のすぐ近くの、本家に当たる家の娘さんだった。そういう付き合いのない私はあまり知らないが、父としては頼りになる存在。ただし、このくらいの年齢の人なら隠したい状況を隠すこともできない、ということらしい。それにしても想定外だった。しかし、振り返ると、当人は隠していたのでよく分からないが、心療内科とか病院通いをしていたと聞いているし、父から聞く症状はよく聞く鬱病の典型に感じられてはいた。知識としては知っていたし、友人にもいたので知っていた自殺願望。でもあの母が、ということで結び付けることができずにおり、心底びっくりした。
by kienlen | 2012-03-31 07:52 | 家族と子供の話題 | Comments(2)

雨、夜、ワイン

2日飛んだ。昨日は朝4時起きプラス車で遠出で夜早めに寝た。おかげで今朝の目覚めは悪くなかった。何か夢を見たはずだけど忘れた。娘が春休みで曜日の感覚が普段にも増してなくなっている。気付いたら金曜日か。午前中釘を買いにホームセンターへ。このところ連日ここに通っている。板を買ったりで。今日も行き先を告げたら娘に「そこ、好きだね」と言われたが、好きというか、必要だから。で、事務所に手を入れようと思っているわけだが、午後は外に出る用事があり夕方戻って続けようとしたら、電動の釘を打つ機械、何と呼ぶのか知らないが便利なヤツが充電不能に陥ってしまった。その前に久々に充電したらすごく臭うのである。爆発したり火を吹いたらという心配で充電中近くを離れられなかった。結局使えなくなってしまったようだ。充電器だけのせいなのか本体もいかれているのか自分には分からない。分からないことだらけの自分。とりあえずアダプターを買ってやってみて、駄目なら本体も、という順序かな。明日もまた、その好きになった店に行くのか・・・。

このところビールばかり飲んでいた。理由は簡単で、箱でもらったから。でも今日はすごくワインが飲みたかった。付近のイタリアンレストランの地下のワイン売り場に行き、なかなか雰囲気がよろしい場所なのだが、そこで地元の限定ワインというのが200円ばかり値段を下げていたのでつい買ってしまった。その前に、ひとりで飲むのもつまらんなと思って、でも家の模様替え中の状況があまりにひどくて人を誘えない。でも勇気を出してひとりに声をかけたがワインより飼い犬に会いたいということで断わられた。こういう時、徒歩圏内に友人がいるといいのにな。雨の日に自転車で来てくれと言えないし。ということでひとりで限定ワイン飲むことになった。外は雨。少し冷える。と、そこに知人の社長から「飯食ったか。食ってなければ行こう」という電話があった。「食った。ワインが飲みたい日」と言うと「俺、ワインは駄目」と、予想通りに言われた。ワインしか飲みたくない日だったので断わった。
by kienlen | 2012-03-23 22:37 | その他雑感 | Comments(0)

東野圭吾『歪笑小説』

勧められた本ではずれがないことから好みが似ていると思われる友人からの紹介で購入。軽いのばっかり読んでいる時期にはふさわしい一冊でした。内輪受け的というか、でもそもそも本を読む人ってここで言う意味での内輪だと思われるので、ある分野においては一般的というか。どっちでもいいが、娯楽として面白かった。しかしこういうのを読んでいるとキリないよな、と感じるので続けてこのタイプを読もうという気には今のところならず。こういうのがあるということを知っておくと本に行き詰まった時の安心感にはなるかな。というわけで、だいぶ前に読んだもの。

注文してあった本棚が来たので組み立ててびっくり。横幅を間違えていた。小さすぎた。うーん、半端になってしまった。よく確認したつもりだったのに残念。しかしいつ片付くんだろうか。今もお客さんがあって「入る勇気があるならどうぞ」と言うと一瞬怯んだが入って来た。もらったまま、どうしても飾る気になれず人が来るたびに「もらってくれ」と頼んでも誰も欲しがらなかったカレンダーをじろじろ見て「これ、いいなあ」と言うので持って行ってもらった。それくらいのモノが減ってもたいした影響はないが・・・。
by kienlen | 2012-03-20 15:22 | 読み物類 | Comments(0)
公立高校の合格発表の日だ。娘のいとこが受験している。連絡がないので落ちたのかと心配していたら当人の父親から電話があった。つまり私にしたら弟ということだ。合格したという連絡だった。ちゃんと現場まで行って確認するあたりはすごいな。ウチは行ってないし、だいたい娘など寝坊していて発表の時間にも寝ていたのだった。それはともかく、弟の話しにびっくりしてしまった。甥が受験したのは商業高校である。最近実業高校は人気が高く、そこも競争率は結構ある。勉強ができる方ではないからうんと安全を狙うなら別の商業高校という手もあったのだが、どうしてもそこを受けたいということだった。で、弟の方もひじょうにその高校に固執していた。いろいろな事に執着心の強い人だと不思議じゃないが、そういうタイプでもないので、ここだけどうしてそんなにこだわるんだろうというのはちょっと疑問だった。でも、そこまでこだわるならと思って友人がやっている塾を勧めて夏頃から行っていた。

弟はこう言った。「俺、ずっと後悔していたんだよ。商業に行きたくて願書出したけど、オイルショックの影響で競争率がすごく高くてもし落ちたらと思って直前に希望校変更したことを、社会人になっても後悔してた。だから嬉しい」と泣き出さんばかりだった。「えー、全然知らなかった」と私。高校から家を出ていたのでそういう騒ぎは何も知らなかったわけだ。最近になって、つくずく自分のことしか考えてない自分を感じるのみ。周囲の状況何も分かってなかった。弟はそれで地域の普通高校に行ったのだが、先生から「どうして商業受けなかったんだ」と言われたということで、それもあって受ければ受かったのに、という後悔を払拭できないまま今日に至っていたそうだ。当たり前だけど、それぞれみんないろいろ抱えて生きているわけだ。それをどこかどこかで何らかの形で小さく解決したり自分の中で消化しながら生きている。そうでないと耐えられないもんな。それにしても知らなかった。「商業好きだったんだ!?」と言うと「そうさあ、財務諸表とか大好き。だから半端な普通高校なんて行って欲しくねえんだ」ということだった。そういえばウチの息子、商学部だった。高校は半端な普通科で。自分には、最もに近いほど縁遠い分野だと思っていたけど、こんな身近に何人もいたとは。周囲の状況分からないのは相変らずということだな。
by kienlen | 2012-03-19 09:58 | 家族と子供の話題 | Comments(2)

まとまりのない日曜日

朝6時からのアルバイトに行くため5時前に起きて5時過ぎに出た。まだ薄暗いのが目的地に着く頃には明るくなっていて空の変化が気持ちよかった。寒くない朝。お昼は友人の農家レストランで食べることにしてあった。別の友人と待ち合わせ。バイトを終えてハンバーガーショップの前を通りかかる時に、ふとたまにはこういうの買っていくのも珍しくていいかなと思って娘の朝食兼昼食用にひとつ購入。さすがに自分は一食をこういうもので満たしたくなくて駄目。それから少し遠方の友人の店へ。ガソリンが高いので消費している感ひしひし。しかし、会える時に会っておくのだ感はますます強まるわけでこういうことになる。ちょっと色々話しもあり。それでワンコインの手作り料理を囲んでおしゃべりしているところに酪農をやっている女性が牛の初乳というのを届けに来た。見たことも聞いたこともない代物。横取りしたら牛の赤ちゃんがかわいそうと思ったが、赤ちゃんによってミルクの飲みに違いがあり、今回は残りがたくさん出たそうだ。それを蒸したもので、豆腐に似た食感。それと搾ったばかりの生牛乳も。

次は別の農家の人が跳ねだしの玉ねぎを持参。スーパーの袋いっぱいに詰めて50円でいいというので2袋購入。助かる。挙句に残った料理を持ち帰り。夕食のおかずがほとんど間に合いそうな量。戻って事務所の模様替えに取り掛かりたかったが、あまりのことに手がつけられない。ま、仕事スペースは影響を受けないようにしておいてじょじょにやっていくしかないな。夕方玄関の呼び鈴が鳴ったから注文してあった本が届いたのかと思って出たら知り合いの議員が某活動のために某依頼をしにきたのだった。勤め人がいない家の状況がどういうものかをトクトクと語って聞かせてもしょうがないから、雑談に交えて10分の1くらい語ってお引き取り願う。暗くなるな、やめよう。
by kienlen | 2012-03-18 18:01 | その他雑感 | Comments(0)

春は足元から

昨日元気がでなかった。仕事のやる気もでず。また友人をランチに誘った。連日こんな感じ。外に出て食堂まで歩く道沿いにナズナが結構出ているのに気付いた。土にへばりついているのは取られないようにか。踏まれても折れないためか。両方か。帰り道に採って夕食のおかずにしようと思ったら元気が出てきた。土が不足している。そういう感じなのだと思う。自分の原点が何かを振り返ると、土と本だな。それを意識すると落ち着く。お昼を食べての帰り道に摘んだら結構な量になった。で、やっと雪の溶けた庭を見たらナズナも出ているし、なんとフキノトウも顔を出している。フキを植えてもなかなか付かないなあと思っていて昨年あたりに兆しがあって今年は6個。よくもこんな場所に、って思うような所だが、嬉しい。
f0104169_20251829.jpg

これも採って夕食用に。ますます元気が出てきた。ご飯を炊いて雑草メニューを考えていたら友人から電話がありタイ料理を食べに行くことに決まってしまった。それで雑草料理は翌日、今日に持ち越した。友人から仕入れた地元の畜産農家によるすごく美味しいベーコンとフキノトウとナズナで、塩こしょうだけのシンプルなスパゲティにしてみた。どうかな、と思ったが美味しかった。
f0104169_20295571.jpg

で、昨夜は夫の店で友人と飲食して友人が帰った後も居残った。いつもビールを飲んでいるタイ人女性の誕生日ということで特別料理もあった。常連さんが誕生祝いに花束を持ってきた。ビール入りだった。
f0104169_20313965.jpg

話しが弾み結局12時過ぎまで飲んでしまった。実に怠惰な日々を過ごしている。気分転換しないといかんと思い、模様替えに取り掛かることにした。本がどうにもしようがなく、物を増やしたくはないが本棚を買うしかない。ネットで調べて注文。ひとつは今までのと同様のスタイル。ひとつは隙間用に注文に応じる家具屋で初めて注文してみた。どんなのが来るのか楽しみ。
by kienlen | 2012-03-17 20:40 | その他雑感 | Comments(2)

前向きな話題がない

昨日の昼食を友人と夫の店でとり、少し用事があったので自分は残った。カウンターでビールを飲んでいたタイ人が「飲むか」と聞くから、車でないので1杯もらった。新聞を見ていたら、興味深い広告を発見。某企業が某条件の下に、中高生をアメリカに派遣するというもの。いいなあ、あこがれだった。どっかから派遣されて外国に行くとか、そういうの。やはり自分にとって記憶に残っていることって、中学の時にアメリカにホームステイかなんかしてきた生徒が全校生徒の前で体験発表したり、高校では友人が留学していたりということ。そういうことがまだ話題になる時代だったのだ。でも自分には何のチャンスもなかった。その新聞広告を見ていて、娘が行けばいいのに、と考えていた。選ばれるのは無理としても、応募するだけも夢があるじゃないか。そういう前向きな姿勢があってもいいんじゃないか。夜になって話してみようと思って帰ろうとしたら夫が、娘を待たないのか、と聞く。

つまり学校帰りに彼女が立ち寄る時間が迫っているということらしい。ふうん、と思ったとたんに入って来て、私がいるのに驚いて身を引いていた。カウンターに座ってタイ人から食事を分けてもらっている。さすがにビールは分けてもらってないようだが、そのうちに、という感じがなくもない。満足そうな様子。こうして毎日食べているからおやつを家で欲しがらないし、夕食も遅めでいいのか、なんだ、納得。で、新聞広告を見せて「これ、応募しない」と聞いてみた。外国には行きたがっているんだから。ところが即「ヤダ」。「派遣されるんだからお金かからないし、いいじゃない、駄目元で応募だけなら」「ヤダ。ママが駄目元で自分で応募すればいいでしょ」。まあ、いつもこれである。理由は「大勢で一緒に行動するのヤダ」なのだから、私も他人事ではない。かといって協調性がないとも思えないが、これを言われると団体行動の魅力を説けない自分。そこで角度を変えて「ママが中学か高校だったら応募するのにチャンスがなかったんだもん、何よ、チャンスがあるのに!」と言ったが興味なしでタイ料理を食べていた。いろいろ引きずっているものがあり、子育てをしているとたまに顔を出すわけだ。それも修行である。ま、ここで我慢して親の言うこと聞いて後で爆発されるよりマシかって思うことにした。こういう諦めの早さで赤ちゃん時代から接しているんだから何を今さら、しつこくなれるわけないな。
by kienlen | 2012-03-16 08:20 | 家族と子供の話題 | Comments(0)
大仰なタイトルだなと感じた。前書きもそう。ここまで書かなくてもと思った点はあったけど、中身は良かったし、読むに従って、決して大仰でもないなという感じになってきた。星野智幸、大澤信亮、重松清、開沼博の4人との対談集。週刊金曜日に掲載したのをまとめたもののようだ。出版社も金曜日。対談相手は中島岳志が希望した人で、その経緯も書いてある。私が知っているというか、読んだことのあるのは重松清のみで後は全然知らない。でも、この本を読み終えて、友人が開沼博の本を持っていたはずだと思って電話してランチして借りた。論文なのでどうかなと思ったが、一行目を見た限りでは読めなくなさそうな感触。厚いから時間かかりそうだ。この人は最後の対談相手だった。そしてこれが大変に面白かった。全体に秋葉原事件のことを下敷きに話していて、自分としてもたまたまそれを読んだ直後だったので記憶に新しく、なかなか納得できる話しだった。感じていたことを言語化してくれたという感を得ることができた。本を読む意味ってこれだ。秋葉原の事件の本を読んだ時も、あるいは彼は本に救われたかもしれないのに、とすごく感じたのだった。でも結局アクセスのことが本書でも問題になっているわけだ。

この本では「実存の問題」という表現で頻出するのだが、これを抱えているかそうでもないかというのは、とっても大きなことだと思う。だいたいにおいて表現活動しなければならないというのは、そういう問題を抱えているからだろうと思うし、じゃあ、表現への欲求がそれほどない人というのはどうなんだろうというのが、他人になれないので分からなかったが、私は息子を見ていると、何か別の人種という感じがして結構学ぶところがある。あるいは後回しになっているだけなんだろうか。分からない。苦しさの種類が違うように思えるな。本を読み終えたのは朝だった。映画に行くか、温泉に行くか、あるいはもう1度寝るかで迷い、寝ることを選んだ、というのはつまり寝て読書なんだけど、それで読みかけのこれを読み終え、本を借りるために友人に電話して、それから実存の問題のヒントにしようと思ってその友人に「子どもの時に一番大事なことって何だった?」と尋ねた。これを実存の問題についての入り口にしようと勇んで聞いたのに、答えがあまりに意外で入り口までもたどり着けなかった。いやあ、自分の頭ん中で考えていることなんぞ通用しないんである。
by kienlen | 2012-03-15 21:08 | 読み物類 | Comments(0)

昨日の食べ物中心記録

仕事のことを考えなかった珍しい日だった、昨日。息子と娘が同時にいるという日はそう多くなく、それに息子がまた夕方のバスで戻る日だったので家庭サービスというか、そんな感じの日にすることに決めた。まず息子のパスポートの受理へ。係の人の説明がくどくどしい。マニュアル的でくどいというのはかなりイライラするんである。台本があるんだろうか。それとも各人のオリジナルか。もっと機能的な言葉使いができないんでしょうか。届け物がひとつあった。ということは、全く仕事のことを忘れたというわけではないということか。路上に車を止めて息子に届けるように頼んだのに娘に行かせていた。それから昼を食べる予定にしていた店について「わざわざ遠くまで行くこともないか」ということになり、夫の店で食べることにする。そういえば昨夜も戻らなかったな。これ、入管に知れたら偽装結婚と言われたりして。あ、もう永住になっているから言われないか。

味の好みが家族で違うことだけは嫌だと思っている自分にとってありがたいのは、ナムトック食べたいと思っていたら娘が注文し、ソムタム食べたいと思っていたら息子が「ソムタム食べたい」と言い、スープをどうするかでポ・テークにしたら息子も「これ、旨い!」と食べていたこと。息子はパッ・シーユも注文。おい、バンコク生まれのくせに発音が違うんだけど、と言うのはやめた。やはり美味しいタイ料理。本など読まない息子が麻雀放浪記が面白いから3巻が欲しいといい、娘は本屋大好きなので書店へ。この間読んで面白かったのと同じ作者の文庫を購入。娘、中島義道の本欲しがり購入。食べ物が欲しいという息子に付き合って近所のスーパーへ。「これでしばらくしのげる」と言ってスパゲティの大袋とバジルソースをカゴに入れていた。インスタントばかり食べるのは好ましいと思わないけど、ひとり暮らしで手作りというのも彼のようなマメでない人には無理だろう。特別サービスでバスターミナルまで送る。帰り道に友人の職場の前を通ったので電話したらちょうどひけるところでお茶を飲んでおしゃべり。夜はまた店へ。予約注文があったからとカーオマンガイがあり、たまたま来た友人に勧めると美味しいと感動していた。美味しい、確かに。美味しいものとビールとで満足。今日はランチの時間がないのが明らかなので移動中に食べる用のおにぎりを持参していく。
by kienlen | 2012-03-14 08:23 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

家族の食卓

昨夜、すごく久々に家族揃って家で食事した。ウチは私の仕事用に作ったようなところがあり、くつろぐための家になってない。これじゃあ夫が帰りたくならなくても分からなくない。ま、そういう作りなんで。で、食卓もゆっくりくつろぐという感じではない。レストランでいうと、カウンターで食べる的な感じ。よって家族ゲームの食事の場面というのは、あまり違和感がなかった。もっとも当時としては斬新ということで、今はありふれた風景になっているんだろうから、我が家もそれ。で、その食卓だが、さすがに成人した息子と、それに近付いている娘がいると、こちらが縮み傾向といったって間に合うようなペースではなくひじょうに狭くなっていて、今さらながら成長を感じるのだった。それでも久々の家族での食事だ。いろいろ作ってみた。サバの煮付け、ひじきの煮物、いつも行く食堂のメニューを真似たネバネバサラダ、それから季節の野菜色々と薄切り豚の蒸し物。ご飯に味噌汁。

一応4人いるものの、それにこういう状況って久々ではあるものの夫は全くしゃべらない。息子は小さい時は娘の無口に比べて口が達者な方だったが、今はそうでもない。必要なことだけというのと全然違って、気が向いたことだけしゃべる。娘は全体を見渡しながら立場を決めている風。サバを中心にガガガと食べていた夫は、食べ終わると黙っていなくなる。息子もたくさん食べていなくなる。私はひとりでビールを飲んでいた。全体を見ている娘が「ウチはみんな自分のペースだね」と面白そうに言う。「自分のペース以外のペースってないでしょ」と私が言うと、食べ終えた娘もいなくなって結局ひとりになった。まあ、だいたいこんな感じなのだが。他の家の食事風景を見ることってないから分からない。和気藹々とみんなでおしゃべりとか、ひやっとした雰囲気とか、喧嘩しながらとか、いろいろあるんだろうか。ウチは皆が接点に欠しいのでぶつかり合いもなければ和気藹々もない。今日は、いつもなら出先で外食する時間帯の仕事だったが、息子も娘も在宅だったので早めのお昼を家でとった。こうして一緒に食事をすること自体が貴重なんだろうなという思いが日々強くなる。
by kienlen | 2012-03-12 22:30 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31