カテゴリ:映画類( 328 )

日本で一番悪い奴ら

ずっと外出続きでやっと家にいられた日。それで夜、友だちが面白いと言っていた映画を観ることにした。邦画に行くのは珍しいが、そういう事情で。それと、この映画の舞台となっている北海道警察には、若い知り合いが就職してすぐに辞めていて、その際に、色々と愚痴も聞いていて、そんな興味もあった。実話を元にしたフィクションということで、柔道でならした一直線の若者が道警に入り、警察自らが違法行為をしながら成績を上げて行き、そして最後はお決まりの破滅、ただし組織はがっちり守られて個人が、という、典型的な展開を、典型的に描いていた。

破滅するのは何人かいたが、それを見て、そういえば知り合いの警察官が自殺していたことも思い出した。映画にする意義のあるものだと思ったし、悪くはないのかもしれないけど、ちょっと人物像も話もシンプル過ぎて少々疲れた。もうちょっとひねりの効いた人物にも登場して欲しかったという感じ。体育会系の内容。まあ、警察とヤクザなんだからそれもそうかとは思うが、それにしてもこういう人たちばかりが揃いに揃ったもので、ここまでシンプルに行くところまで行くんだろうか、という違和感は多少あった。会員になっていない映画館なので正規料金払ってまで行くつもりはなかったけど金曜日が女性優待日。観客は、自分含めて女性ばかり4人いたからまあまあの入りということか。



by kienlen | 2016-07-22 23:50 | 映画類 | Comments(0)

マイケルムーアの世界侵略のススメ

夜の部があったので見に行った、久しぶりのマイケル・ムーア作品。実は第二次大戦以来成功なしという米軍から依頼を受けたマイケルムーアが、ヨーロッパの国々に侵略に行くという話。侵略といっても武器を取ってのものではなくて、国の仕組みに入り込んでメリットを自国に持ち帰ろうという趣向。訪れるのはまずイタリア。労働者階級のカップルにインタビューすると、とにかく有給休暇が多いことが分かる。結婚すると新婚旅行の15日間が有給で取れるのを始め、有給だらけなのでバカンスを楽しめる。一方のアメリカはというとゼロ。次がフランスの田舎の特に豊かではない地域の学校の給食。シェフによる手抜きなしのコース料理にびっくり、生徒が行列を作るのではなくて職員が生徒のテーブルに運び食事のマナーも躾ける。

教育ではフィンランドへ。宿題ほとんど全くなし、学校の授業時間が3時間とか4時間で世界一の成績。ノルウェーでは刑務所へ。殺人犯が包丁のたくさんある厨房みたいな所で取材を受けるし、個室があって自由だし、あまりの違いに言葉を失う監督。そんな感じでポルトガル、アイスランド、ドイツ、チュニジアへも。いくつもの国を駆け足で周り、制度の背景の深い所まで考察するというのではないが、発想の違い、世界観の違いの源みたいなものは感じられる。それと、刑務所だとか教育だとか検察だとかは、元々はアメリカの仕組みをマネたのだという証言を得て、それなのに今はなぜ、というムーアの嘆きが漂う。日本の方向性ってやはりアメリカ型なんでしょう、もったいない。観客は5人いた。

by kienlen | 2016-07-16 23:44 | 映画類 | Comments(0)

木靴の樹

今朝は朝からかなりの雨。昨日は打ち合わせを兼ねたランチに出た以外はどよんとした空気の中で本を読んだり眠ったりと怠惰に過ごし、夕方になってから、暇になったのだから映画に行こうと急に思い付き、今から間に合うのがあるかチェックしたら、これがあった。イタリア映画、1978年制作でパルムドール賞受賞。宣伝チラシの表紙は子ども。とにかく時間的に合うというだけで行った。観客は自分含めて2人。娘がつい最近映画観に行ったら満席で入れなかったという東京事情を考えると贅沢というか。7時10分から始まり、妙に長いなと感じていたら3時間以上もある長編だった。映像がものすごくきれい。出演者が、舞台になった北イタリアの農村の農民ということだったけど、信じがたい巧さというか、そう感じるくらいに、農民の日常生活をそのまま撮っているドキュメンタリーのようだった。

時代は19世紀の後半、ということはイタリアはまだ王国で、日本では江戸から明治になる頃で、まさに近代の始まり。何といっても印象的なのはカソリックの浸透ぶりで、主の与えた通りに生き、拠り所は教会。時間を管理するのも教会の鐘の音。種を撒いて実りに感謝し、動物と一緒に近隣と助け合いながら生きる姿に、農民ってどこも同じだなと感動する。子どもが大勢出てきてすごくかわいいが、その中の一人が神から知恵を与えるように選ばれたと神父に命じられて学校に行くことになる。親も学校になど行ってないので躊躇はあるが深い愛情で受け入れ遠距離を通学させる。このことが大変な結果につながるというのはタイトルから想像できるが、映画全体の中でこのエピソードを中心に物語が進むというのではなくて、小さなエピソードの積み重ね、つまり日常ってこうだなという感じ。まだ伝統にのみ生きる農村の新婚カップルがミラノに行った時の様子がこれから起きることを暗示していて、さらに一歩修道院に入ったらまた別の世界がありと、時代の変わり目をこんな風に描けるなんて。比較的最近観たのではアラヤシキの住人が雰囲気似ていたと思った。とにかく美しく、ジンとくる。観て良かった。

by kienlen | 2016-07-13 08:22 | 映画類 | Comments(0)

「団地」と「海よりもまだ深く」

この映画はどちらも試写会で観たもの。海よりも…はもうずいぶん前で、団地は昨夜。ふたつに関係はないけど、ただ、偶然どちらも団地が舞台なのだ。海…の試写会会場に友だちがいて、後日、ばったりその友だちに会ったら「あれ、ツボにはまっちゃった」と、わざわざこちらに近づいてきてベタ褒めしていた。ふうむ、私は正直苦手な映画だったので、そう言った。それはもう感性ですよね、みたいなところで手をうった。で、たいがいの人たちが良かったという感想だったので、再び、ふうむ。で、そのことを思いながらタイトルがそのまんま団地の映画を、期待もせずに観たのだった。

こちらは結構好みだった。団地が舞台であるのは重要だけど、ストーリーを追ってもあまり意味がないように思う。主役の藤原直美が、はあ、素晴らしい。岸部一徳も。この人たちでなかったら別物になるだろうな、役者ってまったくすごい。ものすごく現実的な内容なのに逆にとってもシュール。まあつまり現実ってこうなんだな、と感じられる。海…の方は、多分描き方のそのまんま感が苦手だったのだと思う。何をどう面白く感じて何をどう面白く感じられないかを考えるのが面白い。本だと感性だけで読めないけど、映画だと、受動的でも観れるというのがありがたい。



by kienlen | 2016-06-28 21:04 | 映画類 | Comments(0)

提督の艦隊

あっという間に時間が過ぎていく。ちょっと今月は苦しい、と言いながら映画の記録が多い。そのEUフィルムデーズの2本目がオランダのこの映画。平戸のオランダ商館に勤務しているというオランダ人男性が上映前に説明してくれたのがひじょうに良かった。なるほど、と思った豆知識は、オランダは現在王室があるが、実は共和制の方が先だったという珍しい国なのだそうだ。ふーん、なるほどー。フランス革命の思い込みがあるから、自分の中では、共和制は革命で勝ち取るものみたいなイメージになってしまっているが、逆もあるのだ。で、なぜそうなったかがこの映画で分かるようになっている。とっても面白かった。それにハリウッド映画のような大作なのにびっくりした。

というところまで書いてからパンフレットを見たら、監督さんはハリウッドで小規模アクション映画を多数手がけているのだそうだ。なるほどー。綿密な歴史考証がなされているとのこと。変化に富んでドキドキのストーリーも面白くて、海戦の映像は大規模で、レッドクリフのような印象。舞台が17世紀なので衣装も豪華で素晴らしい。それにしても、ここで負けていたらイギリスとフランスに割譲されていたのかとか、ここはまるで神風みたいとか、海戦というのは自然を見方につけることができる。闘いは嫌いなので戦闘シーンも嫌いだが、遠隔操作で自分は傷つかずに誰を殺しているかも分からないような戦いを思うと、人間味があると思えてしまうのだから、それってどうなのってところ。海兵隊が出てくるけど、オランダが発祥なのか。午前中のが静かで午後はこの大作で、堪能しました。歴史物は本当に面白い。

by kienlen | 2016-06-23 16:13 | 映画類 | Comments(0)

日本からの贈り物

東京に行ったついでに娘と一緒に見た映画。その日がちょうどEUフィルムデイズという企画の初日に当たる日だったのと、何しろ大人520円で娘は無料なので2本見ようということになり、午前中にこれを見た。ルーマニア映画。多分こういう国のを見る機会はそうそうないと思われる。ルーマニアの田舎の村が舞台で、すごく静かに展開する。音楽もなくて鳥のさえずりとか鍛冶屋の音みたいなのとか、ひじょうに牧歌的、しかし嫌いじゃなかった。タイの農村みたいで暑そうで、都市がどこも似ているように田舎だって似ているのだと思った。人間の営みがそうそう変わるわけじゃないし。

主人公は洪水で家も妻も失った初老の男性。頑固な性格らしいことが、近所や行政や民間企業とのやり取りから感じられる。家が流されたので小学校の校舎が仮住まい。ここに日本で日本人女性と結婚して子どもがひとりいる息子家族が一時帰省。孫とのやり取りが結構泣かせるというか。ちょっとこの状況、ウチと同じというわけではないが、結構身につまされ、特に娘なんかは感情移入しやすいかもなと思った。自分ももっと若かったら違う感情がこみ上げるかもしれない。さすがにもう…。それにしても言語コミュニケーションのありようがストレートじゃなくて日本人として外国映画と感じられないものだった。日本向けを意識しているってことなんだろうか。でも、後ろにいた男性たちが「分からねえ映画だな」とささやいていた。え、どこが?

by kienlen | 2016-06-21 17:06 | 映画類 | Comments(0)

すれ違いのダイアリーズ

昨日と今日で、映画館で3本見た。そういえば日本語は映画を数えるのに「本」を使うのはなぜだろう。タイ語だと3話เรื่องで、その方がしっくりくる感じがあるけど。で、今日見たのがタイの映画のこれ。予告編でイメージしていたのは単純な青春恋愛映画で、タイ映画なので観ようとは思っていたけど、それほど期待していなかった。でも、とても良かった。きれいだし、楽しい恋愛ものという以上のものがあるし、いやあ、侮れません、タイ映画。この間の光の墓は表面的にも複雑だったけど、これはあんな複雑さはなくて、面白くて、でも結構考えさせられる。最後がどうなるかの予想パターン、はずれてしまった…。観客3人だけ、長野の皆さんもう1週間あるのでぜひご覧下さい、と言いたい。鑑賞後のすっきり感保証。楽しかった。男の主人公、どっかで見たような顔だと思ったけど、インド映画のきっとうまくいくの主人公に似てた気がする。で、全体のタッチもちょっと何か共通するものを感じた。

原題はคิดถึงวิทยา カタカナ表記するとキトゥンウィッタヤーかな。キトゥンというのは、日本語だとぴったりくるのがないと思うが、タイ人はしょっちゅう使う言葉。英語のI miss 何とかかんとかに相当、多分。こういう言葉、どうして日本語にないのだろう。恋しいと訳すのが一般的と思うが、かといって日本人にとって「恋しい」なんて言葉が普段使いかというと、少なくとも私は言わない。で、ウィッタヤーは、辞書引くと知識、学。大学は大いなる知識だし、この映画に出てくる学校の名前も何とかウィッタヤーだった。よって、知識が恋しいとか学校が恋しいとか、そんな感じだろうか。で、それは多分、映画の内容からいくと先生が恋しいをかけていると思われる。学校が舞台で、それが水上学校というのが、いかにもタイ。遺体が浮いていたりヘビがでたり、それもいかにもタイ。女の主人公の最後の選択が、いかにもタイかというと、うーむ、どうだろう。これだったらいいけど、というファンタジーにも感じられる。でも、いい映画だった。日本語タイトルも原題と全然違って意訳で秀逸と思う。


by kienlen | 2016-06-19 23:05 | 映画類 | Comments(0)

ヴィクトリア

この間のタイの映画を教えてくれた友人から「ヴィクトリア良かった」というメールがきた。たまたま東京にいる時だったのでそう伝えると、渋谷のイメージフォーラムでやっていることと上映時間を教えてくれたので、娘と見に行くことにした。彼女のバイトの時間にジャストだったのもご縁を感じた。ワンカットというのかノーカットというのか知らないけど、つまり撮影の途切れなく140分ということで、これ、信じられない。よって、実際の時間経過も映画での時間経過も140分となるはずだけど、ちょっとそれとは違ったようだ。あそこで4時であそこで7時で、その後もだいぶ時間は経過しているはずなので。ノーカットでなければ当然場面が変わるところがそうならないので単調さは免れず、前半はちょっと辛い感じがあったが、後半はハラハラしっぱなしだった。

舞台はベルリン。実はそれで観ようと思ったのだ。スペインから来たのでドイツ語が分らない女の子がちょっと怪しいけど悪い人でもないらしい地元の男の子4人と深夜に出会い、そのまま思いがけない方向に進んでいく。途中で女の子の過去が分かるところがあり、それで彼女の行動様式のすべてに納得ができる。明日に向かって撃てみたいだなと思ったけど、あれは確か意志的に行うのである種のさわやかさがあると思うけど、こちらはひじょうに切ないというか、人間関係ってドイツも同じなのね、というか、犯罪のひとつの典型だし、危機的な状況で妙に冷静だったり、ああどうしてここでってところで冷静さを失くしたり、人生ってこういう感じかもと終始思いながら見ていた。ベルリンに行ったことがないので分からないけど、社会問題的な部分も描いているようにも感じられたが、まあそれよりもハラハラドキドキ映画ってことか。撮影の話題はともかくとしてもうまくできていた。演技も素晴らしい。映画の後、美術館に寄ろうかと思っていたけど、ずっしり感がありそのまま帰宅した。

by kienlen | 2016-06-12 19:33 | 映画類 | Comments(0)

「炎上」「家族」

全然関係ない映画ふたつ、見たというだけのメモ。炎上は市川崑特集にて。三島由紀夫の金閣寺が原作とのことだが、金閣寺という名前は出てこない。モノクロの美しい映画だった。吃音の主人公は市川雷蔵でとても良かった。金閣寺、読んでない、読みたいと思いつつも、本は娘のところにいっているので三島の別の本を読み始めてしまった。実に好みのタイプの映画だった。市川崑特集また見たいけど、見る時間があるかどうか怪しくなってきた。

それから一昨日だったか、珍しくテレビで男子バレーの試合を見ていて、負ける、見てられないという気分になってDVDにしようと思ったらプレイヤーの中にこのDVDが入っていたのでそのまま見ることにした。いつもの友だちが送ってくれたもの。長崎から北海道の開拓村まで山っ気のある夫について家族で移動する物語。悲しい出来事が起きたり心温まる出来事があったりの、こういうのってロードムービーっていうんでしょうか。ここから遙かなる山の呼び声につながるってことか、ということが分かった。好みからすると遙かなる…の方が好きかな。

by kienlen | 2016-05-31 21:21 | 映画類 | Comments(2)

姉妹

いつものもらいものDVDの中から「姉妹」を見た。中原ひとみと野添ひとみという、確かに似ているなと感じられるふたりが姉妹を演じる1955年の映画。モノクロ。松本がロケ地ということもあって送ってくれたようで、友人の手書きのタイトルに「ロケ地松本」と添え書きがある。姉妹はテーマになりやすいようで物語にも映画にもたくさんあるようだ。兄弟よりも圧倒的に多いような気がする。私自身は姉妹がいないし、あまりピンとこないせいもあって、これを見るのが遅くなった。長女と次女の感じはでていると思ったし時代の雰囲気は濃厚に感じられたけど、それに途中で止めずに最後まで飽きずに見たけど、深く感動というほどではなかった。共感的に追える立場の人もいなかったし。

昨夜もなかなか気分の低迷を抜け出せず無料の映像ページを開いてみたら「ブーリン家の姉妹」というのがあり、おおこれも姉妹かと感じて試しに見始めたら最後まで見ることになった。イングランドのヘンリー八世の治世時代の物語。イギリス貴族がお家存続のため、生き残りのために娘を地位と金のある男に嫁がせようと画策するのって、高慢と偏見もそうだったけどイギリスの物語に頻出するテーマ。美女は結婚によって地位上昇の可能性があるから賭けにでることができてしまうわけで、それはそれで大変そう。ブーリン家の男たちが姉妹を利用して何をしてどういう結果になったか、現代にも通じる要素がたくさんあり面白かった。それに何より、衣装が豪華絢爛で、これを見ているだけで楽しかった。大きな画面で見たらど迫力だろう。そうか、イギリスがカソリック教会と別れたのはこういう経緯からだったのか。

by kienlen | 2016-05-26 13:38 | 映画類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る