カテゴリ:その他雑感( 638 )

安全な日々

危険な仕事に就いている人にとって帰宅時の感想は多分、今日も生きていた、だろうと思うが、そこまで危険でなくても、例えば車の運転だって戻ると、ああ無事だったと思う。あのころのバンコクでの日々はまさにそんな感じだったし、遠出して戻ると、自分たち自身もそうだが、家に泥棒が入っていなかったと安心した。そんなことを思うのは、守られた決められた場所に住んで決められた場所に行き、決められたことをしている日々がいかにも平穏で安全だから。それでふと、ひとりでなく多勢の職場で大きなビルの中で1日を過ごしていたらこんな感じに近いのだろうかと思ったりもする。もっとも自分はビル自体が怖いのでそんなことないけど、慣れたら違うかもしれない。
by kienlen | 2017-03-25 08:27 | その他雑感 | Comments(2)

閉じこもり

夫が駅まで送ってくれて助かった。ひと月分の荷物なので重たい。勉強用とひと月の読書用とで20冊持参したから、それが一番なのだが。出る時に夫に「一か月も自由がないなんて」と言ったら「自分で決めたくせに不満を言うって何ですか」と言われた。おっしゃる通りです。そういえば彼は不平不満というものを言ったことがない。連休明けなので空いているかと思ったらとんでもなくて、駅も新幹線もしっかり人がいっぱいいた。そうか、移動の時期なのだ。季節感のない仕事の上、子どもがいないと世間のことが分からなくなる。そうしてじょじょに社会から引退していくのだというのを実感する日々。

それなのに新しいことをしようというのだから物好きといえばいえる。まあしかし、それだからこそできるわけで、とにかく決めたことだし、施設に到着して部屋に入る。普通の狭いビジネスホテルと同じ。夕食は施設内の食堂を推奨とあったので、荷物を全部出して所定の位置に納めてから行く。お仲間は若い人ばかりに見える。向かいにも隣にも人がいたけど、話しかける気にもなれず5分くらいでカレーをさっと食べて部屋に戻る。しかし、ひと月缶詰で歩かないって大丈夫なんだろうか。退化、老化が急速に進行したりして。散歩したくなる環境のようにも感じられないが、着いたのが暗くなってからだで周辺をまだ見てない。仮に素晴らしい環境としても時間はない。

by kienlen | 2017-03-21 20:40 | その他雑感 | Comments(4)

野菜を片づける

出発前に目安にしていたところまで一応終えた。仕事の前倒しも最低限はやり、最後の問題は野菜だった。父からもらったのがまだ余っている。白菜やら大根やら玉ねぎは夫の店で使うのでいくらあってもいいが、長いもとかぼちゃは店では使わない。長いもはタイに多分ないし。ここ何日かご飯代わりに生の長いもとかぼちゃのみそ汁を食べていたが、それでも終わらないし、ご飯代わりに食べると米が全く減らず、これはこれで困る。ひとりってこういうことで、ひとりが多くなるとどの家でもこういうことになっているに違いない。友だちにやるといっても、わざわざ取りに来てもらうほどじゃないし、と思うとやりにくく、結局蒸して冷凍にすることにした。ほうれんそうも一つかみあり、私はほうれんそうそのものはさほど好きじゃないけど、根っこの赤い部分だけは好き。小さいのを引っこ抜いてあるので、この赤い部分がたくさんあるのは嬉しい。
f0104169_11152632.jpg
朝食に、このほうれんそうと蒸しかぼちゃ及び蒸し長いも、及び野沢菜の蕪をそのまんまで。野沢菜の蕪は生で食べるとシャキシャキで結構いけるのだ。料理上手なら色々やれるのだろうが、料理できない上にひとりだとますます何もしないでそのまま食べるだけ。芸がない、文化レベルがごく低い。動物のエサといってもいいような皿である。今日は雨で駅まで重い荷物をどうしようかと思っていたら夫が送ると言う。本当に実行してくれるとありがたい。当分こういう野菜は食べられないので食いだめ。そもそも長いもはどこでもできるもんじゃないし。父が野菜を作る張り合いのなくなるのが心配。夫はタイの野菜を作ってくれと言っているが新しいことに挑戦するには歳がね。

by kienlen | 2017-03-21 12:32 | その他雑感 | Comments(0)

終わっていくこと

2日もあけてしまった。ランチの誘いがあると片っ端から受けているので毎日友だちと食べているが昨日だけは違った。午前中のボランティアみたいな仕事がたった2時間なのにすごいストレスで、誰かに吐き出さないとどうしようもないくらいな悪寒だったが、かといってそんな話しができそうな人がいるわけでもなく、いても迷惑かけることになるだろうし、だったら知り合いの喫茶店で本の話でもしながら食事するか夫の店に行くか迷って後者を選択。するとカウンターに昼間から飲みに来る人がいて、そっか飲むのがいいなこんな時は、と思って一緒にビールを飲んだ。映画にでも行くかと思っていたのは、酔っぱらったため止めていったん家に戻り、やることやらねばと思ったが、ネットで出回っていた某アキ〇夫人の動画をちょっと見てしまったら、せっかく酒で気分転換したのが元の木阿弥以下でとんでもなく気分が悪くなった。読みかけの本を読んでも気分が悪くて頭に入らない。嫌なものは見るもんじゃないな、どんどん不信感が募るばかり。結局何もできずじまい。そして今日はその午前のストレス最終日で何とかさっぱり。疑問だらけの何か月かだったし今も疑問が残っているけど忘れることにする。午後の仕事は最後にしたいわけでもなかったが、こちらも最後になった。色々終わっていく3月です。
by kienlen | 2017-03-10 18:22 | その他雑感 | Comments(2)
缶詰仕事で上田へ。この間、暑さと乾燥に懲りたので厚着しないで朝食をたっぷり食べた。ランチもたっぷりと思ったら30分弱しかなく近所のラーメン屋に走り、時間ないんですけど、というと、グループの先客があると言われ、どのくらいかかりますかと聞いたら数分は…と悪そうに言うので問題なく注文。サービスのご飯をつけてもらったことは今までなかったけど今日は午後の缶詰に耐えるため炭水化物を取りたくてラーメンライスとした。備えたおかげで仕事内容にはまあ満足。

それで帰り道に温泉に寄ることにした。読みかけの新書を持って入ると広いお風呂に人はほんの数人で快適。夕方になって露天風呂ライトアップもあり楽しかった。一昨日から続いている問題は息子の件であるが、今日はもうさらに進行していて、ここまでくると不安を通り越してなるようになれなので案外気が楽になる。そして夜は娘から就活報告。兄ちゃんがまた問題でねえ、と言うと、あれはあれで人当たりもいいし大丈夫だよ、と、いつもと違って励まされた。こうして大人になっていく。こうして自分は衰えていく。でもしばらくラーメンライスでがんばる。

by kienlen | 2017-02-23 23:26 | その他雑感 | Comments(0)

低調なり

昨夜から気持ちが下向きで、今日はそれが加速。理由はある。話す友だちが欲しいけどこんな内容を話せる友だちを失ってしまったのだからしょうがない。残念だ。こういう気持ちのまま午前中、仕事というよりはボランティアでものすごいストレスでうんざしりながら戻り、父とランチの約束をしてあったので車で知り合いがやっている店に行く。年老いた父に話したところで逆に気分が落ち込むだけなので言えるわけがなく、かつ定食と、もつ煮定食とギョウザを食べた。
f0104169_19251071.jpg
ここのもつ煮は美味しい。それと味噌汁が絶品、おかわりした。前に来た時、どこの味噌を使っているか聞いて納得した。美味しいもの食べて気分が良くなったという単純なものでもないが、まあしょうがない。食欲がないというわけでもないし。りんごが食べたくて中野の直売所まで足を延ばし、売れ残りを買ってきた。ワインも買いたかったが父がいたので止めた。人に酒を隠したいって、かなり危ないような気がする。彼は日本酒を買っていた。隠したことはない。


by kienlen | 2017-02-22 20:50 | その他雑感 | Comments(2)

外国人が多い日だった

日差しはずいぶん強くなってきたし、何より日が長くなって春の気配は感じるが、しかしまだ寒い。今日だって明るさにつられて真冬のコートをやめて出たが、あまりの寒さに戻って真冬用を着て出直した。そして外国人関係の行政のイベントに久々に行ってみた。イベントというか研修。よく知ってるタイ人がいたので挨拶していたら、別のタイ人から声かけられ一緒に座った。12年もここに住んでいるということだったが初対面なんて、とお互いにびっくりし合った。

夜にミャンマー人と会う予定だったので時間が中途半端。本屋に行って橋下治の新刊と、ついに懸案だった石牟礼道子の苦海浄土を、恥ずかしながらいまさら買う。それからデパートの地下に行きコーヒーとワインを買う。おかずとご飯を節約して嗜好品に走っている、というか、おかずとご飯は買う気にならないというか。それでも時間が余ったので家にいったん戻り、出直してミャンマー人と長話。面白かった。それにしてもミャンマーに行けないのが実に実に残念。タイから戻ったらまっ先にミャンマーに行きたい。何といっても苗字がないというのがいい。それにタイだと男子は1度は出家ということになっているが、ミャンマーは2回なのだそうだ、知らなかった。外国人が多い日だと思って帰宅したら夫も外国人だった。

by kienlen | 2017-02-19 23:02 | その他雑感 | Comments(0)

今日ものろのろと過ぎる

小さなことをほんのほんのちょっとずつ片づけている状況。電話を一本かけるとか、その程度のこと。本日ももう一歩いけばいいのに諦めてしまって進捗は相変わらずのろい。午前中に懸案をひとつ終えて友達とランチしながらゆっくり話し、それから帰って続きをすればいいのに図書館に行きたくなり、行くと読みたい本だらけで、リュックいっぱいに借りてきた。わずか70年前にはきっと闇米入れるべきところを本かい、平和がいいなと思いながら。借りてくると読みたくなり、まずはミャンマーの本を読み始めた。読むと行きたくなり、しかし今行ける状況にないし、しょうがないから、代わりにミャンマー人に会おうと思って電話して約束した。それにしても、1年もタイから出国できないのは辛いと思われる。しばらく外出なかったが来週は出る日が多い予定。今日は暖かくて楽だった。
by kienlen | 2017-02-16 19:28 | その他雑感 | Comments(0)

後半は意外にサクサク

集中してやれるわけじゃないのでダラダラと1か月くらいはかかるかと思っていた事務所の片付けがほぼ終わった。まだ完璧ではないが、あのメチャクチャ状態からすれば上出来で、ゆっくり本を読む気にもなる。今日は床のワックスかけも行なった。なかなか方向性が決まらなかったので混沌のまま手放すことになりはしないかとさえ思ったが、ゼロから作ることと違うのは、時間さえかければ、動かしさえすれば何とかなるということだ。それと後半が一気にはかどるのはその他のことと似ているようでもある。これで友達にお茶飲みにどうぞと言うこともできるが、しかしスポット暖房がないのに自分は慣れているが、そうでないと寒すぎてムリっぽい。車がきて久々に運転で、午後は本日の現場へ。公共交通では不便な場所なので車があって良かった。夜はタイ料理行きたかったけど寒いのと、読みかけの本が面白くて中断したくないのとで、家にいることにした。しかし、冷えるな。
by kienlen | 2017-02-11 20:21 | その他雑感 | Comments(0)

厄介なアルコール

昨日も細々ばかり午前ひとつに午後ひとつ。合い間の長目のランチは知り合いのやっている昔からの喫茶店に行ってカレーとココアといういつものやつを。夕方、友達と会うことになっていて、それまでの合い間に次は知り合いブックカフェへ。飲みたくもないコーヒーを飲み、知り合いが作っているパンを扱っていたため全品購入。本読みたかったが知り合いなので本やら映画やらの話で時間が過ぎてしまった。で、夕方約束してあった友達はつい最近資格試験が終わったからと連絡があったもので、蕎麦を食べた後、会うのは久々だし、試験が終わってめでたいので飲みますかってことになった。駅ビルのワインバーみたいな所に入り、ボトルを1本取る。フルボディってあるけど軽いよねえ、と言いながらじきに1本は終わる。それ以上飲む予定なかったが、彼女がもう1本飲みたいというのでじゃあ付き合うよということになった。

私は毎日飲んでいるので大量飲酒の欲望はなく、飲酒に関しての自己管理はできる、と思う。酒で具合が悪くなる思いは若い頃にしているので、いい歳して苦しい思いはしたくないし、バカバカしいだけ。とにかく外で飲むのは帰りのことを考えると安心できない。彼女の方はペースが早かった。今まで酒を一緒に飲んだことはないのでどの程度飲めるのかも知らないので、随分強いんだなと思いながら見ていたら酔いつぶれてしまった。長いこと飲んでなかったのだという。いつも一緒に飲むような友達だったらクセを知っているが、そうでないので全く迂闊だった。それからがちょっと大変。介抱というほどでもないが、まあ色々あり、とても帰宅できる状態でなく、付近のホテルを手配して連れて行き、部屋まで連れて行き寝かした。酒に強い人って自分の限界が分かりにくいのだろう。飲むそばから酔うと、もうこれで結構となるが、どうもそうでないらしい、というのは若い頃の友達が飲み助ばかりで感じたこと。情けないヤツだな、と言われたこともあるが、気持ち良い程度、まあ何とかなるさ、とリラックスできる程度以上に飲みたくはない。もっともそれでも十二分以上に飲んでおりますが。彼女から今朝連絡がありひとまずほっとした。

by kienlen | 2017-02-09 15:15 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー