カテゴリ:その他雑感( 614 )

さて

昨夜は友だちの家で飲み食いしながらおしゃべりし、泊まって来た。これまでも夜遅くなって泊まってしまうことはあったが昨日は最初からちゃんとそのつもりで行き、寝心地の良い部屋で大変ぐっすり眠ることができた。ワインも美味しかったし話も楽しかったしもあり。持参したのは広島で買った牡蠣のオリーブオイルとバジル漬け、広島のレモンやらユズやらのスナック菓子、土産に広島のレモン汁、夫に作ってもらったヤムウンセンとラープ、上田でいつも買いだめしているパン屋のパン、瓶ビールを2本。タイ料理を作ってくれる人がいるって本当にありがたい=自分の料理の腕はまったく絶望的に上がらない。

12月半ばから1月の半ばまで厄介な仕事で気の晴れる時がなく、なんとか終わったのか疑問ではあるがとりあえず一段落させて細かいのを片づけ、これから家を片づけたり予防注射をしたりと、気分をタイにもっていきたいと思っている。予防注射はたくさんあり、具合悪くなるぞと脅かされてもいるので、1日くらい具合が悪くても差しさわりのない日にしなければ、となると、来週よりは再来週だろうか。そんなことを考える余裕ができた。そうそう、持参する本のリストも考えないと。田舎の悲しい書店事情ゆえ東京の書店でまとめ買いするしかない。まあ、タイ滞在中に読書を優先させるつもりはないのだけどクセだな。ということで、さて、と気合。

by kienlen | 2017-01-28 11:08 | その他雑感 | Comments(0)

一段落でタイ料理

上田の仕事を終えて戻ったのが夕方で、すごーく一段落気分だったのでゆっくりタイ料理を食べに行くことにした。その前にちょうどいい時間の映画があったらと思ったけどなくて6時頃店に着く。知り合いがカウンターにいて話ながら、何食べようかなあと言うと夫が、ソーセージを作ったばかりだと言うので注文。スパイスの効いた北部のソーセージ。手造りなのでいつも微妙に味が違うが今日のはまたいつもに増して美味だったので、タイ料理好きの友人に写真を送ったら来るということでワインと日本酒を飲みながら待つ。頼んでないのにパカナ―がきた。作り間違えたとのこと。
f0104169_23092741.jpg
その友だちが来てラープを食べていた。
f0104169_23095641.jpg
送ってもらって帰宅したら家が大変なことになっていた。トイレの水が出っぱなしでどうにもならない。今日は早朝から出ていたのでずっとこの状態だったのかと思うと水道代が怖い…。元栓を締めようとしたら雪が山になっていた。冷えて凍っているのでプラスチックの雪かきでは歯がたたず、クワで雪をどけてやっと掘り出した元栓を閉めた。明日からどうするかは明日考えよう。

by kienlen | 2017-01-26 23:23 | その他雑感 | Comments(2)

ちょっと雪かきして散歩

夕方になって庭の通り道だけ雪をかいておこうと思った。昨夜ひどく降っていたので夫が帰った時のためにと思ってかいておいたのだが、朝になってまた積もっていた。しかし夫は帰らなかったし、自分も朝と午後の仕事が、つまり全部がキャンセルになって外出予定もないので、誰も通らない昼間は放置していた。もうひとつの理由は、お向かいがすごい精鋭雪かき部隊で、きっちり隅々まできれいにやるので、それと一緒の場にいるのが恥ずかしいというのもある。私にはああいう能力は備わっていない。それに夕方になると、どうせもう仕事ができないので明るいうちは仕事をしたいというのもある。で、薄暗くなってから裸足に雪靴をはいて、時間がたった雪の重さに感心しながらちょっとやったら、この靴の温かさがたまらくいい気分で散歩したくなった。

財布とスマホだけ持って出る。アテはない。買い物というのも自分なりのストーリーがないとできないものなのだ。それで物語を浮かべようとしたら生の人参が無性に食べたくなったので、八百屋に行くことにした。人参買ったらりんごも食べたくなったのに見当たらないので聞くと「この雪でりんごどころじゃない。雪かきで一日終わった。晴れたら入ると思うよ」と言われた。はい納得。そうだ、ひとりで鍋にするかと思って豆腐が欲しくなり、よくやっているなと思いながら見ている小さなスーパーへ。しかしいい豆腐を置いてない。添加物はニガリのみのうんと濃厚なのが食べたいのだ。何も買わずに出るのもなと思って豆腐代わりのがんもどきとナメコを買う。そしたらビールが飲みたくなり別のスーパーに行き、妥協の豆腐と納豆とバナナと6本セットの恵比寿を買う。出たら自転車が埋まっていた。この自転車めがけて雪かきしたに違いない。目的物がある方がやりやすいと思う。家族用土鍋に色々入れて食べた。美味しかった。
f0104169_19363625.jpg

by kienlen | 2017-01-17 20:04 | その他雑感 | Comments(0)

とりあえず一段落

昨日までに終わったらすごく良くて、今日でもしょうがないなと思って、それでも自分のことだから今日がダメな場合も想定して明日を予備日にしておいたら、今日で何とかなった。ごくろうさまでした。この日を昨年のうちに迎えたかった。いや、迎えるべきだった。ちゃんとすれば不可能ではなかったはずなのに、15日もオーバーとはどういうことか。ちゃんとしていたら、家中を片付けてすっきりして子どもたちが来るのだから料理に時間かけることもできたのに。あれもできたのに、これもできたのに。と、思っているうちにこの歳になってしまって、まだ同じことを繰り返している。しょうがない。バンコクの友達に雪ですメールをしたら、こっちは33度だと返事があった。雪景色の写メを送れと言われたので午後3時から出かけて送った。夜、やり残しをやっていたら友達から電話があり、夜分に大丈夫かというので、そんなこと言う時間なのかと思って時計を見たら10時過ぎていた。夕食を食べ損ねていた。
by kienlen | 2017-01-15 23:50 | その他雑感 | Comments(2)

メドがついた。イコール終わったわけじゃないという意味でもあるが、昨日は、友達のおススメの映画を見るかと思って出かけた。何やら異様な食欲で食べてばかりで一歩も出ないのもうんざりというのもあり夕方のお散歩がてら。映画館まであと5分に迫ったとき、暗闇ですれ違った男性が「おお」と言いながら顔のほとんどを覆っていたマスクを取った。おお、知り合いだった。付近に勤め始めたから飲もうやというメールのやり取りはしていたが、かといって日時を決めて会うほどの親しさでもなく切羽詰まった用事があるわけでもない。こういう関係がこういう時は一番親しげになったりするものだ。「映画見に行こうと思ってたけどじゃあ止める」と言うのと彼が方向転換するのが同時で、タイ料理屋へ。

沖縄の状況とかネパールのこととかを聞き、私はタイに行くのよね、って話をした。それから仕事の話。ソーシャルワーカーであるから、何かの時には相談できる。その節はよろしくと言っておいた。こういう役立つ職種というのは羨ましい。しかも安定した給料ある。うー、どうも毎日これである、ひがみっぽくなっているのは歳の証しか、なんて思っていたら先方がヒソヒソ声になって「ねえねえ、この辺りってタイ料理店たくさんあるでしょ」と言うから「徒歩10分圏内に10件くらいあるかもねえ、タイ人の店だけで5,6件あるし、ほら今いた彼女もそこでやってるし、日本人もやってるし…」とヒソヒソしないで言うと「あのさあ、それでやっていけるの?」と言うのであった。だから給料あっていいなあ、という話を、思うだけじゃなくて声にしてしまったのだった。そうか、雪のことを書こうと思ってタイトルを入力していた。帰り道に雪が降り始めていて、今朝はだいぶ積もっていてまだ降っている。大雪と交通マヒで娘が受験に遅れたこと、息子のセンター試験の日がこんなだったなと思い出す。今日、遠出の予定が先方の気遣いで延期になっていた、正解、ありがとうございます。しかも冬タイヤがない身なのだ。

by kienlen | 2017-01-14 11:10 | その他雑感 | Comments(0)

年賀状

さすがに業者からの挨拶状以外の個人的年賀状はほんの数枚になった。ここ2年くらいだろうか、いただいたものにもほとんど全く返信しなくなったのだから、リストから外されて当然。それでもくれる友達にはありがたいと思いつつ、まだ返信していない。何か信念があってのことではなくて、ついつい時間が過ぎて、ダラダラと出さなくなる、ということなので後ろめたさのあるのが中途半端。後ろめたさを感じるくらいなら出せばいいのに、実のところ書き始めては挫折ということも多い。それで、いただきっぱなしの人に新年早々に会ったりなどすると、まずは年賀状の無礼に対するお詫びからということも多かった。

実は年賀状の返事も遅くなるとまずお詫びから入ることになる。これこれこうで遅くなってすみませんと。そういう言い訳を書いていてもつまらないから出すのが面倒になる。でも、言い訳以外に書くことが浮かばないということもある。何を書いていいか分からなくて悩んでいるうちに嫌になってしまう。で、ハガキじゃなくてすいませんという言い訳しながらメールを出したりする。年賀状執筆能力皆無。どうしてこういうことになるのか分からない、というか、どうしてみんなちゃんと書けるのかの方が不思議。絵が得意な人は絵で済ませられていいけど、そうじゃないと文章で埋めるしかない。でも言い訳以外に浮かばない。人間関係にとってひじょうに大切な社会的行為である儀礼というものが欠如しているのかもしれない。これは病気だろうか。しかし老後の付き合いに年賀状の存在は大きいようにも感じる。それには行動しないといけないのに、もう手遅れだ。

by kienlen | 2017-01-07 20:40 | その他雑感 | Comments(0)

動かず1日

そして誰もいなくなり、何となく「正月ひとり」で検索したら「孤独」もくっ付いたのが現れたので、いい歳して孤独もあるまいと思いつつもアクセスしてみると、人生相談みたいなコーナーにいくことになり、これを見ていたらあっという間に時間が過ぎて正月ひとりも孤独も忘れてしまった。それにしてもネットで相談したり大勢が的を射たアドバイスをしたりと、すごい。困った時はこういう方法があるのだと思うと心強い。そして実際、思わず書き込もうかと思うような質問もあるのだった。

そんなんで一歩も外に出ずじまいだった。何日もほとんど全く体を動かしてない。固まっている。気持ちが悪い。でも、散歩する気にもなれない。結局のところ、気分転換している余裕がないわけなので、転換までいかないところでセーブしないといけない。ちょこっと駅伝見たり、ちょこっと隠れて本読んだり、ネットサーフィンしたり。散歩はダメで編み物縫い物もダメで、料理もダメで掃除もダメでガーデニングもダメで…となると、やはり怠惰ということなんだろうか。多分そういうことだ。だんだん自分が分ってきた、やっとのことで。

by kienlen | 2017-01-02 23:43 | その他雑感 | Comments(0)

いつもと変わらない元旦

いつも通りに起きて娘の朝食のうどんを作り、毎年お正月にバイトを入れている彼女を9時頃に駅に送る。戻ると息子が車を借りてどこかに行った。夫は寝ているようだ。というわけでいつも通りのひとりになり、仕事もはかどらない。今年最初の本として『自負と偏見のイギリス文化』という本棚にあった岩波新書を読み始める。どうしてこんなの買ってあったのか記憶になし。読み始めたら面白くて、でも止められなくて読み続けた、というわけにいかない状況なので我慢してパソコンの前にいた。娘に何冊か本を頼んだのに、時間がなかったみたいで2冊しか買ってきてくれなかった。まあ、どっちみちまだ時間ないからいいけど。

息子が夕方戻り、夕食は一緒かと思ったら要らないといい、遅い時間になってから近所のスーパーで刺身を妙にたくさん買ってきた。なので一緒にビールを飲む。テレビで、正月の帰省は、夫婦がそれぞれの実家に別々に、という現象を取り上げていた。へえ、そうなんだ。知らなかった。といっても、ウチみたいなのはとうの昔にそうで意識もしていなかったが、時代はそういうことになっているのか、ごく一部なのか、それとも前からそうだったのか。息子といるとつい何か言ってしまうので決していい雰囲気にはならないのが残念。昨夜は息子と娘と3人で自宅飲み会をした。息子が出かけていたので娘と2人でビールを飲んでいたら、途中から息子が牡蠣とモツをたくさん買って鍋にしたいというので追加で作った。おかげで何十年かぶりなのか初めてなのか、紅白を最初から最後まで見た。知らない人がほとんどだった。

by kienlen | 2017-01-01 23:53 | その他雑感 | Comments(0)

普段通りの大晦日

普通に起きて普通に仕事にとりかかった。いつもと違うのは、娘と息子がいるくらい。深夜にどこからともなく戻って来て、昼間はずっと寝ていると思われた息子が午前のうちに起きたので「昼は鍋ですが」と言うと「魚食べたい」というから近所のスーパーでタラを買った。昨日、息子がいるのを見越して肉とキノコは大量に買ってあり、白菜とネギはあるし、豆腐もたくさんあるし、鍋に魚は好まなかったはずだと思っていたのに豹変というか脈絡なしというか。3人で食事をしたのはものすごく久しぶりな気がするけど、いつ以来だろうか。午後も普通にポツポツと仕事していつもと変わりなく過ごす。環境的には天気もいいし、静か。高齢社会の静かさというのを感じる。それに家の気密性も超高まっているのだろうからそれもあるな。

掃除をしていないので気分は晴れないが、3月の末からいなくなることを考えると、その前にどっちみちすべて片付けなければならないのだから今やることもないと思い直した。来年の予定が決まっているということはこういう安定感があるのかと何だか夢のようだ。毎年、というんじゃない毎月、いやそれ以上に毎週という次元で何があるか分からず、何もないかもしれず、それをストレスに感じたら実は大変なものなんだろうと、予定があるという状態になってみてこそ感じる。サラリーマンだったらこんな感じなんだろうか。しかも給料とかボーナスとかあるわけわけだ。正社員だったら休みもたくさんあるわけだ。だからどうと思ったところで当たり前だけど今さらしょうもないが、世界が大きく違うということだけは確か。結果的にここまでやってこれたがこの先はどうなんだろう。不安材料はあるけど先取りしない主義ってことで。娘が夫に向かって「来年はひとりだねえ」と言うから「私もそうですけど」と言ってみた。

by kienlen | 2016-12-31 17:25 | その他雑感 | Comments(0)

忘年ランチ

f0104169_18021212.jpg
友達に、何の意思も感じられないつまらん写真を載せるなと言われて以来ますますつまらん写真を載せている気がする。という本日のランチの前菜部分。友人がごちそうしてくれるというのでありがたくお受けすることにして出かけた。時間があったら徒歩で行きたいところだが、とっても時間なく不満足ながら車にて。全く体を動かすことなく食べてばかりいるこの何日間か。含む本日。そのごちそうする当人は遅れてきたのでもうひとりの友人と話しながら先に食べる。蕎麦というのは、それだけでは何か物足りないがこういう美味しい前菜があると嬉しい。十割のこだわり手打ち蕎麦とデザートがついて1200円なので悪くない。明日は子どもらが来るというのに家の中も外もめちゃくちゃで気持ち的にもダメ。息子に「私は苦しんでいるのでよろしく」とメールしかけてから、別に今始まったことじゃないなと思って「ずっとそうでしたね」を追加。こんなんじゃあ、寄り付くわけないよな、と自覚。でもだからって、どうしたらよかったのかという解決策は今振り返ってもない。あったところでどうしようもない。今から思い直して人が変わったらもっと気持ち悪いだろうし。


by kienlen | 2016-12-29 18:17 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30