カテゴリ:その他雑感( 614 )

缶詰仕事で上田へ。この間、暑さと乾燥に懲りたので厚着しないで朝食をたっぷり食べた。ランチもたっぷりと思ったら30分弱しかなく近所のラーメン屋に走り、時間ないんですけど、というと、グループの先客があると言われ、どのくらいかかりますかと聞いたら数分は…と悪そうに言うので問題なく注文。サービスのご飯をつけてもらったことは今までなかったけど今日は午後の缶詰に耐えるため炭水化物を取りたくてラーメンライスとした。備えたおかげで仕事内容にはまあ満足。

それで帰り道に温泉に寄ることにした。読みかけの新書を持って入ると広いお風呂に人はほんの数人で快適。夕方になって露天風呂ライトアップもあり楽しかった。一昨日から続いている問題は息子の件であるが、今日はもうさらに進行していて、ここまでくると不安を通り越してなるようになれなので案外気が楽になる。そして夜は娘から就活報告。兄ちゃんがまた問題でねえ、と言うと、あれはあれで人当たりもいいし大丈夫だよ、と、いつもと違って励まされた。こうして大人になっていく。こうして自分は衰えていく。でもしばらくラーメンライスでがんばる。

by kienlen | 2017-02-23 23:26 | その他雑感 | Comments(0)

低調なり

昨夜から気持ちが下向きで、今日はそれが加速。理由はある。話す友だちが欲しいけどこんな内容を話せる友だちを失ってしまったのだからしょうがない。残念だ。こういう気持ちのまま午前中、仕事というよりはボランティアでものすごいストレスでうんざしりながら戻り、父とランチの約束をしてあったので車で知り合いがやっている店に行く。年老いた父に話したところで逆に気分が落ち込むだけなので言えるわけがなく、かつ定食と、もつ煮定食とギョウザを食べた。
f0104169_19251071.jpg
ここのもつ煮は美味しい。それと味噌汁が絶品、おかわりした。前に来た時、どこの味噌を使っているか聞いて納得した。美味しいもの食べて気分が良くなったという単純なものでもないが、まあしょうがない。食欲がないというわけでもないし。りんごが食べたくて中野の直売所まで足を延ばし、売れ残りを買ってきた。ワインも買いたかったが父がいたので止めた。人に酒を隠したいって、かなり危ないような気がする。彼は日本酒を買っていた。隠したことはない。


by kienlen | 2017-02-22 20:50 | その他雑感 | Comments(2)

外国人が多い日だった

日差しはずいぶん強くなってきたし、何より日が長くなって春の気配は感じるが、しかしまだ寒い。今日だって明るさにつられて真冬のコートをやめて出たが、あまりの寒さに戻って真冬用を着て出直した。そして外国人関係の行政のイベントに久々に行ってみた。イベントというか研修。よく知ってるタイ人がいたので挨拶していたら、別のタイ人から声かけられ一緒に座った。12年もここに住んでいるということだったが初対面なんて、とお互いにびっくりし合った。

夜にミャンマー人と会う予定だったので時間が中途半端。本屋に行って橋下治の新刊と、ついに懸案だった石牟礼道子の苦海浄土を、恥ずかしながらいまさら買う。それからデパートの地下に行きコーヒーとワインを買う。おかずとご飯を節約して嗜好品に走っている、というか、おかずとご飯は買う気にならないというか。それでも時間が余ったので家にいったん戻り、出直してミャンマー人と長話。面白かった。それにしてもミャンマーに行けないのが実に実に残念。タイから戻ったらまっ先にミャンマーに行きたい。何といっても苗字がないというのがいい。それにタイだと男子は1度は出家ということになっているが、ミャンマーは2回なのだそうだ、知らなかった。外国人が多い日だと思って帰宅したら夫も外国人だった。

by kienlen | 2017-02-19 23:02 | その他雑感 | Comments(0)

今日ものろのろと過ぎる

小さなことをほんのほんのちょっとずつ片づけている状況。電話を一本かけるとか、その程度のこと。本日ももう一歩いけばいいのに諦めてしまって進捗は相変わらずのろい。午前中に懸案をひとつ終えて友達とランチしながらゆっくり話し、それから帰って続きをすればいいのに図書館に行きたくなり、行くと読みたい本だらけで、リュックいっぱいに借りてきた。わずか70年前にはきっと闇米入れるべきところを本かい、平和がいいなと思いながら。借りてくると読みたくなり、まずはミャンマーの本を読み始めた。読むと行きたくなり、しかし今行ける状況にないし、しょうがないから、代わりにミャンマー人に会おうと思って電話して約束した。それにしても、1年もタイから出国できないのは辛いと思われる。しばらく外出なかったが来週は出る日が多い予定。今日は暖かくて楽だった。
by kienlen | 2017-02-16 19:28 | その他雑感 | Comments(0)

後半は意外にサクサク

集中してやれるわけじゃないのでダラダラと1か月くらいはかかるかと思っていた事務所の片付けがほぼ終わった。まだ完璧ではないが、あのメチャクチャ状態からすれば上出来で、ゆっくり本を読む気にもなる。今日は床のワックスかけも行なった。なかなか方向性が決まらなかったので混沌のまま手放すことになりはしないかとさえ思ったが、ゼロから作ることと違うのは、時間さえかければ、動かしさえすれば何とかなるということだ。それと後半が一気にはかどるのはその他のことと似ているようでもある。これで友達にお茶飲みにどうぞと言うこともできるが、しかしスポット暖房がないのに自分は慣れているが、そうでないと寒すぎてムリっぽい。車がきて久々に運転で、午後は本日の現場へ。公共交通では不便な場所なので車があって良かった。夜はタイ料理行きたかったけど寒いのと、読みかけの本が面白くて中断したくないのとで、家にいることにした。しかし、冷えるな。
by kienlen | 2017-02-11 20:21 | その他雑感 | Comments(0)

厄介なアルコール

昨日も細々ばかり午前ひとつに午後ひとつ。合い間の長目のランチは知り合いのやっている昔からの喫茶店に行ってカレーとココアといういつものやつを。夕方、友達と会うことになっていて、それまでの合い間に次は知り合いブックカフェへ。飲みたくもないコーヒーを飲み、知り合いが作っているパンを扱っていたため全品購入。本読みたかったが知り合いなので本やら映画やらの話で時間が過ぎてしまった。で、夕方約束してあった友達はつい最近資格試験が終わったからと連絡があったもので、蕎麦を食べた後、会うのは久々だし、試験が終わってめでたいので飲みますかってことになった。駅ビルのワインバーみたいな所に入り、ボトルを1本取る。フルボディってあるけど軽いよねえ、と言いながらじきに1本は終わる。それ以上飲む予定なかったが、彼女がもう1本飲みたいというのでじゃあ付き合うよということになった。

私は毎日飲んでいるので大量飲酒の欲望はなく、飲酒に関しての自己管理はできる、と思う。酒で具合が悪くなる思いは若い頃にしているので、いい歳して苦しい思いはしたくないし、バカバカしいだけ。とにかく外で飲むのは帰りのことを考えると安心できない。彼女の方はペースが早かった。今まで酒を一緒に飲んだことはないのでどの程度飲めるのかも知らないので、随分強いんだなと思いながら見ていたら酔いつぶれてしまった。長いこと飲んでなかったのだという。いつも一緒に飲むような友達だったらクセを知っているが、そうでないので全く迂闊だった。それからがちょっと大変。介抱というほどでもないが、まあ色々あり、とても帰宅できる状態でなく、付近のホテルを手配して連れて行き、部屋まで連れて行き寝かした。酒に強い人って自分の限界が分かりにくいのだろう。飲むそばから酔うと、もうこれで結構となるが、どうもそうでないらしい、というのは若い頃の友達が飲み助ばかりで感じたこと。情けないヤツだな、と言われたこともあるが、気持ち良い程度、まあ何とかなるさ、とリラックスできる程度以上に飲みたくはない。もっともそれでも十二分以上に飲んでおりますが。彼女から今朝連絡がありひとまずほっとした。

by kienlen | 2017-02-09 15:15 | その他雑感 | Comments(0)
朝一件、ランチ一件、午後一件、夕方一件と移動の多い日だったので自転車にしたかったが、朝はうっすらながら雪道で自転車の勇気がなく徒歩で出発。ランチの場所を午後の場所に近い所に変更してもらうやり取りをしている最中にスマホが働かなくなってしまった。寒さのせいと思われる。そのまま電源が入らないのではないかと危惧する回数が増えた。変え時だと思いつつそのままになっている。タイ行きも関係ある。いつもなら部屋を片付けたらグリーンが欲しいと思うが今年は買えない。来冬は南国なので、バーゲンで冬物を買っておこうということも考えない。だんだんタイモードに移行しつつも、しかしこの歳でよくやるよね、みたいな感じももちろん強いし、長期間留守にすることで失うものも大きいに決まっているし、その中には娘の就活の時にいないなんてという声もあるし、当人にもちょいとは言われたし、このところ自分の身勝手さというものについてやっと考えるようになっている気がする、と、まだ、この点の歯切れは悪いが、ちょっとは。ネットのニュースで南アフリカだったかどこだったか、とにかくアフリカのどこかの国の男性がレコード盤を収集していて、ものすごい数で、どうしてここまでするかと問われて「病気ですね」と答えていたのがすごく納得だった。みんながみんなそれぞれの病気なのだと思えてならない。そういえば前に友達に病気だと言って激昂されたことがある。自分を含めての、そういう意味だったのだけど…。



by kienlen | 2017-02-07 22:04 | その他雑感 | Comments(2)

注射を一挙6本

タイ行きのための予防接種を予約しておいた日。車がないので電車で早目に行き、このところ片付け集中で遠ざかっている読書をしながらゆっくりランチをしてから病院に行こうという心づもりにしていたら、朝方友達からランチの誘いがあった。会えば話のテーマが尽きないが、あまり会う機会がないという友達なのでこの機を逃したくなく、じゃあ付近で食べてから電車に乗ることにしてとボソボソと時間調整をしていたら「送っていくからあっちで食べようよ」と言う。ありがたくそうする。行きたい店は休みだったり満席だったりで、最後の選択として、よく行く店へ。ひとりで仕事の合間の食事という時にいつも利用しているが、理由のほとんどはひとりでもゆっくりしていられるから。
f0104169_19101670.jpg
お得なランチセットというのを頼んでみたが、さすがに揚げ物はしつこく、うどんの量も多くちょっとしか食べられなかった。申し訳なかった。次は月曜日を避けたいが、予防接種は月曜日だけなのだ。で、その予防接種は渡航外来という初めて聞いた部門で受ける。医師の問診があり、その医師が感じもいいし話も通じるしで、自費なのに高額の抗体チェックまで注文してしまった。やはりどの分野だって営業力は大切なのだ。感じ悪かったら絶対にしませんね、これ、100%営業力の成果。で、5本の注射と血液検査用で6本打った。看護師もとってもいい感じで注射も上手。たくさんなので気持ち悪くなるといけないからとベッドに寝かせられた。何本からベッドか聞いたら「4本だからいいと思ったら気持ち悪くなった人いたから」ということだった。その人より先だったら自分が気持ち悪くなる立場だったかも。最高何本か聞いたら7本打った人がいたそうだ。酒を飲んでいいか聞いたら「今夜だけは止めて下さい」と言われた。これが、注射のない日は毎日でもどうぞ、に聞こえるんだからかなりもう末期的。戻りは吹雪の中を歩いて電車。帰り道に仕事関係の電話のやり取りが生じ、せっかくいい医師と看護師に当たって気分良かったのにたった2,3分の電話で気分はどん底になってしまった。営業力なさの破壊力の大きさ。


by kienlen | 2017-02-06 19:47 | その他雑感 | Comments(0)

片付け4日目

事務所模様替えに着手して4日目。ますます混沌を深めている。ほとんどコントロール不能に陥っている。家具を全部動かすので、腰でも痛めたら大変だなと思いながらやっている。誰かのヘルプを求めればいいかというと、これはあり得ない。次の過程をどうするかを決めるまでに何時間も何日もじっと見ているだけなので、仮に誰かに来てもらったとしても、何を手伝ってもらうかを伝えることができない。お茶でも飲みますか、となって足の踏み場もない所で立って飲んで無駄話して一日が終わるに違いない。そんなことに付き合ってくれる友だちのいないのは幸いか。それで思ったのだが、人に指示するというのはひじょうな能力のいることである、ということだ。仕事のことを考えてみると、自分の場合、ひとりで決めてひとりの裁量で行う部分が大きいので、結果までの舞台裏は見えない。だいたいが混沌であるが、混沌のまま表に出すわけがいかないので何とか整理するけどその過程を見せたとしたらみんなから見捨てられるのではないかと思ったりする。今の事務所の状況がそれ。ここに誰かが来たら恐れをなして後ずさりに違いない。夫は毎日目を背けて出入りしている。

一方で、これは指示に従う類の仕事である、と判断するものも少なくない。で、問題はそういう仕事と自分が判断した時に、的確な指示がこない場合だ。どうなっちゃってんのよ、と指示すべきと自分が判断した人を疑うことになる。自分に任せられているなら自分で決めてやるけど、そうじゃないのにやり様がないでしょう、と。で、何やら半端なままに日にちが過ぎる。自分が指示する立場だったらこんなことないのに、と思うのだが、片付けをしながら思うのは、ここで指示を出せとなっても何も出せない、全体像も展望もないままにやっているからだ、というのがよく分かる。片付けのプロという人は瞬時に全体像が見えてそこに向かうのだろうと思う。片付けに関して自分はプロでないので、そうできないことで今更落ち込んだりはしないし、そもそも混沌を楽しんでいるからこんなことになっているわけだし、時間さえあればどうということはないのだが、でも、しかし、この傾向はすべてに及んでいると思うとちょっと怖い。仕事だって全体像が見えないままとりあえず始めてから考える。全体像が見えないので始めるまでに時間がかかる。見えないのに進む一歩を踏み出すというのは方向性が完全に違ったら見切りをつける勇気がいるということでもある。ああ、怖い、などとつらつら考えているとモノはそこから動かなくなり混沌はますます深まり、歩くスペースがないまま時間だけが過ぎる。ジジジジ…。

by kienlen | 2017-02-04 11:05 | その他雑感 | Comments(0)

今日の食べ物

昨日やっと片付けに着手。片付けモードにしてから最低1か月はかかると思われる。で、本日は朝一件、午後一件。午後は上田なので車にしようか考えたが、道がツルツルだったので電車にした。あと、本が読めるメリットもとても大きい。午前の予定を早めに切り上げ早目に上田へ。現地の友人とランチしようと電話したら仕事でダメと言われ一人でお気に入りのパン屋のカフェへ。前菜とパスタとパンというボリュームたっぷりのランチとコーヒー。パンも買いだめし、本日の報酬の大部がこれで終わった。でも美味しかった。
f0104169_21174829.jpg
小島信夫の短編を読みながらの電車旅から戻り、駅前のデパートで本日用のワインを物色していたら声をかけられた。知り合いのミャンマー人だった。ブドウジュースですねと言われてハイと答えたら彼も2本買っていた。それからタイ料理を食べに行く。いつものお客さんがカウンターにいて日本酒をごちそうになる。私の大好きな豚軟骨の揚げ物があったので注文。美味しくて一皿たいらげる。その後、友人の店でタイ人の誕生パーティーをやっていて料理がたくさんあるとのことで、それもいただく。北部料理だ。ジャックフルーツの辛い和え物、タム・カヌンとカノムチーン・ナームミャオ。
f0104169_21180158.jpg

f0104169_21180961.jpg
写真は悪いがすごく美味しかった。たくさん食べてびっくりされた。美味しいものはたくさん食べられる。それに合計すると2時間くらいは歩いたので気分がいい。娘から新宿御苑の梅の写真が送られてきた。別世界だ。




by kienlen | 2017-01-31 21:31 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30