カテゴリ:手芸( 16 )

編み物その3

ショール2枚の次をどうしようかと古い毛糸を見つめていたら、中細3本取りで巻いたのがあった。大物を作るには少なく、かといって敷物程度には多い量。そもそも3本取りというのが他にないので組み合せることもできず、単独利用するしかない。散歩用にスマホと財布だけ入る程度の小さいバッグならできそうと感じ、細編みだけでカッチリ編み始めたら、色の感じがなかなかいいので嬉しくなり、とにかく毛糸の減り具合を見ながら編んでいったら、ちょうどいいサイズまできた。しかしこれだけじゃあ物足りなく、ずっと前に半端な毛糸で遊びに編んでおいたモチーフの色がちょうど良くてアップリケしてみた。取っ手もこの色にしたら良さそうに思ったけど、毛糸がない。それで、ふと読みかけの単行本を入れてみたらちょうどいいサイズ。それで、取っ手は必要な時だけ使うためだけ用にして、普段はブックケースにすることにした。実は娘にバッグ作ってやると約束したのだが、本当に使うのか分からないので、これは自分用にしよう。ウールで暖かくていい感じ。ということは冬用にはいいが夏はどうだろうか。アップリケの位置はもうちょっと下の方が良かった気がする。このバランスになった理由は、アップリケを先にしてしまってから真ん中の蓋を付けたからだ。ボタンもココナツのがあると良かったけど見当たらず、すべて残り物利用。今度タイに行ったらココナツのボタンを買ってくることにする。かっちりしているので本が傷まず、単行本の持ち歩きに便利。かわいくできて自己満足。
f0104169_21505833.jpg

by kienlen | 2016-10-11 22:15 | 手芸 | Comments(2)

ほどいたり編んだり

f0104169_16055923.jpg
この夏2枚目のマフラーというかショールというかがしばらく前に完成。何しろもらいものの古い毛糸利用なので細くて、かぎ針にしてみたらとっても楽しいことに気付き、この間のに続いてパイナップル模様。人と話しながらとか飲みながらとか、つまり本が読めない時間利用。冬が楽しみになってきた。今図書館で借りている本は大方が編み物本で、後は村上春樹と奥田英朗を各1冊だけ。で、次に何を編もうかと思ってバッグにしようと思い、しかし適当な毛糸がない、ああ、あれをほどこう、そして白と黒のバックを作ろうと決めた。
f0104169_16055511.jpg
確か息子が高校生だったか中学生だったかの時、白黒のマフラーが欲しいというので悪くない毛糸を買ってきてガーター編みで男の子っぽく編んでやったのだ。しかし多分ほとんど使わず、捨てるのももったいなく、ほどくのももったいなく今日まで箪笥に入っていて毎年気になり自分で使ってみたこともあるが、さすがにちょっと今からは、で、そのままになっていた。洗濯してしまったのでフェルト化していてスルスルとほどけなくてひじょうに手間取っている最中。しかしバッグなら糸が固くなっているのも逆にいいかもしれない、しっかりして。ほどく方が時間かかりそう。それに作るのは楽しいけどほどくのは楽しくもない。それでも嫌いでもない。気が長いのだ。今夜友だちと飲み会なのでその時にやろうと思っている。昼間は知り合いの十割蕎麦の店へ友人と。前菜と蕎麦のセットとデザート付。何から何まで手作り。美味しかった。仕事の予定がキャンセルになったので本を読もうと思っていたがダメだ手芸だ。
f0104169_16052618.jpg
f0104169_16053113.jpg




by kienlen | 2016-10-04 17:09 | 手芸 | Comments(0)

手作り色々

f0104169_23221585.jpg
テーブルクロスではなくて冬用のショールを作った。ずっと前に友だちからもらった古い毛糸がまだあり、中細なので棒針編みはちょっと辛く、かぎ針でパイナップル模様にした。楽しかったし使うのが楽しみ。ショールやマフラーなら何枚あってもいいし、セーターより格段に簡単で人と話しながら編めるので今後も続ける予定。
f0104169_23225015.jpg
こちらは今年結局1度しか作れなかった丸ナスのおやき。練習したいがナスがそれほど採れなかった。
f0104169_23233053.jpg
そしてこちらは本日遊びに行った白馬のかかし。素晴らしい手作りでした。かかしのための田んぼの様相。
f0104169_23233831.jpg
こんなのもあり。





by kienlen | 2016-09-07 23:31 | 手芸 | Comments(4)

ブックカバー作り

布がたくさんある。かといって服にするような品質のはなく、せいぜいカーテンとか布団カバー。端切れでかわいいのがあり、捨てるには惜しいと思い、細いのをはぎ合わせてブックカバーを作ってみることにした。普段使ってないので参考にする既製品なし。問題は厚さの調整をどうするか。趣味でやるものなんて規制がないので何でもいいのだ、楽しければ。それでとりあえず作りながら考えることにした。ハードカバーのサイズで作っていたら大きさが足りなくなり、ほどいて文庫用に変更。無計画。調整は紐を通してリボンみたいなアクセントにすることにした。
f0104169_13411100.jpg

f0104169_13412066.jpg

うまく収まってひじょうにいい感じに完成。この写真を友人に送ったら既製品の写真を送り返してくれたので、次はその方法で作ってみるかな。目的が今ある布の処分なので、このために布を買ったら本末転倒。それだけ気をつけないと。ブックカフェやりながらブックカバー販売という将来像目指して修行しますか。
by kienlen | 2015-06-24 13:46 | 手芸 | Comments(2)

ミシン

友人とランチの約束があり、何時に出ようかと思っていたところに知らない電話番号からの電話があった。出てみたらミシン修理完了の知らせだった。待ちわびていた知らせ。早目に家を出ることにした。修理代は約2万。これでサクサク縫えると思うと楽しみで楽しみで、用事を終えてさっと家に戻り、さっそく使ってみることにして、でもその前に、庭に植えた野菜の手入れをして、観葉植物の手入れをして、すっかり隠居気分。実生のザクロにびっしりと花が付いている。これが全部実になったらすごいことだが、どうなんだろうか。マイマイガの毛虫を久々に発見し、またハサミで切った。2匹。それと、多分パクチーかどうか、何かの種をまいてみた。芽が出るといいけど。

いよいよミシン。糸調子がさっぱりうまくいかず、糸をものすごく使い、それでもうまくいかず、アフターサービスがあるというので、また持ち込もうかと思った。糸調子というレベルではないくらいにひどい縫い目。ネットで検索してみたら、それどころか、糸調子の調節など要らないのが最近のミシン事情であるらしいことも感じ、やはり最新型の方がいいんだろうか…と弱気になる。結局、もしやと思ってプラスチックのボビンではなく古いスタイルのボビンでやってみたら大丈夫だった。そんなこんなで半日を無駄にしたのだった。昨日もらったイギリス土産の編み物の雑誌のセーターも素敵だった。編んでみたい。手っ取り早くできることなんてないのだが、それにしても編み物よりは縫う方が速い。そして修理したミシンは格段に速い。厚物も大丈夫。今日はクッションカバーだけ作ってみた。
by kienlen | 2015-06-08 23:24 | 手芸 | Comments(0)
仕事部屋を片付けたら仕事する気がでるだろうと思っていた。そして片付けは終わった。大変きれいになり満足。計画を立てるのが好きで、計画立てると実行した気分になるという友人がいて、計画性のない自分には理解の及ばない気持ちだったが、仕事がはかどるように片付けしたのに、片付けが目的化して終わったら満足というのも、この計画に近いものがあるのかもしれない。きちんとしたままにしておくにはモノを移動させないことで、そのためには仕事の資料なんかも移動しない、増やさないに限る、ということは何もしないということである。で、そもそも仕事場という雰囲気を演出するのに一役かっていたテーブルを処分してしまったのだから、もう居間みたいなもんだ。読書と手芸のための空間。これでキッチンがあれば完璧、引きこもっちゃうかも、家庭内別居かも。といっても、娘と家庭内別居してどうするんだ。

片付けに際して編み棒の整理に困った。そういえば昔昔、多分30年くらい前に作った収納ケースがあったなと思ったけど、捨てちゃったようにも思う。でもタンスの整理をしていて見つけたので、とりあえず収めてみた。
f0104169_222542.jpg

柄の幼さはともかく、充分使える。長さもいいし小物も収納できるし、結構工夫の行き届いたデザインではないか。感心。まあ、編み棒専用に縫ったんだから当然だけど。くるくる巻いてこうなる。しばらく出番はなさそうだからこうしてしまっておく。
f0104169_22304970.jpg

by kienlen | 2012-04-15 22:33 | 手芸 | Comments(0)
f0104169_9155566.jpgしばらく前にモヘヤのセーターを編んだ。秋から6枚目となる。モヘヤを編むのは好きではない。編み目がきっちりと見える方がやりがいがあるわけで、モヘヤのようにゆるゆるに編まないと雰囲気がでないというのは、そのやりがいに反する。よって作ったことがなかった。もうひとつの理由は糸が高いこと、それから着心地も落ち着かない感じということ。今回は相変わらずのもらいもの古毛糸利用の中にこんな素敵なモヘヤ糸があったので作ってみた。そろそろ着分に足りる糸が少なくなっていて、それに、良さそうな糸から使っているので、残っているのを見ても、糸からアイデアをいただけなくなってしまった。それで仕方なく、なんて言ったら申し訳ないが、半分はそういうこと。

実際にモヘヤを編んでみるとやっかいだった。編み目も段数も数えにくい。裏表が分かりにくい。間違ってほぐす時にひっかかってスムーズにいかない。何しろ酔っ払いながら、人と話しながら編むことが多いので翌日気付いて編み直しはしょっちゅうなのである。というわけで小さな間違いを訂正しないままに編み進めた部分もあり、やはり何事もやる気を出して取り組まないと却って時間の無駄であると感じ入った。肩をはぐ時など、裏表が分かりにくいので逆にしてしまい、これはさすがにやり直したが、ストレートヤーンと違って目を拾い直すのに苦労してやめちゃおうかと思った。若い時だとここで放置ということもあるのだが、若くないと、ま、人生こんなもんだから、と思ってやり直すのは進歩なのかなあ。そんな気持ちで編んだものだから、今ひとつ気に入らない。だいたいメリヤスのみじゃあつまらなくなってきたから、縄網を1本入れるつもりが最初から忘れていたのである。後ろ身頃で忘れたので前だけにしようと思ってそれも忘れた。まったく。モヘヤはもう1種類あるので次はこんなことにならないように慎重に編もう。その前に大量にある色で鈎針のチュニックを作り始めた。楽しみ。
by kienlen | 2009-12-04 09:37 | 手芸 | Comments(2)

5枚目はベストにした

f0104169_23303890.jpg同じようなパターンで編み続けの5枚目。カーディガンばかりじゃ芸もないのでベストにしてみた。相変わらずのもらいものの毛糸使用で2本取り。濃紺の混じり糸と赤を組み合わせてみたが、これは結構好みの色に仕上がった。これだと気軽に作れるから初心者向けの練習用にいいかなという感じ。ベストはベストで便利なのである。あったかいし。楽しくてやめられない。すでに6枚目はモヘヤのセーターに決めて取り掛っている。そろそろ着分の毛糸が揃わなくなるのでバラバラで組み合わせることも考えよう。今日は予定外の外出続きで予定の仕事ができなかったが、ま、それはそれ。夜は友達数人に沖縄の報告をした。報告義務があるわけではないが、お伝えしないとならないような気がして。
by kienlen | 2009-11-24 23:41 | 手芸 | Comments(0)

4枚目のカーディガン

f0104169_9533933.jpg この秋4枚目のカーディガンが完成した。こうなると編み物が仕事を圧迫し、他の趣味を排除していることは確実であるが、実用的だし頭使わないし安易に達成感を味わえるしで、止められない。これも毛糸をいただいたおかげです。ありがとう、Iさん。まだまだ編める量があるが、このペースで進めるんなら、もっともらっておくべきだった、なんて思っている。今回は襟をつけた。友達に「ケチャップとマスタードみたい」と言われた色の2本取り。手編みの着心地がここまで良かったかなあとつくずく感じているのだが、これは野菜は手で千切った方が美味しいし、肉だって包丁でたたいた方が機械でひき肉にするよりも美味しいのと似ているかも、と感じている。作ったからにはどんどん着なければならない。そのためには外出しなければならない。そうすると…困ることもたくさんあるが。
by kienlen | 2009-11-12 10:02 | 手芸 | Comments(0)

手芸ブログと化している

f0104169_2324665.jpg昨日完成。この間友人の手に渡ったのと基本は同じデザインで丈を長くしている。Aラインだから、いかにも手編み風の大雑把さがやわらいでいる感じで、なかなかの出来であると、自己満足。これも今まで同様に友人からもらった古い毛糸を利用した。量的に足りそうだが、自分としてはあまり好みでない色を2色合わせて試しに編んでみたら意外におしゃれっぽく感じられて気に入ってしまい、そのまま編み始めた。これは途中で色を変えたくないと思ったが毛糸が足りるかどうか微妙。騙し騙し少し段数を減らしたりして、それでも足りない場合はどういう逃げ方をするか考えていたが大丈夫だった。前立ての色をこっちにしたのは、編み終えてから失敗だったかなって思った。でももう一方の色は糸が細めでちぐはぐになりそうだし、同じ2本取りもなあ…と迷った結果のこれ。あんまり好きな色ではないなあ…。ボタンも相変わらずの廃物利用で一番下の1個が足りなかった。しかし着心地は抜群である。丈が長いので防寒にもいいし、車で出るならこのままで良さそう。下に厚着もできるし、上にコートも着られるし、重宝しそうだ。それで、図にのってまた今日から編み始めた。セーターは応用範囲が狭いのでまたカーディガンにする。
by kienlen | 2009-11-05 23:19 | 手芸 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31