カテゴリ:旅( 339 )

怖いドライブと温泉

小谷村での仕事があったので、ついでに遊ぶことにして早く出た。本日も天気が良くて、大好きな里山の景色を堪能。こういう雑然とした山が好きです。
f0104169_22343225.jpg
中条、小川、白馬に出て、行ったことのない栂池高原に上ってみた。スキーもおしまい、グリーンにはほど遠いという季節はずれで大変静かだった。畑仕事の人がポツポツ。
f0104169_22355095.jpg
白馬は相変わらず雄大な景色だった。しょっちゅう行っている場所ではあるが、それについ2日前も行ったが、山の表情はいつも違う。
f0104169_22513111.jpg
糸魚川まで行って鮨でも食べようと思って国道148号を走ったのだが、それに初めてでもないのだが、なぜかトンネルが怖くて怖くて心臓がバクバクしてきた。それでヒスイ何とかの辺りで引き返し、道の駅でランチをとることにして、その前に温泉に入る。小谷の道の駅は何度か来ているが、温泉には一度も入ったことがなくて興味があったところ。誰もいなくていいお湯で快適だった。
f0104169_22484929.jpg
入浴と食事をセットにすると割引があるというのを知り食堂で割り引いてもらう。本日の定食は酢豚、じゃない鶏。味噌汁を山菜か豚汁から選べるということで山菜にして、着色料たっぷりのよくある山菜を思い浮かべていたら本物だった。こごみたっぷりの味噌汁。味噌も美味しくて久々に美味しい味噌汁をいただいた。かまど炊きの地元の米のご飯も美味。
f0104169_22503915.jpg
パトカーが多くて、ものすごくゆっくり走ることになった。すぐにスピードのでる車なので抑えに抑える。そして途中でとんでもないことに気付いてしまった。バッグを変えて免許証を入れ忘れていたのだ。その緊張もありとにかくゆっくり走った。何とか無事に戻り、友だちと合計3人で中華料理の店で夕食にした。




by kienlen | 2017-04-25 23:13 | | Comments(0)

山を見るドライブ

東京からお客さんが来た。一昨日、しばらくいなくなるという挨拶を仕事で関係している方にメールで送ったところ、すぐに電話があって長野に遊びに来るという。じゃあご案内しましょうということで車を出して、行きたい所があるか聞くとアテはないというので、戸隠から鬼無里に抜けて白馬に抜ける道を行くことにした。東京ではとっくに散っている桜が満開なのに大喜び。素晴らしい天気でアルプスがきれいなことといったらなかった。まずは最初の絶景スポット。いつも来ている場所ではあるが、今日は雲のかかり具合がきれいだった。
f0104169_19300430.jpg
戸隠の中社でお参りし、ちょっとその辺を歩き、奥社をどうするかと聞いたら次にするということで引き返して鬼無里へ抜ける山道を行く。途中に展望台の標識があったので上ってみると、これはまた素晴らしい景色だった。手前に人の住む里山というのがいい。カメラ機材を抱えた人が何人かいたが地元の方々のようであった。
f0104169_19304987.jpg
鬼無里で蕎麦を食べておやきを買い、おやき屋の店主としばらくお話して、ギャラリーに山の絵があってなかなか良いですよと言われたので見学。墨絵なのか何なのか、白黒で山を描いたものと優しい感じのカラーの風景画で結構好みだった。添えられていたブログの文章も面白く楽しめた。そして白馬に向けて出発し、次の絶景はトンネルを抜けたあそこ。
f0104169_19311230.jpg
ツーリングの団体が大勢いたが、ま、全体的には静か。好天で空気は澄み気持ちのいい日。タイではあり得ない景色と空気。いいなあ信州という実感。帰りは美麻に寄ってコーヒーと思ったら満席で入れず諦め。19号線を走って来た。朝から夕方までよく走りました。きれいな景色に桜もたくさん見れて満足そうなご様子で何よりでした。
f0104169_19320116.jpg



by kienlen | 2017-04-23 19:48 | | Comments(0)
午後に上田だった。その途中に、研修前に会っておくべき友だちがいるので、モーニングを一緒にどうですかと打診したら8時という時間指定がきたので7時半に家を出た。昨夜はあまりよく眠れず、午後の仕事を思うともっと眠っていたい気持ちは強かったが、えいっと出かけた。そしてこういうモーニングセットを一緒に食べた。
f0104169_21320313.jpg
深い意味は特になし。これ食べて続けてランチをファミレスで取る。時間があるのでゆっくりするにはファミレスしかないと思って行ったのに、混んでいてじきに出たのだから、別の店に行けば良かったと後悔。最近は美味しいものばかり食べていたが、今日は違いました。最近その1はワイナリーのレストラン。美味しかった。ワインも。
f0104169_21313254.jpg

f0104169_21314370.jpg

最近その2は、沖縄料理店でもずくそば。美味しかった。オリオンビールも。
f0104169_21305580.jpg





by kienlen | 2017-03-17 21:44 | | Comments(0)

盛りだくさんな日

友だちから遠出に誘われたが4時から用事があったので遠出はできないと言ったら松本のブックカフェに行きたいというので、順番からいって自分が車を出して行った。国道沿いの昔からある店でランチ。何年ぶりだろうか。
f0104169_20535557.jpg
素敵なお庭を見ながら素朴なピザを食べる。それより景色が素晴らしかった。写真では分からないが。
f0104169_20541221.jpg
お目当てのブックカフェは、自分にとっては何度目かで友人には初めて。結局どこに行っても本屋に行ってしまうというタイプの者たちなのでここで時間いっぱいいて、しかし明日も東京仕入れなので2冊だけ購入。戻ってちょっとした勉強会へ。何となく申し込んであったものだが、これが意外に面白かった。沖縄料理店が会場でそのまま沖縄そばとオリオンビールのドラフトを飲みお話を聞いてきた。面白かった。本と歴史の話とで楽しい日でした。



by kienlen | 2017-03-12 21:01 | | Comments(0)

安曇野をさまよう

昨日は2度目の予防接種と友人とのランチが重なったので道中を一緒にしたのだったが、今日は、タイ行きの前に会っておきたかった安曇野在住の友だちに会いに行くついでに仕事で松本に行く友人を乗せて行った。サービスエリアでそばのセットを食べてから友人を仕事先まで届けてから安曇野へ。
f0104169_21153884.jpg
安曇野はすっかり広くなってしまってどこが本家本元なのか分からないけど、その友だちによると穂高なのだそうだ。風情たっぷりな有明駅で落ち合い「この車ならどこでも行けるので山に行くか」ということになり中房温泉を目指すが、冬季通行止めだった、がっくり。引き返して穂高の喫茶店へ。いい店だった、また行きたい。
f0104169_21154697.jpg
何度も行っている場所なのに帰り道はまた迷ってしまいえらく時間がかかった。車に乗っていて足を使わない日、気持ちが良くない。



by kienlen | 2017-03-07 21:59 | | Comments(0)

岡谷でランチ

昨日まで上田で本日は岡谷へ長年の懸案を解決しに行った。その前にランチを。朝たくさん食べたのに妙に空腹でボリュームたっぷりのメンチカツ定食を。おしゃれに出てきてびっくりしました。
f0104169_23375992.jpg
客は女性ばかりで、そのせいかご飯の量はとっても少なかった。美味しかったけどさすがに満腹して目的のお宅に着いたら巨大なケーキを出してくれた。これもいただいたらさらに満腹で夕食は野菜しか食べられなかった。ひとつ解決して多少すっきりだが、手放しですっきりというのでもないのはなぜだろうか。すっきりの方向性が後ろ向きだからだな。


by kienlen | 2017-03-02 23:45 | | Comments(0)

旧南信濃村

仕事で旧南信濃村へ。朝ちょうど6時に出て松川インター降りた所で現地の方と落ち合う。目的地は遠山郷、下栗の里の近くらしかったので、せっかくだから泊まりたいと思って友だちを誘うと行くというので、現地の方に、自分で行くから案内不要と告げ、下栗の里でお勧め旅館を尋ねたら、今は危ないから行くなということだった。それで、じゃあ改めて遊びで行こうと諦めた。しかしどうもその案内の方がすでに案内場所を決めてあったフシもあり。ああ、だから案内者というのか、どちらかというと自分で移動する方が自由でいいので遠回しにお断りもしてみたが、せっかくの好意なので申し訳なくお受けすることにしたら、運転は嫌いなんだよ、すごい山だなあ、と言いながら運転するので、だったら自分で運転したのにと言ったのだった。この程度で山というなら下栗の里はとても行きたい場所でないに違いない。ランチは内田康夫の小説にも出てきたという蕎麦屋へ。素敵なお店でした。
f0104169_22205341.jpg
地鶏の蕎麦があり、お高いが珍しいし、せっかくここまで来たのだからと思って注文すると、お勧めですよ、と言われた。アツアツの地鶏がたっぷり入った汁に蕎麦をつけて食べる。肉の量がいっぱい、美味しかった。
f0104169_22202008.jpg
下栗の里のじゃがいもの田楽が名物だというので、せっかくだからそれもいただく。小さいじゃがいもを甘辛の味付でいろりで焼いていた。
f0104169_22204050.jpg
これも美味しかった。蕎麦の量もたっぷりの上にじゃがいもを6個食べた。午前中には名物のまんじゅうを食べ、食事の後は飯田名物の菓子。たくさん食べた日だった。天気が良くて中央アルプス、南アルプス、北アルプス全部見れて全部きれいだった。南信州は好きだ。もっともどこも好きです、信州。




by kienlen | 2017-02-25 22:43 | | Comments(0)

久々の山越えで上田

夜間に降ったらしい雪が、落としておかないと危険というレベルくらいに車に積もっていたので、渋滞する心配があって早目に本日の目的地の上田に向かった。仕事なので朝飯抜きというわけにいかず、パンがないのでおにぎり作りたかったが、時間が心配で風呂だけ入って出た。どこかで買うしかない。風呂を止めておにぎりにした方が良かったと後で思った。地蔵峠を上りながら、だんだん零下になるはずだと思っていたら、車内で表示される気温が逆に上昇している。もしや、マイナス表示がなくて7度=マイナス7度なのかと思ったが、道が凍っている様子もなく、どうも長野より上田が暖かかったようだ。しかしちょっと謎。後日要確認車内温度計。

開店早々の直売所には品物があまりなく、豊富なのは花くらい。しょうがなく残り物らしきパンを正価で買って食べる。花が欲しかったが車の中に1日置いておくのも心配で諦める。これも後悔、買えば良かったので次はぜひとも。時間があったのでお気に入りのパン屋に寄ってみたら開いていて、買いだめ。缶詰仕事をしてお昼を付近のファミレス。朝といい昼といい不満足な食事の日だった。この場所の場合の次の解決策は、酒を飲まずに寝て早起きして朝食と弁当を作るでいくしかない。午後も缶詰で、運動量限りなくゼロ。それなのにぐったり。気分は良くない。もうちょっと早い時間だったら温泉に寄りたかったが遅いので諦めた。帰りは静かに国道を来た。夕食は野菜とキノコたっぷりの味噌汁で朝と昼の分を挽回。風呂で読んでいた書評本の中に読みたい本がいっぱいでもう間に合うはずがない。

by kienlen | 2017-02-20 21:10 | | Comments(0)

糀を買いに木曽まで

本を読んでいたら夫が通りかかったので「どこか遊びに行こう」と言うと「いいよ」ということだった。予想してなかった答えにこちらが戸惑い気味。しかし、じゃあ木曽だ。娘にもたせた塩麹の追加を頼まれていて、極上の糀で作ってやると約束してあった。頭にあったのは、一度買ってすごく気に入った木曽の小池糀店のもの。とはいえ、木曽は遠い。でも車に慣れるためのドライブがてらに行くならちょうどいい。ただ、本が面白くて気付かなかったのだが、夫が通りかかった時刻はすでに1時過ぎだった。松本が混むに決まっているから戻りは夜を予想しないといけない。「木曽にしよう」と言うと「木曽ってどこ」と言われたので面倒だから「うんざりするほど遠く」と答えておいた。

何やかやでさらに時間が過ぎ、出る段になって「6時までに戻らないといけない」と言うから100%ムリと言ったら夜の予定を諦めるということだった。彼が運転しだしたので、たまには運転したいのかと思ったらじきに、道を知らないから代わってくれということで私が運転。予想通り松本から塩尻まで渋滞で着いたのは5時過ぎになってしまった。せっかく遠くまできて糀だけというのも何なので味噌玉の味噌も買う。味噌はつい数日前に買ったばかりで、もうじきタイなのでそれが終わるかどうかも分からないというのに。まあ、塩麹と一緒に娘にやってもいいし。帰り道、長野まで122キロという表示に、遠いなあと思っていたら夫は「たった122キロなのになんでこんなに時間がかかるんだ」と言っていた。確かにそうとも言える。木曽福島は散歩にいい町だが、寒いしもう遅いしで糀と味噌を買っただけでとんぼ帰り。途中でラーメン食べた。手間もガソリンもかかっている糀を、さっそく沖縄の塩と混ぜて仕込んだ。がんばって発酵お願いします。

by kienlen | 2017-02-12 22:03 | | Comments(0)

現代イランの宗教と社会

旅したわけではないが、表題のタイトルの講演を昨日聴いたので旅に分類してみた。イランに行きたくなったから。ああ、タイに行くのでなければ旅をするのに、と思うと、何だか1年がもったいなく感じたりするのだからまったく勝手なものだ。この講演会は毎月の連続で、いつもたいてい面白く時間の許す限りは行っているのだが、昨日の桜井啓子先生は、たまたま友人の知り合いだそうで、その友人と一緒に聞くことになった。とても基本的な話で、かつ話を絞り込んでくれてあり大変分かりやすかった。イランといえば、世界一のイケメンの国といっていた友だちがいたし、海賊と呼ばれた男では日本との親しさが強調されていた。それから、90年代初め頃からのタイ人の不法滞在が問題になる前にイラン人が問題になっていたはず。というか、日系人にビザ出す前からか。タイから戻った頃もまだその名残りがあり、イラン人を呼んだ勉強会にも行ったことを思い出した。イラン人と結婚した人も幾人か会ったが、皆さんどうしているんだろう。彼らの話でとにかく印象に残っているのは、日本の報道はアメリカ経由に偏っていると力説していたことだった。あと、イラン革命でフランスに亡命した女性のアニメ映画を見てなるほどと思ったことはあるけど、講演を聞いて、そうか基本的なことを全然知らないことを知った。

イランはシーア派が9割で政治体制はイスラム共和制という、そもそもが矛盾した不思議な体制ということだったが、話を聞いているうちにこれって多かれ少なかれどこにも共通するのではないかと感じてしまった。シーア派とは何かというポイントの説明もあり、どうしてイランがイスラム諸国の中で特殊と見られるかについても。隣国イラクについ最近行ってきたとのことで、イラクとイランの違いも。イラク南部はISの影響のないイラン同様に平和だそうで、なるほどと思ったのは、シーア派の聖地がイラク南部の都市にあり、ここがイラン人客で景気が良くモスクもイラン風なのだそうだが、イラクとしてはそれは口が裂けても言いたくない。イランはシーア派がほとんどなのでシーア派の教義で国をまとめることができるが、イラクはシーア派が10%で、それは不可能。イランに10年間匿われていたシーア派の宗教指導者と話したら、政治に関与することで宗教は堕落するのでイランのようにはしない、と言っていたそうで、これはもちろん前例たくさんなわけだけど、その点でもイランは特殊ということになるらしい。サウジとどうして仲が悪いかも、なるほどねえ、な話しだった。たったの90分で安直に理解が深まったと言うのは何だが、少なくとも基本のキに触れられたのは大変ありがたい。


by kienlen | 2017-02-03 08:43 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30