カテゴリ:地域( 35 )

迷いながら学ぶ

昨日はバンコクまでバスで2時間ほどの町に住んでいる知り合いが上京できるというので会うことになっていて、東方面のバスターミナルのある地区で待ち合わせた。スカイトレインで行くと簡単で速いが、時間があることだし別の方法を調べて、バス乗り継ぎ1回で行けそうなことが分かった。タイ人に聞いたらいくつも乗り換えで2時間はかかると言われて、そんな手間までかけるのは止めようと諦めていたのだが、1回乗り換えならたいしたことない。それにバス路線も興味深いし、知りたい。10時の待ち合わせに対して7時に出発。バスを待つが全然来ない。どうも休日の朝便は相当間引きしているように感じられる。とにかくこういうことは体験してみないと分からない。30分強待ってやっと来たので乗り、バスの車掌に乗り継ぎできるバス停を聞こうか、いやいや会社も違うし知らないかも、客も多いし面倒だ、それにここらへんでいいはずだし、と思ってベルを押すと、運転手と車掌に大きな声で「どこで降りるんだい」と聞かれた。

まっすぐな道の途中のバス停と思っていたら、別の通りに入る直前で、次のバス停はそっちの通りになってしまうということだと思われるので、大変親切な運転手と車掌さんであった。それでここぞとばかりに「149に乗り継ぎできる所」と答えたら「なにい、もう来すぎている、戻れ」と言ってバスを停めてくれた、というか降ろされたというか。でも、人の気配は少ないし一方は高い壁だし、あんまり一人で歩きたい雰囲気でないので戻るのは止めて、徒歩でチャオプラヤ川の船着き場に行けることを知っている場所でもあったのでそっち方面へ。とりあえず対岸に渡ってしまおうと思って渡し船に乗ったが、次にどうしていいか分からない。高級ホテルの前でインフォーメーションというブースはあったけど開いていないし、それにこんな高級ホテルでバスの行き方を聞くのもお門違い。身分社会のタイではバスに乗るような貧乏人は軽蔑されるのです、なんて、ほんとのこと。で、バスは諦めてこの高級ホテルの船着き場からスカイトレインに乗れる船着き場に行こうとしたら、ここじゃないと言われる。どうもこちらは観光客向けの気配。で、そこにいた人に聞いて少し歩いたらあった。
f0104169_11485061.jpg
客は皆無だった。そしてさっそくボートが来たので合図したのに、往路と復路の船着き場が違うのか、行ってしまった。ちょっと待っててくれれば間に合ったのに。時間はたっぷりあるのでいいのだが、何しろ誰もいないのでここでいいのか心配になり、奥の方で話し込んでいるユニフォーム姿のタイ人男女がスタッフのように思われて尋ねると「来る、来る、落ち着け」と言われた。一応確認しただけなのだが、焦っているように見えたのでしょうか。そしてしばらくしたら船は来た。妙に豪華な大げさな船だった。
f0104169_11524370.jpg
まあ、そうは見えないと思うが・・・。車掌がすぐ切符を売りに来るので値段聞いたら切符の数字を示された。19バーツ。目的地までは2、3分で到着。サパーン・タクシン、つまりタクシン橋という船着き場はスカイトレインとつながっているので外国人も大勢乗り降りする。もっとも外国人が多いのはここに限らないが。結局ここからスカイトレインに乗ってしまったのでこれまでの苦労は何だったんだ。スカイトレインが高いから節約しようなんて気もあったのにそうもならなかったし。しかしその友だちから早く着いてしまったと連絡があり、すぐ行くことができたので良かった。
f0104169_11510733.jpg
ターミナルは多分変わってないような感じ。えー、ここからビエンチャンにもアンコールワットにも行けるんですか。今の自分の状況には目の毒。
f0104169_11515764.jpg
久々に会った友だちと日本の店だらけのショッピングセンターで食事してカフェでコーヒーを飲んでおしゃべり。私の好きなタイプのパンが売っていて試食したらすごく美味しかったが、高価なので諦めた。
f0104169_11502270.jpg







by kienlen | 2017-07-09 12:38 | 地域 | Comments(0)

ろうそく祭り

タイのろうそく祭りといえばウボンラチャーターニーが有名で、そこばかり浮かんできてしまい地域地域で行なわれるお祭りであることを知らなかった。この地域では今日がお祭りだった。ウボンのは、精緻なろうそくの彫刻が本当に素晴らしいが、ここではそこまではしない。前日にロウを溶かして大きなキャンドルを作る行事があり、今日はパレードと、そのキャンドルをお寺に奉納するお祭り。で、このキャンドルの飾りがちょっとかわいかった。
f0104169_18100459.jpg

この細かい花がよくやるよなって感じ。ジャスミン。
f0104169_18110999.jpg
金ぴかにしたばかりの仏さまは大変穏やかで優しいお顔だった。寄進してお参りとお祈り。
f0104169_18121482.jpg
そうろく祭りはもう100年以上も続いているのだそうだ。お坊さんがお寺に留まる雨期の入り安吾の前に行なうもので、読書用のろうそくを納めたのが始まりとか。その後、そのろうそくの美しさを競うようになったのだそうだ。そして豪勢なパレードも。理にかなったというか、面白いお祭りだった。



by kienlen | 2017-07-07 18:35 | 地域 | Comments(0)

ラオスからタイに戻るバスの中でその1

ラオスのビエンチャンからタイのウドンタニーまでの国際バスは、他のバスと同様に座席指定である。隣には黒いズボンとジャンバーで体格のいいタイ人女性が座った。タイ人には珍しく、なんだか暗い雰囲気である。走り始めてじきにひとつ前の席の、まだとっても小さな赤ん坊が激しい勢いで泣き出した。抱っこしている母親らしき女性が揺すったりするがまったくダメ。どう見ても貧しそうな外見。こんな小さな赤ちゃんを抱っこして1人でこんなバスに乗るなんて、自分の子育て期を思い出すと涙が出る思いである。その時に隣の女性が「あの人はね、ラオスで買い物してきてタイで売るのよ」と独り言のようにぼそっとつぶやいた。何だ、知り合いなのか、それにしては他人を装っているな、事情でもあるんだろうか、なんか怪しい雰囲気、などと思いつつもそんなことは言わずに「でもラオスの方が物価が高いじゃないですか」と言った。すると動じる様子もなく「安いものは安い。布とかね。日常品はタイからラオスに運んで両方で売るの」と言う。的を得たもの言いである。それにしても仲間だったらもっと当事者意識をもって話すだろうに、何か変だ。それで「お仲間ですか」と聞いてみたら「そうじゃないけど、だいたい格好を見れば何をしている人か分かるの」と言う。つまり私の疑問は見抜かれていたというわけだ。「ラオスには観光ですか」と、とてもツーリストには見えないが一応聞いてみると「ちょっと知り合いを訪ねた」ということだった。
f0104169_22414020.jpg

それから話すようになった。以前にアメリカ人のメアリーという学者がラオスの染色を視察したいというので連れてきたことがあると言う。「そういえば草木染めの布がたくさんありましたね」と言うとラオスは森がたくさんあるから草木染めには向いている。タイは規制が厳しくなっていて木をいじれないが、ラオスだと傷をつけることもできるからとも。木の名前も挙げるがとても覚えられない。しかし草木染めって自分には草のイメージばかりなので「草だったら自然を破壊しないのになんで木なんですか」と聞いたら「草なんて量がちょっとでしょ」と笑われた。そんなこんなで打ち解けたのか「実は、ラオスにはお手伝いさんの件で行ったの」と言う。ということはブローカーか、そういう雰囲気が匂うぞ。タイ人に不人気の職業にはミャンマー人が多いというのはとっくに起こっている現象で、ラオス人に目をつけても不思議ではない。「お仕事は?」と聞けばいいのに、聞く勇気がでない。すると日本にも行ったことがあるという。ますます怪しい。しかし文化交流だという。えー。結局彼女は小学校の先生だった。「日本に行った時はコウチョウセンセイと言われた」と、そこだけ日本語になった。高齢出産で2人目の子を産んだのが40歳過ぎ。仕事は忙しいし体力は落ちているし、子守を雇わないことにはどうにもならずラオス人を紹介してもらって雇い、ビザの更新で故郷まで連れて行ったそうだ。それから堰を切ったようにラオスの悪口が始まった。
by kienlen | 2009-04-18 22:46 | 地域 | Comments(0)

区の通常総会で早々に降参

地区の通常総会に召集がかかった。組長だから。日曜日の朝9時半から2時間。いつものように日の丸を背にステージ上に区長他幹部の男性オンリーが並んでいる。ステージ上から見下ろされる理由が何かあんのかといつも思うが、疑問を持つと苦しいだけなので思考停止の世界に入る。まずは区長による「総括」。平成20年は国の内外ともにまさに激動の年であった、という、よくあるパターンで始まり。地震があった、殺人事件があった、あれもあった、これもあった。次に、でもね、明るい話題はオリンピックの日本選手の活躍と日本人のノーベル賞受賞。区の運営というか、幹部によるところの「区行政」の総括で何でそういう話題なのか、地区色無色皆無、オリジナリティ皆無、しかもただ楽ちんな事象を並べているだけで総括のための分析も皆無。そして次がいきなり「その激変する世情の中にあって、町内では、お隣ご近所みんな仲良く明るい平穏な暮らしがされて来たとお慶び致します」である。この場に通訳としていたら「貴下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」のひと言で済む。総括なんて大げさに呼ぶ理由が分らない。もっとも総括は続いて、従来通りの行事をつつがなく行ったという報告がなされた。問題も課題も皆無なのである。素晴らしい地区である。引っ越したい人がいたら交代したい。

国の地方分権の流れから市の方針も「与えられる福祉から住民参加の福祉へ」ということになったそうだ。つまり換言すれば福祉切捨てとも言える。それも嬉しそうに総括している区長である。この区長総括を総括すると、世界に、日本国に何があっても、私たちはのたれ死の寸前まで明るく仲良く平穏を装わねばなりません、そのために地域で一致団結しましょう、ってことのようだ。なんか、これっていつか来た時代とそっくりではないでせうか。清く正しく美しく、欲しがりません、みたいな。早々に住民自治協議会に「行政を委託されることになる」と言った後で「だから関心をもってもらいたい」である。関心を持つだけで参加はするなってことのようでもある。平穏を乱す分子は不要のようでもある。この地区における自治ってそういうものらしい、ということは数年の居住経験から重々分っているが、それでもやっぱり頭がおかしくなりそうで早々に退出した。この地区のごくごく一部の方が特別に文化程度が低いのであると信じることで明るい気分になることにしよう。
by kienlen | 2009-02-01 18:59 | 地域 | Comments(2)

市街地活性化事業の分からないこと

f0104169_17113690.jpg

どこにでもありそうな町並み。そしてどこでも中心市街地の空洞化に悩んでいる。そしてほとんどの町で活性化の活動をそれぞれにしている。空き店舗を借りて物販と情報交換や交流の場にするというのは、多分よくある試みだろうと思う。小さな町の駅前の通りを歩いていると、そういう店舗を見つけることができる。この町でも閉店したスーパーマーケットだった場所で地元産を中心の物販と交流の場にしている他、月に一度の朝市を行なうそうだ、ということを、たまたま訪れる機会のある時に知った。友人と行って食べたり飲んだりして、主催者や関係者の方と話したりで半日過ごしてみた。用意した軽食やら物やらが完売したブースもあるが、かといって来客は決して多いとは言えないし、交流コーナーも私たちが席を占領していた程度。

きょろきょろしながら町の匂いをかいでみる。昔からの商店街が半端に生き延びているように見える。自宅が店舗だったら家賃も不要で片手間でもソンはしないかも。生計維持は誰か勤め人がいるかもしれない。そもそも町の活性化って何なんだろう。高齢化や人口の減少が起これば静かになるのは当然に思える。特に新規の人口流入がなければ、交流の場があったところで出かける必要があるか。想像力をたくましくしてみても、昔から住んでいる地元の人々が改めて外で交流することはないように思う。家の中は広くて快適そうに見えるし。情報や交流を欲するのは新参者だろうから、住みたい町にして新しく住む人が増えれば自ずと活気づくんだろうが、そんな簡単じゃないだろうな。そもそもそんな空気を感じることはできない。なんだか、これはこれ、それはそれで当然で、外気を寄せ付けないような暗黙の了解が町の空気になっているようにも感じられる。平和でいい感じでもある。それはそれでいいじゃない、って思う人はきっと多いのだ。自分だってここに住んでいたらそう思うように思う。だから活性化事業って誰のためなのかよく分からないわけだ。
by kienlen | 2008-09-16 17:40 | 地域 | Comments(2)

地域社会に温存の単眼的見方

キッチンのテーブルの上に桃が1個置いてあった。桃はきょうだい喧嘩の火種になる食物。早く食べないとすぐダメになるよ、と言っておく。で、思い出して娘に、実家へのお中元代わりに持たせた桃について尋ねてみた。農家をやっている友人がメールで注文を取って希望すると届けてくれる。ブルーベリーと熟れる前の桃を注文した。私は桃は固いのであれば好きだが熟れると苦手。箱で頼んだので半分を夏休みで実家に行く娘に持たせたのだった。「皮の剥き方がおかしいってじいちゃんに言われた」と娘。父親の方がキッチンに立つ回数が多かったのか、あるいは彼が方法を教えたのか、子どもたちは親指を刃に当てて前に押し出すタイ風の剥き方を身につけた。日本式しかできない私から見ると器用で面白い。マンゴーなんかにはこっちの剥き方の方が便利。

それから剥き方の話しになって「この剥き方はダメって取り上げられたことあるんだよ」と言う。「えー、学校で?」と尋ねると「学校では先生におもしろい剥き方だなあって言われただけ。地域の行事でカレー作る時」とのこと。子どもが遭遇した出来事について私は自分の価値判断をあんまり挟まない方だと思っているが、これは呆れた。こっちが危険だとどうして決められるのか全く理に適ってない。状況を聞くと、カレーを作っている時に「剥き方が危ない」という理由で育成会の役員に包丁を取り上げられたとのこと。抵抗しようかと思ったそうだがやめたそうだ。「視野狭いよねえ」と言うと「そうでしょ」と娘は泣きそうになっている。息子は多分学校の調理実習で周囲との違いを悟って早々に日本式に切り替えた。彼は器用なのである。娘はどういうわけかタイ式でここまできた。しかしこの地域の役員の面々を思い出すと状況は想像できる。物事に直面する前に安全パイの「べき」で片付ける最も楽で安心安全な対処方法を身につけた方々。最近のスローガンの「安心安全」はここから来ていると私は信じているが、インドネシア人の介護職も当県に来たことだし、そのうち「多文化共生」が行政から降りてきて地域のスローガンになるかもしれない。大笑いである。
by kienlen | 2008-08-21 10:04 | 地域 | Comments(2)

自主防災研修会の呆れたビデオ

3連休の3日目の午前中は「春季自主防災研修会」というのでつぶれることになっていた。組長は大事な動員メンバー。防災は大事です、地域の人間関係も大事です、それらそのものに格段意義はありませんが、この地区の役員の面々を見るだけで具合が悪くなる(自分なりの理由があって)自分にとって公民館に運ぶ足は重たい。学校に行きたくないと腹痛になる子供のようなものだが、子供じゃないと腹痛にもなってくれない。つまり地縁だけの縁で執り行う行事というのは、そういううんざり感を誰もが抱いてもしょうがないということを前提にして活動していかないとならないと思う。だってたまたま同じ地区になったという以外に接点はないわけだ。自主的な関係だったら「こんな人と付き合いたくない」と思っても地縁があればこそお付き合いしているのである、という程度の認識は共有すべきではないだろうか。その上で何が必要かを考えればいいのだ。これが完全に欠如しているのが地域活動であると思う。

まあ、そんな非情な考えは通じないからこその地域であるな。なんか、いきなりみんな良き隣人になるのである、というビデオを見たのが研修の第一弾だった。足が重くて5分弱の遅刻。受付でますますブスっと名前を記入。資料としてもらった組織表には「男性ナニナニ」はないが「女性協議員」とか「女性防犯部員」とかはある。防犯ビデオの内容は…。高齢者1人暮らしの家に、イザという時のための支援をするということで地域の人が訪ねる。それがもうテレビドラマみたい。といってもテレビドラマを見たことがほとんどないので思い込みかもしれないが、何から何までワザとらしくて気味悪い。相手の心証を害してしまったので、高齢者への対応の仕方を心理学者におうかがいに行く。曰く独居高齢者はひがみっぽいから対応を気をつけるように等々諸々アドバイス。すごい、高齢者は揃いも揃って同じ傾向になるらしい。で、高齢者との交流方法を机上体得してもう1度訪ねてめでたしめでたし。こういうビデオそのものへの感想や意見を求める時間はもちろんなかった。お上が作ったんだから従うという発想だろう。次に地震の揺れ体験をせよとのことだったが、このビデオで私の許容範囲を超えたため黙って帰宅した。こういう輩は地域を崩壊させる分子に分類されるんだろうか。ま、そこまでのパワーはないけど。
by kienlen | 2008-07-23 22:13 | 地域 | Comments(0)

住民自治協議会の呆れた広報紙

組長なので最低月に2回は配布物があって、同時に回覧板で回す諸々も来る。これらを分類すると、第一グループは行政の配布物。市報とか健康診断のお知らせとか。第二グループが地区独自の配布物。で、これを言い換えると第一グループは、重要さのレベルはともかくとして情報である。第二グループで情報としてのポジティブな意味での価値を持つと思えるものはひとつもないから別の楽しみを探すしかない。時間の無駄と思いつつ今日も地区のたよりを開いてみた。都市内分権に移行するために表面上は自主的に、事実上は市からのご丁寧なご指導に従って設立された住民自治協議会広報紙という位置づけになって5号目。質問方法のあまりのズサンさに自分の神経が耐えられずに答えられず、文句をひと言申し上げてお断りせざるを得なかったアンケートの調査結果特集だった。少なくとも私個人的には承認した覚えのない住民自治協議会長と、以下すべて同様の役員9人が座談会でそのアンケートについて語るというもの。

一字一句の次元で唖然とする。「アンケートの回収率が58パーセントという高い数字で皆さんがひじょうに関心をお持ちいただいていると感じました」という会長発言→何に関心持っているのか不明。それに組長が回収する方式でこの数字を高いと言えるか?隣組方式ですよ、総動員方式ですよ、私なら「低い」とみます。「住民自治協議会から下へもっていかないと決して広がらないのではないか」→自治をいかに心得ておられるのかミエミエの面々が地区行政を運営しているわけである。粗を揚げたら全文引用になるので以下省略。とにかく市で決めた→だからやるというだけのことである。住民が知らないのは広報不足であるというだけのこと。こういう姿勢で「行政の末端組織」としての地区運営をしているんだったら、自治協議会なんて名乗らず統治協議会としたらどうだろうか。ネーミングの工夫くらいしてもらいたいものだ。で、最後まで読んだら会長がこう言っていた。「K地区は小異を捨て大同につくという民主主義の原則を備えた地区だと思います」。何も言えない…。
by kienlen | 2008-07-17 13:53 | 地域 | Comments(0)

今年は隣組長だ

地区の隣組長になった。順番だから。今日はその会議。日曜日の朝9時に公民館集合。説明だけだろうから30分か1時間で終わると踏んで出かけた。受付を済ませて指定の席についたら缶詰めのお茶と寿司の折り詰めがあるから嫌な予感がして「何時までかかるんですか」と聞いたら「11時半まで」。日曜日の半日をこうして潰される、と言うと「地域活動に参加しない最近のおばはん」になるのであろうが、育成会を経験してから徹底して地区嫌いになっている。すべてどっか上の方で決まった事と、従来の踏襲であって、オリジナリティなし。しかしこれを経験して保守とは何かが分かった気になった。従来踏襲なんだ。そこに内容的な意味を見出そうなんてしてはいけない。有無を言わずに従来踏襲、従来、従来…ってお経の文句に似ている。その従来がいつから始まったのかも問わない。作られた伝統だろうか、なんて問わない。

つまりその会議は地区総会だったのだった。国の地方分権の方針に従って住民自治協議会を設立して来年から本格稼動するからご協力を、ということ。住民が国の方針に協力するのが自治で、中間管理職として機能しているのが地方自治体なわけか、その手先が区なわけか、なるほど、納得。解離性人格障害にならないように、集中力をそぐために本を持参して、読みながら聞いていた。なんとか持ちこたえた。区費の集金が組長の初仕事で、その説明があった。持ち家世帯は月額500円、借家世帯は450円、老人世帯は50円。1人が質問した。「前の組長さんから言われたんですが、アパートの人が明らかに在宅なのにいくらチャイムを鳴らしても出てこないそうですが、組長が区費を立て替えて払うんでしょうか」という趣旨を長々と。と、「アパート住民だっているんだぞ!言葉使いに気をつけろ」の声。司会が「今の質問は執行部に対してである」と言ったことに対してその声の主がマイクを持って「区費徴収だって問題があるのだから、お願いする姿勢で臨むべき」みたいな発言をする。強制徴収する法的根拠も権限もないはず。そんな無法地帯が地区なのだ。区費の納入を確認してからゴミ袋の購入チケットを配布。非国民を生む土壌ここにあり。
by kienlen | 2008-04-06 23:30 | 地域 | Comments(2)

犬の散歩から悩み深き在住地縁組織のことへ

打ち合わせを兼ねて友人とランチした後、誘われるままにイベントに参加した。「1000円かかるけどね」と言われて躊躇したが受付で500円であることが分かってほっとする。NPO諸団体が5分間の活動発表して、その後全体でディスカッションというスケジュールだった。あんまり暇じゃないので、つまらなかったら途中で出ようと思っていたが、数年ぶりに会う人がいたり、聞いているとそれなりに面白くてほとんど最後までいた。ディスカッションの時に印象に残っている意見があった。個人の意見を行政に反映させる仕組みがないんじゃないかということだ。まあ、そんな抽象的な言い方ではなくて「この町に来て困っているのは公園で犬を散歩させられないことで、糞等マナーの問題があるからといって一律に全面禁止という安易な手段を取るのではなくて、マナー向上を図るなど別の方法をとれないものか」というような内容だった。今日のイベントの趣旨にはまるようなズレるような微妙な線にあるものだと思ったが、私はかなり本質的なところを突いていると思って聞いていた。かといって、それで議論が深まったわけでもない。70人もいるんだし、それがテーマというわけでもなかったので。だから別の機会にここだけを深めたらいいのになと思った。ただ、ロビー活動やデモについて触れる人はいたが。

つい先日、マスコミの関係のお仕事の知人と話していた時もこのような事が話題になったのだった。私が「メディアの責任が大きい」と言うと彼は「それは責任転嫁である。何でもかんでもマスコミに頼るな。まずは市民がしっかりないといけない」と言った。「頼るというわけじゃなくて、個人じゃあどうしようもないことを伝えるツールが他にないんだから、そんな中でメディアの力は大きい」と言った。彼は「まず市民」と再度。そして「いろんな団体が弱くなっちゃったからねえ、昔と違って」とトーンを少し変更してきた。「確かにねえ」で終わらすのもなんだから「具体的な事で行政が関係することであれば自分で言っていくけど、個人で言ったって『おばさんのクレーム』で処理されちゃう巧妙な仕組みがある。さらに、問題がもっと抽象的な事だったら個人じゃあどうしようもないです」と言ったのだが、それはそうだね、ということになるだけ。で、例えば犬の散歩なら、飼い主の会みたいなのを作って、マナーはきっちり守るので公園散歩解禁要求をすることは不可能ではないと思われる。つまり具体的な目的を共有できる人達がそれに向かって走るという次元だから。そこで困るのが地域だとか地縁だとか物理的限定条件が付いた場合。これを超えるにはどうしたらいいんだろう。公益性とか公共性なんかがここらへんで出てくると本日のテーマに持ち込むことはできるんだろうけど、本日のような場で仮に話し合いが成立したとしても、それが、じゃあ地縁組織の中でも可能かというと、これはもう絶対に別問題であるってところがとっても難しい問題となっている、自分的には。
by kienlen | 2008-02-23 18:47 | 地域 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る