それでクレット島

時間の流れが急速に速くなっている。クレッタ島の続きを書かないうちに次の週末がやってきてしまう。で、そのバスから降りて自転車タクシーで船着き場に行くか歩いていくかでとりあえず歩くことにする。自転車は帰りに乗った。ほんの数分の距離でもタイでは何かの乗り物があり、そしてたいていの人は歩かない。私はてっきりバスで橋を越えて島に行くのかと思っていたらとんでもなくて歩いた先にお寺があって、ここから渡し舟があるのだった。

f0104169_19435711.jpg
島のシンボルという洪水の浸食で傾いたという築300年の斜塔をバックに写真を撮っているタイ人グループは、このカッコウからして自転車仲間か。20年前と変わったこととして自転車がすごく増えている印象。この辺は木の下にベンチがありタイによくあるタイプのリゾートになっていて、弁当を食べるのに良さそうだった。
f0104169_19463323.jpg
バンコクはどこもかしこも中国人や韓国人だらけなので、ここもそうかと思ったらタイ語ばかりが聞えて来た。タイ人の週末の遊び場のようだ。お寺があって市場があってというのはどこも同じで、そして川辺にこういう食堂があって、特別なことはないように見えたが、そうでもなかった。
f0104169_19445841.jpg
f0104169_19454750.jpg
特徴のひとつはお菓子。お菓子はどこにでもあるが、ここではその場で作りながら売っているのがほとんどで、細工も細かくて工夫されていてオリジナリティがあって楽しい。お菓子好きなら行く価値がある。それにしてもせっかく行ったんだから買えば良かったと帰って来てから思った。タイの伝統菓子は結構好きなのに。
f0104169_19482881.jpg
それと素焼きが有名なのだそうで、工房の様子を見せながら売っている店もあった。
f0104169_19551041.jpg
バナナの葉っぱで作ったものか、かわいいバラもあった。渡し舟に乗る前の市場にて。
f0104169_19430245.jpg
市場を歩き続けて、一体どこまで続いているのかと思って聞くと、このまま行くと何キロもあって暗くなるから戻った方がいいよと言われて途中で船着き場に引き返した。
f0104169_19532965.jpg
出発が遅かったので島に着いた時間が午後になっていたが、もっと早く出発してもっとゆっくりしても十分に面白い島のようだ。また行ってみようと思う。その時はお菓子も食べて食事もしたい。日本語のフリーペーパーでも紹介されているような場所ではあるが、さすがにちょっと行きにくいのか外国人らしき人を見かけなかった。もっともタクシーで行けばすぐだけど。帰りはタクシーにしようかと思ったが、大きな通りに出たらちょうど乗り合いのトラックが待っていて、行き先をみるとチャオプラヤー川の船着き場まで行く。こういう交通手段はタイ語が読めたり話せたりしないと使いこなすのが難しいが、おかげで安上がりになった。この日も小さい乗り合いトラック、スカイトレイン、ボート、バス、自転車タクシー、渡し舟、大型乗り合いトラックと、多様な交通手段を利用した。旅気分を味わえた日だった。















# by kienlen | 2017-07-20 20:23 | | Comments(0)

まさかの図書館に遭遇

夕方からはコーヒーを飲まないことにしているが、なんだか興奮気味でコーヒーが飲みたくなっていれてしまった。眠れないかもしれない。というのは、すごい出会いがあったからだ。相手は図書館。近所に図書館があると聞いた時は、この地域のどこに、と心底びっくりしてしまったが、歩いてすぐですよと言われ、即刻案内してもらうことにした。目と鼻の先、とはこのこと。小さくて本の数は多くはないがタイ語の本の数が多くても自分にはしょうがないし、何しろ静かで椅子も机もあるし、きれいだしとっても素敵で、つまり土日の居場所としてぴったりなのである。本を持ち込んで読んでても勉強しててもいい。ただ開館時間が9時5時なのが残念である。せめて6時までお願いしたいが、まいいや、土日開館なのだから贅沢は言うまい。それにとにかく近さも半端でないのが何より。出会いに感謝。
# by kienlen | 2017-07-18 20:24 | 読み物類 | Comments(4)

タイ庶民的週末

週末にかけているので土日は外出と決めている。幸い体調を崩したりしていないので今のところ毎日出ている状況。昨日は友人の提案で、バンコクの北の県にある島に行くことにした。島と聞いて、海のある場所ではないのでチャオプラヤ川の大きめの中洲なのかと思って地図を見ると、そういう形状ではない。川の大きく蛇行した部分を、曲がるのは面倒だとまっすぐに支流を通したことで楕円を半分に切ったような形の島状の土地ができたという感じで、実際に昔そのように造ったらしい。名前はクレット島。こんな所があるなんてちっとも知らなかった。定期船で北上し、そこから先の行き方は分からないので成り行きに任せようということにして出発した。
f0104169_19505172.jpg
フェリーターミナルはこんな感じ。市場が広がっているが、バンコクより格段に安いのがびっくり。物価が激しく上昇しているバンコクに対して一昔前の価格帯みたい。この間、日本から来た友だちを案内したのもここで、あまり見かけないタイプの普通のカフェがあったのでまたそこに行くことにして、市場で仕入れた食べ物を持ち込む。日本ではできない芸当。
f0104169_19421244.jpg
餃子みたいなのを作っては蒸しながら売っている屋台がずっと客が絶えない人気店のようで、ここでこの餃子と麺を買う。とにかく次々売れるので蒸す時間待ってくれと言われ周辺を散策。どの店も賑わっていた。地元の人なのかバンコクからも来てるのか。私たちは船で行ったがバスもたくさん出ているバンコクのベッドタウンなので、車がなくたって気軽に行けるのだ、多分。
f0104169_19542432.jpg
カフェの前にある屋台で、この前ももち米のお菓子を買ったが今回は持ち帰り用にホーモックを買ってみた。ホーモックってバナナの葉を容器にしてるのをよく見るが、これは包んで焼いているのが珍しく感じた。こちらのスタイルなんだろうか。問題はここから島までの行き方だ。カフェのお姉さんに聞くとバスで20分とのこと。タイ語を使ってみたいという友人が聞いていて何とか通じていたようだ。バス停に向かう途中、通りがかりのタイ人のお姉さんに同じ質問をするとボートで行けるという。うーむ、どうしよう。バスを待ってあんまり長時間来なかったらボート乗り場に引き返すことにした。バスは待つのが限界って頃に来た。後で分かったが、どうもボートはないらしいので正解だった。そして20分どころか1時間くらい走って運転手が、ここで降りてそこの脇道を入ればボート乗り場だと教えてくれる。と、ここまで書いたら写真が行方不明になってしまったので明日続けることにする。パソコンの調子が悪い。







# by kienlen | 2017-07-17 21:28 | | Comments(0)

ポークチョップ

一番頻繁に会う友人というと、バス1本で行けるバンコクの西側の中心地っぽいタクシン像のあるロータリーで待ち合わせができる人。ところがこの方がしばらく体調不良で会えず、昨日になって久々に夕食を一緒にすることにした。雨が降ったので止めようかとも思ったが、豪雨になるかならないかも何となく分かり、珍しくパラパラした雨だったので行くことにした。恐ろしい雷もなかったし。
f0104169_19281598.jpg
こういう場所です。実際にはこんな広いロータリーで待ち合わせというわけにいかないので、国鉄の駅のひなびた待合室。するとそこに電話があって歩道橋を渡ってくれと、誘拐犯のごとくの指示があったので言われた通りに行動する。つまり夕食をすることになった理由が、彼女がたまたま通りがかって興味をもった店があるということなのだ。よって、待ち合わせして、さてどこにする、というのじゃなくて特定の店はあるが、知らない場所なのでそこを説明できないし、屋台なので待ち合わせ場所にもできないということだったのだ。
f0104169_19300861.jpg
若い時はバックパッカーで各地を回っていて当然タイなんて大のお気に入りだったという方なので、いかにもって感じの屋台を見つけてくれてあった。ステーキ類色々あったがポークチョップを注文。そしてこれがなかなか美味しかった。いつものごとく店でビールは売れないがセブンで買ってくれば良いとのことで大瓶を半分ずつ飲む。コンビニがやたらに多いのはこういう需要かと勘ぐりたくなる、というのはいただけない冗談で、タイでは酒は良くないという教育も価値観も行き届いている。実に健全。ちなみにこのポークチョップは約300円。エアコンのあるレストランだったら数倍と思われる。
f0104169_19291163.jpg
道端の空気の汚い埃っぽい暑い屋台で長居はできないのでエアコンのあるカフェに移動して、飲みたくもないドリンクを頼んだ。とにかくアルコールがないので何が入っているか不明のソフトドリンクということになる。健全と言えるかどうかは疑問。とりあえず肉、肉って気分の時に行く店は見つかった。そして土日は休み。週休2日の威力は絶大だ。




# by kienlen | 2017-07-14 19:53 | その他雑感 | Comments(0)

連休明け

三連休から開けた本日、出社拒否の気持ちが分かるなと思いながら行った。帰省から戻った人たちのおみやげの甘いお菓子が机の上にあった。タイの生活が合う人の条件の中に甘いもの好きは確実に入る。鹿児島出身の友だちがいて、鹿児島も甘いのでバンコクのドリンクの甘さとか食事の甘さはいいと言っていた。それだとここまでの苦しさはないだろう。私の場合はワインが好きなので、これで十分な甘さがあり他はあまり必要なかった。しかしここにいると何でも甘いのでワインを美味しく飲めないのが残念。甘いもの食べてワインって、全然美味しくないです。ああ、美味しいチーズが食べたい。それと信州の美味しい野菜が食べたい。それと普通の日本食、熟成の進んだ味噌。なんだか深刻な状況になってきたような気がしなくもない。まあ、インスタントの味噌汁でも十分美味しいです。貴重なのでゆっくり消費しなければと思いつつ激しく消費している。
# by kienlen | 2017-07-11 21:32 | その他雑感 | Comments(4)
今日は友だちが日本からパキスタンに行く途中でバンコクに寄ったので、1日一緒に遊びに行った。チャオプラヤー川のボートで北上したくて予定していたが、朝方雨が降っていたので、行きを電車にして帰りをボートに変更。ただ、その電車の駅から船着き場までは地図で見ると随分離れているようで、ネットで情報を調べてみたがそんな酔狂な需要はあまりないようで分からない。成り行きで行ってみるしかない。いったん電車で終点まで行き、何もなさそうなので、電車の駅の人に船着き場に近い駅を聞いて戻ってそこで降りた。しかし、やはり船着き場は見当たらない。川辺にいた人に聞くと、この辺に船着き場はないからタクシーで行け、ずっとあっちだ、ということ。タクシーに乗って「一番近くの船着き場」と言うと、いくつかあるというから、一番近くと強調。

そのうちに運転手が水上マーケットがあるから行くかというので、てっきり水上マーケットのある船着き場があるのかと思って、行く、と答えた。ところが途中で、週末はやっているが今日はどうか分からない、と言い出し、まあしかしどうせ船着き場に行くのだから、マーケットがやっていなくてもいいやと思って行ってみることにしたのだが、ふと不安になって、そこって船着き場があるのね、と聞くと、あるということだが、なお気になってチャオプラヤー川沿いよね、と聞くと運河だから違うという。そして一体あんたはどこに行きたいのだ、と最初からの疑問をまた口にするから、だから船着き場と何回目かの答えを言ったが、そうだ、自分はもうチャオプラヤーの特定のイメージがあってそこだけを思いながら伝えようとしていたわけだが、相手は観光客だから観光地に行く=この辺りなら水上マーケット、との思い込みで話していたのだ。しかもボートは色々なタイプが走っているから船着き場は色々ある、とも言える。運転手としては観光客は名刺を見せてここに行けとか電話番号言ってくれれば直接話して連れて行くのが普通なのに、何だよ、頭が痛いぜ、と言いつつ食い違いに納得したころはムダにたくさん走っていた。通じるって何かについて考えさせられた。

# by kienlen | 2017-07-10 19:35 | 言葉 | Comments(0)

また食事のこと

今日はどこに出かけようか、あるいはバンコク初の読書の日にしようか迷って、決めるのは後回しにしてとりあえず本を読み始めたら夫から電話がありランチをするかというので出かけることにした。待ち合わせ場所はタイ語風に言うとサヤームで、日本風に言うとサイアムで、スカイトレインの2つの線の乗り換え駅でいつも混んでいる場所。しかし夫は全然来なくて腹が立ち不機嫌になる。何度も電話して、するとアソークにすると勝手に場所を変更。はあ、と思ってアソークに行き、もう待つのも嫌なので駅直結のターミナル21というビルに入った。するとすぐに電話があり、とにかく落ち合ったのだが、当方は超不機嫌。
f0104169_19463604.jpg
土日は、ひとりじゃあイヤだなと思うカンボジア国境に行きたいとか考えていたのにベトナムに行ってしまうし、じゃあもうこのまま会わずに日本に帰るのかと思ったら突如として連絡あるし、それで時間はいい加減だし。しかしこういうのは今に始まったことでないのにいちいち腹をたてる自分も自分であることに気づき、ご飯とした。イサーン料理の店に入ってみたが、頼んだのはイサーン料理ではなかった。甘いししょっぱいしで、うーん、雰囲気はいい店だったけど、そして価格は高級な店よりは多少安目とはいえ、食事は本当に高くなりました。量は少ないし。で、夫によると場所を変更したのはサヤームは高いのでこのビルに来たかったとのこと。彼は私の読書傾向と全く違ってビジネス書なのだが、このビルのオーナーに関する本を読んだそうで、それによるとオーナーが、テナント料を安目にして空き店舗なしにし、安目に売ることで人を呼ぶという方針でやっているのだそうだ。

それを聞いて私の機嫌はすっかり直ってしまった。というのは、このビル、ちょっと不思議だなと思っていたのだ。何しろバンコクの超一等地にありながら、他の、いかにも高級で誰が買うのよ、金持ち天国バンコクだ、としか思えないようなショッピングセンターと趣が違うのを最初から感じていた。カッコつけてないし、価格も高くない。そして賑わっている。フードコートなんかものすごい混雑でレストランも待ち人でいっぱい。トイレがきれいで、掃除している人がメイドカフェみたいなユニフォームを着ているのも珍しい。それを夫に言うと、社長自らが常に点検しているのだそうで、そして店の営業時間も延長したのだそうだ。今は裁判を抱えているとのこと。こういう話しは面白い。ビジネス書だとタイ語で読むのもそんなに難しくないかもな、ちょっと挑戦してみるかと前向きな気持ちになった。結局こういう話しが面白いのだ、自分の場合。というわけで気分が良くなり、サヤームにも行きカフェにも寄ってバイバイしてきた。
f0104169_11544764.jpg
昨日友だちと行った所は日本を強調したもののようだったが半端な印象がぬぐえなかった。鮭定食を食べたが、日本を強調するなら置く位置も正した方がいい感じではないでしょうか。あ、ジャポニカ米がなかなか美味しかった。タイ産だとしたらかなりのレベルになっているようだ。



# by kienlen | 2017-07-09 20:21 | その他雑感 | Comments(0)

迷いながら学ぶ

昨日はバンコクまでバスで2時間ほどの町に住んでいる知り合いが上京できるというので会うことになっていて、東方面のバスターミナルのある地区で待ち合わせた。スカイトレインで行くと簡単で速いが、時間があることだし別の方法を調べて、バス乗り継ぎ1回で行けそうなことが分かった。タイ人に聞いたらいくつも乗り換えで2時間はかかると言われて、そんな手間までかけるのは止めようと諦めていたのだが、1回乗り換えならたいしたことない。それにバス路線も興味深いし、知りたい。10時の待ち合わせに対して7時に出発。バスを待つが全然来ない。どうも休日の朝便は相当間引きしているように感じられる。とにかくこういうことは体験してみないと分からない。30分強待ってやっと来たので乗り、バスの車掌に乗り継ぎできるバス停を聞こうか、いやいや会社も違うし知らないかも、客も多いし面倒だ、それにここらへんでいいはずだし、と思ってベルを押すと、運転手と車掌に大きな声で「どこで降りるんだい」と聞かれた。

まっすぐな道の途中のバス停と思っていたら、別の通りに入る直前で、次のバス停はそっちの通りになってしまうということだと思われるので、大変親切な運転手と車掌さんであった。それでここぞとばかりに「149に乗り継ぎできる所」と答えたら「なにい、もう来すぎている、戻れ」と言ってバスを停めてくれた、というか降ろされたというか。でも、人の気配は少ないし一方は高い壁だし、あんまり一人で歩きたい雰囲気でないので戻るのは止めて、徒歩でチャオプラヤ川の船着き場に行けることを知っている場所でもあったのでそっち方面へ。とりあえず対岸に渡ってしまおうと思って渡し船に乗ったが、次にどうしていいか分からない。高級ホテルの前でインフォーメーションというブースはあったけど開いていないし、それにこんな高級ホテルでバスの行き方を聞くのもお門違い。身分社会のタイではバスに乗るような貧乏人は軽蔑されるのです、なんて、ほんとのこと。で、バスは諦めてこの高級ホテルの船着き場からスカイトレインに乗れる船着き場に行こうとしたら、ここじゃないと言われる。どうもこちらは観光客向けの気配。で、そこにいた人に聞いて少し歩いたらあった。
f0104169_11485061.jpg
客は皆無だった。そしてさっそくボートが来たので合図したのに、往路と復路の船着き場が違うのか、行ってしまった。ちょっと待っててくれれば間に合ったのに。時間はたっぷりあるのでいいのだが、何しろ誰もいないのでここでいいのか心配になり、奥の方で話し込んでいるユニフォーム姿のタイ人男女がスタッフのように思われて尋ねると「来る、来る、落ち着け」と言われた。一応確認しただけなのだが、焦っているように見えたのでしょうか。そしてしばらくしたら船は来た。妙に豪華な大げさな船だった。
f0104169_11524370.jpg
まあ、そうは見えないと思うが・・・。車掌がすぐ切符を売りに来るので値段聞いたら切符の数字を示された。19バーツ。目的地までは2、3分で到着。サパーン・タクシン、つまりタクシン橋という船着き場はスカイトレインとつながっているので外国人も大勢乗り降りする。もっとも外国人が多いのはここに限らないが。結局ここからスカイトレインに乗ってしまったのでこれまでの苦労は何だったんだ。スカイトレインが高いから節約しようなんて気もあったのにそうもならなかったし。しかしその友だちから早く着いてしまったと連絡があり、すぐ行くことができたので良かった。
f0104169_11510733.jpg
ターミナルは多分変わってないような感じ。えー、ここからビエンチャンにもアンコールワットにも行けるんですか。今の自分の状況には目の毒。
f0104169_11515764.jpg
久々に会った友だちと日本の店だらけのショッピングセンターで食事してカフェでコーヒーを飲んでおしゃべり。私の好きなタイプのパンが売っていて試食したらすごく美味しかったが、高価なので諦めた。
f0104169_11502270.jpg







# by kienlen | 2017-07-09 12:38 | 地域 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen