2017年 10月 05日 ( 1 )

水上家屋の廊下を歩く不思議

ご近所散策の何回目か。運河はもう何度か写真をアップしたのでくどいが、好きなので。それに鉄道の橋の上から運河を望むなんてロケーションはそうそうないと思う。
f0104169_20235713.jpg
このボートは観光用で、眺めていたら外国人ツーリストが楽しげに手を振るので振り返した。来いよー、みたいに手招きされて、そりゃ行きたい気持ちは山より高いが、飛び込むわけにもいかないし諦めた。で、背景に写っているタイプの水上家屋だが、運河に面した部分はテラスというか廊下になっていて、ここは歩行者用の通路なのである。
f0104169_20251281.jpg
こんな風な。昔はここで店を営んでいた所が多いそうだが、今はこの辺だと数少ない。観光用になったら軒並み店になるかもしれない。実際、アーチストハウスになっている所もあり、前に自分が観光ボートの観光客になってこの辺に来た時はそれがあったので、また探しておかねばと思っている。この間この廊下を歩いていたら魚のエサを売っていたのでちょっと撒いてみた。ものすごい大量の魚が集まって来てギョッとした。こんな大群に押し寄せられたら家が倒れるんじゃないかと思ったくらい。で、この廊下がどこまで続いているかというと、ちゃんと外に出られるようになっていて、要するに近道なのだ。普通の家であるから、住んでいる人が裸で寝ていたり食べていたりテレビを見ている様子が丸見え。タイっぽい。こうして育つと、プライバシーがどうのこうのって発想は希薄になるだろうと思う。



by kienlen | 2017-10-05 10:41 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る