2017年 08月 03日 ( 1 )

タイ人的旅行

日本人と中国人各ひとり以外はタイ人という2泊3日のツアーでカンチャナブリーに行った。悪名高い泰緬鉄道のある所。ずっと昔に何度か行ったことがあり好きな場所ではある。森があるし野菜と魚が美味しいという印象だった。
f0104169_20442059.jpg
f0104169_20424318.jpg
途中で寄ったのは30メートルを超える高さの仏像のある公園。まだできて5、6年ということだった。素晴らしい博物館もあり暑さと日差しの強さを除けば日本でもおかしくないというくらいの環境だった。
f0104169_20444688.jpg
次はお寺にお参り。タイでお参りする場合はお坊さんの話しを聞いて喜捨するのが普通で、この日もそうだった。こんな感じです。
f0104169_20451646.jpg
新しいお寺でピカピカ。ランチはこんな感じですね。とにかく食事にうるさい方々なので食事の評価がツアー会社の善し悪しにつながるようである。
f0104169_20454037.jpg
バスの隣席もホテルの同室もタイ語のまったく分からない中国人で、タイ語のガイドの話しの要点を英語で話すことになった。といってお互いネイティブでない言葉でのコミュニケーションはシンプルなレベルに留まるが、中国人だと筆談ができるのですごく便利で漢字圏のありがたさを感じた。酸っぱいのが嫌いというのは酸で通じるし、甘いのが嫌いも甘で通じる。素晴らしい。つまり彼女は酸っぱいのも甘いのもダメなのでタイ料理はもう全然ダメなのだった。Facebookで友だちになるため、名前の検索したがなかなかうまくいかず、そうだと思って昔ちょっと勉強して覚えている数少ない中国語のひとつである自分の名前を言ってみたら、なんと通じて検索できたのだった。面白い。






by kienlen | 2017-08-03 21:25 | | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー