2017年 05月 29日 ( 1 )

後悔ってこういう気持ちなのか

後悔なんて分からない、と思っていた。どうせ何かを選ばなければならないのだから、その選択を悔いたところで何の意味もないのだからと。しかし今、後悔ってこういう感じかなあというのが想像できるようになっている。いくつになっても学びです、っていうか、今までの人生何だったんだ、いい歳して何も見えてない自分。おかし過ぎる。そもそも究極のミスマッチ環境である。そしてそれは分かっていたことなのだ。これであり、これであり、これであり、ひとつもマッチしているものがないではないか。もう大笑いである。この歳になってこれだけの期間を棒にふるのはもったいないなあとも思ったりして。来年はまた旅をしよう、と、来年の夢を見ながら耐えることにしよう。後悔というのはまあ冗談ってことで。

昨日は友人とランチの約束があって街へ。彼らはリッチである。豪邸に住んでいる。食事の場所がいつも高級である。タイ風に前回ごちそうになったから、次は私が払うと思ったけどあまりの高さに怯んでいたら400バーツちょうだいと言われた。日本円にしたら1200円くらいで、そんなランチはしているのに、こちらだと簡単な食事の10回分である。よって1万円くらいの感覚になってしまう。で、400バーツ出そうとしたら350バーツしかなくて友人に値切ったら「ははは、高めに言っておいたのよ」と言われた。冗談だろうけど、これがタイスタイルである。とにかく、味やサービスで満足感のある店だったら良かったのだが、かなりいまいちだった。そもそもが高級住宅街でリッチそうな客が大勢いたけど、美味しくないし、高いし、サービスだって全然良くない。どうもバンコクの料理はう・・・・む、である。とにかく甘い。リッチな友だちとの付き合いはそれなりの覚悟がいるが楽しいのでちょくちょく会うし、そもそもお友だちみんなリッチ。これも謎。

by kienlen | 2017-05-29 21:31 | その他雑感 | Comments(4)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る