2017年 03月 21日 ( 2 )

閉じこもり

夫が駅まで送ってくれて助かった。ひと月分の荷物なので重たい。勉強用とひと月の読書用とで20冊持参したから、それが一番なのだが。出る時に夫に「一か月も自由がないなんて」と言ったら「自分で決めたくせに不満を言うって何ですか」と言われた。おっしゃる通りです。そういえば彼は不平不満というものを言ったことがない。連休明けなので空いているかと思ったらとんでもなくて、駅も新幹線もしっかり人がいっぱいいた。そうか、移動の時期なのだ。季節感のない仕事の上、子どもがいないと世間のことが分からなくなる。そうしてじょじょに社会から引退していくのだというのを実感する日々。

それなのに新しいことをしようというのだから物好きといえばいえる。まあしかし、それだからこそできるわけで、とにかく決めたことだし、施設に到着して部屋に入る。普通の狭いビジネスホテルと同じ。夕食は施設内の食堂を推奨とあったので、荷物を全部出して所定の位置に納めてから行く。お仲間は若い人ばかりに見える。向かいにも隣にも人がいたけど、話しかける気にもなれず5分くらいでカレーをさっと食べて部屋に戻る。しかし、ひと月缶詰で歩かないって大丈夫なんだろうか。退化、老化が急速に進行したりして。散歩したくなる環境のようにも感じられないが、着いたのが暗くなってからだで周辺をまだ見てない。仮に素晴らしい環境としても時間はない。

by kienlen | 2017-03-21 20:40 | その他雑感 | Comments(4)

野菜を片づける

出発前に目安にしていたところまで一応終えた。仕事の前倒しも最低限はやり、最後の問題は野菜だった。父からもらったのがまだ余っている。白菜やら大根やら玉ねぎは夫の店で使うのでいくらあってもいいが、長いもとかぼちゃは店では使わない。長いもはタイに多分ないし。ここ何日かご飯代わりに生の長いもとかぼちゃのみそ汁を食べていたが、それでも終わらないし、ご飯代わりに食べると米が全く減らず、これはこれで困る。ひとりってこういうことで、ひとりが多くなるとどの家でもこういうことになっているに違いない。友だちにやるといっても、わざわざ取りに来てもらうほどじゃないし、と思うとやりにくく、結局蒸して冷凍にすることにした。ほうれんそうも一つかみあり、私はほうれんそうそのものはさほど好きじゃないけど、根っこの赤い部分だけは好き。小さいのを引っこ抜いてあるので、この赤い部分がたくさんあるのは嬉しい。
f0104169_11152632.jpg
朝食に、このほうれんそうと蒸しかぼちゃ及び蒸し長いも、及び野沢菜の蕪をそのまんまで。野沢菜の蕪は生で食べるとシャキシャキで結構いけるのだ。料理上手なら色々やれるのだろうが、料理できない上にひとりだとますます何もしないでそのまま食べるだけ。芸がない、文化レベルがごく低い。動物のエサといってもいいような皿である。今日は雨で駅まで重い荷物をどうしようかと思っていたら夫が送ると言う。本当に実行してくれるとありがたい。当分こういう野菜は食べられないので食いだめ。そもそも長いもはどこでもできるもんじゃないし。父が野菜を作る張り合いのなくなるのが心配。夫はタイの野菜を作ってくれと言っているが新しいことに挑戦するには歳がね。

by kienlen | 2017-03-21 12:32 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る