2016年 11月 09日 ( 1 )

柿と芋

一瞬で終わるのにものすごい重圧の仕事のために、その仕事の関係者以外誰にも会わず、その仕事の関係地以外どこにもいかず、誰とも話さずに閉じこもって勉強していた。つまり自分のキャパを超えるという意味ではあるが、おかげで楽しい日々でもあった。結局こういう閉じこもってコソコソしているのが好きということかもしれない。気付いたら大統領選挙の結果がでていたことを、帰国の連絡も遅れていた父を今日になって訪ねた実家で知った。父を訪ねた大きな理由は柿をもらいにいったこと。今年はどこもかしこも柿の木がかわいそうになるくらいの豊作。あまりに身近過ぎる柿は好きではないが、干し柿は好きなので、いつもは父からもらっているのを今年は自分でも旅行前に急いで少し干しておいて、戻って食べたら半生なのが美味しく懐かしく、これならもっと食べたいと思ってもらいにいったのだった。30個くらいを引いて物干しの片隅に干すのだ。楽しみ。
f0104169_22553374.jpg
それと、このところ毎日食べているのはさつまいも。家の中で完結の日々は今日で終わりで、明日は名古屋へ。
f0104169_22554122.jpg


by kienlen | 2016-11-09 22:58 | その他雑感 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen