2016年 07月 20日 ( 1 )

駒ヶ根行き

駒ヶ根で、珍しく夜の仕事。あまり緊張するものだと仕事の前にリラックスもできないけど、今日のは大丈夫だったので、昼間は遊ぼうと思って朝から出かけた。いつも辰野を通るたびに和の豪邸の並ぶ町並みがいいなと思っているのだが、通り過ぎるだけだったのを、今日は時間もあることだし「かやぶきの館」という看板につられて山の方に入ってみた。
f0104169_22152078.jpg
日差しが強くて外に出て写真撮る気になれなかったので車の中からメモ的に。ちょうど田んぼのグリーンも深まり日本の里山の典型という感じ。きれいでわき見ばかりしていた。
f0104169_22150772.jpg
駒ヶ根の温泉に行ってみようかと思っていたが、せっかく随分な山の方まで来たので、辰野のここでお風呂に入ってさっぱりすることにした。素晴らしいハコモノで、受付でお金払って歩きかけたけど風呂の場所が見えない。聞いたら「廊下をずっと行ってください」と言われた。本当にずっと先だった。温泉でない代わりに薬草湯とかハーブ湯とか炭湯とかあり。客は2、3人だけで快適。
f0104169_22145137.jpg
f0104169_22184333.jpg
色々な剥製があった。いくらでも捕れそうな環境。施設内に食堂があって、よほど食べようかと思ったが、やはり前から一度行きたかった養命酒駒ヶ根工場のレストランに行ってみることにする。前に入口までは行ったことがあるけど、時間が合わなくてこれまでチャンスがなかった。仕事があるとすればだいたい午後なので、物理的にも気持ち的にもゆっくりしていられない。夜まで自由とは貴重なチャンスだ。
f0104169_22183417.jpg
レストランかと思っていたらカフェだった。食事は2時までで、ギリギリ間に合った。森の中に工場と、蔵を利用した売店などがあり、自由に散策できて工場見学も30分ごとにあってひとりでもOK。時間があったので全部体験した。環境良し、サービス良し、いくらでも時間がつぶせる。山歩きはしたいが動物が怖い、という場合、こういう管理された場所なら安心。工場見学は写真禁止。ここ10年で自動化が進んだそうで、最新の機械が面白かった。
f0104169_22192312.jpg
f0104169_22180916.jpg
苔とシダと清流は私の三大フェイバレット。中央アルプスの麓で良質な水が豊富。
f0104169_22164359.jpg
f0104169_22171607.jpg
f0104169_22172677.jpg
帰りの夜の高速道路は大型トラックが多くて、それにもう目が疲れていて怖かった。明日は早朝からブルーベリー摘みなので帰ったらすぐに寝ないと、と思っていたら、明後日にしてくれとのメールが入っていた。ほっとした。夜更かしできる。


by kienlen | 2016-07-20 23:32 | | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る