ラオス・ビジネスセミナー

ライスビジネスセミナーというイベントがあって、駐日ラオス大使も話すというから行ってみることにした。朝一番から仕事で朝二番も仕事でずっと人と会いっぱなしだったので疲労感があったが参加。ラオス語が母語で最近、弟の妻がラオス人だからラオスでビジネスをするのがいい、などと言っている夫も誘うと珍しく行くということで珍しくお揃い。こういうセミナーって、通訳が入って逐次訳すと時間がかかるから、段落ごとに原稿を読むというスタイルがあるが、それだと形式的でつまらんな、と思っていたら逐次訳していて、時間はかかったが誠実なのが良かった。大使のテーマは「ラオスの外資受け入れ方針」。ラオス語はタイ語と似ているから聞いていても面白い。夫は珍しく母語を聞いて喜んでいて、質問するのだと最後まで待っていたのに質問の時間がなくて残念だった。大使に続いて、日本ラオス協会参与という方が演題に立った。タイトルは「ラオス並びにインドシナ地域でのビジネス展開」というもの。

ずっと現場にいた方なのでニュートラルに網羅していていい話しだった。汚職についてもきちんと説明する必要があるということで、汚職事情が入っていたのもなかなか。タイがリーダーになるかってところで今回の政治の混乱である。もちろんテーマからしてそれに触れないわけにはいかない。夫は「タイはいろいろ恵まれているのに人だけがダメだ、残念だ」を繰り返している。メモっておきたいことはあるのだが、体調すぐれず。食欲ないしアルコールも受け付けない。明日は本気で在宅仕事しないとならないので早く寝ることにする。夜は友達が忘年会を夫の店でやるというので顔を出したが、濃厚な日だったり不調だったりで疲れて早々に失礼した。
by kienlen | 2008-12-17 22:03 | タイ人・外国人 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る