ひとり言

インド行きで1週間くらいの留守なんてたいしたことないと思っていたが、そうでもないのだった。2-3日だと前後調整すればなんとかなるが、1週間になると、自分の仕事の単位からいって前倒しで片付けておく必要が生じてくる。で、そういう時に限って全く思いがけない仕事の話しがあったりする。仕事を断るなんてあり得ないと思っていたが、さすがに今日は受けられなくて泣く泣くお断りした。やりたい内容なので迷ったが、なんとかなるというボリュームではないから。ああ、残念だった。仕事の種類で本職と位置づけているのと副業と位置づけているのがあって、本日のオファーは副業の方だった。本職の方は時間があれば必ずできるというものではないから、スケジュールを組むのが難しい。うなったまんま1日終わって泣きながら酒に逃げたりする。副業の方は現場に行くか、そうでなくても割合と機械的なので時間さえあればなんとかなる。なごむ。

しかしいずれにしろひとりでやるしかなくて、誰かに手伝ってもらえないのが難点。それと、どちらもいつ皆無になるか分からず超不安定なのも難点。つまりかなり決定的な難点を抱えていて、副業はもう皆無モードに入っているから、今日のは貴重だったのに…。こんな状況じゃなければ受けたかったのに…。「来年だったら受けるのに」と言って「ムリ!」と一蹴された。ま、しょうがない。とりあえず今日一日がこうして回ったことに感謝。来年は暇になったらどうするかなあ、あれもしたいしこれもしたいし、でも暇だと時間はあっても収入がなくなるし、精神不安にもなるし、と非生産的な気分を払拭して希望を託すために2009年の手帳を買った。夕食後に突然息子が「本屋に行きたい」と天地異変の起こりそうなことを言うから一緒に行って、私は本を我慢して手帳。彼は珍しく本を2冊選んでいた。1冊は『ドキュメント死刑囚』だったから後で借りよ。
Commented by jun at 2008-10-24 16:50 x
チョリーッス。(これは、ちょっと失礼しますの略か?)
インドですか、いいなあ。私は行った事ないけど。本当に行くのですね。
暇があり、金があり、好きな仕事を好きにやる、というが理想ですね。
息子さんは跡継ぎのようになるかもしれませんね。
では。
Commented by kienlen at 2008-10-25 13:08
息子が跡継ぎ部分は大笑いしました。政治家じゃないんだから…。暇があり金があったら仕事するかどうか、ここはどうなんでしょ、やっぱやらざるを得ないという方が大きいかもしれない。
by kienlen | 2008-10-23 22:22 | 仕事関係 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30