一夜山登山で景色満喫

f0104169_199459.jpg

前から予約してあった登山の日だった。仕事がはかどっていないから1日丸々捨てるのは勇気がいるが、だからといって目先の仕事以外を捨てていると、それはそれで長期的にはナニであるから思い切って行くことにした、というか、キャンセルしないことにした。観光協会が主催するもので参加費1000円でお茶とパンフレットの配布、それに美味しい山きのこの汁がたっぷりふるまわれ、山頂では昨日からお供えしておいたというお神酒も飲めた。ま、そんなことよりも今回は明るく楽しい山歩きだった。落ち葉を踏みしめる登山道は広めで、石はあるがよけられる程度。坂道は結構きつい所もあるけど長くないから、前回の辛さとは比べようもない。好天で景色も抜群。戸隠の岩山と紅葉と針葉樹の緑もあって、稲刈りが終わった田んぼもひっそりとした里というか谷沿いの集落ものどかで、好きです信州という感を新たにする。

太郎山のメンバープラスひとりが今回のグループ申込者。で、そのひとりというのは、里帰り先のパキスタンから戻ったばかり。長期間の帰省だったから、周辺を周っていたのかと思って聞いたら「パキスタン人だとビザが出なくてダメ」ということだった。そして国内は「危ない」と言う。「危ないって感じる?」と聞いたら「感じる、感じる」。そうそう、この間のマリオットホテルの爆発があったのも帰省中。空港では近くにいた人がテロの容疑で捕まって、もしその人が捕まらなかったら自分たちが危なかったかも、という話し。「でも、一番怖いのは空港でチェックしている職員でしょ」と言っていた。山に囲まれたこんな場所で食糧自給で引きこもっているのが一番安全かも、と考えながら山を歩きながら世界情勢についても考えないわけにもいかない。タイもカンボジア国境で死者が出ている。カンボジアの国境に行く時は、地元の人にその日の様子を聞いてから行っていたしなあ。軽い登山を終えて周辺ドライブでそばソフトとそばを友人たちと3人で分け合って食べた。
by kienlen | 2008-10-19 20:24 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31