秋空の下を自転車で寄り道

在宅で集中したい日だったがちょうど真ん中当たりで外に行かねばならなかった。タイ人の子の支援ということで小学校へ。来日から3か月くらい。このところ多少日本語の単語がでるようになったが、かといって話せるほどじゃないし、文章で理解はまだまだ。私は子ども好きというわけでもなく教育にも全然向いてないのだが、タイの子と話すのはとても楽しい。田舎の子だから生活感があるのだ。この間は豚が生まれると尻尾を切るのだという話しをしていた。絵が上手でその様子を黒板に描いてくれる。生まれた時は尻尾がふさふさしているから、それを切るというが、それ、ホントかな。赤ちゃんがあったかくてかわいいから家の人に断って抱かせてもらったとか、情景が目に浮かぶ。今日は運動会が終わった直後だったのでタイの学校の運動会について聞いてみた。大きな米袋に子どもが入って、それでかけっこをするのが日本にあるかと聞くから、ないと言った。こちらも図解。面白そう。「転びやすそうだし危ないじゃない」と言うと「転んでも草だから大丈夫」ということだった。

仕事が詰まっているから帰宅すべきだったが、天気もいいし自転車が気持ちよくて、ラーメンとソバの対決みたいな食のイベントに行ってみることにした。チケットをもらってあるから1杯食べてみるかと思ったわけだ。ランチは済ませてあったがラーメン1杯くらい入るだろう。でも行列ができていて諦めた。待ってまで食べる気はなし。ついでだからすぐ近くの夫の店に寄る。そしたら久々に会うタイ人女性がいた。隣の町の夜の店に出稼ぎ中でここんとこ見かけなかった。ビールを勧められるから付き合いでちょっと。さすがに今日はリラックスできる心境じゃなかったら「なに、元気ないじゃない」と言われる。ビールを付き合わないとこういうことになる。で、こういう時に一番効く手はこれ。「考えすぎだから」と言ってみると、案の定「ダメダメ、考えるのダメヨ」と思ったとおりの反応。考え過ぎは悪であるようで、すぐこれだ。これでおしまいにしちゃう文化ってどうよ、なんである。
by kienlen | 2008-09-24 21:49 | タイ人・外国人 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31