少々疲れ気味なのはしょうがないかも

今日の外出はごくご近所のみで夕食は久々に家で比較的ゆっくり。息子も娘も家食というのは大変久しぶりのことだ。そもそもこの両人と話しをしたのも何日かぶりだ。息子は「漫画のデス・ノートを読んで」と勧める。「仕事のモードになっている時に気を散らしたくないから読みたくない」と答えると「ちょっと読んで仕事すればいいじゃないか」と言う。「そういうもんじゃないんだ」と言うが理解しない。そりゃあ、アナタは何かに集中しないから分からないでしょうよ、と言うと、集中なんかする必要あるのか、と言う。面倒だ、いつも面倒なことになる。アタシの場合はそうなの、としか言いようない。しかし、と一応は考える。珍しく会話しているんだから、漫画の1冊くらい読めばいいじゃないか、と。その方が共通の話題ができるんだし。半端に仕事していると失うものの方が多いよな、としょっちゅう思ったりもする。料理だってますます手抜きで食生活いい加減になるし、部屋は散らかりっぱなしだし、子どもと話すのも面倒になるし、メチャクチャ。

娘は実家でオリンピックばかり見ていたそうでやけにルールに詳しくなっていて解説してくれるのだが、今ひとつ関心が低いこともあってこっちも面倒。上の空。「おばあちゃんも全然オリンピックに興味ないんだよ。全然だよ」と言う。そうかもね。もともとテレビ見ないしね、ばあちゃんも。で、おじいちゃんの話し相手になっているうちに詳しくなったそうだ。はいはい、もう分かった。息子が訓練用のナントカボールを買ってきたからちょっと座ってみろと言う。これも面倒。だいたい悉く趣味違うし。逆に私が推奨することにキミが興味をもつことはないのだから。共通の趣味をもつというのは努力の賜物なのだろうか。今日はもうひと踏ん張りすると明日あくのだが、なんだか元気がなくなってきている…。だったら漫画読んでおいた方がマシだったか。もう遅い。
by kienlen | 2008-08-20 21:35 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30