コンビニでも販売の『「婚活」時代』

今日の午後、友人の引っ越しを手伝うために出て、その友人がコンビニに入った。私もついて入った。買いたいモノはないから雑誌売り場にフラフラ。そこで専用のラックに入ったこの本を見つけた。婚活という言葉をよく聞くようになったから読んでみようかな、でもそれは興味というよりは義務感みたいなものからだから買うまでの気にはならない。一応値段を見たら新書で行間広くて太字もあって1050円。迷うのはやめる。ドリンク売り場にいた友人にこの発見を報告したら「読みたい?」と言ってカゴに入れてくれた、というだけが正確ではないが、まあ買ったのは自分じゃなくて友人で、最初に読んだのは自分。著者は時代を掴んだ新語でいつも話題な山田昌弘先生と、少子化ジャーナリストという肩書きの白河桃子さん。学者の分析とジャーナリストの取材力が活かせるように交代で一章ごとに書いて最後に対談という形式。就職活動、つまり就活があるんだから、結婚活動、つまり婚活も必要であるという主張である。

こういう本を読むと自分の歳を感じる。だいたいこういう本を読もうという気になるのだって、もう時代が分からないからちょっと垣間見た気分になりたいからであって、それってもう全く時代が分からないお方が「今の子って○○なんだってね」とか単純に、自分には身についてない流行語を使ってみるのと同じかなあ。ヤダナ。山田先生のはいつも挫折しているが、これは一応最後まで読んだ。多分重要な指摘なのである。だって自分の周囲をみても結婚してない男女がひじょうに多いし、結婚したくないと思っているわけでもないし、なんだか36歳になってしまった、40歳になってしまった、50歳過ぎてしまった、みたいな感じだから、本で言っていることは分からないではないが、でも、なぜか苦手なのである。そもそもこの2人が誌上で出会って「婚活」という言葉が生まれたのはAERAだそうだけど、この雑誌が苦手な感じとよく似ている。本にする場合に焦点絞って問題点を明らかにするために単純化、なんて言っちゃいけないな、普遍化は必要なんだろうけど、それが行き過ぎているような気がしてならない。表現方法もかなり苦手。所有者に惜しげなく返却できる。
by kienlen | 2008-07-31 20:26 | 読み物類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る