ちょっとした思い付きで嬉しくなった

f0104169_11152933.jpg異様な蒸し暑さが去って、今日は空気が軽くて空が高い。空気が重たいと横になりたくなる。それでこのところつい横になる時間が多かった。おかげで本は読めるが他ができない。座って仕事するのも億劫なんだから立ってする料理はもっと億劫。このまま横になったまま何年も過ぎ行くのだろうか、まあそれも環境への負荷低いからいいかも、でも…というどん底の気分になっていたが、昨日父が採りたてのピーマンと茄子とジャガイモを持って来てくれたし、今日はおやきを作ることにした。この間、友達から作り方を教えてくれと言われたが、そんな大げさなものは知らないから「中力粉を水で適度な堅さにしてちょっと寝かせて、丸茄子を輪切りにして切れ目を入れて味噌はさんで粉で包んで蒸すだけ」としか言いようがなかった。

中国語の本を読んでいる時に中国料理の普遍性の例として、中華鍋に茶碗を伏せてその上に素材を載せて水をはったら蒸し器になる、というのがあって、さらに蒸した湯はスープにするとあって、私のように手の込んだ料理なんてできない者にとっても蒸し器には無駄を感じていて、でもそのままにしていたが、今日はおやきを重ねる方法を考えた。よくあるのはおやきを包む方法だが、そうじゃない方法ないかな、そうだ、シソの葉を一段目に敷いて重ねよう→シソの葉がない→ミョウガの葉はどうだ→外に取りに行くの面倒→そうだ、キャベツの葉があった。というわけで一段目に4個、キャベツの葉を敷いて2個、さらにキャベツの葉を敷いて2個と3段重ねにした。個数を減らす必要は全くないけど、蒸し始めて思いついたので作るのが間に合わなかった。トクした気分だ。エネルギーの節約にもなった気分だ。そこでパソコンたたいてエネルギー使うとどうかは別にして、食べよ。
Commented by wine at 2008-07-30 16:43 x
美味しそうですねえ。食べたい!私も教えてもらったレシピをもとに作りたかったのですが、この周辺の店(といっても、この町には数軒しかないのですが)には丸ナスが売っていなくて、台所には蒸し器がありませんでした(^^!)。やはり信州に帰らないとだめかなあ。
Commented by kienlen at 2008-07-30 22:58
wineさん、見かけは良くないですが今日のは美味しくできました。粉を練らない方がいいです。でもこれは丸ナスだから簡単に成型できるのであって他の素材だと少し練習がいるかも。蒸し器なくてもフライパンで焼くといいですよ。食べに来て下さい。来年は丸ナスを栽培すればいいと思う。
by kienlen | 2008-07-30 11:35 | その他雑感 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30