明日は在宅仕事をする決意

外出が多い、ということはイコール在宅仕事ができないということだった。さすがにもう限界。明日から頭切り替えないと危機だ、の儀式で映画を観に行った。古い古いモノクロの「ハード・デイズ・ナイト」を夜1回だけ800円で特別上映していたから、それを。突然決めて自転車で急いでいたら上映映画館に勤めている友人とすれ違った。結構混んでいて10人以上もいてびっくりした。若々しいビートルズを堪能して夫の店に寄ったら、夕食を毎日のようにタイ料理にしているブラジル人男性がいた。トムヤムクンを食べながら「ホントにタイ料理って旨いよな。俺もブラジルに帰ってタイ料理の店やるかな」といつものような話しをする。「ブラジルだったらハーブもいろいろ採れるから食材は揃うもの、いいじゃない、やれば」と私もいつものように言う。特製トムヤムを飲み干して「カーがないんだよな、どこにあるのかな、ブラジルの川のほとりでこういうのよく見たけど、あれかな」と言ってカーをつまんで、夫に「川のほとりにはない」とか言われている。

マクルートの葉は「これはあるから問題ない。ブラジルでも肉料理に使う」。次はレモングラス。「これさ、ブラジルにいーっぱいあるんだけど料理に使わないんだ」「え、もったいない、何に使うの?お茶?」「お茶にすることもあるけどちょっとね。道路脇にたくさんあって、そのまま、あるだけ、何も使わない」のだそうだ。タイ人をブラジルに上陸させたらすぐになくなるかも。もっともタイでも雑草のように増えて困るほどの草だから欲しがらないか…。「ところでポルトガル語を忘れるってことはないの」と尋ねてみた。「そりゃないよ」「話す機会あるの」「あるよ、友達いるし。この間も友達に会ってさ、派遣の会社しているんだけどね、その友達」「派遣かあ、なんで派遣なんか使うんだろ」「そうだよな、俺も大嫌いだ、あんなの。今いろいろ問題になってるじゃない」「なってる」「でもさ、もっとひどいのは中国人だよ。誰か告発する人いないのかな」「研修生?」「そう、研修って言ったってゴミ片付けだぜ、ありゃひどいよ。日本の政府もひどいね」。だんだん深刻な話しになってきた。ハードデイズナイトの歌詞を思い出すが、あっちは希望を感じるけど、こっちは…。
by kienlen | 2008-07-16 23:17 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る