モニターが壊れて元気なくしていた

パソコンのモニターが壊れてしまった。突然に真暗になっていた。機械の方はワードが使えないままだし、どうも怪しいなって気がしていたが、モニターは何の兆候もなかった。よって、ウチのモニターに限って…という心境で何かの間違いじゃないかと思って何度もスイッチを入れ直したがどうしようもない。真暗になった画面を覗き込むとカーソルの動きがかすかに確認できて、機械が壊れるよりはマシかと諦めた。、でも、かといって買い換えるにはお金がかかる。ぐっと落ち込んでいた。そのうちに、きっと要らないモニターをじゃまがっている人もいるんじゃないかと思い、そういう人からもらおうと思い、そして夫の兄ちゃんのことを思い出した。彼なら何かあるかも。

昨日の朝に電話すると、台湾に3週間行っていて、ちょうど帰国したばかりだと言う。ツイてる。トラブルがあると2、3日中にまた台湾に飛ぶということ。ますますツイてる。「モニター壊れちゃったけど余っているのないですか」と聞くと「あるよ、もうずっと使ってないから使えるかどうか分からないけど」「ちょうだい!」「いいよ、急ぎ?」「急ぎ、急ぎ」「じゃ、すぐ送るね」というわけで、予定外の出費は抑えられた。彼は普通に想像する一般的タイ人とはかけ離れているから、スグは文字通りスグなのだ。その電話のあとスグに「今送ったから明日着くけど、1年も使ってないから使えるか分からないよ」とご丁寧な電話があった。そして今朝方到着。使えるかなという心配はちょっとしたが問題なし。今まで分不相応に大きなのを使っていたのでサイズは物足りないが贅沢は言うまい。ろくに仕事してないんだから。というわけでやっと気を取り直す。機械が壊れていなくて幸いだった。しかしセットのモニターが壊れるということは危ないってサインかも。参るなあ。
by kienlen | 2008-07-09 14:18 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30