育児中の職探し成るか

昨日の深夜に夫から電話があった。「Jと遊びに行くから遅くなる」ということ。すでに遅いから、その上で遅くなるというのは朝である。「いつも連絡しないのになんで今日に限ってわざわざ電話するわけ?」と聞くと、なんとなくだそうだが、Jのお付き合いというオモテの理由があるから言い易いんだろう、きっと。「Jは朝帰りでもいいの?」と聞くと「奥さんの許可を得ているから今日は大丈夫」なんだそうだ。このJというのは、日本人女性と結婚して日本に来て2年か3年のタイ人男性。来日当初から、週1回の日本語教室の後は必ず夫の店に寄って、タイ人達と話しながらお昼を食べていたが、赤ちゃんが生まれてからあまり来れなくなってしまった。子育てに専念ということで。妻が看護師なので夫が専業主夫しているわけだ。私はたまたま義父と知り合いなのだが、たまに会うと「どうも娘の尻にしかれているようで心配だから話しを聞いてみてくれ」なんて言われる。「ま、タイじゃあそれ普通だから大丈夫じゃないですかあ」って言っておく。

が、大丈夫かどうかは分からない。先日は夫の店で新聞読みながら食事していたら夫が「Jが職を探しているから新聞で見つけてくれ」と言う。聞けばハローワークに連れて行って登録したそうだ。タイでは公的な職業紹介所がないからびっくりしていたそうだ。「ハローワークなんてアテにならないよ、だいたい日本語できなくて仕事探しは難しいでしょ」と私が言うと「それに保育園の送迎があるから9時から4時くらいまでしかできない」と夫も言う。だったら民間の派遣会社に登録してアルバイトはどうかな、と言うと、民間だと手数料取られるじゃないか、と言うが、それってタイの搾取の構造の一端であって日本のしくみは違うんだと言うがなかなか分からない。いずれにしてもちょっとしたバイトだって日本語で記入したりの必要はあるし、外国人にとってはハードル高いのは夫で経験済み。よく知っているブラジル人に現場仕事を紹介してもらうのはどうかと提案したら「Jみたいなチビじゃあ肉体労働は無理だ」と夫。外国人+子育て中+チビの3重苦か…。かなり難しそう。「ヘタに仕事するより家にいれば。奥さん稼げるんだから」と言うと「子育てばかりじゃ飽きるだろ」と夫。その通り。これも経験者なら分かることだろう。
by kienlen | 2008-07-06 20:37 | タイ人・外国人 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る