外出先で1日時間つぶし

1日中外にいた。ずっと仕事があったわけではなくて、同じ場所で別々にちょっとずつ午前1件、夜に1件。往復すると100キロだから一旦帰宅してもじきに行かないとならないし、ガソリン代も高いから高原のレストランでランチしたり、直売所で買い物したり、温泉に入って休憩したり、夕ご飯食べたりで時間とお金を費やしながら待つ。こんな風にするために働いているんじゃないが、と毎度思うが、これも楽しみと思うことにする。その間に雑誌を1冊読んで、稲葉振一郎と立岩真也の対談本を読んでいた。面白いが集中しないと分からないから時間がかかる。温泉に上っていく途中でソバの花が一面に咲いている畑があった。ソバは当地の名物であるからポスターの撮影なんかに良さそうだな、と思う。で、人のブログを見ていると上手に花を撮っているのが多いし、空の写真も多いし、でも自分ではそういうアートっぽいものはできないし、説明写真ばかりだが、花と空が同時にある風景だったので、車を止めて写真を撮ってみることにした。
f0104169_2352918.jpg

これじゃあ、広いソバ畑の様子が分からないし、ああダメだと思っていたら「ソバの花とってもいいよ」という声がした。え、写真撮るのに許可が必要なのかと思って振り向いたら、車を運転していた女性が窓をあけて私に声をかけている。「とってもいいけど、スカードじゃ、上れないか…」とも言っている。「この畑の持ち主の方ですか」と尋ねたら「そうじゃないけど。それソバの花よ」「あ、知ってます」「とってもいいのよ、一旦刈り取ってから種を撒かないと実がならないから。お浸しにしても美味しいよ」「あ、知ってます、美味しいですよね」と言うと「なんだ、知ってるの」と言って去ってしまった。「とっていい」は写真を撮っていいじゃなくて、花を摘んでお浸しにして食べるといいよ、という意味だった。「これがソバの花ですか!!」「えー、ソバの花って食べられるんですか!!」と驚いてあげた方が喜ばれたかもしれない、正直すぎる自分を、ちょっと後悔。でも「ソバの花のお浸しは食べたことあるけど美味しくなかったです」とまでは言わなかったのは正直すぎなかった。
by kienlen | 2008-06-30 23:15 | 出来事 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31