不確実性の真っ只中で

遠出続きだ。今日も2か所へ、電車と車にて。明日はゆっくりできるかと思っていたらまた遠出になって、ゆっくりの予定の方をキャンセルせざるをえなくなり、山の中のワイナリーでの友人とのランチ延期。今はそういう時期ってことで解釈しているが、効率という点からみると極度に悪い。移動以外に何しているのか分からなくなる。だいたい移動は自己責任だし。夫に「歳だし能力落ちていて仕事が遅くて間に合わない」と脅しにならない脅しをしたせいか、自分がしょっちゅう朝帰りの後ろめたさのせいか知らないが、明日も朝食と弁当はやると娘に伝えているらしい。とりあえず目覚まし時計に起こされないのは幸福である。今年は成り行き任せで自分からいろいろ考えないことにすると決めている。きた仕事をありがたくさせていただき、多分来年は失業状態になる可能性巨巨巨大なので、そしたら自分で模索していくしかない。模索してどうなるかってのも分からないが。

先日、ずっとハローワーク通いの友人から電話があった。短期の仕事をしては契約切れ。フルタイムで採用になったかと思うと問題アリアリで退職。何が原因って一概には言えないと思うが、つまり常に求人出しているような所はそれなりの所だってことらしい。同世代ということもあり、就職の難しさは痛いほど分かる。で、私もちょっと知っている所で採用されたが週3日のパートタイムということ。時給800円。「それじゃあ他のバイトと掛け持ちしないと食べられないよね」「そうなのー」という具合。雇われるのを前提にするのと、自営でいこうってのとは方向性が違うからなあ、私なんか参考にならないが「そこだったらいろいろな人と出会うチャンスがあるから将来のためのネットワーク作りには有利じゃないかな」と言ったものの、将来って言うには限りがあるような…、いやまだまだ…という、なんか半端な時期なんだな。
by kienlen | 2008-06-25 23:38 | 仕事関係 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31