縁ないと思っていたバトルってこれか…

この間の夜に息子の担任から電話があった。その時は仕事中だったが、そんな時間に電話があるって何事かと思ってすぐに折り返した。どこまで覚悟しているかと問うと、何があっても、と答えるほどの大胆さはない。どこかに、まさかあの子が、という気持ちはある。多分大方の親はそんなもんだろうと思う。それが甘かったと知らされたこともある。それを知って、一段高くなった覚悟への階段に足を乗せる。上まで行きたくない。そんなことをグルグル考えていた。担任の話しはこうだった。4月に遅刻が多い子が問題になってそれに該当するのでお便りを出して親の記入欄もあるが提出がない、どうなってますか?遅刻か…と思わずほっとしてしまうのを悟られてはマズイという気持ちも対外的には働いてマジメな声で対応した。先生としては、他に言いようがないせいもあると思うけど、親に通知を見せないのは知られたくないからだろう、とみんなの前で説教したと言うので「それはないです。家を出る時間ですでに遅刻が明白ですから、隠し立てしているとも思えません、単にだらしないだけでしょう。困ったことに説教に慣れすぎて効果ないんです」と言った。後はPTAの会議に参加するかどうかの返事がないということ。これも通知自体を目にしてないと、手数をかけたことを謝って翌日に対処することを伝える。

出先だったから電話で、すべきことを息子に伝える。「今夜中に親の欄は記入するから机の上に置いておくこと」と言うと「もう置いてある」。このところ、今までと明らかに違って自分の世界を作っているかのような息子に対していろいろ言うのは疲れる。反抗ばかりだから。自分の事で周囲が翻弄されているわけであって、アンタがこれをしなければこっちはこれで困ることもないのに、というだけのシンプルな話しなのに、当のアンタは周囲が細かい事に騒ぎすぎるとしか感じていない。今夜もそれでぶつかって、息子がドンと床に音を立てるから、こっちもドンと壁を手でたたいたらすごく痛かった。そうか、息子はドンを手で何度もやった経験から痛いことを知って足にしたのか。次はこっちも足だ。厚い靴下を用意しておこう。その件で関係者の1人である夫に電話をしていたら息子が「そういう細かい話しばかり何でするんだよ」と文句を言う。周囲は細かい話しばかりしているらしい。こっちは「そもそも私は細かい話しをするのは性に合わないが、あまりにおおざっぱだからせざるを得ない、その自覚はないのか」と聞くと、ないということだった。どうしよーもない。勝手にしろ!と啖呵切って家を出られても学校を止められても困るし、かといって迎合するわけにもいかないし。そうだ、知り合いの高校教師が言っていた。「2年生はホントに憎らしいが3年になると、もっといてくれって言いたいくらいに落ち着く」と。期待しよ。ふー。
Commented by jun at 2008-05-17 09:47 x
3年になって卒業が惜しまれるようになるといいですね。
ウチは小6と中1ですが、もっかの悩みはあまりご飯を食べずに、飴やチョコ、駄菓子、特にジャガリコなどばかり食べて遊んでいることです。母親(子どもの)がたまにキレてお説教をしていますが、どーしよーもない。
でも来週は修学旅行でTDL(ネズミの国)にいくので楽しそう。
そういえば、昨夜の雑談会でkienlenさんのことが共通の話題になりました。覚悟はいりません。皆褒めていましたから。詳しくは別の機会に。
ではまた。
Commented by kienlen at 2008-05-17 22:25
食事の悩みは多いみたいですね。ウチはどっちも食欲旺盛で、その点では楽な方だと思います。修学旅行でネズミの国ですか、びっくりだ。私はああいう所苦手なんで連れて行ったことがない。別口を見つけて子供らはしっかり行っているようですが。何だろ、噂。
by kienlen | 2008-05-17 00:22 | 家族と子供の話題 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31