『データの罠-世論はこうしてつくられる』

集英社新書で田村秀著。タイトル通りの内容。すなわち、データに基づいていることを自慢するかのように数字を挙げながらもっともらしく報道される内容の大方は眉唾ものであるということを、調査内容に踏み込んで述べている本。ごもっともだけどあまりに初歩的で飛ばし飛ばしに読んだ。これは高校生くらいが読んでおくべき本かも、あ、でもウチの高校生を見る限り、報道さえ見ないからダメか、ああ、もっと困った事態なのか、あるいはそんないいかげんな報道は知らない方がいいのか…寝た子を起こすか起こさないか論争に通じるとことがあるような、ないような。でも、いつも不思議に思うのは、新聞とかニュースで、本当にごもっともらしく市場調査のようなリサーチ結果を元に「-だからナニナニである」と断言に近いような報告スタイルがあること。根拠がインターネットでの調査だったりすると、じゃあ、ネット利用者の属性等をみて、一般的に言えるのかどうか、どの程度の誤差が想定されるかまで踏み込んでくれないと無意味でしょ、娯楽記事だったらそう分かる装いで登場してほしいです、って思っているからこういう本を一応読んだわけだが、実際このネットで調査に応じる人の属性と意識というのが書いてあって、そこは面白かった。

それによると、高学歴・未婚・小規模世帯・専門技術職かその他の職種・内職や自営業者・家事の傍ら仕事等々、うなずける。意識については、仕事や家事を含め生活全体で充実感が低い・職業能力に自信ない・平等社会より競争社会を好む・ひとつの企業で管理職になるよりもいくつかの企業で専門能力を磨くことを好む・日本型雇用慣行に否定的、などなど、興味深い調査結果である。社会調査では無作為抽出と回収率がとても大切だが、インターネット調査だとそもそもサンプリング自体ができない。商品開発等のための市場調査ならまだしも、公的な意味をおびるものなどは問題だが、他の調査方法より楽だし費用もかからないから増えているそうだ。それもうなずける。巷にあふれているのは、分析結果だけがほとんどだから、そうではなくて、どういう人に調査したかをオープンにしてくれると面白さは増すと思うし、妥当性について検討する大きな材料にもなるはずだ。というわけで部分的にはこういう興味深い調査の調査があったりするが、全体的には、これを知らずに調査結果を鵜呑みにするってあり得ない、と思えるほど初歩的で、7刷りまで売れていることが逆に不安をかきたてる。
by kienlen | 2008-04-30 17:30 | 読み物類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30