伴走者が多くて火は見えにくかった

f0104169_1213949.jpg

昨夜友人からリレーを機に意思表示をしたい中国人と一緒にそっちに行くという電話がある。今朝は目覚まし時計をかけてなかったのに、ヘリコプターの音がうるさくて目覚めた。様子を見に出てみようかとは思ったがなんだか面倒で寝ていた。しかし仕事をせねばならないから起きたところに仕事の関係の電話があった。直後に別の友人から電話があった。朝マックしに出たらえらい賑わいだということ。「善光寺に行かなくちゃならないから出ようかなあ」と言ったきりまだ面倒。でも取りに行くモノがあるから自転車で行くことにした。
f0104169_1222175.jpg

目的地に最短距離で行こうとしたら、いつも人が歩いていない通りを中国の国旗を掲げた人たちが大勢歩いているから楽しくなって、見学のために遠回りすることにした。車が少なくて人がたくさん歩いている。いつもこうだといいのに。用事を済ませての帰路も賑やかだった。沿道に警察がたくさんいるので尋ねたら1時間後にここを通過するということだから、一旦帰って食事して娘と出かけることにした。夫も来たが途中ではぐれた。
f0104169_1225320.jpg

中国人が横断幕を掲げる中に加わった。隣の男の子に話しかけたら、最初の子は日本に9年いるという割には日本語が今ひとつだった。次の子は日本で日本語を1年ちょっと勉強して筑波大学に入った私費留学生ということだったが、とっても流暢な日本語だった。国際総合を専攻だそうだ。「情熱がある若い時しかできないから」と来たそうだ。道路の両側でチベット支援らしき団体と中国支援らしき団体が声をかけあっている。これを機にデモの文化が根付くといいなとつくずく思った。出かけてみると楽しいものだ。火は一瞬しか見られなかったがその瞬間、中国人たちが一斉に声を挙げる。娘が「感動した」と言って楽しそうだった。中国旗を掲げた人々はすぐに移動。もうちょっと年配の男性は「中国から来ました」と言ってニコニコしながら「よろしく」と頭を下げて去っていった。毎週こういう雰囲気だと楽しそうなんだが。とはいえ、通りが赤い旗で埋まる光景をみんなが楽しめるかというと難しいかもしれないが、とりあえず私が見学した地点では何の問題もなく面白かった。
Commented by jun at 2008-04-26 12:50 x
新聞よりの早い早速のレポート。す、すごい。それも大きな写真入りで、臨場感も伝わります。今日のテレビでは「人権」ということを抑えた中継に終始したように思います。
そこで今日の一句。

「信濃路は 人権・堅持 恥の無し」
しなのじはじんけんけんじはじのなし

日本人は対照的に静観でしたが、人権の堅持は支持していますので信濃路ではかろうじて恥はなかったのかなあ。
個人的には生卵でも投げつけたかったですが。必要以上に取り押さえた警官にですが。
失礼しました。
Commented by kienlen at 2008-04-26 18:30
おおう、傑作、一句。報道を見ると駅前あたりは結構な騒ぎだったようですね。あんまり関心なかったけど行ってみると楽しかった。それと意思表示手段としての非暴力デモがもっとフツウになればいいと本日は強く感じました。
by kienlen | 2008-04-26 12:34 | 出来事 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー