入学祝いの買い物

娘の中学入学祝いは自転車ということになっていた。人の買い物は面倒であんまり行かない。自分のだと、その気になった時に行けばいいが、相手があると相手の都合と調整しないとならない。だから買い物はたいてい父親が付き合ってきた。でもこのところ我が家における父親の存在は限りなく薄くなっている。あんまり家に寄り付かないし、寄り付いた時はほとんど寝ているし、子どもらは子守が必要な年齢じゃなくなっているし諸々で。しかしこういう家族関係を思うと将来が限りなく不安である。もっとも将来そのものは限りあるものなわけだから、いいか、とお茶を濁している毎日だ。それで今日は自転車を買いに行った。まず私が自分の自転車をひっぱって、手ぶらの娘と徒歩約30分。ホームセンターで自転車を選ぶ。小学校の時のは小さいし、かなりガタがきているので新車購入は止むを得ない。チビではあるが、なんとか大人用で足が届くようになっている。2人で自転車をこいで帰宅して、ラーメン食べてから買い物の続きへ。筆箱とかペンとか細かいモノ。娘はこういう細かいモノが好きだ。息子は文具などあんまり必要なし。

お目当ての文具は書店にあるという。私の方は、その書店の入り口に告知があった講演会に興味を持った。会場である書店内喫茶店の前で、しかし講演で1200円は高いなあ、しかし仕事の一環と捉えて聞くかと、娘に向かってじゃあ独り言同然に躊躇していたら、担当の方が来て小声で「いいですよ、無料で」と言ってくれた。ええ!とびっくりしたら、いいからいいからってことでありがたく席に着いた。娘は漫画の立ち読みへ。なんてラッキーなのでしょう。といっても私はちゃんと正規料金でイベントに何度も訪れているし、本だってかなり買っている方だし、このくらいどってことはないとは思う。お話しは楽しかった。ありがたかったので、ポイントの割合がいいamazonで買いがちになっている本を、本日はこの書店で購入。新書5冊と雑誌1冊。型にはまってない商スタイルは商売上手でもある。帰路は雨の中を娘と自転車を走らせた。寒かったが、なんとなく楽しい日だった。こんな機会は減る一方だものな。
by kienlen | 2008-03-30 21:21 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る