出だしが低いから右肩上がりの日

昨日はいろいろ詰まっていて深夜の帰宅で、今日は、昨日から今日にかけての出来事でどんよりしていて、ぐっと落ち込んでいてメールチェックもする気になれず、活字に集中できそうになく、漫画を読むことにした。やはり友人から借りた「働きマン」。1巻目は面白くないなあ、引き込まれないなあと思いつつも、なにしろ無気力だったからそのままパラパラ見ていた。2巻目から面白くなって続けて読む。若い人向けかなと思うが、熟年が読んでも、まあまあ…か。しかしこの間のウシジマ君があまりに刺激が強かったので、並のものでは物足りなくなっているようだ。かといって気分が上向きになるわけではなくて友人に電話する。少し持ち直して漫画に戻る。朝食を食べてなかったことに気付いて残り物を食べたところに友人の突然の来訪。ちょうどコーヒーを淹れるところだったし、こんな気分だし、すべきこともないしで上がってもらって雑談。気が晴れてくる。

それから、朝こねておいた粉でうどんを作った。大量の大根と人参と豚挽き肉を具にして、塩としょうゆと味噌で味付けして煮込みにしたら大変美味しくて、娘と一緒におやつで食べる。それでなんとか元気が出てきて、夕方はNPO関連の会合へ。それから夫の店に友人と行って少々の飲食でかなり長話。持つべきは友であって、今日なんかそれで救われた。夕方になって初めてメールチェックしたら、励まされるのがあって、これもありがたい。暖かくて雨が降った。春は近い。明日は娘の実家行きのついでに、昨日届いた卓上精米機の性能を試してみよう。楽しみ。この間会った友だちに「精米機買ったけど、あちこちにあるコイン精米機の方が誰に聞いても美味しいから使ってない」と言われた。そんなんじゃないことを願っている。
by kienlen | 2008-03-19 23:37 | 出来事 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー