流れる雲と時間と

抜ける日が増えている。気に入らない。昨夜は日記を書きかけたところに友人から電話があって、いつものように夜の外出をした。12時前に帰ろうと思っていたがダメだった。今日は30分の仕事のために運転200キロ近く。この時期の2つの山越えはさすがに遠慮したくて、どうしても省けない方の山は越えて、平らな選択がある方の道は下を走った。雪道なら雪道でそれなりの覚悟ができるが、塩カルをまきまくってもまだ凍っている場所が所々にある山道はそれなりに怖かった。必要な覚悟は、何かの時に救急車が来るのに相当な時間を要するだろうということ。でも、ため息程度でも飛びそうな薄い雲が真っ青な空を彩る景色は最高だった。山は毎日景色が違うので飽きない。だから30分のために遠出してしまう。今日は休養を兼ねようと決めていたので、帰り道に温泉に寄った。どこにしようか迷って初めての所に行ってみたら駐車場がいっぱい。混んでいる温泉は嫌いだ。帰りかけてから、一応様子をみようと思い直して受付の前に立ったら「大広間は満席」という立て看板があった。ということは、お風呂は意外に空いているかもと期待して入ってみる。

ほんの数人しかいなくて大正解だった。温泉の前にとったランチは、いつも通りがかるたびに気になっていながら寄ったことのない店にて。鹿肉や岩魚ありますのポップが賑やか。店内は男性客ばかり。好みの料理がいろいろあって迷った末に岩魚定食950円を注文。どんぶり飯と岩魚の塩焼き1匹と漬物とみそ汁を全部たいらげた。美味しかったな。道端の八百屋に寄るとイチゴを安売りしている。娘の大好物だからお土産に4パック1000円。アボガドがあって、アボガド好きな友人を思い出し、彼女にもお土産とする。その他いろいろ。それから地場野菜の直売所にも寄る。野菜その他をまたいろいろと、地元の人が焼いたコーヒーカップをソーサーとセットで購入。天気はいいし温泉に入ってあったまったし、気分が良かったから。こういう時につくずくと、人間は経済合理的な選択ばかりするわけじゃないぞと思う。私の場合の買い物は気分が優先する。通りがかりの町で未集金が1件あったので寄ると、韓国人の経営者が珍しくいた。これもご縁ね、ということで近所に新しくできた喫茶店でコーヒーを一緒に飲む。そんなこんなで帰宅は予定時刻を超過。夕食作る時間がなくて子どもらに適当にやってくれと言い残して、仕事関係の宴席へ。若い時は宴会って単なる時間と金の無駄だと思っていたが、この歳になって集りを楽しめるようになった。遅いけど。それに自分はどこにいても部外者だから気楽というか孤独というか。それもそれと、なんとなく、あの雲の如くに流れた1日だった。
by kienlen | 2008-02-29 22:37 | 出来事 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー