携帯電話を買う

「朝は粉物にして」と娘が言うので、このところずっと粉物にしている。今朝は手打ちうどん。昨夜のうちに野菜をたくさん入れた汁を作って粉を練っておいて、今朝切って汁に入れるだけだから簡単で美味で文句なし。息子は「餅は別腹」といつも言うくらいな餅好きなので、小豆を煮ておいて、今朝はぜんざいが朝食。餅は友達からのいただきもので、美味しくてとっても助かっている。そうして出払った後、やはり気になってしょうがなくて確認してみたらやっぱり、だった。携帯電話だ。約10年使っているもので、さすがにこのところ人前で取り出すのが恥ずかしいデザインだ。ただ携帯電話というのは私にとっては外で話すという用事が足せればいいので、他の機能は不要。しかし相手からするとメールを送れた方が便利だし、少し長電話していると電池が切れてしまったり、家にいて圏外になるのも不便なのである。また、夫と同じ会社にした方が家族割りもあるんじゃないか、とも思う。しかし壊れないものを捨てるのも心苦しく、そのままにしていた。が、この間の福島行きでもそうだったし、ちょっと知らない場所に行くと不通になる。これで仕事を失ったらえらい損害だ。それでも決断できずにいると、昨日から日時が動かなくなった。このまま壊れてデータを失うとやっかいなことになるなと思い始めて、突然だが本日決断した。

夫にちょっと話したら、ずっと買い替えを提案してきたものだから、それみろって感じで「今からなら行く」と言うので、夫がいつも利用しているauの店に行った。私にしたら10年前に家電の量販店で600円だか700円だかのを買って以来だ。サービス内容も契約も複雑で説明を聞いているだけでうんざりしてきたが我慢する。あっちをつければこっちを引くの組み合わせなのだが、あっちもつけずにこっちも引かずでもいいから、とにかく自分にとって必要なミニマムを安く利用したいのに、そういう選択をしようとするとやたらに高くなってしまう。一体何が何の価格なのかこうなると不明である。不思議な仕組みだが、要するにトクした気分にさせたいってことなんだろうか。本体価格何万円もするのが、あれつけてこれつけてでゼロになってみたりするんだったら、最初から適正価格で表示してくれという気分になってしまう。そんな事を言っていると時間が無駄なので適当なところで契約した。解約したのはソフトバンク。「解約の理由を教えてくれ」と言うので「ソフトバンクになってからお知らせメールが特別大きな呼び出し音で勝手に送りつけられるのがうっとうしくて嫌なんです」と申し上げた。こういう、次々と発表される新サービスをちゃんとフォローしている人っているんだろうか。携帯に関してはついていけてないことを認めるし、自分が進歩する気もなし。もっとも進歩は機械の方が勝手にやっているんだ。
by kienlen | 2008-02-04 14:06 | 出来事 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る