今日と明日は延ばすにも限界の仕事

やっと片付いた。もうちょっと残っているけど大勢に影響がないので強制終了ということにする、事務所兼自室の大々的なレイアウト変更。ずっと移動してなかった仕事机もパソコンも移動して本も資料も大幅処理。どうせあと何年生きるんだ、と思うと思い切りが良くなる。とってもすっきりして今日から頭も気持ちも切り替えるのだが、自分がすっきりしても家族、中心は息子がどうにもだらしないので気持ちも頭も萎えてしまう。しかし昨夜は高い所に、私には大きくて重すぎる旅行バックを上げるのを手伝ってもらって助かった。男手はこういう時にありがたい。が、そういうだけの男仕事が減っているのが現代なのだ。これも不自然であるように思う。それはともかく、3学期は遅刻回数をゼロにで当人も同意したのに早速寝坊していた。それで私も頭にきて再びゴロゴロしていたら宅急便が届いた。調子の悪くなったノートパソコンを夫の兄の来訪ついでに見せたら「すぐに直すよ」とは言ったものの、よくよく見ていたら壊れているということで、持ち帰って直すことになって「ダメになっているからちょっと時間かかる」と連絡があって、今日すっかり生まれ変わって到着したわけだ。どんなトラブルにも対処してくれるひじょうにありがたい存在。

近くに住んでいてくれるとさらにいいのだが、あっちはあっちで「ウチの近くに引っ越してくれ」と言う。美味しいタイ料理を毎日食べたいからと。私が作るわけではないけど。さて、残りの仕事を片付けなければならない。忘年会をやろって声がいくつかあるが仕事が片付かないことには予定が組めない。今年は年賀状も少しは出そうか。ありがたいことに、なんだか来年の予定も少しずつ入りかけているような気配を感じる。今日は店番の日だが、遅い時間になってから顔出せるかどうかってところだ。火曜日の店番を決めてから5年間くらいになると思うが、忙しくて実は辛い時でもなんとか行くようにしていて、完全に休んだのはどうしようもなかった1度だけ。しかし今日は同じ時間に現場仕事が入ってしまったので調整のしようがない。そして本業を選ばないわけにいかない。部屋の片付けは動いているとじょじょに進むが、動いているだけじゃあ進まない仕事も驚異的にはかどるコツってないのかなあ。
Commented by jun at 2007-12-26 08:42 x
年末の慌しさと、今の社会情勢の一こまが伝わってきました。
仕事、家庭、人間関係。これが生きるということかと私も日々奮闘しています。
年賀状を書いていないのも同じで、故にもう一つの忘年会を組めないの同様です。年を忘れられる忘年会に躊躇するなんて。
そんな「年末は、つまんね。」ねんまつはつまんね(回文)
今年は、このブログを随分楽しませていただきました。人生の救いやその逆も教えていただいたように思います。有難うございました。
ではまた。
Commented by kienlen at 2007-12-26 12:28
junさん、いつもありがとうございます。回文、シンプルで率直で面白い!また来年も楽しみにしてます。よいお年をお迎え下さい。
by kienlen | 2007-12-25 12:29 | その他雑感 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る